スタッフブログ アバンセライフサポート

アバンセライフサポート スタッフのブログ

アバンセライフサポートは愛知・岐阜・三重・長野に30以上の介護施設などを運営する会社です。


若者には若者の、高齢者には高齢者の、また身体などに病気や障がいがあっても、人にはそれぞれのしあわせの形があるはずだと考えています。

ただ、そのしあわせを感じるためには、きっと「コツ」みたいなものがあるはずかとも...思っています。


私たちは、そんな発見のお手伝いの参考にしていただければと思い、このブログを始めました。


その思いと共に、日々の出来事とからめて、介護施設のスタッフが代わる代わる書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

  • 18Jan
    • 初の寿司レクです!!の画像

      初の寿司レクです!!

      こんにちは、こころ春日井です。職員ですが、もともと板前さんです。目の前で魚をさばいたり、握ってもらったりワクワクしながらみていました。みんな「ワァ~!!お寿司~」黙々と食べていました。みんな「おかわり」「おかわり」とお腹がふくれるくらい食べました。担当:こころ春日井

  • 12Jan
    • お仲間の紹介をしますの画像

      お仲間の紹介をします

      11月から新しい仲間が増えました。とても優しく、料理もとても上手に作ってくれるので、利用者様はみんな「美味しい、美味しい」と食べてみえます。利用者様はみんな仲良しです。下の写真は、まるで夫婦のように仲良な様子が撮れたので掲載してみました。「顔に何かついているよ(#^^#)」「ここは温かくて気持ちいね~。  ついウトウトしちゃうね(-_-)zzz」担当:こころ春日井

  • 28Dec
    • グループホームの日常です。の画像

      グループホームの日常です。

      こんにちは、こころ春日井です。グループホームは認知症の高齢者が専門スタッフのケアを受けていただきながら共同生活を送っていただくのが目的の施設です。7月~9月にかけてはソーシャルディスタンスを保ちながら施設の周りの掃除や(ちゃんと掃除しないとだめよ!と女性陣が監督しています(^^))みんなで仲良く洗濯物を畳んだり、(洗濯物の畳み方はちゃんと私のを見て畳んでよ(・o・))時間のある時は地図を見ながら「私はここに住んでたよ!」指をさして話をされていました会話を楽しんだり、みんなで仲良く体操したりしています。担当:こころ春日井

  • 21Dec
    • コロナ禍が落ち着いている隙をみての画像

      コロナ禍が落ち着いている隙をみて

      こんにちは、こころ春日井です。今年はコロナ禍の中、少しでも楽しいことは出来ないかと職員と話をしながら5月の少し規制緩和した時にBBQをしました。みんなでワイワイ楽しく食べたり、スイカ割りをして楽しみました。みんなで交代してスイカ割りをしましたが、なかなか割れず苦労しました。割れた後のスイカは甘くてとても美味しかったったです。担当:こころ春日井

  • 14Dec
    • 懐かしい記事に思いをはせての画像

      懐かしい記事に思いをはせて

      こんにちは四季彩大垣です。前回も書きましたが、今回のブログを担当するにあたりパソコン内に入っている写真を整理していました。しばらく整理をしていたら、前にブログの担当した時の記事が出てきました。書いた日付を見たら、なんと2016年9月のものでした今から4年前の記事ですね~。かしくなり、気が付けばついつい記事に目を通していました。こちらは、その記事に掲載された写真です。リコーダーとや太鼓での懐かしの歌の演奏会の時の写真ですね~。今でも音色が本当に心地よかったのを憶えています。入居されている皆様も知っている曲が演奏されると、楽しそうに歌っておられたのを思い出します。こちらは3時のおやつの時間にレクリエーションでよくやっていた輪投げの風景ですね~。見事に入った時の入居者様の笑顔は今でも忘れられませんよこのコロナ禍になる前は、いつもこんな感じで日々楽しく過ごしていただいていたな~と心の中でひとり呟いていました。今も入居者様の皆様にはスタッフ一同日々楽しく過ごしていただけるような努力は続けていますが、やはり皆さんで身体を寄せあって動かしたり、生の演奏を聴いていただいたりするようなレクリエーションはできませんので寂しいものです今、報道などを視ているとワクチンの話題が出てきているようなので、期待はしているんですね。とはいえ、接種が始まるのは半年以上先のことだとかまだまだこの先もこのようなイベントなどはできない状態が続きそうです。願わくは1日も早くアフターコロナ時代がやってきて、100%同じようなことはできないとしても、またボランティアさん方にも来ていただき、入居者様の皆様にこのような楽しみも再開できたらと思いながら目を通していました。それまでは入居者様に日々をどう楽しんで過ごしていただくかこれからもスタッフと一緒になって考えていきます。さて、今年もあと半月ですね。これの後は平年の寒さがやってくるという予報も出ております。どうか皆様お身体をご自愛していただき、一緒に笑顔で年末年始を迎えられるように願いながら、今期の四季彩大垣のブログ担当は終了させていただきます。読んでいただき、ありがとうございました。担当:四季彩大垣

  • 30Nov
    • 奥の細道の画像

      奥の細道

      こんにちは、四季彩大垣です。ブログ記事を担当するにあたって以前の写真を整理していました。その中から昨年の外出イベントの写真が出てきました。その時のことを、今日のブログに書きたいと思います。皆様、ご存知でしたか四季彩大垣のある大垣市は「古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音」や「閑(しずけ)さや 岩にしみ入る 蝉の声」などの俳句で有名な松尾芭蕉の奥の細道の結びの地でもあります。そして施設近くにはむすびの地を記念して建てられた「大垣市奥の細道むすびの地記念館」があります。「そんなところが近くにあるんだから行ってみようー」ということで、昨年は暖かくなった頃に、入居者の皆様と一緒に記念館に行ってきました。そして、その時、この見つけたのが美味しそうなお抹茶とおまんじゅう「食べたいな~...」と利用者様からのご要望が...(笑)ということで...「いただきま~す。」やっぱり女子は花より団子・・・なのかなごちそうさまでした。今年もあとわずかになってしまいましたが、このコロナ禍の影響で全く外出して行うイベントはできませんでした。とても残念でなりませんでした。はてさて今後はどうなることやら...まだまだ当分の間、外出イベントは難しいかもしれませんが、今は新しい生活様式をを実施しながら利用者様からこの時と変わらない笑顔をいただけるようにスタッフ一同、これからも日々努力をさせていただいております。担当:四季彩大垣

  • 23Nov
    • 来年はお花見できるでしょうか?!の画像

      来年はお花見できるでしょうか?!

      こんにちは、四季彩大垣です。本日より4回スタッフブログの担当をさせていただきます。まずは施設の場所を紹介させていただきます。四季彩大垣は岐阜県西濃地方に位置する大垣市にあります。大垣は「水の都」とも呼ばれているように、地下水が豊富で、長良川をはじめとする15本もの一級河川が流れる街です。そのために桜の樹も多く春になると街中が桜の花でいっぱいになります。こちらは、施設近所の水路に咲いていた桜です。ポカポカ陽気に誘われて、昨年は入居者と一緒によくお散歩に出させていただきました。皆さん笑顔で、それは楽しそうでした。でも、今年はこの新型コロナウイルスのためにお花見もお散歩にも出かけることが難しかったです。今また全国的に広がってきているので、来年も一緒に見られるか心配ではあるのですが、できるものならまた一緒に見たいと思っています。担当:四季彩大垣

  • 16Nov
    • ハレの日の食事の様子ですの画像

      ハレの日の食事の様子です

      こんにちは、グループホームこころです。こころがお届けするブログは今回が最終回です。最後のテーマは、イベントの日やお正月などの節目でお出ししている、ハレの日の食事についてご紹介したいと思います。 お正月に召し上がっていただいたお節料理です。お雑煮はお出しできないのですが、お節の雰囲気を楽しんでいただけるよう、切り方や盛り付けも普段と少し変えています。 二月の節分では、海苔巻きをお出ししています。中の具をやわらかく煮て、食べやすさを心掛けています。春のお彼岸には、関東風の桜餅を、利用者様といっしょに作りました。 土用の丑の日は鰻です。さすがに鰻は買ってきていますが、利用者の皆様はもちろん大好きで、なにより夏の食事だと感じていただけている様です。 春、秋のお彼岸にはお萩を作ってお出ししています。正直に申しますと、お萩は皆様お好きなので、お彼岸限定という訳ではなく、「そろそろお萩たべたいなあ」という頃にお出しする感じです。 クリスマス会の日は、毎年お弁当をとってます。お寿司や刺身などは衛生的な観点から普段はお出ししていませんので、普段にない食事という視点でおかずを選んでいます。ケーキをデザートにお出しして、クリスマス会が始まる前に、気持ちがワクワクしていただけるといいなあ、と毎回思っています。 こころでは、普段の食事は職員が調理しています。食べる事は、栄養摂取という面はもちろんのこと、利用者様が楽しみにしている事でもあり、身体と心に、とても重要な役割を持っています。また、食べ物を通して季節や時候を感じて頂く事も大切です。一年を通して、折々のお食事をお出しすることも、大切なケアの一つと考えています。担当:グループホーム こころ

  • 09Nov
    • 敬老の日のお祝いの様子をお伝えしますの画像

      敬老の日のお祝いの様子をお伝えします

      こんにちは、グループホームこころです。今回は9月の敬老の日に行ったお祝いの様子をお伝えしたいと思います。今年はグループホームこころの中で最年長で、さらに数えで100歳の利用者様がみえるので、その方へのお祝いの言葉を述べました。言葉だけでは味気ないですので、この日の昼食はいつも以上に職員が気合を入れて作りました。グループホームでは、基本的にご飯は職員が作ります。が、簡単な調理などは利用者様にお願いすることもあり、家庭的な雰囲気の中で過ごして頂くことに気を配っています。普段から料理が手作りだと、「いつもよりちょっとだけ豪華にしたい」とアレンジが簡単にできるのが、グループホームの良い特徴だと思います。お祝いの日の献立は、赤飯にお吸い物、天ぷらに茶碗蒸しとデザートにイチジクとゼリーを用意しました。レクリエーションは双六やビンゴ大会でにぎやかに過ごしていただきました。おやつにはお祝いの日らしく、お抹茶を立てておまんじゅうと一緒にお出ししました。こころでは、節句や利用者様の誕生日など、お祝い事はできるだけ皆でお祝いできるように機会を設けています。普段とは違った楽しさを味わっていただいている、そんな利用者様の様子を拝見していると、職員もとても嬉しく感じます。担当:グループホーム こころ

  • 02Nov
    • こころの周辺にはこんなものがあります。の画像

      こころの周辺にはこんなものがあります。

      こんにちは、グループホームこころです。今回は、こころの周囲の様子をお伝えしたいと思います。当施設はJR木曽川駅から徒歩10分ほどですが、そのちょうど真ん中あたりに木曽川病院があります。木曽川病院の北側は、昔の農業用水路を利用した、車の通らない遊歩道になっています。安全に歩けますので、利用者様のペースでゆっくり歩いたり、車椅子でも気兼ねなく立ち止まって草花を眺めたりと、のんびりと散歩するにはぴったりです。施設から車で10分ほどいくと、大型のショッピングモールがあります。ここでお昼を食べることがあるのですが、皆様ご自分で選ぶのがとても楽しいようで、毎回メニューを決めるのに、とても嬉しそうに悩んでいらっしゃいます。今年は1度も行けないので、コロナが終息して外出が出来るようになったら、真っ先に皆で行きたいと思っています(写真は去年の秋に行った時の様子です)また、施設から車で15分ほどの所には138タワーが建っています。毎年春と秋には色とりどりの草花が咲く中を歩いたり、桜の季節に花見をしたり、一年に何度も訪れています。(残念ながらこの写真も去年の花見の様子になります)散歩に丁度良い遊歩道や、車で少しいけば大きな公園やショッピングモールがあるというのは、あまり遠出ができない利用者様にとって、とても素晴らしい環境だと思います。私達が普段当たり前のように出掛けている所は、利用者様にとってはとても大きな楽しみだったり、憩いの場であったりします。また皆で出掛ける日を心待ちにしています。担当:グループホーム こころ

  • 26Oct
    • 今年の夏のイベントですの画像

      今年の夏のイベントです

      こんにちは、グループホームこころです。私共の施設は、愛知県は一宮市の北方町にあります。木曽川がすぐそばを流れるのどかな場所です。以前は施設の周囲には田畑に恵まれ、窓からの景色も四季折々の野菜や作物が見られましたが、この所宅地化が進んで、田んぼも畑もずいぶん少なくなってきました。けれどものどかな雰囲気は相変わらずで、落ち着いた雰囲気の中、利用者の皆様ものんびりと過ごされています。今年の夏は、それまで想像もしていなかったコロナが猛威を振るい、当施設でもご家族様の面会を断らせていただいております。利用者様も外出を控えていただき、施設から全く外出しない生活を送っておいでです。けれども、全く外出できないというのはストレスがたまるもので、何かと不自由に感じていらっしゃる様子がとてもよくわかりました。そこで、せめてもの気晴らしに、夏らしくパーッと気分を盛り上げていただこうと、浴衣イベントを行いました。浴衣をお召しになって、まずは記念撮影です。浴衣に袖を通しただけで、普段はまるまった背中もしゃんと伸びて、皆様一気に気持ちが軽くなったご様子です。普段と違う装いは気分転換にとてもよかったようで、普段はあまり気乗りされないフロア歩行練習も、みなさま進んで歩かれます。裾があるので職員が脇についてそろそろと、お上品に歩みを進めてみえました。その後は夏祭り的なイベントということで、ビンゴ大会を行い、ビンゴで当たったお菓子とラムネでみなさまワイワイと過ごされました。今年の夏は、世界中で大変な事態になり、どなたも経験したことのない気持ちで過ごしていらっしゃることと思います。コロナがおさまった後で、私達はこの夏をどのように思い出すのでしょうか決して快い記憶ではないのですが、それでも、その不自由の中で、大好きな人たちと楽しく過ごしたひとときがあったのだということを心に留めていきたいと思います。担当:グループホーム こころ

  • 19Oct
    • 毎日 戦闘機が観えますよの画像

      毎日 戦闘機が観えますよ

      こんにちは四季彩 岐阜です。岐阜市の東側、岐阜駅から約8キロのところには各務原市があります。そこには航空自衛隊岐阜基地があります。月から金曜日の雨天以外は、一日に三回戦闘機が発着します、基地から施設近隣の岐阜城の上空を通過して日本海まで飛行するそうです。今回は施設スタッフが趣味で撮影した写真をお借りしました。こちらはF15戦闘機です。岐阜基地は日本で唯一の飛行開発実験団という、航空機やミサイル等を開発・実験などを行っている部隊で、ここでしか観ることが出来ない飛行機や装備品が多い基地です。こちらは、その一つ、F2戦闘機の試作機だそうです。こんな特別な風景が見られる施設です。「今日の昼食です」とにかく大所帯の施設です。今日は5名の厨房スタッフが昼食の準備を頑張ってくれました。今日のメニューは、少し変わっていました。「大阪風お好み焼き定食になるのかな」利用者様も、大喜びで美味そうに召し上がってくださいました。本当に美味しい食事も自慢の施設です。いつでも施設見学もOKです。新型コロナウイルス感染予防対策をして皆様をお待ちしています。担当:四季彩岐阜

  • 12Oct
    • コロナに負けるなの画像

      コロナに負けるな

      2020年1月から続いている、新型コロナ感染を防ぐよう、マスクの着用や不要不急の外出を控えるよう呼びかけの中、岐阜市のJR岐阜駅前に有る、黄金の織田信長像もマスク着用で感染予防に徹しております、私が知る限りでは信長様の感染はないようです。コロナが落ち着いたら、ぜひ岐阜市にお越しください、岐阜駅から4km圏内に、沢山の観光名所が有ります。話は変わりますが、現在お勧めのレクリエーションを紹介いたします。スタッフ手作りのジェンガです。用意するものは①トイレットペーパーの芯 ②適当に四角に切った段ボール数枚   以上です。準備は、トイレットペーパーの芯を沢山たて、その上に段ボールを乗せてタワー上にするだけです。利用者様が順番にトイレットペーパーの芯を抜き取って行き、倒してしまったら負けです。慣れてきたら段数を三段・四段と増やしていくと難易度もスリルも格段にアップしますので、皆さんもお試し下さい。担当:四季彩岐阜

  • 05Oct
    • めだかの学校の画像

      めだかの学校

      現在 四季彩 岐阜では「メダカブーム到来」ですもともと、一人のスタッフが自宅で10年間飼育していたメダカですが、余りの可愛さからスタッフ間に広がり、現在は多くのスタッフが自宅で飼育中です。最近のメダカは品種改良が盛んで色彩豊かで「青メダカ」や「赤メダカ」など種類も数えきれません。スタッフの自宅は勿論、現在施設のエントランスにも水槽を設置し来客者と利用者を和ませています、皆さんも是非 見学に来所下さい写真写りは、悪いですが。まだ子供ですので頭と尻尾部分しか、青く輝いていませんが、大人になると全体が青く光ります。施設エントランスホールの水槽です利用者様も楽しそうに世話をして頂いております。担当:四季彩岐阜

  • 28Sep
    • いよいよ 9月も後半ですね。の画像

      いよいよ 9月も後半ですね。

      こんにちは、四季彩 岐阜です。皆さん、ご存じかと思いますが まずは、四季彩 岐阜の紹介をさせて頂きます。四季彩 岐阜はJR岐阜駅から2キロ北上した岐阜城が良く見える場所に有ります。施設東側には岐阜市中央図書館があり、その隣には新岐阜市役所が現在建設中で来年完成予定です。(施設1階から見た、建設中の市役所です)(施設6階から見た、建設中の市役所です)四季彩 岐阜は地上6階建てで緑色の屋根が特徴で、利用定員は61名です。施設内で勤務するスタッフは総勢42名でベテランの方が多く在籍しており 、いろんな意見を出し合いながら、楽しく仕事をしています。今回コロナの影響で色々なレクレクリエーションが中止や延期と成りましたが、施設として出来る事はしようとソーシャルディスタンスを保ちながら、利用者様と楽しく過ごしています。< (コロナ対策をしながらのレクリエーション風景)担当:四季彩岐阜

  • 21Sep
    • 2020夏を回顧の画像

      2020夏を回顧

      こんにちは、四季彩勝川です。第4回(終)庭ですだく虫の音が秋の到来を告げています。いかがお過ごしでしょうか。今年の夏は皆さん消化不足ではなかったですかコロナ・マスク・自粛・暑すぎる、と我慢することが多かったですね。おまけにオリンピックも延期になってしまい、お祭り気分になるはずが間逆になってしまいました。気持ちが沈みがちになり、楽しめなかったのではないですか四季彩勝川でも同様、コロナの影響でデイサービスも中止になってしまい、利用者の皆様は出掛けることもままならない退屈な夏を過ごさなければいけない状況でした。ですが四季彩勝川には救世主がおりました。プロ歌手が介護職員として働いております。今までにも何度か歌を披露して頂いておりましたが、最近は他施設での依頼が多かったため、ご無沙汰しておりました。(かなり人気です)そして開催しました、夏祭り8月23日(日)13時半、ショーの始まりです。皆さん歌に合わせてリズムをとり、口ずさみ、ある人は涙を流し、とても活気づいたひと時でした。のんびりとした日常もいいのですが、時には刺激のある時間も大事ですね。楽しい時間もあっという間に終わってしまい、2020年夏は終わりました。四季彩勝川ブログも今回で最終となりました。またお会いできる日を楽しみにしております。ありがとうございました。皆様の秋が実り深いものになるよう、願っています。そしてコロナウイルスが終息して、一年前までと同じような日常が来ますように。疫病退散 担当 四季彩勝川PS. 歌手『姫野友美(ひめのともみ)さん』もよろしくお願いいたします。

  • 14Sep
    • ♪手のひらを太陽にの画像

      ♪手のひらを太陽に

      こんにちは、四季彩勝川です。九月とはいえ、まだ夏を思わせる暑い毎日です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。突然ですが『おけら』という生物はご存じですかタイトルの歌の中に登場する昆虫の事です。では実際に見たことはありますか私は当施設で働くまで想像すらした事がありませんでした。(ちなみに日本人の7割が姿を知らないそうです。)ですがここでは毎年のように施設内で会うことができます。正面から見ると虫というよりモグラ似でとても可愛らしい顔をしています。  ※よく目にするチャンスは年2回     1回目は春先に行なう田んぼの代搔き時     2回目は9月から10月頃の秋口何が言いたいのかといいますと、そんな自然豊かなのんびりとした環境、時間の流れの中で皆様が暮らされているということです。もうひとつ私が驚いた事がありました。施設の前にある側溝は田植えシーズンになると用水路のように水が流れます。そこから来たのか『サワガニ』が自動ドアが開いたと同時にものすごいスピードで入ってきて入口横の応接室に入って行きました。あっという間の出来事で一緒にいたスタッフと大笑いでした。こんな小さなことでも笑顔になれるんです。クスッと笑えることをいっぱい見つけて利用者様と職員とで笑顔の共有をしていけたら イイナと思います。残暑が続いております、皆様お気をつけてくださいませ。そして コロナに負けるな  疫病退散次は早いもので最終回。第4回もよろしくお願いいたします。担当 四季彩勝川

  • 07Sep
    • 韓流ドラマにくぎづけ?の画像

      韓流ドラマにくぎづけ?

      こんにちは、四季彩勝川です。暦の上では、もう秋なのですが今年は9月に入ってからも残暑が厳しいですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。今年の夏はいつもと違い、自粛ムードでストレスも溜まりがちでした。そして新しい生活様式にもなかなか馴染めず、少し気が滅入ってしまった方も多いのではないでしょうか。がしかし、当施設のマダムの方々は毎朝放送の韓流ドラマにくぎづけの様子遅ればせながら韓流ブーム情報番組にはあまり興味を示されない利用者様も韓流ドラマはじっと見つめて、ドラマに集中されております。今までおしゃべりしていた方も、何も興味を持たれなかった方もみんながドラマに引き込まれています。職員としては嬉しい光景です。皆さん乙女になっております。(´∀`*)ポッ心にきれいな花が咲いてくれたらイイナと朝の光景のひとこまをご紹介いたしました。この残暑を乗り越えて、実り多き秋を迎えられますようにお祈りいたします。そしてコロナウイルスを乗り切りましょう。 疫病退散それでは第3回もよろしくお願いいたします。担当 四季彩勝川

  • 31Aug
    • 季節の花と共にの画像

      季節の花と共に

      こんにちは、四季彩勝川です。残暑がひときわ身に染む毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ブログを担当いたします四季彩勝川です。今回を含めて計4回、つたない文章ですがいろんな四季彩勝川を知っていただこうと精一杯アピールしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。四季彩勝川ってどんなとこ住宅街の中にあって、公園と川に囲まれた、名前のとおり四季を感じられる、とっても静かな環境にある施設なんです。でも施設の中は正反対で【超】がつくほどアットホームな空間です。笑いと笑顔が絶えない、そんな施設です。エントランスには園芸の好きなスタッフによる四季の感じられる花が咲き誇りデイサービスへ出かけられる利用者様を和ませております。お近くにお越しの際はぜひぜひお寄りください。と言いたいところですが、コロナウイルスが邪魔をしております。しばしお待ちください。         皆様の健康と安全をお祈り申し上げます。疫病退散では次回もよろしくお願いいたします。     担当 四季彩勝川

  • 24Aug
    • ☆ こころの1日 ☆の画像

      ☆ こころの1日 ☆

      こんにちは。こころ比良です。毎日、暑い日が続いています。医療、介護のお仕事に携わるすべての皆様、本当にお疲れ様です。夏の時期は特に入居者様の起床時間も早く、朝の6時過ぎになると、食堂に少しずつ人が集まり賑やかになってきます。朝食後、毎日の日課となっているのが、ラジオ体操。入居者様、スタッフ一緒に体を動かします。ラジオ体操が終わったら、みんなでコーヒータイムです。モーニング文化が根付く名古屋です。毎朝の習慣です。朝のコーヒーが無いと始まりません。前回もご紹介しました大人の塗り絵ですが、今回はかなりの超大作 に挑戦です。みんなでどの部分を塗っていくか話し合います。みなさん、集中して塗っていきます。もう少しで完成です。塗り絵を始めてからそろそろ1時間ほど経ちました。キッチンからおいしそうな匂いがしてきましたよ。みんな大好き、カレーライス今日も美味しくいただきます。暑くなってくると食欲が落ちる方もみえますが、こころの入居者様は毎食、完食。夏バテなんてどこ吹く風です(笑)お元気の秘訣はやはり、食欲にあるようです。みなさん、よく食べ、よく寝て、よくしゃべる(笑)スタッフが入居者様からお元気をいただいているんです。これからも新型コロナウイルスの感染防止、熱中症にも十分気を付けて過ごしていきたいと思います。最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。担当: こころ比良