僕が毎月各地で開催している坐禅会は

仏道ホメオパス道繁による
インナーチャイルドを癒やす坐禅会、
略して「仏ホメ坐禅会」と呼びます。

僕自身、うつ病とパニック発作を経験しました。

うつは日本の仕事環境を離れ、半年ほどの休養と
ホメオパシーのレメディーで回復することができたのですが、

新しい仕事に就いて3年後、パニック発作という形で

ある日突然帰ってきました。

この時もホメオパシーのレメディーは大いに助けになりました。

僕のパニック発作は特に込み合った電車やエレベーター、

締め切った部屋などで呼吸ができなくなるもので、

ロンドンの地下鉄を使って通勤していた僕にとって
最悪の病状でしたが、
恐怖に対応するレメディーをたくさん携帯して通勤することで
パニック発作が初めて起こった日の翌日以外は、
欠勤することなく仕事に通い続けることができたのです。

しかし問題はそう簡単ではありませんでした。

治ったと思っていたうつが密かに潜伏して、

パニック発作という形で帰ってきたのでした。

この病気が僕がスピリチュアルを学び、

更にはヨガや瞑想をはじめ、
そして最終的に原始仏教と坐禅に至った

きっかけになったのです。


いま思えば

治ったと思っていたうつは
レメディーで症状を抑えることはできていたのでした。

しかし、自分をうつに追いやった自分の心のクセ、

生き方、考え方まではレメディーを摂っただけでは

治らないのです。


つまり

ホメオパシーのレメディーは病気の症状を消すことはできても、
病気の原因までを魔法のように消すことはできない。


この病気を作った本当の原因である
僕の心のクセを解消するには、
僕が何にこだわり、人に認められるために、

いかに自分を犠牲にしていたのかに気づき、

その生き方から離れていく必要があったのです。






これを行うのがインナーチャイルド癒しであり

坐禅だったのです。
そして原始仏教の経典で語られるお釈迦さまの言葉は、
僕のこだわりを見つけ手放す助けとなりました。


最初は師匠の由井寅子先生のZENホメオパシーの学びの延長で
インナーチャイルド癒しを学び、
一方で独自に坐禅を学んでいきました。

しかし学べば学ぶほど両者の共通項が明らかになっていき、
いまでは言葉の表現が違うだけで同じものだと思っています。


奇しくも由井先生のメソッドの名前もZENメソッド!


病気の原因は他でもないこのインナーチャイルドであり、
病気を作る生き方から離れるにはインナーチャイルドを癒す

必要があるのです。


僕のようにホメオパシーのレメディーで症状がなくなり

一旦病気が治ったとしても、

その病気を作った生き方、考え方が変わらない限りは
いずれ同じように病気を再発してしまう。

うつが再発する病気であるのも、ここに理由があると思います。
 

休養すれば一旦良くなります。

 

しかし、自分をまだまだダメだと責めたり、

頑張りすぎるクセが治らない限りはいずれ再発するでしょう。



僕の学んだZENホメオパシーは
病気の原因にアプローチするインナーチャイルド癒しと、

病気の症状を和らげるレメディーによるアプローチを

あわせたものです。


でもホメオパシー健康相談は1万円
だれでも気軽に受けられるものではありませんよね。


けれどZENホメオパシーのすばらしさを

一人でも多くの方に感じていただきたい
そんな思いから始まったのが「仏ホメ坐禅会」なんです。

坐学、坐禅、3種類のワークを通して、
病気の原因を解消する、
 

ZENホメオパシーの「核」の部分を手軽な価格で
体験していただけるものです。

僕がうつ、パニック発作という病気を通してたどり着いた
「仏ホメ坐禅会」を
一人でも多くの方に体験していただきたいと思っています。

次はあなたの街に仏ホメが行く!かもしれません。

 

 

4月18日(木)10時~12時

松江市西川津町にて仏ホメ坐禅会を開催します。

参加お申込みはこちらからどうぞ!

 

4月20日(土)10時~12時

倉吉市で仏道ホメオパシー的食養生を開催します。

参加お申込みはこちらからどうぞ!

 

 

ブッダの言葉をレメディーに!!

仏ホメ 道繁によるホメオパシー健康相談会は

こちらから!

 

 

~ ~ ~ ~ ~



最後までお読みいただきありがとうございました。


==========================

日本ホメオパシー界の第一人者であり、世界的にも注目を集める

由井寅子ホメオパシー博士の「ZENメソッド」を使った

ホメオパシー健康相談をしています。

メールinfo_cuzen@yahoo.co.jp  電話080-8234-6170 まで! 

お気軽にご連絡ください。 

===========================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホメオパシーの創始者ハーネマンは

病気を維持、悪化させるものを患者から取り除く方法を

具体的に慢性病論の食養生の項で示している。


たとえば、お酒をやめられない患者に対して、

ワインを等倍の量の水と割って飲むところからはじめ、
2倍、3倍、4倍、五倍、六倍まで薄め少量の砂糖も加える。
 

この最終的な分量の混合酒は毎日飲むことを

患者に許可していた。

こうして患者が病気から回復する障害となっているものを

無理なくやめる方法を示していたのだ。


しかし

 

この方法はある意味では体に悪いものを除去するだけで、

なぜ体を悪くするとわかりながら

患者がそれをやめられないのか

という心の部分までは考慮されていない。

実際の臨床ではしていたのかもしれないが

記述としてはハーネマンは
心の問題について以下のような考えを示している。

慢性病論p.185

「患者はあらゆる受難と運命に対して

自分ではどうすることもできず、変える力がなかった。

 

そうしたあらゆる受難と運命に

根気強く冷静に耐えることができるくらいに、

哲学、宗教、自制心を持ち合わせていなかった。

 

それでも心の苦しみと怒りは、変わることなく患者に襲いかかる。
そうなると医師には、人生を破壊するこの上なく巨大なものを

患者から持続的に取り除いておくことは無理であろう。

 

さてこのような場合、むしろ医師は、慢性病の治療を断念して

患者を運命に委ねたほうがよい。
 

なぜなら、こうなっては、

どんなにすばらしい治療を行なっても、

体の病気にどんなに適したレメディーを

どれほど入念に探し出したとしても、

慢性病患者が

いつまでも続く心の苦しみと怒りのもとにいては、

全く何の成果も達成することができないからである。」

 

怒りなどの心の苦しみに翻弄され

自制心を欠いてしまった患者は

もはやそっとしておこう。

レメディーでは解決できない。

ということだと思われる・・・。

明日生きていくことが必死で、

心のことなんて気にしていられない時代的背景もあるだろう。

 

身体的病気が優先され心の部分まで

考慮されていなかったのかもしれない。


このようなハーネマンの時代には十分に考慮されなかった

心の部分に現代のホメオパスはアプローチすることが

出来るだろう。

ハーネマンが言ったこと以外をするのは

ホメオパシーではない!
 

ホメオパシーはカウンセリングではない!

スピリチュアルに行き過ぎている!
と批判する方たちもおられるが


ホンモノのホメオパシーってなんだろうか?


ハーネマンが記述したことだけ忠実に行うこと

なのだろうか?


しかしハーネマン自身、存命中にオルガノンを6版、
慢性病論を3版と改訂している。

ハーネマンが生きている間も

常にホメオパシーは変化&進化していたのだ。

もし今日までハーネマンが生きていたなら
200年前のホメオパシーとはまったく異なる記述が

書き加えられているはずだ。



祖師が言ったことだけを頑なに守り続けることで、
その療法のポテンシャルを殺してしまうことは

とてももったいないことだと僕は思う。


ホメオパシーの原理を土台にして

もしハーネマンが今日も生きていたならどうするだろうか?
を自らクリエイトして行きたいと思う。そのほうが楽しい。

実際、今の世界にはハーネマンの時代になかったものが

たくさんあるのだ。
 

環境ホルモン、抗生物質、ステロイド、遺伝子組み換え食品、

電磁波、プラスティック、放射能などなど・・・


ハーネマンの残したホメオパシーに従うではなく、
それを頼りに進化させていきたい。

自灯明 法灯明

ハーネマンもそれを望んでいるはずだ。

 

 

 

~~宣伝~~

4月13日(土)10時~12時

ホメオパシー入門&花粉症セミナーを

当センターにて開催します。

スコーンを食べながら初めての方にもわかりやすい

内容です。参加お申込みはこちらからどうぞ!

 

 


 

★ブッダの言葉をレメディーに!!

仏ホメ 道繁によるホメオパシー健康相談会は

こちらから!

 

★ホメオパシー入門講座の開催日程は
こちらをご覧ください!

★病気の大元インナーチャイルドを癒す坐禅会!
仏ホメ坐禅会の日程は
こちらをご覧ください!
 

~ ~ ~ ~ ~



最後までお読みいただきありがとうございました。


==========================

日本ホメオパシー界の第一人者であり、世界的にも注目を集める

由井寅子ホメオパシー博士の「ZENメソッド」を使った

ホメオパシー健康相談をしています。

メールinfo_cuzen@yahoo.co.jp  電話080-8234-6170 まで! 

お気軽にご連絡ください。 

===========================

 

ホメオパシーで始まるホメオパシーの特徴シリーズ!!


残すところあと2文字となってしまいました。さみしい。
アレキサンダーテクニックみたいに

長い名前だったら良かったのに。。

冗談はさておき、
すでに解ってた!っていう声も聞こえてきそうですが。

今回の「シ」から始まるホメオパシーの特徴は

「症状はありがたい!」です。


ホメオパシーでは病気の症状を消すこと=病気を治すこと

とは考えません。

症状自体が病気を克服するために

体が起こしている治癒反応と捉え、
症状を出し切ることをめざします。

結果的に症状はいずれなくなるのですが、

同じ症状が消えるにしても、
症状を抑える治療によって症状が出なくなったのと、
症状を出し切って、もう病気が解決されたので

出す必要がなくなったのとは大きく違います。

たとえばインフルエンザになって発熱した場合、

38度以上の高熱が起こりますよね。
 

発熱はとても苦しいですが、
この熱こそが体に入ってしまったウイルスをやっつけるために

必要なのです。
 

この熱によってウイルスが脳など、致死的な問題になる場所へ

行かないように体は自らを守ろうとしています。

この熱を抑えてしまうと、発熱による防御が行えず、
ウイルスが体内で増殖できる環境を与えてしまうことになります。

 


発熱だけが免疫機能ではないですが、

免疫機能が十分に発達していない子供にとっては

発熱がメインの防御なので、熱をむやみに抑えることは

危険な場合があります。

またホメオパシーでは原因論ではなく、

目的論的に病理を観察します。


どういうことかというと、

原因論ではウイルスに感染したことでインフルエンザに罹った。

なのでウイルスという原因を殺せばインフルエンザには罹らない、または治るという考えになります。

一方、目的論では
ウイルスに感染して、発病するかどうかは

その人の体内環境による。
 

たとえばインフルエンザは冬、

寒さから私たちの代謝が低下する季節に流行します。

 

冬はただでさえ代謝が落ちているのに、

運動もしなくなる、一方で美味しい冬の味覚を

ついつい食べすぎちゃいますよね。

 

この時期に体に溜まった老廃物を排出するには、

高熱を出して、汗や、下痢や、嘔吐や咳などで出すのが

一番効率が良く、

その目的ために体は自ら必要があって

インフルエンザウイルスの力を借りて発熱する

という風に考えます。


そのような視点が得られると、

病原体やウイルス、害虫が怖い、核の脅威が怖いと

外側に敵を作り、恐怖心から敵から身を守るために先制攻撃!

という生き方から、

ウイルスも病原体も

自分の問題を解決するために力を貸してくれる

自然のレメディーだ!

 

戦争も自分に敵を作る心が残っているから

まだ世界に残っているのだ。というように、

原因を自らに求め、

自分以外の何かを変えたり攻撃したりしようとするのではなく、

自らを整える生き方に変わっていきます。

善も悪も無く、あらゆるものが大切な役割を持って存在している。

 

 

人間もその一部であり、調和していかなくてはならない。

 

海にプラスティックが見つかれば

当然われわれの体内にも見つかる。
 

私たちの体は地球と対応して、地球から作られているから。
 

地球が汚れれば私たちの体も汚れる。
 

ホヤ貝が海のマイクロプラスティックを処理してくれるとして

注目を集めていましたが、

大きな視点で見れば人間も地球にとっては、

浄化装置的存在なんですよね。

地球のがん細胞にならないように頑張っていかなくては!


話が必要以上に膨らんでしまいましたが、


いずれにしてもホメオパシーでは
体が起こしている症状をより円滑に、

完結することを目的としてレメディーを選び、
自然治癒力がより強く働くように刺激を与えます。

適切なレメディーが選ばれた場合、

一時的に、

あるいは病歴によって長期にわたり、

問題となっていた症状が強まることがありますが、
これは好転反応と呼ばれ、

出す必要のあるものを出し切った時、

症状はその役割を終え、健康が回復されるのです。

発熱に限らず、発疹、嘔吐、下痢、炎症など、

症状は苦しいですが、
この症状が起きていることが

体が自然治癒力を働かせている証拠だと解れば、

苦痛も少しは和らぐのではないでしょうか。

 

ホメオパシーの「シ」から始まるホメオパシーの特徴は
「症状はありがたい!」でした!


いよいよ次回は最後の一文字「-」です!
この横棒はどのようになるのでしょうか。

 

乞うご期待!!

~~宣伝~~

★4月10日(水)10時~12時

ホメオパシー入門講座を鳥取県米子市にある

日々の糧さんにて開催します。
ホメオパシーって何?まったく聞いたこともない!

という方にもわかり安い内容になっています。

ぜひご参加ください。
参加のお申込みはこちらからどうぞ!

 

 


 

★ブッダの言葉のレメディーにしている

仏道ホメオパス道繁のホメオパシー健康相談会は

こちらから!

 

★ホメオパシー入門講座の開催日程は
こちらをご覧ください!

★病気の大元インナーチャイルドを癒す坐禅会!
仏ホメ坐禅会の日程は
こちらをご覧ください!
 

~ ~ ~ ~ ~



最後までお読みいただきありがとうございました。


==========================

日本ホメオパシー界の第一人者であり、世界的にも注目を集める

由井寅子ホメオパシー博士の「ZENメソッド」を使った

ホメオパシー健康相談をしています。

メールinfo_cuzen@yahoo.co.jp  電話080-8234-6170 まで! 

お気軽にご連絡ください。 

===========================

 

こんにちは。

 

ホメオパシー、坐禅、

インナーチャイルド癒やしで

あなたの「治る力」に火をつける!

 

仏道ホメオパスこと 道繁 良です。

 

       

↑2019年1月に開催された日本最大のホメオパシー学術大会

「日本ホメオパシー医学協会第19回コングレス」にて

症例発表をしました!

 

 

 

当ホメオパシーセンター島根安来”CuZen!”では、

 

日本にホメオパシーを伝え、難病の驚異的な改善例により

世界的にも注目を集めるホメオパシー界の第一人者、

 

あの、由井寅子先生から学んだZENメソッドを使った

 

ホメオパシー健康相談を行っています。

 

 

ZENメソッドとは、簡単に言うと、

 

病気の症状にはたらきかけるホメオパシーと

 

病気の原因にはたらきかけるインナーチャイルド癒しを

 

組み合わせたもの!

 

 

 

インナーチャイルド癒しとは

 

あなたが

 

親や友達や学校や会社での社会的価値観によって

 

こういう自分なら受け入れてもらえる、

 

としてあなたが善とした部分だけで今生きているとすると、

 

インナーチャイルドは、過去の苦い経験を元に、

 

こういう自分は人に受け入れてもらえない、

 

愛してはもらえないんだ、と

 

自ら思い込み、存在を否定してしまった自分

 

その自ら拒絶してしまった自分(インナーチャイルド)を

 

社会的な価値観を解放して取り戻し、

 

再び全体のあなたとして生きることを助ける方法です。

 

 

 

当センターではこのインナーチャイルド癒しに、

 

仏教(お釈迦様の教え)、坐禅、心理療法を取り入れています!

 

そのため、自らを「仏道ホメオパス」と名乗っています。

 

 

坐禅会、仏道とホメオパシーセミナーも

定期的に開催しています!

 

 

 

病気は

 

「きのやまい」と書くように、

 

感情や思考といった

 

目には見えないエネルギー活動

 

「気」 の不調から始まります。

 

 


言えなかった言葉、

 

伝えられなかった思い、

 

抑えて溜め込んだ感情を
 

あなたの体が

 

症状にして表現しているものです。

 


 

また健康な状態を元気

 

「もとのき」と書くように、

 

その人、本来のエネルギー(気)の状態にあることが

 

健康であるということ。

 


 

エネルギー(気)の不調に働きかけることができるのは、

 

エネルギー的な働きを持つものです!
 


ホメオパシーのレメディーと

 

あなたの「治る力」に火をつける

 

言葉のレメディーで、

 

あなたが

 

人生のどこで病気になってしまったのかを思い出し、

 

抑えて溜め込んできた感情と

 

あなたが自分らしく生きることを邪魔する価値観を解消し、

 

あなた本来のエネルギー=元気を取り戻す

 

お手伝いをいたします。


 

これまでにわたしのホメオパシー健康相談を受けられた方が

お持ちだった現代医学による病名、

 

難聴、夜尿症、子宮筋腫、骨粗しょう症、脳梗塞後の麻痺、生理痛、不妊症、無月経、摂食障害、白内障、緑内障、

不登校、注意欠陥性多動症候群、うつ、統合失調症、自律神経失調症、慢性鼻炎、花粉症、アトピー、逆流性食道炎、

喘息、高血圧、貧血、中耳炎、関節炎、閉所恐怖、高所恐怖、広場恐怖、パニック障害、水虫、いぼ、過敏性腸症候群、

電磁波過敏症、化学物質過敏症、靭帯損傷、メニエール、めまい、睾丸ガン、胃がん、直腸がん、大腸がん、肝臓がん、セリアック病、レイノー症候群、肺がん、骨癌、脳腫瘍、食物アレルギー、鼠径ヘルニア、メラノーマ、偏頭痛、五十肩、巣状分節性糸球体硬化症、腎盂腎炎、慢性疲労症候群、水いぼ、手足口病、

疥癬、不眠症、発話の軽度発達障害、カフェオレ斑、自閉症、慢性の鼻血、リウマチ、ガングリオン など

 

※これらは医師による診断名であり、ホメオパス(ホメオパシー専門家)は診断をしたり、

病名に対してレメディーを選択することはありません。

 

★2019年4月★

ホメオパシー健康相談会日程

 

【松江市】出張相談会

18日 (木)

①13:00~ ご予約済

②14:30~  予約可

③16:00~  予約可

 

@松江市西川津町

詳細はお申込み後お伝えします。

 

 

【倉吉市】出張相談会

20日 (土)

①13:00~ ご予約済

②14:30~ ご予約済

③16:00~  予約可

 

@お米と自然食品 ねこ。


【鳥取市】出張相談会

27日 (土)

②13:00~ ご予約済

③14:30~ ご予約済

④16:30~  予約可

 

@鳥取市栄町 オーガニックスタイル水越屋

 

【島根安来センター】

2日(火) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

3日(水) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

11日(木) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

5日(金) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

9日(火) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

10日(水) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

11日(木) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

12日(金) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

13日(土) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

16日(火) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

17日(水) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

19日(金) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

23日(火) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

25日(木) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

26日(金) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

30日(祝) ○10:00~ ○11:30~ ○14:00~

  ○15:30~ ○17:00~  ○18:30~

 

※順次予約が入り、ご希望に沿う時間が空いていない場合があります。ご予約は事前にご連絡をお願い致します。

 

ホメオパシー健康相談
約60分 ~ 90分  

 

対面・電話・Skype・メールからお選びください。

 

※時間は目安です。

相談内容によって多少前後する場合があります。
 

通常、初回は90分程度、

 

再相談は60分程度のお時間をいただいています。
 
大人 10,800円  子供(中学生以下)8,640円

NEW!! 親子割り 16,200円 (2時間で大人1名、子供1名の相談を行います。)

※レメディー代は含まれません。

 
 ミニ相談  

 

まだ日常のトラブルにホメオパシーを使いこなせていない方!
ホメオパシー健康相談会に罹るほどではないけれど

ホメオパシーを試してみたい方!!
相談会の予約なんて待っていられない

急な症状をホメオパシーで対処したいという方!!!
ぜひご利用ください。
レメディーキットに入っているものや、

一般購入できるレメディーから提案します。

 

一律 3,240円  

 

※ホメオパシーユーザー(ホメオパシーの特徴を理解している方、

今までホメオパシーを使ったことのある方)が対象。

※電話、Skype、メール、メッセンジャーなどからご利用いただけます。

※レメディーは別途ご購入ください。
 
ご利用可能日: 火・水・木・金・土 (祝休)10:00~20:00

電話:080-8234-6170
メール:info_cuzen@yahoo.co.jp
スカイプ:homoeopathy-cuzen
までお気軽にご連絡ください。

<キャンセルポリシー>
ご予約日の3日前18:00以降のキャンセルは50%、

ご予約日当日のキャンセルは80%、ご連絡なく当日キャンセルは100%のキャンセル料を頂戴します。尚、同じ日時で電話、スカイプ、またはメールでの通信相談に切り替えることが可能です。
予約変更を希望される場合、必ず電話にてお早めにご連絡ください。 

 

 


 最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 

===========================

ホメオパシー、坐禅、インナーチャイルド癒しで

あなたの「治る力」に火を点ける!

仏道ホメオパス 道繁 良!

 

日本ホメオパシー界の第一人者、由井寅子博士のZENメソッドを使ったホメオパシー健康相談をしています。

相談をご希望の方は、アメブロからメッセージいただくか、

メールinfo_cuzen@yahoo.co.jp  電話080-8234-6170 まで! 

お気軽にご連絡ください。 

 

日本ホメオパシー医学協会(JPHMA) 

英国ホメオパシー医学協会(HMA)認定ホメオパス


===========================

 

 

「ただ誹(そし)られるだけの人、また

ただ褒められるだけの人は、過去にもいなかったし、

未来にもいないであろう、現在にもいない。」

(ブッダ真理のことばより)

これは僕がホメオパシー相談会で
ほぼ全てのクライアントにお伝えしていること。


つまり仏ホメ的にみて、これが

人が病気になる大きな原因である。


僕たちが病気になる時は無理をして生きている時。
 

どんな無理をしているかというと、

 

「自分以外の何者かになろうとしている」こと。

無理をして

自分以外の誰かに気にいられるため、

認めてもらうために
一生懸命にエネルギーを注ぐ。

 

けれどそれは本来の自分でないから
疲れてしまう。

人に気にいられる、認められる人間になりたいから、
自分を無理して良く見せようと頑張ってしまう。
 

すると、相手はあなたのことを気に入ってくれるだろう。

しかし無理をした自分を気に入ってもらっているだけだから、

あなたは素の自分を出すと嫌われるのではないか?

相手を失望させてしまうのではないか?と

常に不安でいなければならない。

無理しているので、その関係に疲れ、

ついには自ずから去ってしまったり。。


結局、無理をしたあなたを気に入ってくれた人との関係では
あなたが壊れてしまう。



そんなことしなくても、このブッダの言葉のように
どれだけ無理して完璧になろうとしたところで、

人は褒めたり貶したりするものだから、


そのままのあなたを出していけば良い。
いいところも悪いところも含めてあなただから。


そうすると、
そのままのあなたを気に入ってくれる人との関係が生まれ、
あなたは無理をせず、そのままでいられ、
そのままのあなたが活かされる関係の広がりに

幸せを感じていくだろう。


悟りに到達したあのお釈迦様でさえ、
全ての人から称賛されたわけではないのだから

凡人の僕たちが完璧を求める必要はないのだ。

 

大切なのはなぜ病気になるまで無理をしてしまうのか?

なぜ自分を犠牲にしてまで人から認められようとするのか?

それが大元の問題であり、病気の大元といわれる

インナーチャイルドを癒やさないといけない部分なんだけど。。

 

 

 ⇒インナーチャイルドを癒やす坐禅会「仏ホメ坐禅会」を

 開催しています!

 

 

僕たちが頑張って全ての人から100点をもらおうとする生き方は

自分らしさの角が削られて、

結局50点の生き方にしかならないと思う。

そのままの自分を生きた時

それは

ある人からは0点かもしれないが、他の誰かにとっては100点かもしれない。

凸凹あるのが人間。


あなたのそのとんがった部分が、

きっと誰かの心に突き刺さるはずだから。


サイの角のようにただ一人歩め!!

 





 

★ブッダの言葉のレメディーにしている

仏道ホメオパス道繁のホメオパシー健康相談会は

こちらから!

 

★ホメオパシー入門講座の開催日程は
こちらをご覧ください!

★病気の大元インナーチャイルドを癒す坐禅会!
仏ホメ坐禅会の日程は
こちらをご覧ください!
 

~ ~ ~ ~ ~



最後までお読みいただきありがとうございました。


==========================

日本ホメオパシー界の第一人者であり、世界的にも注目を集める

由井寅子ホメオパシー博士の「ZENメソッド」を使った

ホメオパシー健康相談をしています。

メールinfo_cuzen@yahoo.co.jp  電話080-8234-6170 まで! 

お気軽にご連絡ください。 

===========================