オーガニックファーム88 シュタイナー農業・教育のあれこれ
  • 17May
    • 子どもの内から可能性や能力を引き出すのが子育ての画像

      子どもの内から可能性や能力を引き出すのが子育て

      オーガニックファーム88です。今週火曜日から0歳児シュタイナー子育て講座が始まります。私の講座を受けてくれたお母さんが、ブログで講座について紹介してくださっています。【やまこ母の長野移住ライフ】https://nagano-life.com/steiner-online/?fbclid=IwAR2ZSt1TUdJDN8DadXhStmyzs_v819z3lo4c5iIN5YU6SoHlznevBAXnruc私の講座は、あまりハウツーは言いません。子育ては決して1+1=2だとは限らないから。教育って教えること、足していくことって考えられがちですが、そうではないのです。なぜかというと、education=教育って誤訳。educationの語源は、その子が持っている能力を引き出すっていう意味。子どもの能力で、この能力はこの時期に引き出すことが簡単だけれど、その時期を逃すと難しいってあるから、そういうことを知っておくっていうのは大事。でも、引き出し方は、その子によって違う。どうやって引き出したらいいかを理解するにはコツがあるんだけれど、引き出す方法はそれぞれの子供によって違う。だから子育てのハウツーを語ることにはあまり意味がないと思っています。0歳児の子育てにフォーカスした講座名ですが、何歳の子どもを育てても共通する大切なこともお話しする予定です。興味ある方は、ぜひとも今すぐお申し込みくださいね。講座の詳細はhttps://www.facebook.com/events/2549817285347434/今日も素敵な1日を!

  • 11May
    • 0歳児・シュタイナー子育て講座の画像

      0歳児・シュタイナー子育て講座

      【0歳児シュタイナー子育てオンライン講座】プレママやママのために、0歳児の育て方の講座をオンラインで開きます。0歳児に特化しますが、お子さんがどの年齢だったとしても共通する、とても大切なことをお伝えします。私の経験を告白しますと、妊娠期で学べる場である「母親学級」では助産師さんによる出産のことが中心でした、当たり前ですけど。でも、実際に生まれたらどうやって子育てしたら良いのか何も分からないまま臨月を迎え… そのまま出産し、ママとしての人生がスタート。子どもが生まれからは、まじで大変!どうしたらいいのかわからないことばかり!自分の子供なのに、赤ちゃんが一体何者なのかわからない!保育園先生をしている友達に相談しても、みんな、新生児はわかんない、とか、保育園も1歳過ぎてからの子供ばかりで0歳児は預かったこととか、幼稚園の先生も3歳児以上じゃないとわかんないって言われて…。(今では私も保育士ですけど当時は何もわからなかった)でも自分なりに頑張って子育てしてみたんだけれど、頑張るって長続きしないし、自分がやってることがどうなのかわからないから不安だし、そんな状況のなかで、すぐに子育てバーンアウト。それ以来、本当に大切なことだけを模索して子育てをしています。本当に、本当に大切なことを、シュタイナー教育の観点からお話しします。保育園、小学校、中学校、高校、大学の全ての教育過程で先生経験+3人の子育て中の私だからこそ語れる面白い体験談や、深いシュタイナーのお話など盛り沢山!子育て講座をお楽しみに!ぜひご参加ください。(次男が生まれてすぐの写真。助産院にて。)____________【プレママ&ママのための0歳児子育て講座】①5月19日(火)10:00-11:30テーマ:子どもが自分の人生を自由に歩んでいくために乳幼児期にできること〜シュタイナー教育って何?〜料金:1000円<お試しDAY価格>②5月26日(火)10:00-11:30テーマ:赤ちゃんが最も求める見えない「おくるみ」のはなし〜寝た子は起こすなの本当の意味〜料金:4500円③6月2日(火)10:00-11:30テーマ:赤ちゃんは雰囲気を食べている〜現代では摂取が難しい栄養のはなし〜料金:4500円④6月9日(火)10:00-11:30テーマ:ミルクと母乳の違い〜ミルクじゃダメなの?卒乳派?断乳派?〜料金:4500円・それぞれ単発の講座ですが、連続して参加されるとより一層理解が深まるのでオススメです。・ZOOMで行います。申し込みされた方にURLをお伝えします。・基本的に11時30分までとしますが、場合によっては12時ごろまで延長します。・支払いが困難な方はご相談ください。<講師>林洋子:保育園・小学校・中学校・高校・大学で日本とアメリカの公教育に携わる。初めての出産後、育児を頑張りすぎてバーンアウト。以来、子供の成長の本質を学び続け、本当に大切なことだけを握りしめて、3人の息子たちを育てている。約10年前からお母さん向けの子育て講座を主宰。また、子供の発達や障がい児教育といった教育分野を専門に通訳・翻訳の仕事もしている。シュタイナー治療教育士養成コース修了。過去の講座に参加された方の感想はこちら↓https://ameblo.jp/88farm/theme-10103502708.html※気まぐれな講師なので、同じ講座を次回いつするのかは分かりません。興味ある方は、このチャンスをお見逃しなく!今すぐお申し込みください。<お申し込み先>https://docs.google.com/forms/d/1wQLPKmu8zx7acBYu6Jwzh2w4FRh31VfoGZheOlWgxCc/edit今日も素敵な1日を!

  • 20Mar
    • 性教育クラフトワークショップ開催 5/23(土)の画像

      性教育クラフトワークショップ開催 5/23(土)

      こちらの講座は、コロナウイルス感染防止のため、延期となりました。新たな日程は、決まり次第、こちらのブログで告知させていただきます。_______________5月23日(土)午後に、長野・伊那市で、子供向け+家庭でできる性教育ワークショップを開きます。講師はアクロストンのご夫婦です。お二人ともお医者さんです。クラフト作品づくりを通して、楽しく性教育を受けることができます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【スケジュール】2020年5月23日(土)■workshop zero『ここからはじまるからだのはなし』1時30分~2時30分3歳~新小3の親子対象オリジナルのシール絵本を使った、実際に手を動かしていっぱい遊びながら飽きずに学べるワークショップです。<内容>・生物学的な性別によるからだの違い・受精卵の細胞分裂や着床・体の臓器に関わらず、自分の性別は自分で決めるものなど■workshop1『いのちがうまれるしくみのはなし』3時~4時新小3~新小6の親子対象選ぶ楽しさと多様性を感じられる、様々なカラフルな色や素材を使って生殖器をクラフトしながら、楽しみつつも、深い内容を学んでいくワークショップです。<内容>排卵、生理、射精、セックス、体外受精と生殖に関わる一通りのカラダの仕組みを扱います。■workshop1・2・3「いのち、せいり、こころ、からだ、恋とセックスのはなし」4時以降で時間調整中。120分。中学生以上+大人対象<内容>・ワークショップ1の内容・生理・避妊(実際にコンドームをペニスの模型(といってもアクロストン製の布の棒)につけて練習します。男の子のみではなく、女の子にも実際に練習してもらいます)※小学校3年生はworkshop zeroでもworkshop 1のどちらを受けられても構いません。※複数のワークショップを受けられてもかまいません。■懇親会夜に行います(時間調整中)いづれかのワークショップに参加された大人を対象にします。<内容>食事を囲んで、体験したワークショップや、アクロストンさんの考え方などの話を中心に、ざっくばらんに話ができる機会です。※「大人」の対象になるのは、保護者、学校・福祉・医療関係者など子どもたちと関わる方です。実際にクラフトを体験して、性教育に参加できます。・性教育ってそもそも、どんなもの?と思っている方・性教育をはじめたいのだけれど、どんな話をしていいのかわからない方・性に関するからだの仕組みを知りたい方・性についての対話をはじめたい方【定員】各ワークショップ 15名【料金】各ワークショップ ひと組(子ども一人+親)2,900円※前納をお願いします※懇親会は実費がかかります【場所】いなっせ(長野県伊那市)会議室503::::::::::::::::::::お二人はお医者さんなので、主に『科学的・医学的な知識』を軸に、クラフトを通して話をしてくださいますが、どんな話をされる方なのかは、ブログをご覧になってください。各ワークショップの説明https://note.com/acrosstone/n/n6e19a8be64b9アクロストンさんの自己紹介https://note.com/acrosstone/n/neccced4906c1出版予定の本の「はじめに」https://note.com/acrosstone/n/n43e90d866481::::::::::::::::::::そして、アクロスさんからのワークショップに参加する際のお願い「原則的にワークショップはお子さん単独ではなく、保護者の方同伴でのご参加をお願いしています。アクロストンのワークショップはあくまできっかけづくりであり、性教育の内容を全て網羅しているわけではありません。参加後、家庭内で性の話をどんどん広げていって欲しいと思っています。保護者の方には是非そのヒントを持って帰ってもらいたいと願っていますし、「一緒に参加したという」こと自体で、子どもに「この人とは性の話をして良いんだ」という認識がうまれるので、子どもからの質問も増えてくるはずです。また、参加する際はこどもにワークショップの内容を伝えてから来ていただいたほうが、子どもの理解も深くなりやすいです。内容を伝えた上でお子さんが参加を嫌がる場合は無理矢理連れてくるのはおすすめしません。はじめで出会う性教育が嫌なものになってしまって欲しくないので、その子自身の興味がある方法・タイミングで性について伝えたほうが良いです。」【問合せ先】organic farm 88のフェイスブック経由でご連絡ください。https://business.facebook.com/events/559735477974904/?active_tab=aboutまたは、shop★farm88.jpにご連絡ください(星を@に変更してくださいね)なお、アクロストンのお二人にはこのワークショップに関して直接連絡をなさらないでください。【申し込み】参加されたい方は、https://docs.google.com/forms/d/1PF_m0md-qQyDpBvir18wmDFZxw4nGIaU4vF8UXWTGBI/edit?fbclid=IwAR1zvk1Omr96BrijkXzklErzsNxJdhWmOr-CdBzXJh48_yfkQdih6jQLWccにご記入ください。※お席は随分と埋まってきていますので、ご希望の方は今すぐお申し込みください!オーガニックファーム88

  • 27Jan
    • 【バイオダイナミック農業講座】2020年3月7日(土)8日(日)の画像

      【バイオダイナミック農業講座】2020年3月7日(土)8日(日)

      【バイオダイナミック農業講座 2020年春】シュタイナーの思想に基づく農業講座です。今回のテーマは2つあります。それは、①幻の第1回目バイオダイナミック農業講座で話した内容をもう一度。②四元素(地水火風)についてです。・・・・・・・・・・・・・・【テーマ決定の経緯について】①第一回目の内容をもう一度話していただくのは、リピーター受講の方の多くが、第一回目を受けられていないからです。第1回目の講座では、バイオダイナミック農業の基礎の基礎的な話が中心だったので、きちんとそこは押さえて頂きたいと主催者が思ったからです。また、第1回目を受講された方も、これまでの講座を受けたのちに原点(第一回の内容)に戻ることで、より一層理解が深まると思います。そして、初めてこの講座を受講される方にとっても、ふさわしいテーマだと思います。このような理由で、幻の第一回講座の内容を話していただくよう、講師の竹下さんにお願いしました。②4つのエレメントに関しては、地水火風は農業と切っても切れない関係があるために、テーマとして選びました。地水火風の本質を知ることは農業実践の大きな助けとなります。また、シュタイナーの思想において、4つのエレメントは非常に重要で、農業以外でも医療や教育、建築においても、とても大切なテーマとなっています。【バイオダイナミック農業について】ワイン界では「ビオディナミ・ワイン」、オーガニック・コスメなら「ヴェレダ」や「Dr.ハウシュカ」、農産物では「デメター」という言葉が、近年、日本でも馴染み深いものとなってきています。これら、すべて、ルドルフ・シュタイナー(1861−1925)の提唱したバイオダイナミック農法で栽培された農産 物が深く関係しています。(バイオダイナミック農法は、時にシュタイナー農法とも呼ばれることもあります)バイオダイナミック農法で栽培された農産物を認証する「デメター」と呼ばれる品質認証制度。特に欧米では、デメター認証を受けた農産物は、高い実績が認められ、高品質であると信頼を得ています。また、世界には様々な有機農産物の認証制度がありますが、デメターの認証制度は非常に厳格であるため、最も権威ある農産物認定制度とも言われています。【オーガニックファーム88のバイオダイナミック農業講座について】何かに迷ったり、何かを決心できなかったり、自分を見失ったりするとき、私たちは、本質に立ち戻ることで、前に進むことができます。このバイオダイナミック農業講座は、本質的なものを探っていく旅です。旅のお土産となるのは、深遠で自由な世界観。農業だけでなく、教育や医療、芸術といった、どんな世界でも、共通して根底にながれる本質的な世界観を得ることができるでしょう。講師の竹下哲生さんが、ユーモアあふれるトークで、旅を案内してくれます。2017年から、年に二回、春と秋に定期開催しております。ぜひご参加ください。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【講師】竹下哲生1981年に香川県に生まれ、2000年渡独。南ドイツでの酪農実習を経て2002年にキリスト者共同体の自由大学に入学。しかし2004年の体調不良により司祭叙階を断念し帰国。以来、参加者の疑問に答えるという形式の講座(概念デザイン)を日本各地で開催。哲学的・神学的立場から学際的な思考を展開し、得意とする分野は教育・歴史・化学・農業・芸術・西洋近代史・現代文化批評など多岐に亘る。また講演活動の傍ら、翻訳・通訳業も熟す。著書には入間カイとの共著『親の仕事、教師の仕事――教育と社会形成』、訳書にはミヒャエル・デーブスの『三位一体』上下巻やリューダー・ヤッヘンスの『アトピー性皮膚炎の理解』など多数。【日時】2020年3月7日(土)〜8日(日)(初日13時開始、2日目午後12時半終了予定)【開催場所】国立信州高遠青少年自然の家(長野県伊那市高遠町)http://takato.niye.go.jp/※JR新宿駅からJR茅野駅まで特急で約2時間から2時間半。JR茅野駅から車にて約40分で会場に着きます。※公共交通機関でお越しの方は、JR茅野駅にお越しください。駅からの送迎が必要な方は、申込時に必ずお伝えください。※JR新宿駅9時発の特急あずさに乗られると、JR茅野駅に11時24分に到着予定です。その便で、送迎バス(チャーター便)に乗ることができます。7名様まで無料送迎バスに乗車可能です。※自家用車でもお越しください。無料駐車場がございます。【定員】20名【参加費】 お一人様 15,000円 早期割引あります。・1月30日(木)までにお申し込み&ご入金が完了される場合には、お一人様 14,000円夫婦割引あります。(先着4組まで)・専業農家でご夫婦とも農業従事者の場合お二人で 22,000円・上記に当てはまらない場合 25,000円※婚姻関係でなくても、共に暮らしているカップルを対象としています。※夫婦割りの受け付けは終了いたしました※「参加費」に、講座料・宿泊料・食事3食分(初日の夕食、二日目の朝食と昼食)の料金がすべて含まれます。※参加費用は事前入金となります。参加費のお振込みをもってご予約の完了となります。お申込みから7日以内のご入金をお願いいたします。【お申し込み方法】★ステップ1★こちらのフォームにお申し込みください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSczmonjAg-NsiwF6ogfwrSwW0rN1j3qQWs02H6M1sG4NrfsEA/viewform★ステップ2★申し込み後、こちらからご案内のメールをお送りいたします。数日お時間をいただく場合がございます。返信メールで振込先の銀行口座情報をお伝えしますので、7日以内にご入金ください。【申し込み締め切り】2020年2月22日(土)【注意事項など】・お客様都合によるキャンセルは承っておりません。ご参加できなくなった場合は、他の方への譲渡をお願いいたします。・お振込後の講師や主催者都合による会の中止には全額ご返金致します。・宿泊はログハウスを貸し切ります。大部屋をご利用いただくため、個室はご用意できませんので、ご了承ください。・季節柄、カメムシが発生し、ログハウスにも遊びにくるかもしれませんので、ご了承ください。・お子様連れでの宿泊を希望される方は、ご相談ください。お子様1人につき宿泊費と食費(小学生なら3000円、未就学児なら2500円)+託児料がかかります。なお、この講座は大人向けの講座ですので、お子様は託児にお預けください。講座以外の時間は一緒にお過ごしいただけます。【お問い合わせ先】オーガニックファーム88のフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせください。返信に数日かかることがございますので、ご了承ください。【ご参考までに】信州バイオダイナミック農業学習会をご覧ください。https://www.facebook.com/groups/342297686328947/過去の講座の様子が掲載されています。また、受講生の感想なども寄せられています。バイオダイナミック農業講座は、毎回、募集開始後すぐに満席になります。お席を確保するために、今すぐ申込みください。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■主催 オーガニックファーム88

  • 25Jan
    • 3月バイオダイナミック農業講座ではこんなことを話しますの画像

      3月バイオダイナミック農業講座ではこんなことを話します

      バイオダイナミック農業というのは、シュタイナーが1920年に農業について語った思想をもとに発達してきた農業です。バイオダイナミック農業というのは、「拡張された農業」とも言われています。つまり、従来の農業では十分ではなく、それには足りないものを補っている農業だと捉えています。この記事では、シュタイナーが伝えてくれた「従来の農業を補う大切な思想」のなかでも、主に2つ取り上げます。1。大きな視点シュタイナーの生きた時代では、作物をできるだけたくさん、できるだけ確実に、できるだけ効率よく作って、人々を飢えさせない、というのが大きな課題でした。そこで、農業は小さな視点で発達してきました。微生物の研究や、ケイ素や石灰といった要素の研究などは、科学的に様々なことが解明されてきて、農業に活かされてきました。シュタイナーが生きていた時代にも、すでに化学肥料が誕生し、新しい科学的で化学的な農業が広がっていくところでした。ところが、シュタイナーは、細分化した視点からではなく、もっと大きな視点から農業を捉えていたのです。もっと大きな視点というのは、どんな視点なのでしょうか。それは、物質には見えてこないもの。目に見えないものだけれど、存在していると確信できるもの。例えば、風(空気)。風は、目に見えなくても、私たちは存在しているのが分かります。風(空気)も、農作物の成長に強い影響を与えています。風には風の役割があります。ただ単に、風が受粉を促すだけではなく、もっと繊細な役割を担っています。また別の例を挙げてみると、夜の星。お日様の影響を植物は受けているように、地球から遠く離れた星々からも、植物は大きく影響を受けています。物質的なものに囚われすぎていると、そのように目に見えないものの影響を否定してしまいがちです。ところが、星々の位置関係によって、農作物の生育具合をなんと約100年間ずっと研究し続けています。そして、世界的にも評判の高い農業となり、農作物は高く評価されて、成果を残してます。ちなみに、バイオダイナミック農業は、占星術ではなく、天文学をベースにしています。特に、7つの惑星と黄道12宮を重視しています。2。物事の本質私たちは、土にタネをまき、水をやり、お日様に照らしてもらって、光合成をして、成長していって、実をみのらせて、私たちは収穫できる、と単純に考えています。でも、土の本質って、何でしょうか?水の本質って、何でしょうか?熱の本質って、何でしょうか?空気の本質って、何でしょうか?もし、本質を知っていれば、農業に取り組んでいく考え方に柔軟性が持てます。そして深く物事を捉え、考えることができるはずです。例えば、シュタイナーはこのようなことを言っています。「宇宙的な力を土がいったん受け止めて、その受けた宇宙的な力を植物は吸い上げる」ということは、土を耕すことの本質はなんだろう、宇宙的な力を吸い上げるのであれば宇宙との関係性は何だろうと、施肥って実際は何のためにあるんだろう、と、もっと深く考えることができます。また、こんなことも言っています。「水は、月の力を通す道になる」ということは、水やりと月の満ち欠けが関係していることが分かります。このような、四元素(地・水・火・風)の本質が農業にどのように影響しているのかということの根本的な理解が、従来の農業には必要だということです。しかも、現代的な暮らしの中で、私たちの感覚は昔の人と比べてきっと鈍っていることでしょう。その感覚の鈍感さを補うためにも、シュタイナーの叡智から学ぶ必要があると、私は考えています。さて、バイオダイナミック農業講座は2017年3月から、年に2回開催してきました。そして、この「大きな視点」と「物事の本質(地・水・火・風)」の話は、第7回目バイオダイナミック農業講座で語られる予定です。講座は、2020年3月7日(土)~8日(日)に長野県伊那市で開かれます。「大きな視点」の話は、実は、第一回目の講座でも話されたものです。バイオダイナミック農業の基礎の基礎の講座でした。ですから、バイオダイナミック農業について全く何もわからない、という人にも、ふさわしい内容です。また、バイオダイナミック農業をよくご存じの方にも、基本に振り返る良い機会だと思います。そして、「物事の本質(地・水・火・風)」は、当農園が主催するバイオダイナミック農業講座において、初めて語られる内容です。この四元素(地・水・火・風)はあまりにも本質的な内容で、医療や教育をはじめ、様々な分野にも繋がっていくほどです。ぜひ、この機会にバイオダイナミック農業を学んでみませんか。講座の詳細は、こちらをご覧ください。https://ameblo.jp/88farm/entry-12570403427.html早期割引もございます。お席を確保するために、いますぐお申し込みください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSczmonjAg-NsiwF6ogfwrSwW0rN1j3qQWs02H6M1sG4NrfsEA/viewform?fbclid=IwAR24ir4v7H2xdwwQS8viBa56JyxwOqBmF6kkSbc_vlfCXrvV_6Y47FUojFQオーガニックファーム88

  • 21Jan
    • ドイツのお医者さんが、ステロイドについて語ったこと【シュタイナー教育】の画像

      ドイツのお医者さんが、ステロイドについて語ったこと【シュタイナー教育】

      オーガニックファーム88です。ドイツからシュタイナー医療のお医者さんが来日された時、ランチを一緒に頂いたことがあります。私は数人のお母さんたちと、共に会話を楽しんでいました。テーブルでご一緒だったお母さんのお子さんは、アトピーがずいぶん痒くて夜眠られないとか。お医者さんはいつ頃からどのような症状を発症しているのかなど、いろいろ聞かれていました。そして、薬の話になった時の会話は、このようなものでした。お医者さん「どんなお薬を塗っていますか?」お母さん「保湿剤だけです」お医者さん「処方されたのは、保湿剤だけですか?」お母さん「ステロイドもです」お医者さん「ステロイドは効いていますか?」お母さん「ステロイドは副作用が心配だから、あまり塗りたくはありません」お医者さん「塗っていないのですか?」お母さん「塗っていましたけれど、やめたらすぐにアトピーが出てるので、結局、アトピーが完治しないし、副作用が怖いから、もう塗っていません」こういう話はよく聞きます。私もアトピーで、息子もアトピーです。冬になるとひどくなります。私も、このお母さんのように、ステロイドの副作用が怖くて、塗らないで乗り越えさせたいと思っていました。で、お医者さんがどんな風にお答えになるのか、私もとても興味深々。お医者さんは、このようにおっしゃっていました。「アトピーは、子供にとっては、体が火事になるようなものです。火事の時には、火を消します。ステロイドは火を消すような薬です。火を消してあげたらいかがですか?」そして、さらにこのように続きました。「眠らないとアトピーは治りません。とにかく、お子さんが眠られるように、火を消してあげたらいかがでしょうか?ステロイドそのものは睡眠薬ではありませんが、かゆみを減らしてくれるので、眠ることができます。睡眠薬だと思って、塗ってみてはいかがでしょうか。そして、お母さんもしっかりと寝て、お母さん自身も、疲れから解放させてください。」そして、さらには、「お子さんの体をラクにしてあげて、生まれてきたばかりの世界がどれだけ善いものかを体験させてあげて欲しいです。全身が炎に包まれている状態で、この世界が善いものだとは感じにくいでしょう?この世界が善いものだと信頼して生きることができない方が、ステロイドの副作用よりもよっぽど怖いことだと思います」冬が来るたびに、私も息子もアトピーがひどくなります。あまりにも酷くなって、眠ることすらできなくなったら、私はステロイドの薬を手にしつつ、この会話を思い出します。<追記>このお医者さんは決してステロイド「だけ」で、治療しましょうとは言っていません。火事の時には消しましょうということです。アトピーのために、生活改善や体質への働きかけなどあるでしょうが、あまりにも酷すぎる場合は、医師に処方された薬を塗って、ラクになること、つまり、体も心も穏やかになることが、大切だということです。<<<過去の記事>>>アトピーで暮らしを見直し①https://ameblo.jp/88farm/entry-12267003864.html?frm=themeアトピーで暮らしを見直し②https://ameblo.jp/88farm/entry-12267595125.html?frm=themeアトピーで暮らしを見直し③https://ameblo.jp/88farm/entry-12270172774.html?frm=theme「ここに行くと必ずひどくなるアトピー」https://ameblo.jp/88farm/entry-12343497207.html?frm=theme・・・・・・・・・・・・・<お知らせ>バイオダイナミック農業講座2020年3月7日(土)〜8日(日)早期割引あります。詳細はこちらをご覧ください。https://business.facebook.com/events/2690608014355586/

  • 24Nov
    • 検診で、子供の言葉の遅れを指摘されたらの画像

      検診で、子供の言葉の遅れを指摘されたら

      オーガニックファーム88です。これは去年のことですが、息子の3歳児検診で、言葉の遅れを指摘されました。発達検査の結果、言葉が遅れているようだというのです。でも、母親としては、コミュニケーションをとるのに何も問題がなく、二人の会話はスムーズにいっていたのです。そういえば、アインシュタインは、なかなか話さない子供でしたが、初めて話した時はずいぶん大きくなってからだったと聞いたことがあります。しかも、初めての言葉は単語ではなく、文章だったそうです。「このスープは熱すぎる」と。彼のお母さんは、息子が話せることにびっくりして、「どうして今まで話さなかったの?」って聞いたら、「必要なかったから」と答えたそう。それまでは、テレパシーで会話していたからだと。この逸話が本当かどうかはわかりませんが、確かに、私たち親子は、テレパシーで会話をしていたのかもしれませんし、きっと世界中の親子はテレパシーで会話しているんだと思います。きっと親子って、言葉ではなく別の方法でコミュニケーションをとっているのかもしれません。さて、話を戻します。3歳児検診で言葉の遅れを指摘されました。その時、私は言葉の遅れを、言葉だけの遅れとは、受け取りませんでした。というのも、子どもたちは、歩いたり、走ったりする大きな運動能力を獲得し、それから、細かい作業、例えば握ったり、書いたり、という小さな運動能力を獲得します。その能力を踏み台として、言葉が発達していくのです。つまり、発達の順序としては、大きな運動発達↓小さな運動発達↓言葉と、なります。我が子は言葉の発達が遅い。ということは、その前に大きな運動発達や小さな運動発達に、滞りがある、ということだと、私は思いました。そして、後日、大きな動きのスペシャリストの理学療法士の先生と、小さな動きのスペシャリストの作業療法士の先生に、息子を見ていただきました。すると、理学療法士の先生には、体幹が弱いと指摘され、また、体全体が緊張気味だとのこと。(そんなこと、私は全く気がつかなかった!)そして、作業療法士の先生には、手先の器用さにも遅れがあるとのこと。目で見た情報に頼りがちで、聞いた情報をキャッチしにくいとも。(これも全く気がつかなかった!)などなどなど、今まで問題がないと思っていた息子ですが、専門家が見ると、運動面でも発達の遅れがあるようです。理学療法士の先生には、凸凹した山道を歩いたり、腕を使う遊びや、プールで脱力する遊びをやってみたらどうかと言われました。作業療法士の先生には、小さな動きの発達の遅れを取り戻すために、作業療法士のリハビリを受けた方がいいと言われました。そして、言葉の発達のスペシャリストの言語聴覚士の先生にも検査していただいたところ、言葉の発達は1歳8ヶ月程度だと言われ(息子は当時3歳)、リハビリが必要だと言われました。(こんなに言葉が遅れているなんて!と驚き、同時にとってもショックでした!)ということで、その後、息子は、作業療法士さんと言語聴覚士さんのお世話になることになりました。以上、私の息子のことです。私が振り返って感じることは、市の定期検診の時には、「様子を見ましょう」という保健師さんもいました。でも、「様子を見ましょう」的な姿勢は子供のためにはならないと思います。幼ければ幼いほど脳の発達はすごいので、できるだけ早い段階で専門家からのサポートを受ける方がいいと思いました。そして、もう一つ強く感じたことは、母親は自分の子供を客観的には見られないということです。だから、私の経験から、検診で言葉の発達の遅れを指摘されたお母さんにお伝えしたいことは、・お母さんとお子さんの間での会話が成り立っていたとしても、お子さんと他の人の会話が成り立っていないかもしれない(つまり言葉の遅れをお母さんが感じていなくても、本当に遅れている可能性があるということ)・言葉が遅れていたら、大きな運動や小さな運動の発達にも遅れがあるかもしれないから、専門家に診てもらった方がいい。そして必要なら、サポートを受けた方がいい。・「様子を見ましょう」という言葉に惑わされて、子供の成長の伸び盛りを逃さないでほしい。専門家に診ていただくことや、お医者さんに診てもらうにも、予約が必要で、どこでも、すごく待たされます。我が子の場合、予約で5ヶ月待ちました。だから、できるだけ早く、予約が入れられるよう、早めに行動に移したほうがいい。受診日を待っているうちに、どうせ「様子を見ている」ことになりますから。ということです。・・・・・・・・・・・・・・・・<講座のご案内>2019年11月30日(土)〜12月1日(日)「いまさら聞けないシュタイナー講座」テーマ:人間理解講師:竹下哲生https://business.facebook.com/events/418994108744046/2020年1月25日(土)〜26日(日)「お金と仕事とわたしの三角関係」講師:ひらたしろこ・竹下哲生https://ameblo.jp/88farm/entry-12545501159.html・・・・・・・・・・・・・・・今日も素敵な1日を!オーガニックファーム88

  • 21Nov
    • 学びや経験を積み重ねてきたけれど、収入面の上で満足できていないあなたへの画像

      学びや経験を積み重ねてきたけれど、収入面の上で満足できていないあなたへ

      オーガニックファーム88です。私はシュタイナー治療教育士養成コースを修了したり、これまでも様々な機会にあれこれと学んできました。そして自分のやりたいように学びを生かしてきてはいますが、それが生活を支えるような収入(お金)につながっているわけではないのです。さあ、どうしましょう?そんな私は、こんな講座を企画しました。私は、自分で「お金と仕事とわたしの三角関係」という講座を企画しつつも、すごく楽しみでなりません。というのも、お金や仕事に対して抱いてきた価値観というのは、すごく変わりにくい不動的な価値観っぽいと思うのですが、この講座を受けることで、新しい価値観が得られそうな予感がするのです。ただし、この講座では、「お金を稼ぐことは悪いことと思っていませんか?頑張らないとお金は稼げないと思っていませんか?その潜在意識のブロックを外してあげましょう」というようなこととは無縁です。講師はあなたを変えようとはしません。自分が主体となってワークをしたり話を聞いたりして、自分で発見していく講座です。多くの学びや経験を積み重ねてきたけれど、収入面の上で満足できていない、これからどうしたらいいのか悩んでいる、という方にぜひ受講していただきたい講座です。それでは、何をするかというと、「お金」と「仕事」について語ったシュタイナーの叡智から、その本質に迫ります。また、自分の人生を「お金と仕事」というテーマで、振り返る作業を芸術的に行います。この芸術的に行う、というのは、バイオグラフィーワークというものです。バイオグラフィーワークというのは、アントロポゾフィー医療(シュタイナー医療)では、治療の一つでもあるほど力強いものです。具体的にいうと、クレヨンで自分の過去を描きます。ただそれだけなのですが、いろんなものが過去から湧き上がってきます。ただクレヨンで描くだけなのですが、専門的に学んだバイオグラフィーワーカーさんの指導のもとで描くので、家にこもって一人で過去の絵を描くのとは全然違う体験をすることでしょう。芸術の力を借りて、自分の人生を振り返るという作業は、想像以上に私たちを変えてくれるものです。でも、これって、経験したことがないと、イマイチ想像しにくいですよね。ですから、過去の受講生の体験談(講座の感想)をお読みくださいね。https://ameblo.jp/88farm/entry-12487180015.html?frm=theme&fbclid=IwAR3NgsEDVvESYXKwaInTU07tbUWQAfWXAX0AevBoe2bKNkwoKb6MUrNUOrMまた、この講座は、こうすれば収入アップします、とか、経営方法を教えるような講座ではありません。何かを与えられるか、というよりも、自分で探り出していくのをサポートするという講座です。ぜひご参加ください。2020年1月25日(土)〜26日(日)素敵なゲストハウス赤石商店を丸ごと貸し切って、少人数で開催します。いますぐご応募くださいね。お申し込み先↓https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScygsAa0tyi8GlNRxz08RFENZKQkGz5vZOTjxaUjVZcTeQE3w/viewform?vc=0&c=0&w=1&fbclid=IwAR1NYTdFXBCazlTnvUtieEQ0R9f7Mr6OC88ZcC7t6crCFizs5AGC4s5tPfQ信州のおしゃれなゲストハウスでお待ちしております。・・・・・・・・・・・・・・・・こちらも募集中。2019年11月30日(土)から12月1日(日)「いまさら聞けないシュタイナー講座」テーマ:人間理解https://business.facebook.com/events/418994108744046/・・・・・・・・・・・・・・オーガニックファーム88

  • 15Nov
    • 【早割あり講座】お金と仕事とわたしの三角関係 2020年1月25日(土)〜26日(日)の画像

      【早割あり講座】お金と仕事とわたしの三角関係 2020年1月25日(土)〜26日(日)

      大好きなお金は、わたしに会いにきてくれない。仕事も大好きだけれど、仕事は時々わたしに過剰に欲求してくる。しかも、お金は仕事を避けているように思えることもあり…そんなことを感じたことがありますか?【お金と仕事と歩む人生】お金と仕事と歩んできた人生を振り返り、これからのお金と仕事との付き合い方を考える講座です。わたしがお金と仕事にしてきたこと、お金と仕事がわたしにしてくれたことを、バイオグラフィーワークの芸術のちからを借りて、じっくりと見つめていきます。そこにはきっと意外な関係が見えてくるはず。お金や仕事への捉われが赤裸々に浮かび上がってくるかもしれません。また、「労働と賃金を分けろ」と言ったシュタイナーの「お金・仕事論」について座学もあります。100年前に生きていたルドルフ・シュタイナーの独特なお金や仕事についての思想を聞くと、きっと衝撃が走るはず。お金や仕事を通して「受け取ること」と「与えること」のバランスを見直すきっかけになるかもしれません。お金と仕事との人生を振り返りつつ、その本質について知り、お金と仕事とともに歩む未来を見つめていきましょう。※バイオグラフィーワークについては、こちらのサイトをご覧ください。https://www.jupiter-biographywork.jp/ご挨拶/バイオグラフィーワークとは/※2019年夏至に開かれたバイオグラフィーワーク(同じ講師陣)に参加された方による感想はこちらをご覧ください。https://ameblo.jp/88farm/entry-12487180015.html?frm=theme赤石商店ホームページから写真を拝借しました【かなりスペシャル&お得な2日間】長野県伊那市にあるオシャレなゲストハウス「赤石商店」さんをまるごと貸し切って、1泊2日の開催です。少人数で、じっくりと深めていきます。また、繊細な味覚で料理上手だと評判のオ−ガニックファーム88農園主が、美味しい食材を取り寄せて、自ら料理し、皆様のお腹を満たそうと計画中です。この特別な開催を記念して、料金も特別価格とさせていただきました。ぜひ、この機会をお見逃しなく。募集を終了いたしました。・・・・・・・・・・・・日時:2020年1月25日(土)13:00 ~ 26日(日)15:00会場:赤石商店(長野県伊那市東春近22-5)https://www.facebook.com/赤石商店-407759152714713/定員:12名(定員になり次第、募集を終了いたします)募集を終了いたしました。参加対象:28歳以上の方(28歳以下の方はご相談ください)参加費:【通常】24,000円(講座料・宿泊料・食事3食分含む)【早割】22,000円 (講座料・宿泊料・食事3食分含む)※2019年12月27日(金)までにお申し込み・ご入金をされる方限定。お申し込みが12月27日以前にあり、なおかつご入金も12月27日までの場合のみ適応されます。申し込み先:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScygsAa0tyi8GlNRxz08RFENZKQkGz5vZOTjxaUjVZcTeQE3w/viewform?vc=0&c=0&w=1※参加費のご入金の確認をもちまして、参加決定となります。申し込みをされた方に、振込先の口座情報をお伝えいたします。注意事項:ご入金後のお客様都合によるキャンセルは承っておりません。ご参加できなくなった場合は、他の方への譲渡をお願いいたします。なお、お振り込み後、講師や主催者都合による会の中止には全額ご返金いたします。アクセス:赤石商店のウェブサイトを参考になさってください。http://akaishi-shouten.com/access送迎:伊那バスターミナルから赤石商店への無料送迎をご用意いたします。1月25日(土)12時30分頃にお迎えにいきます(朝8時05分バスタ新宿発のバスだと12時00分に伊那バスターミナル到着予定)。帰りは、1月26日(日)15時15分頃にバスターミナルに到着予定です(15時25分発の新宿行きのバスがあります)。高速バスをご利用の方は、事前に予約をされ、お席を確保されることをお勧めします。なお、交通渋滞による講座参加の遅れには責任を負いかねますので予めご了承願います。また、JR伊那市駅がバスターミナルの近くにございます。JRでお越しになる方で送迎をご希望の方はご相談ください。託児:お子様連れでの参加をご希望の方はご相談ください。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【講師プロフィール】ひらたしろこ <バイオグラフィーワーク(アートセラピー)担当>ファシリテーター/バイオグラフィーワーカー。東京都生まれ。学生時代より、子ども会のキャンプリーダー、子どものアトリエでのアルバイトなどを通じて、子どもや自然と関わる。大学で児童文学を専攻する中でシュタイナー教育と出会い、教員養成講座で学び始める。受講中に7年周期で人生を読み解く「バイオグラフィーワーク」を体験、運命の織りなす軌跡に魅了され、バイオグラフィーワーカーを目指す。会社員の傍らシュタイナー土曜学校で担任を経験、現在は文学の先生に。マーケティング、アートセラピー、ネイチャーゲーム等の手法を用い、各種セミナー・ワークショップを開催。フィールドを活かしたワークや、参加者の気づきを深めるシェアワークを得意とする。竹下哲生 <シュタイナー思想担当>1981年香川県に生まれ、2000年渡独。南ドイツでの酪農実習を経て2002年にキリスト者共同体の自由大学に入学。しかし体調不良により司祭叙階を断念し2004年に帰国。以来、参加者の疑問に答えるという形式の講座(概念デザイン)を日本各地で開催。哲学的・神学的立場から学際的な思考を展開し、得意とする分野は教育・西洋精神史・化学・栄養学・農業・芸術史・現代文化批評など多岐に亘る。また講演活動の傍ら、翻訳・通訳業も熟す。著書には入間カイとの共著『親の仕事、教師の仕事――教育と社会形成』、訳書にはミヒャエル・デーブスの『三位一体』上下巻やリューダー・ヤッヘンスの『アトピー性皮膚炎の理解』など多数。林洋子 <コーディネーター>大阪生まれ。アメリカと日本で小学校、中学校、高校、大学にて教壇に立つ。また企業の専属通訳者としての経験を活かしキリスト教会や教育現場などでも通訳も務める。バイオグラフィーワークがきっかけとなり、食わず嫌いだったシュタイナーの思想を学び始める。保育士でもあり、お母さん&プレママ向けのシュタイナー講座や幼児向けの親子あそびの会を開催。家業であるオーガニックファーム88では農業講座をはじめ、シュタイナーを軸とした講座を企画運営している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とびきりスペシャルな講師たちと過ごす1泊2日。しかも、とってもオシャレなゲストハウスでの少人数での開催です。お席を確保するために今すぐお申込みください!長野でお会いできるのを楽しみにしています。お申し込みはこちらから↓https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScygsAa0tyi8GlNRxz08RFENZKQkGz5vZOTjxaUjVZcTeQE3w/viewform?vc=0&c=0&w=1【主催】オーガニックファーム88 ・・・・・・・・・・・・・●お知らせ●参加者募集中です2019年11月30日(土)〜12月1日(日)「いまさら聞けないシュタイナー講座」講師:竹下哲生氏https://business.facebook.com/events/418994108744046/・・・・・・・・・・・・オーガニックファーム88

  • 19Sep
    • 子どもは雰囲気の中で育つの画像

      子どもは雰囲気の中で育つ

      オーガニックファーム88です。長男を出産後、私は、シュタイナー教育を徹底的に頑張りました!おもちゃにこだわったり、リズムある生活を固守したり、食事に気をつけたり…。かなり、こだわりました!その結果…すぐに疲れてしまいましたで、気分転換にシュタイナーの本を読み返してみると、「雰囲気」という言葉がたくさん出てくるのに気がつきました。「子育てで、雰囲気?」と、思って、ドイツ語の原文で調べたり、英語訳の本で調べたりしたのですが、「雰囲気」は、やっぱり、「雰囲気」だったのです。それからも、「雰囲気」って気になっていたのです。で、ようやく、腑に落ちたのです!子どもは、雰囲気の中で、育っているんだ!雰囲気にすごく影響を受けるんだ!雰囲気によって人間形成されるんだ!という、シンプルなことを。でも、すごくないですか?雰囲気で人間性が大きく左右されるんですよ!(そのおかげか、真面目な雰囲気な中で育ててしまった長男は、超真面目くんに育っております)だから、シュタイナー教育で、これがいい、あれがいい、って、いろいろあるけれど、お母さんがそれに一生懸命で、疲れ果てて、イライラした雰囲気を作っていたら、本末転倒。ましては、シュタイナー教育の良さを、おばあちゃんに押し付けたり、旦那に押し付けたりして、嫌がられて、家庭の雰囲気が良くない、っていうのは、本末転倒だと思うのです。(もちろん、とっても好意的に受け止めてくれるような相手だったら、シュタイナー教育に協力してもらってもいいと思うのですけれどね。)だから、家庭の雰囲気が温かいものであるということが、一番大切かなって思います。もちろん、逆説的に、シュタイナー教育を家庭で実践できれば、温かい雰囲気が作りやすいと思います。私は、シュタイナー教育のあれこれを知っていますが、だからと言って、すべて完璧に実践できているわけではないのです。子育てだけじゃなく、仕事も、遊びも、何事も、これ以上頑張ったら、疲れちゃうっていうラインを超えないようにしています。でも、それでもいいと思っています。とにかく、私がイライラしていなくって、温かい雰囲気が家庭に築けていたら、子供にとって、それが一番幸せだと思っています。だって、子供は雰囲気の中で育つのですから。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<お知らせ>満員御礼で増席あり!2019年11月9日(土)~10日(日)バイオダイナミック農業講座・番外編「静寂ゆえにダイナミックな発酵の神秘 〜シュタイナーの叡智〜」https://facebook.com/events/2430162497045928/今でも募集中!残席わずかです。2019年11月30日(土)〜12月1日(日)いまさら聞けないシュタイナー講座テーマ:人間理解https://facebook.com/events/418994108744046/講師の竹下哲生さんに、聞くのが恥ずかしいような基本的なことから、誰でも疑問に思っていることなど、なんでも質問してみよう!という会です。テーマは人間理解です。2019年10月〜12月長野県伊那市で開催「シュタイナー親子クラス」https://www.facebook.com/events/702988646841894/未就園児さん&ママ&パパ、プレママ&プレパパ、シュタイナー教育に興味がある方、ぜひご参加ください。伊那市にある、ミツロウろうそく専門店「ワイルドツリー」さんの店舗2階で、開催します。現在、新クラス参加者募集中です。体験会もあります。※近隣の宮田村でも開催予定です。___________________今日も素敵な1日を。オーガニックファーム88