2017-12-10 23:46:21

からだを学ぶことの意味

テーマ:講習会レポート
身体を動かすことが好きって言う人、身体に対する認識、意識が高いかな?
身体を動かすことが苦手って言う方、認識はできても、身体を意識しようとしすぎるかな?
身体を動かすのが面倒くせぇ〜って言う方、身体を認識することも意識することもできないかな?

私がからだを学ぶ意味は、自分の身体に興味を持って、面白い〜〜、楽しい〜〜、身体好きぃ〜〜って感覚を手に入れるからニコニコ

{BD8736BF-32E3-44E2-9346-94426F5A2D91}

ということで、毎年2回、金子智恵さんのお招きで、機能解剖学のセミナーを担当させてもらっています。
今回は、前半が脳と身体のお話。そして、マッピングを通して身体を認識していくワーク。

{C55B6991-3C0D-4582-9525-63707563CCCD}

皮膚からの固有感覚刺激や動きを通しての身体を認識するプロセス。簡単に言うと、「ここに身体がある」っていうことを気づくワーク。
これだけでも身体が変化するから面白い爆笑

{9DB6878E-BF92-4DB8-BBED-3192E5B8E0AC}

そうしてこの小さなボールを使って機能改善のエクササイズ、ボディキネシス®︎を体験していきます。動きやすさ、身体の軽さ、安定力、これって全て脳が認識していること、つまり脳が目覚めてる状態🧠
目を開けていても、脳が眠っている人結構いますよね(笑)

{A43BDF51-3BFB-438B-BA6B-B331BEF3C94F}

身体って透明じゃないから内臓や骨や筋肉、直接見ることできないけど、想像することは可能。どうせ想像するなら心地よいイメージで…
フランクリンメソッドの紹介をしながら、来年からのプロトレコースに興味を持ってくれるといいなぁ〜
6時間の学びが、あっという間の学びになったということは、参加者の皆さんのキャッチ力が高いこと、目的意識が高いこと、脳を使い続けた結果かもはてなマーク

{5D214F97-B22E-4AC1-804E-6BE4FA92F5BB}

毎回のことだけど、身体を学ぶということは、多面的であり、意識と無意識を行ったり来たり、さらに身体に気づくということは、自分の思考の癖にも気づくことだったりします。
今回は、セミナー後の懇親会での語らいも自分の心に気づくきっかけになった方もいらっしゃるようです。
受け取り方は、それぞれ。活かし方もそれぞれ、参加してくださったみなさんの、ブログやコメントは、私にとっても精進のためのエネルギーとなりました。
皆さん、ありがとうございます😊💕

東京、大阪とボディキネシス®︎インストラクター養成コースが開催されます。

宝石緑 2018年1月7日&8日 東京:ブラボートレーニングセンター

第7期ボディキネシス®︎インストラクター養成コース

http://www.ikinobi.org/info/trainer/10913/


宝石緑 2018年3月24日&25日 大阪:からだの学舎Re-fit

     第8期ボディキネシス®︎インストラクター養成コース  

http://www.ikinobi.org/info/trainer/11119/

 

2018年は、福岡、富山、愛知でもインストラクター養成コースが開催されますのでお楽しみに音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

尾陰 由美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿