【29静ー38】

テーマ:

明治3年に「平民苗字許可令」が出されたことから、9月19日は「苗字の日」となっている。苗字といえば、夫婦同姓は「明治31年の民法制定からで“たかだか百年のもの”だから現代に合うように民法を変えよう」と「夫婦別姓」を主張する人達がいるが、なぜかその多くは“たかが70年”の「日本国憲法」の改定には反対する。
主張や反対をするとき、「年月」は問題や理由の一つにすぎない。価値観・現状に合うか否かで考えれば、発言や姿勢に矛盾や多重基準は起こりにくいだろう。

※定例街宣は新浜松駅前で第3日曜日11時から。雨天中止です。

※過去記事はこちら
https://blogs.yahoo.co.jp/racevolition


政策フォーラム「日本の意志」公開講座のお知らせ
「ヴァイマール期の政治不信とNationalsozialisms」

講師:後藤修一先生(ドイツ史研究家)
日時:10月14日(土)18時30分~20時30分
会場:横浜市神奈川区鶴屋町3-28-3 松原ビル202
参加費:1000円


AD