大江戸展 | 部長ホンダのチンタイ・ソウル

部長ホンダのチンタイ・ソウル

長崎市の不動産会社、ABC不動産で働く部長のブログです。
ナガサキの賃貸情報やインテリア、本や映画。
魂を込めてセレクトしたインドアなモノたち!


テーマ:

長崎のABC不動産のホンダです。

 

長崎県美術館で開催中の「大江戸展」に行ってきました。

 

東京富士美術館に所蔵されている、

江戸美術の巨匠たちの作品展です。

 

よく知られているのは、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」。

 

 

 

↑冨嶽三十六景の一つ「神奈川沖浪裏」。

 

 

 

迫力ある大波の中を果敢に進む船と、そのバックにはわれらが富士。

想像より小さな絵でした。もっとすごく大きな絵だと思っていたので。

 

今回思ったことは、二つあります。

 

目を引く作品は、大胆かつ繊細だということ。

 

構図はとても大胆で迫力満点なのですが、

びっくりするほど細かい部分まで丁寧に描かれています。

 

もうひとつは、やはり私は日本人だと思ったこと。

 

日本画が良いと思ったという話ではなく、

好き嫌いでいうと、やはり洋画のほうが好きなのです。

これ、たぶん日本人だから。

 

江戸美術は、もしかすると欧米人に人気があるかもしれません。

ゴッホもその一人だし。

 

それでも、本当に行ってよかったと思うのは、

葛飾北斎の本物を見られたから。すごかった。

 

大江戸展は、前期と後期で作品の入れ替えがあります。

 

前期は、5月6日まで。

後期は、5月9日~5月27日まで。

部長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス