嬉しい登録査定

テーマ:

昨日は3件の登録査定(商標)を受け取りましたニヤリ


1件は、先行商標調査の結果からすれば、何事もなく登録が認められると思われたケースです。

1件は、一度拒絶理由通知を受け取りましたが、審査官の言うとおりに補正しましたので、これも当然に登録が認められるはずのケースです。

そして、残り1件は、「先行登録商標と似ている」という拒絶理由通知を受け取り、それに対して意見書で「いや似ていない」と真っ向から反論したケースです。


どれも嬉しい結果なのですが、やはり意見書で反論したケースで登録が認められたのは、とってもとっても嬉しいですね。

もちろん、お客さまには速報でお伝えしましたニコニコ

なお、意見書は8枚にわたる超大作で、これまで私が書いた意見書の中ではおそらく最長です。


ちなみに自慢ではないですが...

過去に「先行登録商標と似ている」という拒絶理由通知(業界用語:商標法第4条第1項第11号)に対して意見書で反論したケースは、4戦3勝です。

※1敗のケースは、意見書での反論と同時に、少しだけ商標を変更したものを再出願していましたので、そちらを登録して事なきを得ています。

過去に「一般的な用語である」という拒絶理由通知(業界用語:商標法第3条第1項第3号又は第6号)に対して意見書で反論したケースは、4戦4勝です。

...いや自慢でした笑い泣き


もちろん、私が反論可能と思うケースしかお客さまに反論することを提案しませんので、当然の結果かもしれませんが、個人的には「意外と覆るんだな~」と思っています。

 

独立してから商標実務をやるようになって、このあたりは弁理士冥利に尽きるところですねてへぺろ

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています音符

よろしければワンクリックをお願いしますラブラブ

 

    にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ          にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

↑OUTランキング↑ ↑INランキング↑

 

ひので総合特許事務所(埼玉県・大宮)
代表 弁理士 赤塚正樹