母とルーシーがかわした

夕食後の会話をまとめてみました ^^

 

 

チューリップ黄

 

 

「(デイで)今日も座りっぱなしだったの?」

 

 

「きょうは廊下の端っこまであるいた」

 

 

「へえ~。動きまわってもいいの?」

 

 

「うん。さいきん外あるいてないから」

「囲いに寝たきりのおじいさんとしゃべった」

 

 

(囲い?ベッド柵のことかな)

 

 

「おねえさん(母)いくつ?って(笑)

おじいさんは4つ上。じいさん(父)と

おんなじ昭和9年生まれだって」(^^)

 

 

「そう。姿を変えたおとうさんか(笑)」

 

 

「おじいさんは、りこうだけど寝たきり

じぶん(母)は、ばかだけど歩いてる」

 

 

 

 

(うーん、考えさせられる)

 

 

「おかあさんはバカじゃないよ

ちょっと、こどもみたいだけどね」(^^)

 

 

チューリップ黄

 

 

おかげさまで

 

 

母は、小児麻痺の後遺症で

左足に拘縮がありますが

補装具(靴)によって

安全に歩くことができます

 

 

弱視ですが、慣れた場所なら

歩数を覚え、勘をはたらかせ

ココロの瞳で

ものを見ることができます

 

 

難聴ですが、補聴器があれば

会話をすることができます

 

 

身体が思いどおりにならない

辛さは、こどもの頃から

わかっているのかもしれません

 

 

母は、新しい話し相手ができて

嬉しそうな様子でした ^^

 

 

チューリップ黄

 

 

デイサービスにきて、はや1ヶ月

 

母がすこしずつ

新しい環境に慣れてきた様子が

会話の端ばしに見うけられ

ホッとする娘ルーシーでした ^^

 

 

 

応援クリックをありがとうございます ^^

介護ブログは他にも多数紹介されています

にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村  

 

゚.*: 今日もいい日になりますように :*.゜