体調帰路区
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2014-07-11 10:56:51

さて

テーマ:ブログ
台風は夜半に通り過ぎていった(そうです)。涙で空と交わす、災害の日もありました。今朝早く植木を見てみると、ささやかな花実が、親木にしかとかじりついていましたね。まだ小さいので心配していました。飛ばされた花実もありますね。庭木に結びつけた七夕の短冊も、そろそろ川に流そうか、それとも8月初めにしようか、とひらひら思案しています。…家族はこの度の一遍の短冊に、正座して書き込めていました。その年ごとに込める思いは違ってくるようです。
真っ青な空と白い入道雲、夜空に星を仰ぐ季節の始まりに、いい大人たちがひととき心を澄まして、一心に一筋に天空に届けとばかり短冊に願いを込める姿は、日々激動の中一服の感がして、実に清々しく豊かな気持ちにさせてくれました。で、私は短冊を天に捧げながら、長らくお世話になっている読者の皆さまの事、お一人お一人の顔を思い浮かべておりました(想像もあり笑)。そして心より御礼を申し上げました。そして、そろそろペン?(笑)を置く時期かな、とそう思いましたので、そうする事に致しました。

これまで様々な形や印しで、お気持ちを伝えられ沢山お支えを頂いてまいりましたこと、誠に有り難く存じておりました。

吸ったり吐いたり息をするように、自然に身近に、ただ感じたこと(しか)を書いてきましたが、人様の前に表すのは初めての(古だぬき)、、恥ずかしきことこの上なく、消し散らした記事何遍もございますが、意外に楽しゅうもございましたm(_ _)m。それもこれも、ずっと長らく励まして頂いていた、そのおかげさま、と心より御礼申し上げます。これからはゆっくりなさっていただければと存じます。

有り難う御座いました。ただただこれからも皆様のご活躍を、心からお祈り致しております。

140711_0943~02.jpg


140711_0942~01.jpg

では。

2014-07-09 09:51:04

再起への決心

テーマ:ブログ
自分あたりは、何度となく過ちや失敗を繰り返して、何とか少しずつ成長して、やっと生きているような人生なのですが、誉められて伸びる事もありますし、成長というよりは、「楽」という奥深い要素を追求してそこに価値を求める生き方もありますし、人、性別、国、時代、関係、事情立場により、人生観は画一的ではありません。

いずれにしても生命維持を土台にしての、生き方の選択判断になります。……今朝は、その原点の命の維持に必要な食料探しに、物凄く厳しい表情の鳥の顔(目)に出会いまして、びびっと感じてしまいました。
雛への餌探しの責任もあるのでしょうが、その本来の本能的な狩りへの、洞察力に富む深く沈んだ瞳や姿が、イキヲノム美しさでありました。情報収集のための機敏な動きも、目的に沿っての限定された範囲と時間の設定も素晴らしいものでした。
家の中からそっと覗き見の私も、おかげさまでしゃんとしましたよ(笑)。


2014-07-06 10:59:23

力強く米を炊く

テーマ:ブログ
かつて、食べ物を作り食べさせるのに台所には『かまど』があり、体の汚れや冷えを取る風呂には焚き口があり、いずれも必要な火を自分たちで作っていた。それが私の体にも染みついているのか、便利になった今も、炊くとき沸かす時のスイッチの押し方、ガス着火のつまみ方回し方に力が入る。火が恐かったせいもあるのだが「ハーッ」とか「イェッ」とかのかけ声を発し初動に気合いを入れる。燃えてくれよ、の念じの思いもあるのだが、人の命のために米を炊き風呂を沸かし鍋をかける、そんな思いがあふれる。…昔の燃料は、間伐材を刃で割って『マキ』を作り軒下高く積み上げて乾かし、下火には乾いたススキや枯れ葉、小枝などたまに木の皮なども混ぜて、ふんわりとした、だまを作り、赤いマッチを慎重にすっては一発で種火を安定させた。微妙に角度をつけてマキをくべ、竹筒をいい頃合いに吹きつけ焚き付かせ、やがてマキが厳かに燃え始めれば、更に隙間をつくってマキを重ねつつ、優しく息を吹き付け届ければ、やがて、ぼぉっ、と音を立てて、木本来の力が、力強く美しく燃え上がる。

…今朝もこんないつも通りのイメージを抱きながら、力強く米が炊けた。ダイジだ。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス