ITとゲームとメタル

下書き置き場


テーマ:

私は東京ゲームショウの取材で上京する際は必ず二か所のホテルに滞在することにしています。というのも、東京ゲームショウのシーズンは日本各地、最近では海外各国から東京および千葉幕張周辺に参加者が集結するためホテルが非常に取りにくいのです。4日連続、5日連続で幕張メッセに近い場所にホテルを取るのは至難の業。まあ幕張周辺に手頃なホテルがあんまりないというのもありますが。しかし、それでも2日ずつ別のホテルに分ければどうにかこうにか予約を確保することもできるというわけです。今回の私の1か所目は…

 

{EC2D19A2-3B99-4870-9DC0-531330925BE9}

こんな狭い裏路地を通った先にある今年6月にオープンしたばかりのカプセルホテルタイプのホステル「戦国旅籠 東向島店」です。

 

{ADBA3AE1-38A8-47C4-A422-4742558CF2C4}

本当は全景を写したかったのですが、一方通行の細い道しか通っていない住宅街の中にあるという立地で、これ以上下がったら向かいの家の敷地に不法侵入してしまうという状態でした。そんな環境だから当然このホステルもこじんまりとしていて、面積的には小さめの一軒家とほぼ同じ。

 

{847F5FDA-9E90-4871-AABB-9DA1FE353C07}

看板に描かれているのは城なんですけどね…。実際には一軒家です。

 

{059D3F03-5A7A-4951-8509-C7A0904C8E46}

ここは今年春にオープンという真新しいホステルで、なんと今回オープン記念価格として一泊1800円で泊まれてしまいました。一泊2000円を切ったのはこれが初めてです!激安!なぜこれだけ安いのか?その理由に一つは「チェックイン可能時間が非常に短い」かもしれません。普通、ホテルにせよカプセルホテルにせよホステルにせよ、深夜までチェックインカウンターなんて開いてるもんじゃないですか?特に飛行機移動する人は深夜便とかもあるし。ところがここにチェックインできるのは16:00~21:00まで!そしてそれ以降はスタッフが帰って誰もいなくなります。つまり21:00以降に何かアクシデントやトラブルがあっても基本対応してもらえないのです。こういうシステムは海外、特に欧州の安宿では結構あるんですが、日本国内でこれって珍しくないですか?そのおかげで宿泊費が安く抑えられているというのもあるのでしょうが。これは先にご紹介したカプセルホテル「ファーストイン京橋」とはまた違った”安旅レベル”が求められる宿泊施設です。

 

{8C6276DB-0B45-422E-A992-90161D4ABC52}

ということでチェックイン時間が来るまで徒歩30秒くらいのところにあったセブンイレブンで時間をつぶしていました。

 

{1CC8E320-90A7-4E38-8637-35EDF583EDD3}

客室は一階が男性専用フロアで二階が女性専用フロア。それぞれのフロアにトイレ3つとシャワーブースが1つ、洗面台が2つあります。

 

{820A4271-F5BB-4F3B-8003-7FDA9ECAA31D}

客室内には家庭用エアコンが3台。まあちょっと広めの民家の部屋くらいの面積なので複数あってもおかしくはないですが。でも家庭用3台付けるくらいなら業務用1台にした方が電気代かからなくない?

 

{632CD936-A183-4CC0-B90B-15D31969BF1A}

本当は二段ベッドなんですが、このように後付けで天井と壁、カーテンが取り付けられており、事実上カプセルホテルと同様になっています。ちなみにカーテンはニトリ製でした。

 

{82EE8404-380D-482C-A1A2-E63B1956D2C3}

ベッド内はこんなの。薄型テレビとコンセントもちゃんと付いてます。

 

{9057F059-1541-4107-914F-49C4F282F0CB}

アメニティはバスタオル、タオル、歯ブラシ、ヘアブラシ、スポンジ、さらにおーいお茶とブレンディコーヒーのスティック一本ずつ。室内着はありません。粉末ドリンクが付いているのがお得感があります。一泊1800円なのに。

 

{AD812A19-5CED-46F8-B275-55F979AD9EEB}

あと薄型テレビを見る際に使うヘッドフォンがBluetooth対応のコードレスでした。もちろん充電器も用意されています。

 

{C108579C-412C-4E0F-887B-69EA3BF76C1C}

ロッカーはありませんが、財布などが入る程度のダイヤルロック式の金庫が室内に設置されています。

 

{AB38733A-369D-44C0-A97B-8FE3822277ED}
大型トランク置き場もありませんが、代わりにフロントでダイヤルロック式のセキュリティワイヤーが貸し出されており、これで室内に取り付けられている手すりに固定できるようになっています。

 

 

{858FE6EA-224F-471C-AA05-E841FB6823D3}

こちらが諸注意事項。

 

{DE73384A-54EB-4835-9BA4-DA1617B7FEE1}

1階にラウンジはなく、2回の女性専用フロアに隣接する形で簡単なラウンジが設けられています。

 

{FCB757A1-B655-4489-8DDF-252A2EE21F61}
ラウンジにはコイン投入式の洗濯機と乾燥機が各1台ずつ設置されていますが、洗剤は自分で用意しなければなりません。持ってこなかった場合はフロントで1つ100円で購入できます。両替機が用意されているのがありがたい。
 
{CB04D9C0-D33E-49C5-A535-A2FBCE26D9FF}
単身用小型冷蔵庫と電子レンジもあり。ただしこれらは男女どちらの宿泊客も利用できるシステムで、時間帯によっては電子レンジ渋滞になるし、冷蔵庫もすぐ中がいっぱいになってしまいます。
 
{D4EF6E96-0043-479D-84E0-EEE31257A300}
ウォーターサーバーもあり、なんとこれ一台で冷水・熱湯どちらもいけます。給湯ポットが必要ない優れもの!…ですが、当然水とお湯のどちらでも使用するためすぐタンクが空になります。運が悪いと深夜に空っぽになることも。
 
{27BF4F5F-F750-4C4D-B3AE-F7BD97DC0FCD}
こちらが洗面台。
 
{EC80593B-1741-4801-BAC7-CAD400B99461}
ドライヤーとヘアアイロンもあり。
 
{0FA356F0-DE7F-4202-8299-EBC41F7F7B83}
シャワーブースはこんな感じ。シャンプー、リンス、ボディソープが用意されていますが、メイク落としや化粧水、乳液などはありません。
 
{52F0CB65-6E7E-44E1-9175-ED471E916D1A}
21:00以降はスタッフが帰りフロント自体がこのようにシャッターで閉鎖されます。
 
1800円でこのクオリティ・設備は十分過ぎるくらいで本当にお得なホステルです。宿泊施設としては申しありません……が、問題は、ここが「ホステル」であるということです。
 
同じ簡易宿泊所でも、カプセルホテルなら完全に「カプセル」としてプライバシーが保たれていることが前提なので、自然に客層もお互いのプライバシーに配慮するような宿泊客で固まります。カプセルが入っているフロアではできる限り物音を立てないようにし、大声で喋ったりせず、とにかくそれぞれが静かに粛々と過ごすものです。ところが「ホステル」はそうではありません。宿泊費が安い代わりにプライバシーが保たれず、逆にプライバシーがない分宿泊客同士で”交流”します。お互い初めて遭った同士でも気軽に話しかける、一緒に食事したり酒を飲んだり等々。中にはそんなホステルでの交流が楽しくて敢えて各地のホステルを渡り歩いている旅人もいるくらいです。つまり「カプセルホテル」と「ホステル」は最初から客層がまるで違うのです。この「戦国旅籠」は客室自体はカプセルホテルと同等でも宿泊施設の種類としてはあくまでも「ホステル」であり、当然ホステルを渡り歩いている安旅レベルの高い旅人も泊まります。するとどうなるか…女性専用客室のすぐ隣にあるラウンジで深夜まで酒飲んで喋ってる奴らがいるんですよ。うぜえええええええ!!こっちは交流なんてしたくねえんだよ!お前らが飲み会やってるそのテーブルで仕事しなきゃなんねえんだよ!っつーか夜中の3:00まで酒飲んで騒いでんじゃねえこのクズ!という状態になります。それくらいならまだ耳栓でもすりゃあ我慢できるんですが、中には明らかに女性客のナンパを狙っているオッサンの旅人とかもいるわけです。で、客室フロアとラウンジの間にオートロックキーなどは一切なく、21:00以降にはスタッフはいなくなります。そんな客室で寝て、交流やナンパ目的の男性客も利用するラウンジで洗濯し、そのすぐ傍にある洗面台やトイレ、シャワーブースを使う…これはなかなかに高い”安旅レベル”が求められます。安旅に慣れた旅人にはなんてことないでしょうが、旅慣れていない女性の一人客だとかなりキツイのではないでしょうか?ホステルの質自体は良いので、”交流”やナンパをして歩いているような連中に出くわしさえしなければ本当に快適なところなんですけどね。ということで、とりあえず安旅に慣れている人には良いホステルだと思いますが、初心者にはそれなりの覚悟が必要です。

 

戦国旅籠 東向島店

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{0A0F5C5B-A4BE-4B3F-B565-FD3EDF45C946}
昨日、恵比寿リキッドルームにて開催されたKorpiklaani & Fiddler’s Green Japan Tour 2017東京公演を見に行ってきました。当初は両バンドのみの2マンライブのはずだったのに、なんとWALTARIの帯同が決まり、さらに東京応援ではオープニングアクトとしてBellfastまで出演と、最終的に秋のSuomi Feastかな?という状態になってしまいました。本当にEvokenさんは良いライブイベントばかり開催しますね。なお、KorpiklaaniのTシャツを買う気満々で臨んだのですが、開城とほぼ同時に完売してしまったらしく、整理番号が後だった私は5月のSuomi FeastでのWhisperedの”芬侍Tシャツ”に続きまたもや買い逃してしまいました。残念…
 
肝心のコルピのライブですが、もう最高of最高でした。なんかメンバーみんなニコニコしてましたね。Youtubeで見た他のフェスのステージと比べ明らかにみんな笑ってました。それもちょっと笑顔を見せるレベルじゃなくて歯を見せてガチで笑ってる笑顔。始まる前に一杯やって二次会モードだったんだろうか?特に新メンバー2人がステージを駆け回ってすごい楽しそうにしてました。

 

{347298D8-51C5-46BB-A018-3680F80C589D}
ところでクリマンのFinland Festにせよ5月のSuomi Feastにせよ、在東京フィン人がみんな集まってるんじゃないかというくらい場内に白人男女がたくさんいました。やはり望郷の念があるのでしょうか。

 

 

{CF7D99DC-0C08-4780-BBD0-310049252CD9}

 

 

{E816310E-B945-43B7-8DF2-A8F5AE67E4CC}

 

 

{9344B1F1-AE60-4BFD-9D3C-82A7BF8B3035}

 

 

{D340D2F6-769B-435D-B22B-8ED13AD907CE}

 

 

{CCF468AC-B016-4008-AD48-4272661E80F0}

 

 

{3764FEE0-E0B9-43B1-8F65-D329C6225A1E}

 

 

{CFA3E13C-19B3-4226-B158-116B9E3B9BAB}

セットリストがまた絶妙に上手く、最新アルバムの楽曲を中心にミドルテンポ、スローテンポの曲も織り交ぜてメリハリを付け、ラストは「酒場で格闘ドンジャラホイ(Wooden Pints)」で〆。コルピのファーストアルバムは全編英詞で覚えようと思えば覚えられるためか(はたまた人気に火が着いた代表曲だからかドンジャラホイは場内大合唱になり、敢えてヴォーカルのヨンネが一部唄うのをやめたほど。さらにアンコールは”酒シリーズ”から「ウォッカで乾杯!!(Vodka)」「吐くまで飲もうぜ(Beer, Beer)」の二連発。当然これらも場内大合唱。みんなでウォッカウォッカビアビアの連呼です。アホだ

 

私は8年前にもクリマンのFinland Festでコルピのライブを見ているのですが(確かその時もリキッドルームだった)、明らかに当時よりもパワーアップした凄いライブでした。次は大きなステージで見たいのでラウドパークに呼んでくれクリマン!

 

 

 

コルピと黄泉の世界 コルピと黄泉の世界
2,777円
Amazon

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{A66312F4-03CA-47E1-9313-4E8B763C564A}

私は東京駅の地下街に降りたとき必ずなめこの公式グッズショップ「なめこ市場東京本店」と妖怪ウォッチの公式グッズショップ「ヨロズマート」に行くのですが、今回ヨロズマートに行ったら上記のようになっていました。敢えて入口のスペースを削る形で”ジバニャン型”になっています。

 

{CBBDFB22-A9C9-4428-95AB-CEF0C17C0CE9}

で、壁に貼られてあった告知情報でスマホ向けARアプリ「AR Cube」を使用した店内キャンペーンが行われていることを知りました。

 

{66E5509A-D20E-437D-B4AE-C8BF63B65B0F}

キャンペーンは、店内で妖怪のシルエットを探し、それにAR Cubeを起動した端末のカメラをかざすと画面内にその妖怪の登場シーンが表示されるというもの。店内にいる全ての妖怪を探し出し、さらにヨロズマートの公式Twitterアカウントをフォローして店内にいた全妖怪をレジで言うと、特典としてステッカーがもらえるそうです。ということでさっそくやってみました。

 

{C79C3E5B-73D4-44CA-80C3-45F198365196}

AR Cubeは画像を認識してコンテンツを呼び出すARアプリで、このように妖怪のシルエットを認識するとコンテンツの読み込みが始まって…

 

{F5295D76-6AEA-4F5A-BBFC-EA28AA035FF7}

ケータが登場し…

 

{B48BBB90-DBD8-4FB5-B8FC-D2C56AE53E58}

メラメライオン登場。

 

{213B4C0D-6974-402B-B5E5-AC25D18FD84A}

 

{BC0927EE-D61F-4FF6-B8D4-5F7108485819}

一回画像を認識すると、あとは寄ったり引いたり斜めから見てもズレずに動画が再生され続けます。まるでシルエットの上にスクリーンが重なっているかのよう。これは何気に凄いです。

 

ただこのキャンペーン、実際に店内を隅々まで見て回らなければならず、お客さんがたくさんいて混んでいる時にやるのは非常に気まずいです。店内を回遊させる施策としては良いのですが、東京駅の地下のキャラクターストリートという立地を考えると、むしろすいている時の方がレアでしょう。ということで残念ながら今回は途中までしかできませんでした。

 

{E8792246-02A4-4495-B268-52374F5D12E3}

 

{C981814C-A306-4E43-8D99-2A85C7096479}
あと季節柄ハロウィンモチーフの店内POPが飾られていましたが、これがどれもかわいくて、「このモチーフを使ったグッズを売ってくれ!」と思いました。去年は悪魔に仮装する絵でしたが今年はゴーストなんですね。ウィスパーはたいして変わってないけど。
 
AR Cubeのダウンロードはこちら。iOS/Androidいずれも無料です。
 
 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。