作業療法士 菅原洋平のブログ

作業療法士 菅原洋平のブログ

「ヤバい勉強脳」好評発売中!

おはようございます。
作業療法士の菅原洋平です。


【リモートワーク日はダラダラしてしまう?】

出社とリモートが交互の勤務形態になると
リモートの日はついだらだらしてしまう・・・。


朝はぎりぎりまで眠り、
仕事中にも横になってごろごろ、
夜は逆に眠らずに夜更かし・・・。


リズムを整えなければ
と分かってしても、
出勤しないとなると
どうしても体が動かない。

 

 

 


そんなときは
生体リズムの仕組みの活用を。


生体リズムは
調子がよいときを強化すると
不調が緩和される仕組みです。


出社日は
目覚めたらすぐ窓の外を見て1分。
夕方には歩いて帰宅後は軽い筋トレ。
夜は照明を暗くしたり浴室の照明を消して入浴。


で、リモート日は
だらだらにしてリズムの同調に任せる。

 

睡眠は2週間単位で変化する

サーカダイセプタンリズム。

そして、過半数を占めるリズムが

標準のリズムになります。


出社日のリズムが強烈に整うと、
リモートの日も朝目覚めてしまったり、
夜には眠くなってしまうようになります。


 

リモートでもちょっと動けるようになれば、

意志力より生理学が勝ち。