2018-03-04 22:02:52

達成感後の充足感を手に入れた!御在所岳登山

テーマ:旅日記
月に一度の「あ・そ・び」
3月は、梅ちゃんと三重県の御在所岳に行って来ました。頂上の眺めが素晴らしいと聞いて、直感で決めたのでした。
 
{55B67B3F-0606-4328-A156-600D2D98EFCC}
 
素敵な御在所岳頂上からの眺めです。この先に琵琶湖が有り、反対側には伊勢湾が望める頂上です。

 

{41F0D27F-ADAC-4C74-8350-3A60EA98BBF0}
 
いくつかルートがあるようですが、「中登山道口」を選択
御在所岳は、花崗岩の山。登りの道には、大きな石がゴロゴロ。
心地よい登山をイメージしていたら、ロッククライミング並みの登山でした。

 

 

{9DA6C988-68EA-4780-AA33-D2907B27D173}
 
駐車場を出る時に着ていたゴアテックスはすぐに脱ぐ羽目に滝汗
アドベンチャーな山登りに汗が吹き出します。

 

 

{7B6BEE5C-5A8D-49C2-8963-DD3F972695C7}

 

 

8:40に出発して、1時間で4号目に到着

おばれ岩です。

ここに来るまでになかなか道がわかりづらく、梅ちゃんが「こっちぽい」と言って登ったら行き止まり。

それもかなりレスキュー隊もののロープで必死に登ったのに・・・

ロープウェーの避難口か工事スタッフ用の険しい道だったようです。

結局、もう一度元に戻り・・・

梅ちゃんの「こっちぽい」「道っぽい」という言葉を無視して、私が足跡を見つけたり、ロープのあるところを探しながら、登ることに笑い泣き

そういえば、梅ちゃんはかなりの方向音痴でした。東西南北が苦手なのでした。

山道の登り方、下り方のアドバイスやサポートは、かなり上手いのに・・・

「仕事と一緒だね〜〜〜。課題は、方向性だよね(笑)」

今日は、山登りを仕事や人生に例えながらの登山となって、かなり楽しかった〜〜〜爆  笑

 

{A0419B06-BD8E-49DE-A8A6-09118901360B}
 
5合目近くで記念撮影カメラ。滴る汗で、目が痛いビックリマーク花粉症で目が痒いビックリマークおまけに鼻水もズルズル・・・チーン
 

 

 

{71082377-A178-41C5-AE51-BF062BF149A8}
 
ようやく辿り着いた6合目(900m)キレット 
なんだか達成感あるんだけど、まだ6合目。おまけに山はガスって目の前の御在所岳頂上は、全く見えず・・・ショボーン

 

{BC746ADE-111D-4EA0-955B-F305A41F01BF}
 
テンション下がりながら、キレットを回り込んで下ってからのロッククライミング状態の山登り。鎖場は怖すぎる〜〜〜ガーン
出発から2時間20分11:00に到着した8合目

 

 

{4ECC4908-3690-4CF4-8F5C-00CB0F64CBEA}
 
ますますガスがひどくなり、全く何も見えない。
登ったという達成感は、あっても視界が全く広がらず・・・テンション下がりっぱなしの私ダウン
充足感のある山登りにしたい〜〜〜ビックリマークビックリマーク」と叫びながら山頂を目指す。

 

 

{67057FBD-0C9A-479B-ACF2-A491CCCCC2AF}
 
そうして辿り着いた山頂近くのスキー場グッド!
雪のオブジェにウワァ〜〜〜とテンション上がるアップ
少し光が見えそうだったので、
これから晴れるよ〜〜〜晴れカメハメハ〜〜〜DASH!
と叫んだら、本当に晴れてキタァ〜〜〜
 

 

{3FA01E69-8F32-473D-A6B7-B852B84988F3}
 
私持ってます!!
晴れ女です晴れ
かなり最強の晴れ女グッド!

 

 

{1C1ADC07-DC0F-4FF4-8743-CA8A3CBD0CA5}
 
スキー場から山頂までの0.9kmの間に完全な青空アップ

 

 

{CF165AAF-4697-4E89-B227-7141B8E8761E}
 
1212m登りきりました。
三重県の伊勢湾と滋賀県の琵琶湖を望める山頂です。

 

 

{AB5AF38E-7E7A-4EED-852E-48D5077E5F84}
 
望湖台から琵琶湖を眺めながらおにぎりと豚汁のランチ。
梅ちゃんがジェットボイルとやらでお湯を沸かしてくれましたウインク

 

 

{20A20348-D695-4E41-8799-D2948D8D583B}
 
登りの中道を下る勇気がなかったので、一ノ谷登山道か表登山道か悩んだ結果、「滝を見ながら・・・」という説明に惹かれて表登山道を選択。
私はどうしても「水あせる」のあるところを求めてしまいます。水星人だからね。水瓶座だし・・・(関係ないかてへぺろ
ところが、表登山道もアドベンチャーなかなりワイルドな下山道でした。
道なき道を進む感じで、時々木の幹に付いている赤いビニールテープを目安にロッククライミングの逆バージョンゲッソリ
「道に迷う人が多い」なんて標識を見るたびに、ヒヤヒヤ、ドキドキドキドキ

さらに花崗岩なので、落石も多い。コロコロと岩や石が落ちて来るポーン

 

{122B447F-E42C-419A-BB39-0B4C8389B4B1}
 
なんとか無事に下山。山頂で1時間ほどゆっくりしたので6時間の登山となりました。
 

 

{7ED174FF-10BE-462B-AD54-9522394A4C89}
 
帰り道の菰野町の郵便局近くにある「フュージョンCafe」でスフレパンケーキをご褒美にラブ
お腹が満たされて充足感と満腹感に幸せを感じました。
単純な私です。

 

{5159588B-E142-4EAB-A122-A2D534C9DE19}
 
御在所岳は、登山でいうと中級レベルのようですが、たまにしか登らない私にとっては、かなり肉体的にハードな山でした。
途中で会った方々は、慣れている方が多く、ゴロゴロ岩を上手に登られていました。
7合目あたりまで誰にも出会わなかったので、梅ちゃんと二人で
「これでいいのかはてなマーク」「大丈夫かはてなマーク」と言いながらの連続でしたが、
不安なとき、わからないとき、自分の五感を研ぎ澄まし、先人が歩いた痕跡を見つけたり、周りを見回しながら歩いてきた方向と目指す頂上を照らし合わせながら前に進んでいくということを自然にしていました。
仕事においても人生、生き方においても同じだなぁ〜〜
と思った次第。
迷ったとき、不安なとき、自分の五感、身体、今までやってきたことを信じることグッド!
そして、目指す方向をしっかり見定めること。
単に達成感のみで進むのではなく、1歩1歩の経験の積み重ねの先に、期待以上、予想を上回る感覚と感情が待っているということ。
それにしてもどのように足を運ぶのか、どのタイミングで体を持ち上げるのか・・・山登りは学ぶことが多すぎるニコニコ
 
下山途中、小さなお子さん二人とご両親が、山頂に行くのを諦めて、ゆっくり下山をしていた姿に、素敵な家族だなぁ〜〜と思った次第。
あの激しい下り道を無事に下山できたか・・・ちょっぴり心配をしながらの心地よい1日でした。
今週末は、今月のもう一つの「あ・そ・び」が待っています。
楽しみです音譜
 

 

 

 

尾陰 由美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]