ITとゲームとメタル

ITとゲームとメタル

下書き置き場


テーマ:

んふんふ(今日は夢メッセみやぎにて開催されたハンドメイドクリエ仙台Vol.4に出展してきました。これはハンドメイド作品限定の展示即売会なのですが、この写真をご覧のとおり所謂”薄い本”の即売会である「仙台コミケ」内にて実施される”オンリーイベント(ジャンルやカップリングを限定してスペースを固めるイベント内イベント)”として開催されています。まあ出展する方は参加ついでに薄い本もチェックできるしお客さんもたくさんいるしで悪いことは何もありません。何気に私は仙台コミケには初出展だったのですが、やはり山形と比べるとお客さんもたくさんいて非常に手ごたえを感じました。)

 

んふんふ(こちらがスペースの様子。薄い本のイベントは基本的に場内撮影禁止で、撮影できても「他の人が映らないように」「自分のスペースのみ写る程度」がギリギリ。でもまあだいたい雰囲気はお分かり頂けるかと思います。まあ私のスペースは相変わらずドクロやらゾンビやら目玉やらでお世辞にも一般受けするデザインのアイテムではありませんが。)

 

んふんふ(ということでとりあえず低価格で勝負に出ます。価格は1000円以上の値段は付けず、というか1000円以上するアイテムは持ち込まず、300~700円のアイテムを大量に持ち込み並べてみました。しかし不思議なのが、最安値の300円のものが売れるかと思いきや一番売れるのが500円のものであること。みんなだいたい真ん中くらいが手を出しやすいのでしょうか?)

 

んふんふ(こちらが今回の新作のクリスマスオーナメント。季節ものに手を出すと、その季節以内に必ず売らなければならないプレッシャーがかかるのですが、それでもどうしても作りたくなってしまうんですよね。まあこれくらいならクリスマスまでに売れるでしょう。とりあえずイベントで先行販売して、1週間くらいしたらminneにも出品しようと思います。)

 

んふんふ(今回初めて仙台コミケに出展しましたが、もちろんこれまで定期的に出展していた「おでかけライブin山形」よりも来場者が多くて非常に賑わっていました。また私のTwitterを見てわざわざスペースまで来て下さったお客様も何人かいらっしゃって本当にありがたかったです。良い手ごたえを感じたので今後もハンドメイドクリエ仙台には出展し続けようと思います。次の開催は3月とか。I・Doll Sendaiの次の月か…)

 

んふんふ(なお、場内にフードトラックが来ていたのですが、如何せん一人だけの出展ではスペースを開けて買いに行くことができず、イベント中はもっぱら昨日ノラヤさんでもらった5周年記念オリジナルチロルチョコで生き延びていました。イベントでも差し入れ大歓迎。)

 


テーマ:

んふんふ(今日は、近所のコワーキングスペース「ノラヤ」さんの5周年記念パーティに行ってきました。まあ飲み会っちゃあ飲み会なんですが、ノラヤさんの飲み会イベントに参加したのは、無限にピザを焼いて食べる会とたこ焼を焼き続ける会に続きこれで3回目。この5周年記念パーティでは、宅配ピザと「肉」に特化した参加者各自の持ち寄りで飲み食いしました。まあ「肉」だったらなんでも良かったのですが、集まった持ち寄りを見たら大半が鶏肉でした。なんて筋トレに向いたラインナップ!)

 

 

んふんふ(なお、参加者にはこのようなノラヤオリジナルデザインのチロルチョコの詰め合わせがプレゼントされました。コワーキングスペースの周年パーティの記念品に「ダメ人間」って書いてるってなかなかレアです)

 

 

んふんふ(なお、パーティの中盤では、これまでのノラヤを振り返るプレゼンも行われました。)

 

 

んふんふ(プレゼンで何気に興味深かったのは、最近の仙台市内のコワーキングスペース界隈の状況です。私も自分で運営しているTech系ブログメディア「vsmedia」で仙台のコワーキングスペースをめぐるコラムシリーズを書いているのでなんとなくは分かるのですが、今仙台では既存のコワーキングスペースが閉鎖/移転する一方、大型だったり全国展開だったりと”鳴り物入り”のコワーキングスペースが相次いでオープンし、かつ大人のための「自習」のスペースもオープンし、さらに学生/フリーランスが主体のコワーキングスペースもオープンするなど群雄割拠というか戦国時代状態なようです。私も今ある仙台のコワーキングスペースは一通りすべて回ったつもりでいましたが、知らないところがまだあったので、ぼちぼちリサーチとレポートを再開しないとなあ…なんて思ってしまいました)

 

んふんふ(パーティは22:00で一旦〆で、そのあと2次会も行われましたが、私は明日ハンドメイドクリエ(仙台コミケ内)に出展する予定があるので残念ながら一次会のみで退散。来年の今頃も「ノラヤ6周年パーティ」がありますように!

 


テーマ:

またまた仙台市民図書館で借りてきました。

 

西原理恵子先生が、若手、同年代、重鎮と老若男女様々な漫画家・イラストレーターと「己の記憶と漫画人生のみで」対決する企画漫画ライブシリーズです。あるお題に対し、あえて資料を一切見ずに記憶だけをたよりに”うろ覚え”の絵を描いてどちらが上手いかを競うアレを、プロの漫画家やイラストレーターが行うというヤバい企画で、新宿ロフトプラスワンにて定期開催され、その様子はニコ生でライブ配信もされました。つまり実際のライブ、インターネット上へのライブストリーミング、そしてレポート的な西原先生の漫画というクロスプラットフォームな企画だったんですね。
 
この企画の面白い点は「上手い絵を描いた方が勝ち」ではないことです。では一体何が真の「勝ち」となるのか?それは
 
公衆の面前に下手くそな絵をさらして笑われた方
 
実際、本書の中にはとてもプロが描いたとは思えないひどい絵がてんこ盛りに出てきて抱腹絶倒ものです。これ電車の中で読んだらヤバいやつだ。でもこんな企画内容、絵で食っているプロにしてみたら公開処刑ですよね。ということで、最初のうちはなかなか対決者が現れず、しりあがり寿先生やみうらじゅんさんといった「美大出身なのに描けない身内」で対戦していたそうです。そんな中、初めて対決者として登場した重鎮がなんと!

 

藤子A先生!!

凄い!本物の漢だぜ!

この、西原先生が描くA先生がムチャクチャかわいいんですよ。もうかわいくてかわいくて仕方がない!84歳の高齢者(出版当時75歳)をこんなにかわいく思えるってなかなかないですよ。もしこの西原先生の絵のA先生のグッズがあったら確実に買いますね。というか作って下さいマジで。

 

本書の面白いのは、ただ対決の様子を漫画レポートとして描くだけでなく、”余談”的に対決者のこれまでの仕事、経歴、ライフスタイル、人生なんかをあのパワフルな”西原節”で紹介していることです。このA先生の武勇伝がこれまた凄い!

 

70を過ぎても徹夜でハシゴ酒をするのが大好きで、夜通し飲んでそのままゴルフに行って帰りにまた飲んで、そんなことを繰り返すも締め切りは落とさず仕事をこなす。もうA先生本人が怪物くんですよ。西原先生の「死にませんっ」がリアル。

 

このダダをこねる様子も超かわいい!

 

「石川遼」のお題でちゃんと「プロ」と描くところにリスペクトを感じます。

 

しかし最後に「のらくろ」のお題で西原先生に負けてしまったA先生。もう完全にA先生のオリジナルキャラになっています。

 

なお、A先生はこの対決後も度々「人生画力対決」の別のページ、別の巻に登場するので、西原先生的にもいじりやすい、描きやすいキャラクター(?)なのでしょうね。この酔っぱらって目がぐるぐるになっている表情もかわいい!もうかわいいという言葉しか出てきません。

 

なお、このA先生との対決を皮切りに、ちばてつや先生、高井研一郎先生、やなせたかし先生と重鎮クラスが次々と登場するようになります。で、結構重鎮もダメダメな絵を描いちゃったりするのがまた面白いんですよね。

 

それにしてもやはり一番爆笑できるのが西原先生曰く「首寝違え」な絵を描く福本伸行先生。もはや絵云々だけじゃなく字まで間違っているって突っ込みが追い付きません。もう第一巻から飛ばしまくってる!

 

なお、図書館にはこの「人生画力対決」が全巻揃っていたので、これから少しずつ借りて読みたい(見たい)と思います。見つけた時うっかり本棚の前で立ち読みしてヤバかった…。あぶなく図書館で爆笑するどうかしてる人になるところでした。

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス