かつて和歌山市にもチンチン電車が走っていました。

 

和歌山城の岡口門近くにある岡公園に保存されています。

 

明治42年(1909)1月に開業し、

和歌山市~海南駅、和歌山市駅 ~新和歌浦、公園前 ~和歌山駅間を結び、

市民の足としてでなく、景勝地の和歌浦への観光路線としての役割も果たしていました。

 

しかし、高度成長期に自動車が急激に増え、路面電車が渋滞の原因になったこと、

利用者の減少、昭和46年の黒潮国体開催もあって

昭和46年(1971)3月31日で廃止となりました。

 

路面電車の敷石は、和歌山城の大手門を渡った一の橋から表坂の登り口付近や、

 

紀三井寺の参道

 

紀伊風土記の丘などに転用されています。

 

先日、けやきの大通りで橋の工事が行われていました。

 

その時に地面を掘り返していたのですが、

 

分かるかしら?

 

 

たぶん路面電車の線路が埋まっているのだと思うのだけれど。

 

翌日には再び埋まってしまったそうなので、もう見ることはできませんが・・・

 

 

 

和歌山市にチンチン電車が走っていたころ