お彼岸の間中、燃え上がるように咲いている彼岸花ブーケ1

お彼岸が終わると、花も終わってしまいます。

なので、最近は真っ赤な彼岸花もあまり見かけなくなってしまいました。

あっという間ですね。

 

彼岸花は、葉っぱも出さずいきなり花を咲かせ、1日に10センチも15センチも茎を伸ばして、あっという間に50センチくらいの高さになるそうです。(「ひがんばな」の絵本から)



墓地などにあるイメージが強く、花壇に植えてあるのはあまり見かけないけど、まとまった彼岸花の赤は周囲を華やかにしてくれますね。

 


彼岸花には、白や黄色もあるみたいで、別名が多いことでも知られています。

怖い名前だと「死人花」「地獄花」…など。

これ、聞くと怖い花のイメージが強くなってしまいますねガーン

でも、そんなことはなく、めでたい前兆と言われている「曼珠沙華」という別名もあるのです。




「ひがんばな」

甲斐信枝

福音館書店


この絵本は、彼岸花の知らない事を、分かりやすく紹介しています。

オススメですニコニコ

 

 


そして、彼岸花で思い浮かべるのは、

新美南吉の「ごんぎつね」犬です。

  


このシーン↓

「墓地には、彼岸花が赤いきれのように咲き続けていました。と、村のほうから、カーン、カーンと鐘が鳴ってきました。葬式の出る合図です・・・」

 



毎年、新美南吉資料館では、「ごんの秋まつり」を開催して、近くの矢勝川では真っ赤な彼岸花を見ることが出来るそうです。

しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、このお祭りも中止だそうで残念です。

と言うのも、今年は秋祭りに行こうと思っていたのです^ ^

しかし、緊急事態宣言も解除されないし、無理かな・・と思っていた矢先、このお知らせを知りました。

来年は、行けるといいな。

 


「ごんぎつね」朗読のYouTubeはこちらです。


ごんぎつね


 

 

さて、

私が参加している「言葉の花束」のオーディオブックですが、

前回の「煙突の上のコンペイトウ」シリーズ第二弾が公開されました!



「魔女のツリーハウス」



今回も映像と音楽など、とても癒やされます。

お話は、なんとドラキュラ一家が出てきますびっくり

でも、怖くありませんよ〜

 



わたしはナレーションを担当しています。

35分のお時間です。ご視聴いただければ幸いです。