Before I die。

Before I die。

THE FOREVER YOUNG クニタケ ヒロキ BLOG

居なくなっても亡くなっても。
ずっと好きですからね。
好きってそう言うことですから。
あなたを好きになれたことで、あなたのお陰でわかりました。
ずっと好きですよ。
お疲れさまでした。ゆっくりしてくださいね。

将来の夢だった話。

一番最初に持った『将来の夢』はお笑い芸人だった。
小学校5年生くらいにボキャブラ天国とか、とぶくすりに影響受けて、フツフツとその想いが沸いてきて、中学校1年生くらいまでは『芸人に絶対なる』と大マジで想っていた。

好きなお笑い番組(吉本超合金や、オンエアバトル、コントS錠、初期笑う犬等)をビデオに録画しては半ば無理やり友達に貸したり、逆に後々見てなかったの借りたり。

中学生1年の時。
俺たちの中学校は、昼休みずっと(3年間)ケイドロや鬼ごっこをやっていた。
それはそれは本気の。
昼休み終わるまで、警察や鬼だった奴が色々な結構辛めな罰ゲームをする。書けないような事がメインの。
そう決まっていたからみんな本気だ。

途中で家に帰って隠れる奴も居れば、捻挫する奴、学校の2回から飛んで骨折する奴もいた。
俺も鬼で追いかけている時に、体育館のドアに手が挟まって指にヒビが入ったりもした。

そんな昼休みのある日、久々にケイドロの警察のまま終わる日が来た。罰ゲーム確定である。
その日の罰ゲームは意外と軽い、みんなの前で『面白いことをする』だった。負けたのは平田くんと武くんと俺。披露するのは翌日。

久々の罰ゲームで緊張したのと意外にハードル高いのに気付き、家に帰って、ノートにネタを書いた。ネタっていうか、当時大好きだったネプチューンのネタをノートに丸パクリで写した。
そしたら、それだけでなんかやれる気がした。今考えたら意味なんてわからないけどそれだけで『芸人なれる』って確信を持っていた。パクリなのに。中二病。

次の日、平田くんと武くんに、そのノートを見せて、『これやろう!てか芸人なろう!トリオで!』と言った。
すると二人の返事は、ノートに目も通さずに

『嫌やね』

だった。

俺はそっとノートと、芸人になるという夢を破り捨てて、
その日披露したのは一発ギャグだった。
盛大にスベった。
他の2人も一発ギャグをしていた。
2人とも全然面白くなかった。

この時に、お笑いは見る専門だなぁと心に刻み、夢1は終わりました。

バンドやっててよかった~。




久しぶり元気にしてたかい?
笑い方忘れちまったかい?
久しぶり元気にしてたかい?
泣き方さえも忘れちまったかい?

久しぶり元気にしてたかい?
神様は俺たちを幸せにしたかい?
久しぶり元気にしてたかい?
神様なんていないの解ったかい?

だから今日だけは今日だけは今日だけは
誰も居ない世界を2人でいこうぜ
だから今日だけは今日だけは今日だけは今日だけは
キミの全てを俺に預けてよ
俺の全てをキミに捧げるよ
2人の想い出を永遠にしようぜ

携帯代えたらマジムズい。
マジって👇
(゚Д゚≡゚Д゚)゙?
くさいよ
具合わるいわ

みんな元気かい?
俺元気じゃねーんよ

誰かを撃ち抜くまで
元気じゃねーんよな

でもみんないい人
嫌いな奴以外
みんな俺の回りはいい人
最高で久々みんなで飲みました。
あざした。
少しでも晴れてくれたら嬉し。
夏嫌いだけど梅雨はもっと嫌い。


飯を抜いても大丈夫になってきたこの頃。
無意識のうちに来た感じ。

最後の人はこれ持って並ぶの。
初めてで感激。

チートデイっていい言葉。

孤独なグルメ見てたら無理ですよ。
ゴローさん。
お陰さま。
お陰さますぎ。









天使にれなくて悪魔になっても俺はゆく。

ありがとうございました。
修行二日目。
ほんと皆さんのお陰。
ズタボロになりながらもなんとか修行。





んで夜はハヤトのとこで大好きな人たちと。HP回復。



最近の私。


写真は全部チカコ。

明日まで修行頑張れ俺。
久々ちゃんと唄ったらHPゼロ。
街は賑わってるけど俺は修行です。


一人で晩御飯。
明日も自分の尻叩きます。