昨日は、日本弁理士会関東支部の知財教育支援委員会がありました音符




私は、今年度から委員となりましたニヤリ

 

ヒラ委員というのは、なんだか気楽でいいですねOK


それはさておき、知財教育支援委員会では、小中高等学校などに出張して、知的財産に関する授業(知財授業)を行っています。

知財授業といっても難しい法律の話をするのではなく、電子紙芝居を利用して弁理士が寸劇をしたり、テーマを決めて実際に発明工作をしてもらったりしながら、知的財産のことを楽しく学べる工夫をしています。

日本弁理士会関東支部HP:

http://www.jpaa-kanto.jp/consuls/lessons

 

知財授業に関する説明資料(PDF):
http://www.jpaa.or.jp/.../2017/03/titekizaisan_jyugyou.pdf


残念ながら、今の日本において知的財産に関する理解はまだまだ進んでいないのが現状です。

大手新聞の記事ですら、知的財産に関するニュースは嘘八百...とまでは言わずとも、意味不明な内容になっていることが少なくありません。

弁理士(日本弁理士会)による普及・啓蒙活動が足りていないことが原因だと思っていますアセアセ


そんな状況だからこそ、知財授業は、知的財産について知って頂くいい機会だと思います。

最近は少しずつ知財授業へのお申し込みは増えていますが、個人的には、もっともっと増えてもいい...いや積極的に増やすべきだと考えています。

私もその一翼を担えればと思い、この委員会に参加することにしましたウインク


知財授業は、学校公開に合わせた特別授業として、PTA主催の行事として、地域のイベントでの公開講座としてなど、ご要望に合わせた形式でも行うことができます星

授業の内容もカスタマイズすることができますグッ

ご興味のある方は(私宛でも結構ですので)お気軽にお問合せください!

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています音符

よろしければワンクリックをお願いしますラブラブ

 

    にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ          にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

↑OUTランキング↑ ↑INランキング↑

 

ひので総合特許事務所(埼玉県・大宮)
代表 弁理士 赤塚正樹