韓国映画 エンドレス 繰り返される悪夢 2017年 | Asian Film Foundation 聖なる館で逢いましょう

Asian Film Foundation 聖なる館で逢いましょう

アジア映画に詳しくなかった私がアジア映画を観てます♪
ネタバレはできるだけ避けております…(ㆆᴗㆆ)*✲゚*。⋆

 

 

公開中ですビックリマーク

 

ザ・ネゴシエーション

映画 ザ・ネゴシエーション 公式サイト

 

 

9月20日から公開スタートですビックリマーク

 

王宮の夜鬼(やき)

ヒョンビン×チャン・ドンゴン 『王宮の夜鬼』 公式サイト

 

見えない目撃者

映画 『見えない目撃者』 公式サイト

 

ゴーストマスク 傷

映画 ゴーストマスク 傷 公式サイト

 

 

お近くの劇場で公開されてたら、是非!!

私が観てないのになんですが(^_^;)

 

 

 

 

 

アンニョン(^-^)ノ

いつも、どうもですキスマーク

 

公開がスタートした『記憶にございません!』・・・いいですね音譜

観たいですよ~。

 

 

 

9月11日、この作品を観ました映画キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ時計

 

 

 

 

 

目覚める度に繰り返す〝同じ一日〟

それは、最愛の家族が事故に遭う

2時間前だった――。

 

 

 

愛する人を救うため、時に抗う二人の男の死闘を描くタイムループ・スリラー!

 

 

 

エンドレス

繰り返される悪夢

 

 

エンドレス 繰り返される悪夢
原題:하루
英語題:A Day
中国語題:一天


(2017年、韓国映画、90分)


監督:チョ・ソノ

脚本:チョ・ソノ
脚色:イ・サンハク

潤色:イム・ナム

PD:ソン・ジウン
助監督:イ・ヤンジュン
撮影:キム・ジヨン(C.G.K)
照明:チョ・ギュヨン(ライティングブラザーズ)
音楽:モグ(Mowg)(フィルムジカ)
美術、プロダクションデザイン:カン・ソヨン
武術:イ・ゴンムン(ヒーローズスタント)


出演:キム・ミョンミン、ピョン・ヨハン、ユ・ジェミョン、チョ・ウニョン、シン・ヘソン、イム・ジギュ、キム・チェヨン、チャン・デウン、キム・ヒョンボム、キム・イェジュン、イ・ユハ、ハン・ヒジョン、パク・ミンス、コ・サンホ、チェ・ウンソン、ナム・ギョンミン、ユン・ジョンノ、イ・ドヨプ、キム・ヨンソン、ヤン・ウォンソク、チャン・イノ ほか


※ 輝国山人の韓国映画様から転載させていただいてます。

 

配給:クロックワークス

 

 

いきなり余談ですが、前々から狙ってたんですが、『新しき世界』(2013年)のサントラを買いました。

韓国のサイトで全曲試聴できたので内容的にはすでに絶対に欲しいと確信してたんですが、ようやく・・・。

 

『新しき世界』・・・映画としてはなかなか観るのがきつい映画で、映画としては超・傑作で私も大好きなんですが、たとえばファン・ジョンミンさん演じるチョン・チョンがどこかユーモラスながらもやっぱり超・残酷、そしてそんな過激な男が危うくなる状況も見てられなかったりするわけです。

またチョンチョンがジャソン(イ・ジョンジェ)にある思いを伝える場面では胸が締めつけられますし・・・。

とにかく悲劇度が高すぎるんですよね。

 

だから観るのなら心して、ですが、チョ・ヨンウクさんの音楽がほんとに素晴らしい。

だから絶対に持っておきたいサントラCDでした。

 

チョ・ヨンウクさんのサントラCDでは、これまでにも『JSA』(2000年)、『彼女を信じないでください』(2004年)、『お嬢さん』(2016年)なんかも買ってきましたけど、どれも大好きですね。

 

最近、思ったんですがDVDやブルーレイを買っても、あまり観れないんですよ、時間がなくて・・・。

高いしね。

その点、CDはいつも聴いていられますしね、その方が自分に合った買い物だと思いましたね。

 

『新しき世界』の音楽、素晴らしいです。

哀しく、重く、深くて、寂しくって、メランコリックで・・・。

こうゆう音楽を聴きたい時、最適です。

 

そして、このCDをじっくりと聴き込んだあと・・・そうですね、再来週くらいに、『新しき世界』をまた観たいと思います!!

 

 

え~、本題ですが『エンドレス 繰り返される悪夢』、劇場で上映されてた2017年、12月、迷いはしましたが結局、劇場鑑賞は断念しました。

理由は忘れましたが、きっと他にも観る映画が多かったんでしょう。

 

韓国産タイムループ・スリラー 映画 『エンドレス 繰り返される悪夢』 予告編

 

 

戦場で敵も味方も区別なく治療したことで称賛を浴びる医師のキム・ジュニョンは多忙にまぎれて普段、かえりみていなかった娘ウンジョンの誕生日、ようやく会えると急いでいたが、とにかく医師として立派な人なので身近にけが人、病人が出ると見て見ぬふりはできない。

事故を起こしたタクシーの運転手さんの状態を看て、後部座席の女性も調べるが、彼女はすでにこときれていた。

そして、同じ現場で事故に遭い、すでに息絶えている娘ウンジョンに気づく。
 

 

呆然とするジュニョンだったが、我に返ると事故があった2時間前、居眠りをしていた飛行機の機内に戻っていた。

彼は時間が過去に戻ったことを把握したのち、ウンジョンを死なせないため行動を起こすが、上手くいかない。

しかし、その都度、時間はまた2時間、戻るのだった。

 

どうにかして事故を防ごうとするジュニョン。

しかし、成功したと思えても事故が起こりウンジョンが命を落とす結果は変わらず、幾度も娘が死ぬ悪夢のような瞬間を繰り返すこととなる。

 

 

同じ時間を繰り返す中で、ジュニョンの前に一人の青年が現れる。

彼、ミンチョル(ピョン・ヨハン)もジュニョンと同様に、事故が起こるまでの時間を繰り返していたのだった。

 

理由もわからないまま、事故で時間が繰り返す2人は力を合わせて、未来を変えようとする。

それは一度、成功しそうに思えたのだが ――-― はてなマーク

 

 

キム・ミョンミンさんはともかく、ピョン・ヨハンさんは、日本のファンには残念なことに映画の主演作が未公開なんですよね・・・。

本当にもったいない。

 

『監視者たち』(2013年)、『泣く男』(2014年)、『探偵ホン・ギルドン 消えた村』(2016年)など、脇を固めた作品は日本でも公開されてるんですが。

ピョン・ヨハンさんの主演作品、調べると私も観たいような映画なので、DVDで発売してくれてはったら、と思いましたよ。

 

ただ、日本でも人気は高く、ファンクラブもありますよね。

 

ピョン・ヨハン日本公式ファンクラブ

 

そして、この『エンドレス』の前に出た『あなた、そこにいてくれますか』(2016年)はキム・ユンソクさんと堂々のダブル主演です(私、まだ観てません汗)。

 

 

廉価版DVDがリリースされてますよービックリマーク

 

 

おそらく、この映画の舞台となる、あの広い道路、閉鎖して撮影したんでしょうね。

 

起こることは悲劇的で胸が張り裂けそうな事態なんですが、晴れてて、空が青くて、美しい絵なんですよね~。

 

その中で繰り返される悪夢・・・。

 

「タイム・ループ」ものとゆうジャンルがあるのだとすれば、私はそんなに観てないと思います。

今、思いつけるのは『バタフライ・エフェクト』(2004年)くらいですが・・・あれはパラレル・ワールドでしたっけ。

 

現在、あるいは未来を変えるために過去に手を出す、といった作品も幾つか観ていると思いますが・・・繰り返しとなると・・・あ、昔、テレビで『恋はデジャ・ブ』(1993年)って映画を観まして、あれ、コメディだけど、なんか怖かったです。

 

そんな私が言うのもなんですが、『エンドレス』・・・韓国の原題は『하루』で、「一日」って意味だそうですが、始まって、主人公のジュニョンを悲劇が襲うシーンからすでに、驚きでしたね。

 

そして、彼は以後、2時間ほどを何度も繰り返すんですが、この中で明かされていく謎にまた驚かされ続けましたよ。

まだこんなアイデアがあったんか!?

 

ですので観る前はちょっと難しい映画だったらイヤだなぁ、と思ってたんですが観終えた今は、これ系がお好きな方には絶対にオススメしたい、そんな気分です。

いや、ほんと脚本が凄いし、それを映像化した力も凄いですよ。

そしてキャストの迫真の演技・・・。

 

なんてゆうか「説明」に無理がないとゆうか、この題材でわかりやすく自然にドラマになってるのは、さりげない説明が上手いんですよ、きっと。

 

 

まあ、私はネタバレする気もありませんし、この複雑な映画を解説できる力量もないけど、一つだけ・・・なぜ、このループが起こっているのか、ほんの小さいことですが、それがセリフの中で示唆されてたと思うんです。

それは、ハルくんとゆう少年の気持ちに思えるのですが、そのことにハッとさせられ泣きそうになった。

そのことを見落とすとラストの感動が今ひとつ伝わらないかもしれませんね。

 

結末についてはやっぱり「韓国映画」だと思います。

本当はああいった落としどころは「きれいごと」なのかもしれない。

なかなか人はそんな気持ちになれないのかもしれない。

でも、私はああいった結末を何度も韓国映画で目にしてきたように思います。

 

世界中、どこへ行っても悲しみや苦しみはあると思います。

そして韓国映画は、それについて考え、どうあれば一番、人の心が癒されるのか、どうあれば一番、人の心を鎮められるのか、いつも考えているのではないでしょうか。

 

 

ところで、ジュニョン先生の娘さん、ウンジョンを演じてる女の子・・・どっかで見たなあ・・・まだまだちっさいのにはてなマーク

と思ってたら『お嬢さん』(2016年)で幼い頃の秀子お嬢さまを演じたチョ・ウニョンでしたか!?

 

 

日本人じゃなかったのね~ひらめき電球

あ~・・・だからあのセリフも意味もわからず棒読みであせる

そこはちょっと安心(;´∀`)

 

いや~、なんと言えば・・・美少女ですね~。

 

 

でも、なんか怖いわ~、怖いわ~、美少女過ぎて~(^_^;)

 

 

よく見ると、ちっさいのにすげー存在感ビックリマーク

ジヌたん、負けそう。

そりゃ抜擢されて出るっての・・・『お嬢さん』汗

 

おそらくこの写真もパク・チャヌク監督撮影・・・。

 

『お嬢さん』ってホントに凄い映画ですあせる

 

 

今回は、パパにほったらかされ気味で、ややグレ気味ですが、そうは言っても普通のチビッ子の役でした。

 

何度も事故に遭う不幸な役ではありますが。

 

 

キャストについては詳しくは触れませんが、やっぱり好きですね、キム・ミョンミンさん。

出演作の多くが好きです。

こういった「わが子(家族)のために必死なパパ」の役、『破壊された男 誘拐犯との死闘』(2010年)や『ヨンガシ 変種増殖』(2012年)もあったと思うけど、似合いますよね・・・。

 

でも、やっぱり切実は話だと思います。

この映画はそれだけでなく、他の人たちのことも・・・。

ただ、面白いだけじゃダメですね。

あらゆる人たちの境遇に思いをはせました・・・。

 

 

『エンドレス 繰り返される悪夢』、ほんとに素晴らしい映画だと思います。

 

チョ・ソノ監督はこの作品が初監督作品なんですが、脚本もご自分で執筆されたとのことで・・・この緻密で感動的な作品を作り上げた力は、ほんまに凄いですよねクラッカー

次の作品も確実に要チェックですよ。

 

映画としての面白さもあったけど、人の痛切な思いも実感しました。

怖さもあったと思います。

そして、感動も。

 

90分とゆう短さですが疲れきりましたよ、観て。

もしもまだなら、是非、観てみてくださいね。

 

でわ、今日もありがとうございましたですキスマーク

アンニョン~(^.^/)))

 


 

解説: 目覚めるたびに悪夢の1日が繰り返されるタイムループに囚われた男の死闘を描いたサスペンススリラー。娘の誕生日で約束の場所へ向かっていた著名な胸部外科医ジュニョンは、その途上で娘のウンジョンが交通事故で亡くなっている現場に遭遇。激しい衝撃を受けた瞬間、ジュニョンは事故の2時間前に戻っていた。時間のループは延々と繰り返され、ジュニョンは娘を事故で死なせないよう策を講じるが、何度やっても娘の死という結果が変わることはなかった。そんな中、ジュニョンの前に、事故で妻を失い、同じように時間を繰り返しているミンチョルが現れる。愛する家族を亡くし、理由もわからずに時間に囚われてしまった2人は、悪夢の1日を変え、家族を救うために力を合わせこととなるが……。主人公ジュニョンを「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」のキム・ミョンミン、妻を亡くしたミンチョル役を「あなた、そこにいてくれますか」のピョン・ヨハンがそれぞれ演じる。(映画.com