社交不安症とは、人に見られている場面で何かする事を過剰に恐れる病気です。
人前で喋ったり、字を書いたり、人目に触れる場所での飲食をしたりする場面で、「自分が恥ずかしい思いをするのではないか」と非常に心配してしまい、その結果、顔がひきつったり、赤くなったり、緊張をして汗をかいたり、手が震えたりします。
上記のような症状が理由で人前に出るのが怖くなり、過剰に「失敗したらどうしよう」、「恥をかいたらどうしよう」という思いにかられ、次第にそうした場面を避ける事により日常生活を避けるようになってしまいます。


社交不安症の原因

社交不安症の原因はまだ十分に解明されていませんが、脳内の不安の回路が過剰に反応し、症状が出てくると考えられています。
過去に人前で恥ずかしい経験をした事があるなどの経験的要因や、他人の目を気にしすぎる、人見知りなどの性格的要因、また遺伝的な要因が挙げられています。


 主な症状

 社交不安症が続くと人と関わる場面を避けるようになるため、引きこもって生活が上手くいかなくなる事が多くなります。
また、自分に対しても自信が持てなくなり、気持ちがどんどん落ち込んで鬱になる人も多くいます。

【苦手意識を感じやすい場面】
・人前で字を書く、話す、発表をする、プレゼンをする
・人との雑談
・人目に触れる場所での飲食、会食
・電話対応
・美容院
・合コンやデート等異性との交流  
・上司やあまり面識のない人との会話の時
・試験や仕事の面接を受けている時 など

【身体的症状】
・胸のドキドキ
・息苦しさ
・めまいや吐き気
・手足の震え、声が震える
・腹痛、お腹を下す
・口が異常に乾く
・ひどく汗をかく
・赤面、ほてりやのぼせ など


カウンセリング方針

人前で話す時には多くの人が緊張しますが、場数を踏んでいくとだんだん慣れてくるものです。
ところが、社交不安症の方にとってはそうはいきません。
人からの評価を気にし過ぎて生活に支障が出てしまったり、そんな自分は気にし過ぎだと思い悩んでしまっていたりするでしょう。
カウンセリングでは、不安に感じる場面や症状が表れる状況を整理して、認知(思考)や行動を少しずつ改善していく認知行動療法が有効とされています。
人からネガティブな評価を受ける事への不安や自分に対しての不安を軽減していく事で、問題と感じている人前での振る舞いを少しずつ体感出来るようにしていきます。
小さな経験を積み重ねていく事で、自分に自信が持てるようになり、自分自身を受け入れられるようになっていくのです。
今まで出来ないと思っていた行動も、いつの間にか出来るようになっていけるでしょう。

当店では、不安に感じる場面や自分に自信が持てない事でお困りの方にも、安心してお悩みを打ち明けられる場所を提供しております。

不安に対する恐れを手放せるようになると、不安をありのままに見られるようになっていけるでしょう。

恐怖感や不安の感情でのお悩みは、ぜひメンタルケアサロン心の翼 沼津店でご相談ください。

傾聴のプロがあなたの心を優しく解きほぐして、心と向き合うサポートをいたします。

まずは、今のあなたのお悩みをお聞かせください。

 

メンタルケアサロン心の翼 沼津店【予約・お問合せ】 (kokoronotsubasa-numazu.com)

 

 

 

お問い合わせ、ご予約は⬇
友だち追加

 

今すぐ予約