先日、特許庁から書類が届きました。

1609JPOsearch

実はこれ、事務所ではなく自宅に届いたんです。

どうも私個人が、平成28年度知的財産活動調査の対象者に抽出されたようです。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/h28_tizai_katsudougaiyou.htm


平成26年に特許庁へ何らかの出願手続きをした者が調査の母集団になっているようで、確かに、私はその年に商標登録出願を1件しています。

出願数が5件以上ですと悉皆調査(約6400者)となりますが、1~4件の場合はサンプル調査(約4700者)のようです。

なお、「悉皆調査」は、「しっかいちょうさ」と読み、全数調査を意味するらしいです。これはこれで勉強になりました。


サンプル調査の母数がどのくらいか分かりませんが、過去の例からすると、サンプル抽出率は1/11~1/14程度のようです。

東京マラソンに当たったようなものですかね(←全然違うかっ)

オンラインでも回答できるようでしたので、ちゃちゃっと回答しておきました。


弊所のお客さまのところにも届いているのかな。


にほんブログ村ランキングに参加していますビックリマーク
よろしければワンクリックをお願いしますねラブラブ

↑OUTランキング↑ INランキング