ITとゲームとメタル

ITとゲームとメタル

下書き置き場

もう仙台市民図書館は私に最適化されているのではないか?と最近では思っています。だって今日これを見つけましたからね。
 

 

NTT出版から刊行された、eスポーツの概説書「1億3000万人のためのeスポーツ入門」です。これが刊行されたのは5月31日。そんな新しい本を速攻で収蔵し、しかも「オススメ」として面出しで置いているのですから驚きました。仙台市やべえ。

 

本書は、eスポーツアナリストの但木一真さんが編著を手掛けた、そのタイトルどおりeスポーツについて説明する本…ではありますが、実は「eスポーツとは云々」とド素人相手に事細かに説明するページはさほどありません。それ以上に各章を担当したeスポーツ当事者(選手、eスポーツ企業の代表、eスポーツ番組のプロデューサー、弁護士など)の率直な思いや個人的な体験が綴られています。

 

日本のeスポーツ業界は、海外に遅れを取っているものの確実に盛り上がりを見せ始めていますが、その一方で「は?eスポーツ?何それ」と思っているゲーマーも少なくないでしょう。また反対に、これまでゲームなんてやったこともない人が、「金になりそう」というイメージだけで急に「eスポーツ」を連呼するようになったり。もしかしたら今の日本のeスポーツ業界は、盛り上がりを形成しつつも一番カオスで無茶苦茶な状態にあるのかもしれません。

 

まず、なぜ既存のゲーマーがeスポーツに対して白けているのか?それは、今まで自分たちが趣味や文化と思ってやっていたことが、急に「競技」となり巨大な金が動く「ビジネス」になってしまったからです。つまり、もはやeスポーツが個人の趣味や文化だった時代は終わり、大企業すら食指を動かすビジネスへと移行しているということ。実際、ゲームとは直接関係のない大企業やeスポーツ業界に参入しており、その動きはまさにプロスポーツと同じです。しかし想像してみて下さい。これまで自分がただ楽しんでいた趣味。文化に、突然金と企業が来たら、果たして素直にその変化を受け入れることができるでしょうか。

 

そして、こんな動きの次に来るのは、民間企業だけではなく、地方自治体や国まで「eスポーツを盛り上げよう!」と浮かれポンチになり、ゲームそのものの面白さや魅力とは関係ないところで、”大人”が「経済効果●億円」「市場規模が●億円」といった数字の話ばかりするようになります。これはゲームを知らない大人を納得させるには説得力がありますが、当のゲーマーにしてみれば「うるせえバーカ!」「その前にお前らちゃんとゲームやれよ!」に尽きます。知らない連中が我が物顔で数字を語ることほど腹の立つことはありません。それが、金には代えられないプライスレスな趣味ならなおさらです。

 

本書は、ざっくりとしたeスポーツシーンの解説や、前述のようなeスポーツの経済的な部分に触れた箇所もあるにはあるのですが、それ以上に「ユーザーの嗜好を理解するには、あなた自身がeスポーツを体験しなければならない」というように、読者に「まずはプレイしてみろ」と自らが当事者になることを促します。個人的に最も印象に残ったのは、「ぷよぷよ」のプロプレイヤーであるliveさんが執筆を担当したChapter3「eスポーツプレイヤーとは誰か」ここは俯瞰の視点からの解説ではなく、非常に主観的かつストレートに自身の経験を綴った章で、もはやエッセイと言っても過言ではありません。それは概説書の中にあっては異説ですが、だからこそ「一選手の実例」を伺い知ることができ、当事者でなければ見えないもの、感じられないものを共有させてもらったと思えました。

 

なぜ本書が仙台市民図書館にあったのか?それは、仙台市がゲームによって地域経済を活性化しようとしているからだろうし、ゲーム開発者を育成する専門学校も複数あるからでしょうが、もしかしたら今後仙台市もeスポーツに何らかの形で参入するからかもしれません。ちなみに今年の国体予選より、eスポーツの宮城県代表予選会が行われることが既に決定しています。ということで、eスポーツに少しでも興味のある仙台市民の方は、是非図書館でこれを借りて読んで下さい。そして読んだ後は実際に何かeスポーツに採用されているタイトルをプレイしてみて下さい。ハイスペックPCやハードがなくても、モバイルゲームでもeスポーツに採用されているタイトルがいくつもありますから。

 

 

 

んふんふ!!(本日クラウドファンディングで支援していたなめこの単行本「なめよん第二巻」が到着しました!!)

 

んふんふ(中身全部。2000円台の一番安いプランでこの充実した内容。最高!「単行本にしては高い」と公式の中の人が仰っていましたがとんでもない!大満足です)

 

 

 

んふんふ(まず本体の「なめよん」第二巻。特典カバーが付いています)

 

 

特典カバーにも書きおろしのクラウドファンディングについての4コマあり。

 

 

んふんふ!(第一巻との比較。ちゃんとデザインが統一されていますが、第二巻には抱き合っている長なめことなめこが描かれていてとてもかわいい!とにかくかわいい!)

 

んふんふ(厚さを比較すると、見るからに第二巻の方がページ数が多いのが分かります)

 

 

 

増えたのはフリーペーパー「毎菌新聞に掲載されている作品の分。第一巻にも毎菌新聞の作品は収録されていますが、あれから毎菌新聞もかなりたくさん配布されましたからね。

 

 

なお、奥付にはSpecial Thanksとクラウドファンディングの支援者およびCAMPFIREの担当さんへの謝意も記載されていました。

 

 

個人的にグッときた特典は、このコピーで刷られた「ペーパー」。なんかこう、同人誌を通販で購入した時のような趣を感じます。というかそもそもこの「なめよん」第二巻も同人誌みたいなものですよね?企業が製作費をクラウドファンディングで調達した大掛かりな同人誌。

 

 

他にも、表紙カバーにあしらわれている長なめことなめこをあしらったステッカーに…

 

 

オリジナルデザインの4コマノート…

 

 

 

 

もったいなくて使えない!

 

 

 

 

そして収録されている4コマ作品を”拡張”できる栞もあります。

 

 
この4コマ拡張栞がなかなか良くできていて、どんな作品に合わせてもなんとなく”合う”んですよね。栞のキャラと作品の登場キャラを合わせると特にピッタリ感が増します。
 

 

んふんふ(ということでじっくり中を読んでいるんですが、時事パロディネタが多く、作品と共に当時の世相やなめこ周りの出来事が思い出されて非常に懐かしくなると共に「あれってもう●年前?と時間経過の速さに戦慄を覚えます。あと中の人の世代的なネタもあるので、なんとなく30代~40代前半のヲタ属性の人に刺さりそうな雰囲気です。むしろ雰囲気というか絶対)
 
とりあえず今のところ1回通して読んだだけですが、これからなめこのかわいい姿を鑑賞するために何度も繰り返しページを開くことになるでしょう。
 
それにしても我ながら本棚がカオスです。
 

私は「死ぬまでに絶対に行かなければならない」と思っている場所があります。それはカーニバルのシーズン(2月)のイタリア・ヴェネツィアです。でも比較的安いと言われているHISのパックツアーを見たら安いプランでも40万円しました。そう、現在のヴェネツィアの主な収入源は観光収入。中でも一大イベントである”仮面祭”カーニバルは稼ぎ時なのでホテルから何からなにまで特別価格になってしまうのです。

 

本書はそんな”お高い”ヴェネツィアのカーニバル”の風景を切り取った写真集です。表紙に大きく仮面があしらわれていますが、仮面を着用しているカーニバル参加者”だけ”を被写体にした内容ではありません。カーニバル参加者を含めたヴェネツィアという街の風景を切り取った内容となっています。

 

それにしても素晴らしいのは色彩感覚。まあ絶対後から加工しているとは思うのですが…

 

赤い壁と、赤と黒のドレスを着た参加者の組み合わせ。よくぞ都合良くこの壁に合うコーディネイトの参加者がいたものです。それか場所を指定してここでポーズを決めてもらったとか?あと壁も、綺麗にペンキが塗られた壁ではなく傷んでいるのがむしろ良いですね。

 

あとこれも奇跡のような組み合わせです。夕暮れから夜になるほんのひと時の空の色とライトの色、それにピッタリな青いドレスと金の仮面の参加者ペア。もう完璧過ぎる。

 

カーニバルの参加者はペア~複数人でコーディネイトやモチーフを合わせて「チーム」として楽しむ人が多いようですが、敢えてたった一人で佇んでいる参加者をフィーチャーした写真も赴きがあってよいものです。これは地位や権力を持つ男性を表す「バウタ」という仮面を着用した参加者。ポーズを決めるでもなく、ただそこに座っているだけというのがいいですね。この景色に調和しているように思えます。

 

こんな肌が見える箇所がひとつもないコーディネイトが個人的に好きです。実際、中世の頃のカーニバルは社会的地位や職業、身分、年齢、性別すらも飛び越えて乱痴気騒ぎするために仮面を着用していたそうなので、年齢不詳・性別不明な仮装はオリジナルのカーニバルの精神を受け継いでいるといえます。

 

これも完璧!おそらく一切加工していない、太陽光の元で撮影した写真ですが、男女共にピンクをあしらった衣装を着ているペア参加者の後ろに、ピンクのペイントをしたアーチが見えるという。

 

なお、本書はカーニバルの参加者が一切写っていない、日常のヴェネツィアの風景も多数収録しています。それがまたいいんですよ。

 

黄色の壁と青い空、それを反射する川。

 

もはや色彩の洪水。

 

これを見て思うのは、ヴェネツィアのカーニバルは「ヴェネツィア」という街でやるからこそ意味のあるイベントだということです。例えば、この街並みが美しいからといってそっくり同じものをテーマパーク的に作り、そこで仮面や衣装を着てカーニバルをやったとしても、結局それは偽物で、おそらくヴェネツィアのカーニバルのような雰囲気は出ないでしょう。たとえ参加者がヴェネツィア市民でなくても、イタリア国民でなくても、この時期にヴェネツィアに来て、この街の空気の中で仮装するからこそカーニバルになる。街あっての行事であることが心底理解できます。

 

 

こんな世界観は日本では絶対に出せない。

 

夢のアロマVENEZIA 夢のアロマVENEZIA
14,207円
Amazon

なんかすごい値段になってますが、実際にAmazonに飛んだら中古なら数百円から買えるようでした。オススメ!