こんにちは!

 

 

西東京市 田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優

 

 

田中利幸です。

 

 

 

世の中で自分が特に何もしなくてもお金で健康が買えたら便利だと思いますか?

 

 

普段の私生活には目をつぶって好き勝手しても、お金を出したら健康が手に入る。

 

 

そんなことがあったら人は健康のためにという意識を持つのでしょうか。

 

 

 

芸能人がSNSで紹介すると瞬く間にヒットする時代です。

 

 

今朝もそんな記事の内容がありました。

 

 

実際にはエビデンスもなく効果も期待できない方法とありましたが、果たして真相の方はどうなんでしょうか。

 

 

 

何をするにしても身体に負担をかけて健康を手に入れるというのは無い気がします。

 

 

身体に負担をかけるという視点だけ言えば、ジムでトレーニングをするというのは当てはまるかもしれませんが、そうとはとれない内容も存在する訳です。

 

 

 

冒頭の内容と合わせみるのですが、

 

 

いくら身体のためにという事でお金を費やしても、普段の生活でそれ以上に毒を持っては何ら意味をなさないと思います。

 

 

いつも言ってますが鍼灸も同じだと思います。

 

 

鍼灸も健康のためには最適な方法の一つだと思います。

 

 

ただし、ただ鍼をして灸をするだけで健康が維持できるかというと、そこまで完璧にはいきませんよね。

 

 

あくまで自分が健康のために何かしら出来るようにお手伝いをするに過ぎないと思うので、

 

 

ここまでは鍼灸で何とかしますよ、でもこれ以上は自分で気を付けていく事が大切ですよ、

 

 

っていつも言いますが、本当に健康のために鍼灸を選択する人は出来ても、そうでない人には全く響かない言葉です。

 

 

後者の人は鍼灸を受けてさえすれば解決するひとだからです。

 

 

そういう人は健康にならないと文句を言います。

 

 

提案すると言い訳をします。

 

 

 

前者のようにどうにかしたいと思う人は鍼灸を必ず受鍼し、自分で何をするのが望ましいか考え、質問し、行動します。

 

 

そういう人は必ず症状の変化がみられる人たちです。

 

 

そういう人はこちらの提案も聞いてくれます。

 

 

 

その差だと思いますし、あとは聞いてもらえるように提案できる術者側の術になってくると思います。

 

 

 

それが難しいですがね。

 

 

 

田無の鍼灸師:田中利幸