喪中はがきと年賀状

テーマ:

もう11月下旬、年の瀬が近づいてきましたね。

自宅には、友人・知人からの喪中はがきがポツポツと届き始めました。

私くらいの歳になると、それなりの枚数が届きます。


実は、今年は我が家も喪中です。

10月に義父が他界しました。

喪中はがきは準備済みで、あとは宛名を印刷して投函するだけです。


ふと考えたのは、喪中はがきを貰った人にも送るのか?

...送っちゃいけない理由はないですね。

ある意味、名簿どおりに送ればいいので、年賀状より気を使わなくていいのか。


なお、喪中はあくまでプライベートな範囲までとし、事業者としては通常どおりです。

事務所名の入った年賀状も準備済みです。

もっとも事務所あてに喪中はがきが届くことがありますので、それを確認してから投函します(そもそもまだ投函できませんけど)。


年賀状という風習がなくなるのも時間の問題と言われています。

 

実際にスパッと止めてしまった友人・知人も増えていますし、それでも困らないのが現実。

 

ただ、私は「なかなか止められないタイプ」かな。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています音符

よろしければワンクリックをお願いしますラブラブ

 

    にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ          にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

↑OUTランキング↑ ↑INランキング↑

 

ひので総合特許事務所(埼玉県・大宮)
代表 弁理士 赤塚正樹