フランス漆喰「アバナ」 | リノベーション&西洋漆喰@札幌

リノベーション&西洋漆喰@札幌

2007年1月にスタートしたブログですが、株式会社リノベーションLABOのブログとして、完全にリライトいたしました。若干、思い出深い記事は残してあります。

 

西洋漆喰のご紹介が、間があいてしまいましたが・・・

 

フランス漆喰「アバナ」です。

前職のショールームで自ら施工して悩ましい材料だなと感じて数年。

 

一言でいういと、ジャンク?

です。

 

 

刷毛仕上げもできる、鏝仕上げもできる、ヘラ仕上げもできる・・・

しかも、蜜蝋WAXとの相性も良くWAX仕上げもできる・・・

イタリア漆喰もどきな表現もできる・・・。

 

説明のしようがない・・・。

 

しかも、コストが安いからさらに悩ましい・・・。

 

前出のデコプロバンスと価格比較すると微妙。

 

  

数年前に施工した「TANUHACHI  GARDEN」はイメージ通りにいきましたが・・・

 

この材料、怖くてしょうがない・・・。

 

弊社のメインにもってきたいのですがね。

 

御紹介は控えていますが、まだフランスには、「スタッコアラショー」・「ペイントアラショー」という微妙な左官材が存在します。

わたくしでも、それらの特質がわけわからん訳です。

 

 

古民家的なテクスチャーも出せるし、磨けば艶もでる・・・。

 

落ち着いたら、仕入れて実験しますね。

 

 

 


http://www.renovation-labo.com/
 

 

 にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ