現在、3月23日(土)に開催される「スチームパンク」に特化したハンドメイドイベント「仙台スチームパンクマーケット」に出展するための作品作りのため絶賛てんてこ舞い中ですが、作業している間、ずっとAmazonプライムで2007年のNHKアニメ「電脳コイル」を見ていました。最近は版dメイド作業中にずっとAmazonプライムでアニメを見ています。もう月額400円の元を取りまくり。これをレンタルしたら一体いくらになるか。もうレンタル屋の会員になっていた過去がアホらしくて仕方がありません。

 

 

「電脳コイル」は、2007年5月~12月までNHK教育で放送されていた全26話のSFアニメ作品です。作品の舞台は、「電脳」と呼ばれる技術が一般に普及しているほんのちょっと先の近未来の架空の地方都市「大黒市」。この世界における電脳世界の情報は「電脳メガネ」と呼ばれるスマートグラスによって現実世界に重ねて表示され、ユーザーはそれを自在に操作できるようになっています。「電脳」は生活インフラから娯楽まで完全に日常生活に溶け込んでおり、小学生すら気軽に遊んだり、時にはハッキングなど電脳犯罪を行っています。

 

勘の良い方ならもうお気づきでしょう。本作はまさに現在話題となっている「XR Tech」を先取りしたアニメなのです。というか、もはやXRクラスタの必修科目!製作から12年経った今見ても全く古さを感じさせないどころか、今後の技術発展を予測するテーマやモチーフがてんこ盛りで示唆ありまくりの傑作中の傑作です。ちなみに放送当時から子供よりも大人に高く評価され、2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、第7回東京アニメアワードTVアニメ部門優秀賞、第39回星雲賞メディア部門、第29回日本SF大賞受賞作品と多数のアワードを受賞しました。

 

まず本作の面白い点は、ストーリーの舞台となっている「大黒市」が、SFにありがちな電脳化されまくったサイバーパンクな都市ではなく、むしろレトロな雰囲気を持つ”地方都市”であることです。高齢者もたくさんいて、駅前には昔ながらの雰囲気を残す商店街もあって、神社もあって、ランドセルを背負った小学生が毎日ワイガヤしている(ただし電脳メガネを使って高度なTech喧嘩をする)、平成というより昭和寄りなひなびた地方都市の風景。なお、大黒市は石川県金沢市にほど近い日本海沿岸の都市という設定だそうですが、日本海沿岸で、北陸で、金沢に近い、「メガネ」に関する都市といったらモデルは「鯖江市」で間違いないでしょう。なお、本作の影響で鯖江市は本当にスマートグラスの開発にも注力するようになりました。アニメが現実を、それも地方都市の経済を動かすって凄いことですよ。

 

こうした、ひなびた地方都市の風景とキャラクターに、ムチャクチャ高度に進化したテクノロジーを組み合わせるという「ギャップ」が本作の大きな特徴であり魅力ではないかと思います。皆特別凄いものを持っている、やっているという意識を一切持っておらず、高度な技術が生活の中に溶け込んでいる日常のすったもんだを連続して描くという。ストーリーが進むにつれ、徐々に謎解き要素が増え緊張感も増していくのですが、設定の根底にあるのは「スマートグラスが日用品となっている近未来の日常」。例えるなら現在のスマートフォンのようなものです。今、我々は特に「凄い物を持っている、やっている」という意識を持たず毎日スマートフォンを使用しています。しかし、その風景を1980年代あたりに作品として描いたらきっと近未来SFになっていたでしょう。そうした、、きっと将来実現するであろうリアルな世界観がもうたまらなく魅力的なのです。というか早く実現してくれ!

 

それにしても2007年という時代は、前年に発売されたNintendo Wiiによりモーションコントロールが一般化し、初代iPhoneがリリースされ、Second Lifeに端を発する仮想空間バブルが勃興し、AR(拡張現実)という技術と言葉も知られ始め、本当にTech、特にXRの節目と言える年でした。そんな年にこんな傑作アニメが地上波で放送されていたなんてもはや奇跡としか言いようがありません。というか時代の呼応?この時代をリアルタイムに目撃できて本当に良かったと心から思います。

 

現在「電脳コイル」はAmazonプライム会員特典で無料視聴枠となっていますので、会員の方は是非見て下さい。

 

 

 

 

 

レシート買取アプリ「ONE]を試してみました。これは、買い物をしたレシートをスマホのカメラで撮影してアプリ内で認識すると、それが即数円~数百円に”換金”されるというもの。リリース当初はどんなレシートでも受け付けていたため、あっという間に予定の金額に達してしまい一旦停止状態になっていましたが、それからサービス内容をアップデートし、特定のサービスや特定の店舗などマーケティングやプロモーションの種類・目的ごとに絞ったレシート受付を行っています。

 

勘の良い方ならもうお気づきでしょうが、これはまさに「データ化されていない買い物履歴のデータ化」です。アプリ内でレシートが換金された後は、一定額まで貯まったらクーポンと交換したり口座に振り込んだりできるのですが、金銭を扱うのだからユーザー登録が必要です。つまり、どこに住んでいる何歳の誰がいつどこで何を買ったかのデータを取れるということ。カード決済やキャッシュレス決済であれば、そんなデータは支払い時に即取得できますが、実店舗での現金決済はデータ化されず、結果活用もできません。それを狙ってこんなアプリを開発するとは、実に隙間を狙った上手い方法です。

 

で、現在行われているレシート買取は・・・

ファミマ、ミニストップ、ポプラの買い物レシートの買取!ポプラって久々に見ましたよ。これ、店のプロモーション手法としても有効ですよね。誰だってコンビニで買い物くらいするでしょう。で、レシートを買い取ってもらえるとあれば「じゃあ今日はファミマで買い物でもしてみようか」なんて考える人もいるでしょう。

 

ということで早速やってみました。

 

こうしてレシート全体が移るようにフレームに収めて…

 

 

紙飛行機アイコンをタップして送信すれば完了!1枚20円で買い取ってもらえました。まあ20円で個人の買い物情報を売り渡したんですがね。

 

ちなみにこれは今話題のPayPayのプロモーションだったようです。

 

なお、他にも上記のようなレシート買取を行っています。チェーン店ではない飲食店のレシートの買取なんて地域経済振興にも役立てられそうですね。

 

こうしてコツコツレシートを買い取ってもらうと、それがアプリ内の自分のウォレットに貯まっていきます。

 

こうして貯めたお金は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のような商品・クーポン券・チケットと交換できます。ブラックサンダー1個分ならすぐに貯められるんじゃないかと思います。

 

よくよく考えてみたら、カード決済やキャッシュレス決済のポイントサービスを新しい形で提供しているに過ぎないアプリではありますが、切り口や見せ方が非常に面白いと思います。気になる人は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

ONE(ワン)
無料
(2019.03.29時点)
posted with ポチレバ

人から「できが良いのになぜか知名度が低い良ゲーがある」と、スマホ向けホッピングアクションゲーム「Hopping Girl こはねちゃん 魔法石の秘密」を教えてもらったので早速やってみました。

 

本作は一見一点透視画面のランニングアクションゲームのように見えますが、タイトルどおり「Hoppinng」、つまり飛び跳ねながら進むアクションゲームです。

 

基本画面はこんなの。主人公のトレジャーハンターの女の子「こはねちゃん」がホッピングでピョンピョン跳ねながらゴールを目指し先へと進みます。プレイヤーは画面の左右どちらからをドラッグすることで彼女の進む方向を制御するのですが、その飛び跳ねる挙動がとにかく絶妙で、クセを掴むのが難しくチュートリアルを抜け出すことすら一苦労です。見た目に反して難易度高っ!最初はカジュアルな美少女ゲーだと思っていたのに!

 

これはチュートリアルなんですが、飛び跳ねる幅をちゃんと把握しないと溝にハマって海に落ちてしまいます。ちなみに私はこのチュートリアルで2回ゲームオーバーになりました。

 

クリアすると、それまでにかかった時間からランクが算出されますが、初見ではまずDランクです。Aランクなんて間違っても取れません。

 

やっとチュートリアルを抜けたらいよいよ本格的にマップを進むステージが始まります。フィールドにはこのような「スタンプ」が配置されており、これを踏むことによって様々な効果が発動します。例えは矢印のスタンプは指し示す方向に一気に大ジャンプをキメることができますが、先へ進むものばかりではなく、せっかく先へ進んだのに後戻りさせられてしまうものもあり。スタンプは良い効果だけを生むものではないのです。

 

本作のコツは、とにかくホッピングの幅を掴んで、狙ったスタンプを踏めるようになること。一回踏んだスタンプは2回、3回と踏むことはできず、効果の発動は最初の一回きりです。

 

踏んだ後のスタンプは花柄模様になり、ただのフィールドと変わらなくなります。

 

あの茶色いレンガの場所がゴールです。ステージクリアには制限時間が設けられており、その時間内にクリアしないと途中で強制的にゲームオーバーになってしまうので先を急ぎましょう。

 

…とまあこんな感じのゲームです。

 

ステージもキャラクターもフル3Dで(開発環境はUnity)、モデリングもしっかりしており、物理挙動も絶妙、ゲームとしてはちゃんとし過ぎるくらいちゃんとしています。なのになぜ知名度がないのか?リリースした時にプレスリリースも出さなかったのかもしれません。

なお、本作は第一作目で、新要素を追加した「2」もあるとのこと。もう少しホッピングのクセを掴んでステージを進めるようになったら「2」の方もプレイしてみたいと思います。

 

 

 

iOS版はこちら(無料)

 

Android版はこちら(無料)