奇跡のコース~ゆるしのまなざし~

『奇跡のコース』での気づきをわかち合うブログです


テーマ:

 


 


4、5歳くらいの女の子が小走りでやって来て、小さな声で「トイレにいく」と言いました。席を立ち、会場のドアの前まで行くと、その子が小さな手でドアの取っ手を持ちかけたので、わたしはドアを押し開け、するりと外へ出た女の子についていきました。


 


どうもトイレの場所を知っているらしい様子ではあったけれども、トイレに続く廊下を一緒に歩き、その途中、「えいが、おもしろい?」と尋ねてみると、「うん」と頷きながら早足で歩いていきます。


 


「トイレのばしょ、しってるの?」と聞くと、「うん」と(声を出したのだったか、それとも頷いただけだったのだかもう忘れてしまいましたが)返事をして、女の子はたたっとトイレまで駆けていきました。


 



映画「かみさまとのやくそく」の上映会での出来事です。

わたしはその日ボランティアスタッフとして参加していて、会場の一番後ろに座っていたのでした。


その女の子がトイレの入り口まで歩いていったのを見送った後、わたしはここで待っているべきかどうか少し迷いました。小さな女の子を残して、先に会場に入ってしまうのはよくないんじゃないかという気がしたのですが、トイレの場所を知っていたその子は、自分でちゃんと戻って来られるだろうとも思えたからです。


 


「でも、不審者が現れて、わたしの見ていない隙にその子を攫ってしまったらたいへんだ」という思いが浮かんできたのですが、そのすぐ後で、とても奇妙だと思いました。どうしてそんな心配をしているのだろう、どうしてあの子を、スピリットを信頼していないんだろうと。


 


そしてこうも思いました。女の子のことを心配しているフリをして、実のところ、最悪の事態が起こったときに間違いなく非難されるであろう自分のことを気にしているのだと。自我の思考というのはあまりにも滑稽で、結局のところ「防御」したいだけなのだということに気づいたわたしは、信頼の心でゆっくりと引き返し、会場内で待つことにしました。


 



その後ちょっとして、その子は自分でドアを押し開けて入ってきました。

もう小さな子どもには見えませんでした。


 


わたしだったら、あれくらいの年齢の頃に、知らない場所で、一人でトイレに行くことなどできなかったと思います。よく知っている近所のスーパーへ家族で買い物に出かけたときでも、幼稚園児だった弟はすぐ走り回ってどこかに行ってしまうというのに、小学生のわたしは怖くて、母から片時も離れずにピッタリとくっついていたくらいです。


 



 


 


そう言えば、駅構内や街中を歩いているときに、まだ小学生にも満たない年齢の子どもを連れた母親が、振り返りもせずに、ずんずん歩いていってしまうのを見るたびに、「どうしてあんなことが平気でできるんだろう」と腹立たしく思っていたことを思いだしました。わたしだったら、子どもに自分の前を歩かせる。子どもの歩く速度に合わせずに、あんなふうに放っていくように早足で歩いたりなどしない。


 


そういう母親は、ちゃんと子どもを愛していないんだと思っていましたが、「ちゃんと」愛するとは、それにしても、いったいどういうことなのでしょうね。愛することに「ちゃんと」も「いい加減」もないでしょうに。自分の考えのおかしさに笑ってしまいます。


 



どんな子も、たれもかれも、みな大きな愛でやさしく包まれていて、安全なのです。

もし本当に「危険」があるのだとしたら、わたしのその誤った考えそのものが「危険」だと言えるのかもしれません。それを正しいと思い込んで、抱き続けてしまったならば。


 


かつて自分が幼い頃、危険にさらされていると感じていた、その思い込みが、小さな女の子をとおして、女の子の真の輝きをとおして、彼女を包む大きな愛をとおして、やさしく溶けていったように思います。



弱き者など、どこにもいないのです。


 



Blessings,


 


「ゆるしまなざし」記事一覧


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 


 


今日(1/23)は、ACIM学習シェアクラス(『奇跡のコース』/『奇跡講座』の学びについてわかち合うクラス)の日でした。Skypeでおこなっているので、関西圏の方だけでなく、東京や岡山にお住まいの方もご参加くださいました。


 


テキストクラスよりも気軽な感じで、より日常のことを見ていく時間なのですが、終わったあとの、心のほっこり感がわたしは好きです。みなさんのことが好きだなあって感じます(最後に言いたかったけど、言いそびれてしまいました 笑)。


 


ワークブックのレッスンをスタートされて間もない方、数年学ばれている方、始めた時期はそれぞれでも、日々感じていることは共通していたり、「そうそう、それが大事だったよね」って一緒に思いだすことができたりするので、よき機会になっているのではないかなとおもいます。


わたし自身が、みなさんに助けられていますし、ほんとうに……支えになっています^^


 


レッスンをやってみてはいる、ゆるし(訂正)のために祈ることもある、けれども進んでいる気がしない。そんなふうに感じることがあるかもしれませんよね。きっと、「奇跡のコースあるある」だとおもいます。


 



 


わたしの場合、みなさんのお話を聞いているときに、コース関連の本やコースのテキストの一部がふっと思いだされることがよくあるのですが、今回もそうで、3か所くらいご紹介させていただきました。



そのうちの1つは、ゲイリー・R・レナードの『不死というあなたの現実』(吉田利子訳/河出書房新社)という本からの引用で、



ヒンズー教には、エゴの解体とはタマネギを剝くようなものだ、というたとえ話がある。そのたとえを借りれば、きみが誰かを「コース」にあるとおりの意味で赦すなら、タマネギを一枚剝いたことになる。というか、エゴの層を一枚剝いたわけだ。きみには何も変わらないように見えるかもしれない。どうしてか? タマネギを一枚剝いても、やっぱりタマネギだ。同じように見えるだろう。だがほんとうは同じじゃない。一枚剝かれて皮が減っているんだから。



という箇所でした(この本は会話形式で書かれています)。


 


日々、「ゆるし」。日々、ものの見方の訂正について祈る。心に平和が戻ってきたり、すこしは受け止め方が変わったような気がするときもある。

それでもまだまだ、訂正すべきことがあふれてくる。ゆるしをおこなったかに見えて、ちっともゆるせていなかったことに気づく。まだ怖がっている自分がいる。まだ分離したがっている思いに気づく。


 


でもそんな自分を、否定したり責めたりする必要はないんですよね。ひとつひとつを訂正してゆく。一枚一枚……タマネギの皮を剝いてゆく――。それが実はどれほど大切なことか。


 


ほんの薄い皮一枚であったとしても、それをたいして意味のないこととして、進歩できていないこととして見るのではなくて、ほんとうの「ゆるし」を続けてゆくそのあり方を大事にしていきたいですね^^


 


ご一緒してくださいましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

またよろしければお気軽にご参加ください。


これからの方も、どなたさまでもいつでも、心をひらいてお待ちしております♡


 


心をともにして、たったひとつの心をたいせつにして、歩んでゆくことができるよろこびと安らかさを一緒にあじわいましょう。


 


Blessings,


 




 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

漠然とした不安感がやってきたときに、自我(エゴ)の声に耳を貸す、自我を教師とすることはしたくなかったので、ふと近くに置いてあった本を、適当なところで(ガイダンスを求めて)開いてみました。

 

それは奇跡のコースの教師であるジョン・マンディさんの著書で、コースを学び始めた頃はこの本をよく読んでいました。その日ぱっと開いた箇所に書かれてあった言葉を見て、「ああ、また忘れていた」と感じたのですが、そこにはこう書かれてありました。

 

本当に尋ねられるべき質問は、なぜホーリースピリットの声を聞くことができないかではなく、なぜホーリースピリットがするように求めていることを聞かないのかということです。そうすれば、ホーリースピリットの声をもっと聞くことができるというのに。

(『『奇跡のコース』を生きる 入門から実践まで』/ジョン・マンディ/ナチュラルスピリット)

 

一歩退くことを忘れていた、すべての判断を任せることを忘れていた、ゆだねることを、信頼することを。そのことに気づくことができ、すぐにしずかな時間を持ちました。「漠然とした」というのはもちろん「ごまかし」であって、見ないようにしていた部分があったのです。そこにホーリースピリットによって光が当てられ、わたしの不安(もっと言うなら罪悪感)が溶けていくような感覚がありました。

 

わたしはものをわかっている、わたしは自分で解決できる、行動面でわたしが解決することがわたしの責任。そのような間違った考えを持っていると、当然のことながら、心は――疲れるはずはないというのに――疲弊してしまいます。

わたしは何を見るかについて責任があるのでした。知覚の修正を助けてもらえるよう祈ることが、大切なのでした。

 

祈ると、本当に心が軽くなりました。どうして初めからホーリースピリットに尋ねなかったのだろうと、すこし笑えてきます。自我が求めている「解決」は、ちっとも重要ではなくて、本当の「解決」はそこにはないということ、すでに問題は解決されているということを感じることができました。

 

どんなことより、この心の訓練が大切だと感じます。自我の誘惑には、注意深くありたいものです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。