ふくログ

ふくログ

日々のあれこれを思いつくまま綴っております。


テーマ:

梅雨らしいお天気の東京。

今が旬のお魚・アジを使ったお料理を「吉祥の食卓」さんにて教わってきました。

早朝から先生が築地まで出向き、立派なアジを仕入れてくださったので期待が高まります。

まずは、アジの三枚おろしと大名おろしから。

慣れないお魚との格闘に、ついつい力が入りますが、先生が手取り足取り教えてくださるので、無事に完成。

出来上がったのがこちら。


●アジのカルパッチョ

●アジの香草パン粉焼き

●レモンカードを使ったシトラスヨーグルト

これは絶対白ワインだなと思いながら、家でもリピートを誓いました!


そして、こちらは文京区白山神社のあじさい祭り。

 

 

サロンのお客様が入っていらっしゃるロータリークラブのチャリティーバザーが開かれるということで参拝してきました。

時間も労力も資金も使うチャリティーに、毎年大量に出品され、現場でお手伝いもされるので、少しでも敬意を表したいと思い伺っています。

 

とか何とかカッコイイことを言いながら、実はたくさんオマケして頂くので、本当の目的はそれだったりして。

カッコつけたい気持ちと、得をしたい気持ちがあるのは、「人間だもの」ということで、大目に見ていただくと助かります。。。

 


テーマ:

夏のような暑さでも、カラっとしていて気持ちいい東京。

衣替えをしていて、去年までごく普通に着ていた服を数枚捨てました。

何故なら、顔と服がバラバラだったから(泣)。

よく街を歩いていると、「若作りしたい気持ちは分かるけど。。。」というような方がいらっしゃいますが、あんな感じ。

去年まで普通に着ていたということは、これまで他人のことは客観的に見れても自己認識が欠けていたか、もしくは一年で急激に老けたか。

どっちにしろ、ヤバイですね。

後ろ指をさされても、自己満足出来ていればそれで良いとは思うのですが、「我ながら、こりゃヒドイ。」状態。

ということで、今後は諸々のバランスを考えて服を選びたいと思います。

 


テーマ:

姪っ子が小学校に上がって初めての運動会。

最近の小学生って、みんな足が長いですねぇ。

 

同じ人種なのに、世代が違うとこうも違うのかと羨ましい限り。

体型以外でも、1年生から6年生まで、各学年ごとの行動や態度を見ていて、6年間でこんなに色々成長するんだなぁと、人のお子さんながら感慨深いものがあります。

私はこの6年間、何がどれだけ成長出来たのか振り返ると、「ドンマイ」としか言いようがありません。

まぁクヨクヨしてもしょうがないので、姪っ子が6年生になる頃には、自分も結構成長したと思えるよう精進して参ります。


テーマ:

半開きのドアに、右顔面を思い切りぶつけました。

右まぶた近辺が腫れあがり、右頬には赤いキズ。

試合後のボクサー風(減量が失敗続きの)です。

暗がりで右向きに振り返った際、ガ~ンとやってしまったのですが、恐らく空間認識力が落ちているんしょうね。

車のような自動ブレーキシステムが体内にも欲しい。。。

それにしても、「老化って、こういうことなんだ」と思い知らされることが、日々増加中。

ドアへの単独衝突事故は、しっかり脳トレや眼トレをやりなさいというお告げだろうと思っております。


テーマ:

スーパーでレジ待ち中、後ろに並んだ父娘らしき二人連れの会話。


父「あ、チョコボール買うの忘れた!」

娘「でも○○(多分他のお菓子名)買ったから、いらないよ。」

父「まだだいぶレジ並ぶし、○○ちゃん、持ってきてよ。」

娘「分かった。何がいい?」

父「普通のチョコ。」

娘「え?ピーナッツ?」

父「うー、うん。」

娘「ピーナツね。あとイチゴは?」

父「いらない。」

娘「じゃあ、普通のチョコは無しでイチゴとピーナッツ一個ずつね。」

父「それでいいよ。」


相手の要望を聞いているようでいて、結果自分が望むものを手に入れる手腕が絶妙です。

家庭内パワーバランスによるものかもしれませんが、あのお嬢さんを見習いたいと真剣に思いました。。。

 


テーマ:

今月もお料理教室『吉祥の食卓さん』にてお稽古。

 


●鶏胸肉の竜田揚げ。
 ヘルシーな胸肉を使った、柔らかでジューシーな竜田揚げです。

●アボカドとクレソンの海苔酢和え。
 体に良さそうな食材の組み合わせで、さっぱり美味しい。

●紫蘇味噌田楽。
 ネギ味噌はたまに作りますが、紫蘇味噌も風味豊かで色々使えそう。

●ニラ玉椀。
 一年中出回っているニラも、今が旬ということで香りが一段と立ってます。


どれもお酒に合いそうで、家でも重宝しそうなお献立です。

 

これでますます晩酌が進んじゃいますね。

 

『食べて祈って恋をして』というジュリア・ロバーツ主演の映画がありましたが、私の場合は『食べて飲んで妄想して』。

 

でも人様には迷惑かけていない(つもり)ですし、これくらいは許されますよねぇ?


テーマ:

先日サルーテさんにお邪魔した際に、「星はどうやって描く?」と聞かれ、「ごく普通ですよ。」と言って描いたのですが、私とは違う描きかたをされた方がお二人。

描き順は5通りあって、それで性格診断が出来るとTVの番組でやっていたそうです。

私は、診断では「芸術家タイプ」に分類されました。

それが当てはまっているかどうかは微妙ですが、ちょっと面白いので、ことあるごとに人様にも描いてもらっています。

この人とは性格が真逆だから、絶対違う描き順だろうな、と予測してると、同じ描き順で腑に落ちない気がしたり、自分と似ている部分が多いと思う人が、それって描きづらいでしょう?と思ってしまう描き順だったり。

「自分の普通」が普通ではないということが、自覚していること以外にも、結構ありそうだな~と思った診断でした!


テーマ:

観光客で賑わう浅草の少し先、三ノ輪にあるイタリアン『ら猿手(ラ・サルーテ)』さんへ。
 


 

a piece of peace時代からお世話になっているお客様繋がりの方がやってらっしゃるお店。

 

 

かれこれ3年ほど、「絶対行きますからね!」と言い続け、ようやく実現出来ました。

 

ごちゃまぜサラダ。

 

 

春キャベツと鰯のソテー?

 

 

海老のアヒージョ。

 

 

ラムチョップ。

 

 

蚕豆とリコッタチーズのオムレツ。

 

 

イカスミパスタ。

 

どれもこれも、全てが美味しい!!

 

途中、常連様らしき方よりオーパスワインのご相伴に預かるというオマケまでつき、何だか長生き出来そうな気がします。

 

もっと早く伺えば良かったなぁ。

 

パスタの茹で方など料理のことも色々教えてもくださるし、とても素敵なお店でした。

 

ちなみにサルーテとは、乾杯の時や人の祝福を祈る時に使う言葉だそうです。

 

ということで、サルーテ!!

 

 

 


テーマ:

4日も休ませて頂いたおかげで、かなりリフレッシュ出来ました!

まずは高校の同級生が予約してくれた話題のお店、水道町の『テラス』にてランチ。

 

 

民家をリノベーションした雰囲気ある店内で、お庭を眺めながら美味しい野菜やお肉が頂けます。

 


上通りもだいぶ変りましたね。

そして熊本城。

 

 


高校はお城のお隣と言ってもいい場所にあったので、当時は毎日見て通っていましたが、約20年位ぶり。

 

 


復元にはまだ相当時間がかかりそうですが、二の丸辺りは観光客で賑わっていて、少しホッとしました。


 

こちらは、2019年のNHK大河ドラマ『いだてん』の撮影で使われたという女島小学校跡。

古き良き、という言葉が似合います。

役者さんたちは熊本弁の習得に悪戦苦闘とのことですが、熊本出身の私も今回久しぶりに聞いた言葉がひとつ。

「どろころすると忘るっとだけん」と母が言うので、「『どろころすると』て、どぎゃん意味ね?」と父に聞くと、「うっかりすると」という意味だそうです。

面白いので使ってみようと思います。

熊本は、良かとこも、美味しかとも、いーっぱいありますけん、皆さん来なっせ!!


テーマ:

新社会人の初々しいスーツ姿が目に付く季節。

私はお料理教室2年生になりました。

今回のお稽古は、初々しさを感じるお献立。

 


メインとなる「お花の飾り巻き」、他の生徒さん達は美しい仕上がりでしたが、私のは何だか可哀相な状況に。。。

自覚してはいましたが、巻き物等の細かい作業の下手さ加減はハンパじゃありません。

高倉健さんの名セリフ「自分、不器用ですから」を引用させて頂き、言い訳にしたいと思います。

言い訳をしたついでに、さらに「人には得手不得手がある」という開き直りも加えながら、2年目頑張ります。。。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。