ふくログ

ふくログ

日々のあれこれを思いつくまま綴っております。

12月も中旬。

こんなはずではありませんでした。

自業自得なので、「りゆう」も「ふまん」も自己処理しなければなりません。

これも一種の「地産地消」でしょうか?


さて、年末年始の営業案内です。

年末は12月31日(火)まで、年始は1月4日(土)より営業致します。

 

どうぞ、ご利用くださいませ!

私は子供がいませんが、ママさん達と話していると勉強になることだらけ。

先日は『りゆうがあります(ヨシタケシンスケ/作・絵)』という絵本を知りました。

「子供を叱るとデタラメな言い訳ばっかりする」と話すママさんへ、他のママさんたちが「あるある」と共感しながら教えてくれた絵本。

早速私も読んでみると、子供らしい「りゆう」が次から次に。

よくそんなことを思いつくな~と、叱る方も腰が折れるようなアイデア満載。

親子の心情も描かれ、とても面白い本でした。

ちなみに同シリーズ『ふまんがあります』も一緒に読みましたが、こちらも深いです。


大人の人間関係でも参考になる本だと思いますので、皆様にもおススメする次第です!

月末の金曜日ということで、銀行が激混み。

こういう時、待つことにイライラしない忍耐強さや寛大さが欲しいと切に思います。


窓口ではなくATMで待っている時の出来事。

何度やっても操作をやり直している後期中年の女性(服は関係ありませんが、かなりの若作り。。。)

係の方を呼んで説明を受け、やっと操作法を理解したらしいのですが、最後に係の方へ仰った言葉が「あー、ホント面度くさいわねぇ!」

 

係の方の説明も態度も、とても丁寧で親切だったのに、「有難うございます。」じゃないのかと驚きました。

小さな子供だったら、「焦ったり恥ずかしかったりで、つい心にもないこと言っちゃったんだな。」と理解も出来ますが、後期中年。。。

 

ある意味、哀れになりました。


そして、自分のイライラなんて可愛いものだと思えてしまう出来事だったので、反面教師とさせて頂きます。。。

お料理教室『吉祥の食卓』さんにてお稽古。

今月はクリスマス・年末年始に向けたパーティメニューです。

 


●スモークサーモンのサラダ キウイドレッシング
キウイの風味が爽やかなドレッシングとサーモン・野菜が見事な調和。

●鶏とキャベツのレモンクリーム風味/にんじんピラフ添え
クリームソースに入ったレモンが素晴らしい働きをしています。
手が込んでいそうで実は簡単、野菜とお肉一緒に頂けるご馳走メニュー。

 

 

 

 

●カラメルバナナとアイスクリーム
温かいバナナと冷たいアイスで、お腹も喜ぶのが分かります。


会食が多くなる季節だからこそ、身近な集まりでは招く側も招かれる側も、さりげないご馳走やおもてなしが一番。

 

何かと忙しい年末に向け、大変参考になるお稽古でしたー!!!

 

あっという間に11月。

あちこちで災害が多く、呑気なことを書くのが躊躇われます。

そう言いながら、呑気なことしか書けません。

熊本の叔父から季節の銀杏のお手軽な煎り方(煎らない方法)を教えてもらったので、早速実験。

 

 

事務等で使う茶封筒に入れ、レンジでチン。

「破裂せんとね?」と聞きましたら、「何度か破裂音がしたら様子ば見て確認すれば良かったい。」とのこと。

何グラムとか、何分とか、何℃等の数字が面倒な私にとっては、一番嬉しい方法。

とてもお手軽で美味しいので、おススメです。


そして先日、姪っ子が誕生祝いに絵を描いてくれました。

 


とてもとても嬉しいのですが、その絵には「50さい」という数字が飛び出す絵本的に強調されていました。。。

ここでも数字が、私をフリーズさせます。

数字は数字に過ぎないと思いつつ、その数字をきちんと自分事として捉えられるようになりたいなとも思う今日この頃です。

 

10月です。

今年も3ヶ月を残すばかりとなりました。

焦っても後悔しても時間が戻る訳ではなし、やるだけのことをやるしかありません。。。


さて今頃ですが、ラグビー選手ってカッコいいですね。

鍛えられた心・頭・体。

チーム仲間も対戦相手も尊重する懐の深さと大きさ。

試合結果は勿論のこと、「人として」素晴らしい。


生まれ持った性質もあるのでしょうが、ひとつひとつ真剣に向き合い培ってきた経験と環境が誰もが賞賛する人格を築いてくれるんでしょうね。

 

「誇り高い」とは、こういうことを言うのだと思います。

ホコリはホコリでも、「埃」の方がしっくりくるようではいけませんね。

 

心して過ごしていこうと思います。。。

秋分が過ぎると、日が短くなるのが加速します。

一年の区切りの一つが春分の日と秋分の日なら、人の分岐点の一つが思春期と更年期かもしれません。

振り返ってみると、「アレが思春期だったんだな。」というようなこともチラホラ思い出されますが、今は昔。

昨今は更年期の兆候が出現しだし、「あー、これが先輩方から聞いてたアレねぇ。」と感慨深いものがあります。


先日「更年期だから、怒ってばっかりいるんだ。」と、そこそこ長い付き合いの友人に言われました。

 

申し訳ありませんが、それ年齢とは100パーセント関係ありません。

以前から変わらず、怒る原因はあなたのその無神経さですから。。。

私が温厚(自称)な故、ただ呆れるだけで済みますが、通常は「モラハラ」に該当すると諭しておきました。



とは言え、どこからどう見ても分かる酔っ払っいに限って「酔っ払ってません!!」と言い張るのも事実。

友人のような特例を除き、ご心配や見かねてのご助言には、有り難く耳を傾けないといけませんね。。。

 

昨日は敬老の日。

最近は若々しいご年配の方も多く、「老」という言葉を使うのを躊躇してしまう程。

子供の頃は父方の祖父母と同居しており、父母とはまた違う愛のカタチや接し方を教えてもらいました。

現在まだいてくれる母方の祖母も、ユーモアに溢れお手本とする女性の1人。



80代後半のお客様(女性)にも、見習うことだらけ。

施術を始めて8年程経ちますが、当初よりかなり身体能力が向上。

優しいお客様なので「お陰様で。」と仰いますが、それは施術で向上したのではなく、ご本人が日々努力された結果です!

20~30代以降、1年で1%ずつ減るとも言われる筋肉。

それを維持するだけでも大変なこと。

ご自分の体へ意識を向けて運動なさる時間を、少しづつでも毎日続けていらっしゃるのが、結果に繋がっているのだと思います。


食事と睡眠も大きな要因。

お元気なご年配の方々は、皆さん結構な量を召し上がりますし、ベッドに入ったらすぐ眠れると仰います。


そして「何事も前向きに!」という思考が、元気の秘訣であることは間違いありません。


年長の方々を敬い見習いながら、上手に歳を重ねていきたいものです!

台風の影響があちこちで出ています。

表参道界隈も、街路樹や看板が倒れていたりと、昨夜の強風の凄さが伺われます。

一転、今日はまた厳しい残暑。

 

台風の後片付けも大変です。

 

何だか一年中、天気に振り回されてしまっているような。。。

でも天気は変えようがありませんが、気分は自力及び他力で調整可能というのが人間の強みですね。

ということで、私の好きなこと=食べることで、気分の方向転換をしたいと思います。


お料理教室「吉祥の食卓」さんにて今月のお稽古。

 


●肉豆腐・・・オーソドックスで安心するお味。

●茹で茄子のサラダ・・・茹で茄子と柑橘・オイルの相性が◎。

●サツマイモのお椀・・・甘いサツマイモとキリッとした赤だしが良く合います。


正統派のお料理に、ちょっと変わったお料理が加わると、メリハリのきいた素敵なお献立になりますね!



そして今回はお稽古帰り、お教室近くのパン屋さん『セイジアサクラ』さんでバゲットを購入。

 


こちらのバゲットも、風味が良くとても美味しい。

 

冷蔵庫に眠っていたラタトゥイユを格上げしてくれました。

 


美味しいものを頂き、笑って過ごせるのは、本当に「有り難き幸せ」です!!

 

 

 

 

夏休みが明け、ホッとされている親御様もいらっしゃることと思います。

可愛い可愛い我が子だけに、その分、始終一緒にいると心配や不安も出てくるんでしょうね。

先日、母子らしき二人連れの話が聞こえてきました。


お母さん「あの時、○○君にきちんと謝れたら、カッコ良かったのにねー。」

お子さん「・・・」

お母さん「どう思う?」

お子さん「うん(小声)。」

お母さん「今度会ったら謝れる?約束出来る?」

お子さん「うん(元気良く)!」


お母さんの機知溢れる誘導と、葛藤もありつつ否を認めるお子さんの素直さに、良い親子関係だな~と感心しました。

大人も子供も、「上手に謝れる」ことは、本当にカッコ良いこと。

それまでの失敗を帳消しにしたり、逆転にさえしてくれる謝り方だってありますからね。


あの母子を見習い、謝るべき時はきちんと謝れるよう、私も気をつけていきたいと思います!