当社HP

https://asiabank.co.jp/

NaturalVegetable

https://www.vegenatu.com/

Instagram

https://www.instagram.com/naturalvegetable/

facebook

https://www.facebook.com/vegenatu1/

 

日本政府が

福島第一原発の処理水を海洋放出することを発表したことは、マスコミでも大きく取り上げていますので、どなたもご存じのことと思います。

 

 

ただ日本政府の発表を確認してみますと、すぐに原発処理水を海洋に放出するのではなく、今後も海洋を汚染することの無いよう努力を重ねて、2年後を目安に海洋放出する予定、と発表しているんですね!

 

福島第一原発に関しては、東日本大震災での事故の処理による水の海洋放出ですので、殊更世界から注目を浴びていますが、通常運営されている原子力発電所の処理水も海洋放出されています。

これは世界の常識です。

 

原発処理水の中には、多くの放射性核物質が存在し、当然のことですが、それらを取り除く処理を行ってIAEA等が定めた基準に適合させてから海洋放出しなければなりません。

放射性核物質の中でも、「トリチウム」という物質は除去が不可能な物質です。

ですからトリチウムに関しては、水で希釈して海洋放棄する必要があります。

 

福島第一原発の処理水の海洋放棄に関しましては、世界中から注目を浴びていますから、日本政府としては、世界的な基準に完全準拠するどころか、安全基準を大幅にクリアする処理を行った上で、IAEAに確認しつつ進めているようです。

福島第一原発の現場では、処理水を計画的に海洋放出しないと既に貯蔵タンクはパンパンになりつつありますし、次の廃炉過程に進めません。

 

 

処理水の海洋放出は致し方のないことなのでしょうが、これだけ日本政府が配慮して処理水の海洋放出を進めても、やはり

非難の声

は湧きあがります。

 

多くの非難の声の中で、福島県の漁業関連団体が日本政府に対して猛反発したのは、私には理解できます。

 

いくら日本政府がルールを遵守して海洋放棄を進めたとしても、やはり消費者からの「風評被害」は避けようがありません。

「私たちが今まで努力してきた実績が、処理水の海洋放棄で全てパーになる」

漁業団体の代表の方が日本政府に対して訴えられていました。

そのお気持ちは十分理解できます。

 

 

 

しかし、福島第一原発を廃炉にする過程で、処理水の海洋放棄は避けては通れません。

私個人としては、福島県の漁業に携わる皆様に対しては、本当にお気の毒だと思いますが、致し方のないことだと思います。

こちらに関しては、日本政府が海洋放出の情報を公にして、自らの努力を真摯に国民に対して説明し、風評被害を少しでも軽くする努力をするしかないと、私は思ってます。

 

私が理解しがたいのは、野党が日本政府の発表に異論を唱えていることです。

そもそも東日本大震災により福島第一原発が事故を起こしたのは、今の日本の野党が与党であった頃の話しです。

 

自民党が与党となり、福島第一原発の廃炉処理を引き継いできました。

全て国際的なルールを遵守して廃炉処理を進める日本政府に対して、事故勃発の時に、与党の中枢であった枝野さん等が、何らの代替案もろくに提示することなく日本政府に異論を唱える資格はないと私は思っています。

 

 

もう1つ騒いでいるのは隣国の韓国政府です。

韓国の原発は国際的なルールからはかなり劣る処理方法で有害な処理水を海洋放棄しているのが実情のようです。

日本政府の処理水の海洋放棄の処理過程に関しては、IAEAばかりかアメリカ政府からもお墨付きをいただいているのに、韓国政府は日本の野党同様に猛反発しています。

 

 

韓国・文大統領政権は同じ党のソウル市長と釜山市長を世間を騒がせたセクハラ容疑で失い、先日この韓国2大都市の市長選が行われましたが、どちらの市長選も保守派野党の「国民の力」が圧勝し、文大統領の「共に民主党」は惨敗しました。

 

 

文在寅大統領を支持する国民のパワーは急速に低下しており、来年3月に行われる韓国大統領選挙では今の革新派与党が敗れて保守派野党が勝利する道に進んでいます。

 

韓国の「革新派」というのは「北朝鮮との統一を目指す社会主義的な政策」、「保守派」とうのは「北朝鮮を敵対視した民主的な政策」

ざっくりこのように私は解釈しています。

 

文在寅政権としては、「憎っくき日本!」を攻撃することによって、韓国国民の支持を少しでも得たい

のでしょう。

だけど、いくら日本を叩いたところで、韓国国民の生活が豊かになるわけでもなければ、自らの失政がカバーされるわけでもありません。

 

中国政府も騒いでいますが、この国も放っておきましょう。

自分の国では、有毒物質をさんざ垂れ流しておいて、よく言えたものです。

 

 

いつまでも「日本叩き」が有効なわけではないのです。

中国もそうですが、韓国においても

「日本叩きの有効期限はとうに過ぎている」のではないかな、と私は思っています。