{3992C791-CC3F-4B50-8AF2-E9B29D3B10E5}

「コードギアス」も9、10話が
BS11で放送されましたね(≧▽≦)
今回はカレンにスポットが当てられ、
カレンが日本人の母と
ブリタニアの名家出身の父の間に
産まれたハーフであること
その母親がカレンの下でメイドとして
働いていたことー、
そして、違法薬物「リフレイン」を
カレンの母親が手を出してしまったことが
明らかになりましたね。

前述のとおり、カレン
日本人とブリタニア人とのハーフ。
たとえ父親がブリタニア人でも、
母は日本人、
そして産まれも育ちも
日本ということなので、
「日本人」という感覚があったのでしょう。

{376158E1-465F-4F5F-A63A-F7E9E2CBC1AE}

加えて、母親は
「イレブン」であるというだけで
メイドにされているー、
にも関わらず、ただヘコヘコと
頭を下げながらメイドに甘んじている
母親の姿を見ることは
カレンにとってみれば「苦痛」そのもの。

だからこそ、
このような状況を打破したいと思い、
レジスタンス運動に参加したのです。

{249E5264-93E0-492F-A558-EA1751B501D5}

さて、そんなカレンも参加する
自称「正義の味方」
「黒の騎士団」は、そんな中で

{C62AEA99-3CC0-415D-9C53-FA249CBE488F}

「アヘン窟」ならぬ

{F7214BCD-F59F-4B6B-9EE7-736D62454EBE}

「リフレイン窟」に行き、
これを摘発しようとします。
「リフレイン窟」に突入した、
ルルーシュ以下騎士団メンバーが
目にしたのは、
かつて日本が独立国であった時、
バリバリと活躍していた人たちが、
その幻想を追い求めようとして
リフレインに手を出してしまった姿。

{A20B9FF0-67D4-4C53-8626-C0DEDF0F93B9}

昼間、ルルーシュカレンが見た
ホットドッグを売っていたおじさん

{94865268-CF1B-439C-BB0B-B3B9FDF8D068}

リフレインに手を出していたのは
衝撃でしたが、それ以上に
カレンにとって衝撃だったのは、

{9B1CE396-AB79-4BF4-AB78-6CEBD3AFD33D}

母親がリフレインに手を出していた姿。
しかし、カレンは、
その時母親が発した言葉を聞いて
悲しまずにはいられませんでした。
「リフレイン」は文字通り、
「自分にとって最良の思い出」
思い出させてくれるもの。
そこで彼女が語ったのは
「カレンがブリタニア人として
生きられるようになった。
これでカレンは差別されることなく
生きることができる」という内容
娘のことを心の底から思う言葉でした。
名家の令嬢を産んだ身でありながら、
メイドに身を落とす…。
考えてみるだけでも辛い話ですが、
それも「愛する娘」
思っての行動だった…。
その事実をカレンは知ってしまったのです。

{B358253E-F08D-448D-876A-C9FC0E90B3DF}

メイドに身を落とし、
娘とまともに会話すら出来ない。
そんな状況下でカレンの母親は
リフレインに手を染めてしまったのです。

カレンの母親がリフレインに
手を出したのには、様々な要因があります。
中でも、この世界観における
イレブン差別は見過ごせない
重要なファクターです。

{DF88DB2A-49F0-4F89-AD14-03BEDE5681ED}

{DA6C0B88-8B4F-4355-BE8C-84AC2BE94DBB}

{F38A2CCF-5481-4B22-A9F4-79B70295025C}

{80600D4C-0944-419A-8DA3-D8936EB85160}

現代日本でも、悲しいことに
過激な民族主義的言動
増えているように思えます。
僕の個人的な意見をここで表明するのは
どうなのかとは思いますが、
言葉を選ばずに言うと、
「寛容さ無き社会に進歩無し」です。

悲劇はフィクションの中だけでいい。
改めてそう思わざるを得ない
エピソードでしたね。

さて、今週は11、12話
放送される「コードギアス」
今回も考えさせられるエピソードですので、
詳しくはまた今度のブログで
振り返ってみたいと思いますので、
それまでしばしのお待ちを(≧▽≦)
では、またо(ж>▽<)y ☆

ぜひこちらから(≧▽≦)



※人気ブログランキング参加中っす!
よろしければポチッとして頂ければ
幸いっすо(ж>▽<)y ☆


AD

コメント(6)