ストレートパーマ後のヘアケアで大事なこと | 髪の知恵袋

髪の知恵袋

足立が20年という美容師経験で厳選した情報だけをお伝えします
('ω')ノ


テーマ:
はい今日は☆3JSB・・・さんからのご質問についてです。


「年に1度しかストレートパーマをかけないんだけど、ケア方法やストレートパーマが長持ちさせる方法が知りたい・・・ちなみに来週」笑

来週との事でこちらの質問から答えていきますが、ご了承ください
m(_ _)m
必ず皆さんのご質問にお答えするので気長に待ってやってくださいm(._.)m






ではまず長持ちさせるにはちょっと質問からずれるかもしれませんがカットが重要になってきます


長持ちという観点だけで見てみると
・髪に重さがある
・レイヤー(段)が入っていない
という事が大事になってきます
※どのレングスでも同じです






ストレートパーマは1度かけた部分はかかりっぱなしですが、生えてきた根元にはクセがあるので軽くしたり、カスカスの根元が見えやすくなるような軽いカットはやめたほうがいいと思います。


カットはワンレングスに近い方がモチがいいですよ









では本題に入りますが
ストレートパーマをかけた髪へのケア方法




ストレートパーマをかけた髪のケア方法としては
サラサラ仕上げで摩擦を軽減法がオススメです




これはシャンプー、トリートメント、流さないトリートメントなど全てにおいてサラサラを目的とした商材で統一するやり方です






過去記事の湿気で髪が広がる原因は髪質だったをご覧頂くと分かりますが
くせのある毛は色々な要因からうねりがあります



特に髪の形自体が「くせ毛用の形」になっているものをまっすぐするにはそれなりのダメージが必ず出てきます。
その1つの原因に「引っかかり」があります。



髪は濡れると引っかかりが出やすくなるのはわかりますか?
美容室でカットする際にも濡れている時には強く引っ張られている感じがあると思いますが、逆に乾いている時の方が引っかかりがないのがわかると思います





で「くせ毛用の形」をした髪をストレートにしてもキューティクルの形はそのままなのでダメージに弱い部分も出てきます。




なので極力ダメージを軽減させるために
サラサラ仕上げで摩擦を軽減法がオススメになってくるんです。


髪のケアはしっとりを求める方も多いですがストレートをかけている方にはサラサラがオススメになるので是非取り入れてくださいね。



☆3JSB・・・さん
ぶっちゃけ半年に1度くらいかけてみては?笑

ほなっ(`・ω・´)