225系100番代。VVVF制御の新快速の中では1番好きな電車です。早くてカッコイイ(^^)


室内灯を組み込んでいます。
このクルマにはヘッドライト消灯機能も付いています。スイッチカバーが外れやすいのが玉に瑕。

表示器は「新快速 姫路」。


↑↓321系とのツーショット。どちらもダンディ😍


JR西日本321系。
屋上機器は取り付けてありました。
ブラックフェイスは写真撮りづらいです😅

んーダンディ😍

表示器は「普通 西明石」。
室内灯を組み込んでいます。

321系は207系の流れを汲んでいますが、角の丸めかたなど細部に渡り洗練されている気がします。
塗装はデビュー前の予告イラストでは207系と同様でした。諸事情で207系ともども紺色&橙色になりました。

2005〜2007年に273両製造。追加増備はなく比較的地味な存在です。JR西日本での4ドア車は少数派になりつつあります。


207系1000番台もストックがありました。このセット、てっきり4連+3連だと思い込んでいたのですが、8連でした。製造当初の1994年3月〜東西線直通開始の1997年3月までは2連+6連だったんですね。知りませんでした。ちなみに購入したのは横須賀の「ぴっと模型店」でした。懐かしい。

屋上機器は取り付けてありました。ライトは点灯しました。(やや不安定)

表示器は「普通 高槻」

「普通 高槻」の表示が少し劣化していますが、25年も経ってますからしゃあないですネ。

設計に際しては阪急をかなり意識したそうです。海が見やすい大きな窓、偏心した貫通路、インバータの独特な音など、当時はかなり斬新な電車に映りました。

このカラーリングは2度と発売されないんだろうなぁ…