日本に4つしかない製糸工場のひとつ、野村シルク博物館(愛媛県西予市)。
(写真)繭から糸を繰る繰糸工さん。

きょうは一日、西予市野村地区で教育旅行誘致のための打合せでした。

体験民泊受入にも前向きで、南予全体のなかでも大きな受入拠点になるかもしれません。

写真は体験候補地として視察した「野村シルク博物館」。

若い繰糸工さんがいまなお伊予生糸の伝統技術を受け継いでいて、感動しました。

こういう熱い地域に、都会の子どもたちを連れてきたい!
八幡浜近海産イサキの皮焼き(炙り刺し身)、自家栽培ナスとオクラの揚げ浸し、キュウリの漬けものほか
(写真)イサキの皮焼きほか。

晩ごはんの食卓です。

奥さんが「どーや市場」で買ってきたイサキを皮焼きにしてくれました。

けっか、鮮度よく皮目香ばしく、自家製柚子胡椒との相性も抜群でぺろりと平らげました。

柚子胡椒といえば、そろそろ今年の仕込み時期がやってきそうです。

じぶんは胡椒(トウガラシ)の、奥さんはユズの担当で、お互いがんばって取り組みたいと思います。
パンなのにビールがぐいぐい進む!~松山市・パンステージ メリーさんの「チキン南蛮サンド」ほか~
(写真)パンステージ メリーさんのパンほか。

晩ごはんの食卓です。

きょうは奥さんが松山の実家に帰ったので、お土産で「パンステージ メリー」さんのパンを買ってきてもらいました。

手前左から時計回りで、

・「チキン南蛮サンド」388円
・「スーパーブー」270円
・「タルタルたっぷりフィッシュサンド」162円
・「たこ焼きパン」216円

となります。

けっか、それぞれ奥さんと半分コして全種類食べましたが、どれもパンなのにビールがぐいぐい進むうまさです。

メリーさんとはかれこれ10数年来の付き合いになりますが、あいかわらず繁盛しているようで何よりです。
カワラナデシコ、オオキツネノカミソリ、オナガアゲハ。~さんきら自然講座で四国カルストへ~
(写真)天狗高原にて奥さん。

奥さんといっしょに今年度参加している公民館講座の「さんきら自然講座」。

年8回ある講座の第4回目となるきょうは、四国カルストへやってきました。

カワラナデシコ、オオキツネノカミソリ、オナガアゲハ。~さんきら自然講座で四国カルストへ~
(写真)カワラナデシコの花。

弁当持参で丸一日いろいろな植物や動物を観察しましたが、なかでも印象に残っているもののひとつ目は、「カワラナデシコ」です。

秋の七草の1つ「ナデシコ」(撫子)はこの「カワラナデシコ」のことで、「ヤマトナデシコ」とも呼びます。

カワラナデシコ、オオキツネノカミソリ、オナガアゲハ。~さんきら自然講座で四国カルストへ~
(写真)オオキツネノカミソリとオナガアゲハ。

もうひとつ印象に残っているのは、「オオキツネノカミソリ」です。

名前もすごいですが、その鮮烈なオレンジは遠目にみてもよく映えます。

けっこう歩きましたが、高原の風は涼しくて気持ちよかったです!
コッパグロ(メジナ)がたくさん釣れました!~三瓶・有網代(あらじろ)の波止での釣果・Part6~
(写真)釣りに集中する奥さん。

きのうに続き、きょうも朝奥さんといっしょに釣りに行ってきました。

コッパグロ(メジナ)がたくさん釣れました!~三瓶・有網代(あらじろ)の波止での釣果・Part6~
(写真)釣果。

けっか、きょうもカマスは釣れませんでしたが、コッパグロ(メジナ)やベラ(キュウセンとササノハベラ)がたくさん釣れました。

クロは刺し身にできそうなサイズも釣れてよかったです。
きょうも無買デー達成!~ベラのから揚げ・味噌タタキ・煮つけ、クロとカワハギの刺し身ほか~
(写真)ベラのから揚げほか。

晩ごはんの食卓です。

きょう釣ってきたベラを、から揚げ、味噌タタキ(焼いた身をほぐしとって、味噌と薬味といっしょに叩いたもの)、煮つけにしました。

クロ(メジナ)とカワハギは刺し身にし、カワハギは肝醤油でいただきました。

あとの小魚は南蛮漬けにしました。

けっか、ベラのから揚げはウロコをつけたまま揚げていますが、そのパリパリの食感がなんともいえません。

クロの刺し身は久しぶりですが、よく脂が乗っていてうまみ濃く、食べだすとなかなか止まりません。

ちなみにきょうも“無買デー”(何も買わずに自給自足する日)達成です。
大きなベラとカワハギが釣れました!~三瓶・有網代(あらじろ)の波止での釣果・Part5~
(写真)釣果。

きょうは夏休みをいただいて、朝から奥さんといっしょに釣りに行ってきました。

けっか、台風明けで水が濁っていたのもあって、いつものようにカマスは釣れませんでしたが、大きなベラやカワハギが釣れました。

大きなベラとカワハギが釣れました!~三瓶・有網代(あらじろ)の波止での釣果・Part5~
(写真)カワハギの口を真似る。

クロ(メジナ)も1尾、刺し身にできそうなサイズが釣れてよかったです。