本日も・・・aki日和♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ウクライナNATOの武器が闇サイトで販売される

民主主義と独裁国家の戦いという名目で

世界中からウクライナに集められた機雷やライフル銃など

 

 

ダークウェブ(闇サイト)で暗号通貨にて取引されている実態が浮き彫りに!

 

 

 

ウクライナのゼレンスキー大統領は11の野党の活動を禁止し

3つの放送局を閉鎖。

 

 

民主主議国家から独裁国家に変貌

ブリスマ(ウクライナガスカンパニー)の重役であるバイデン息子

汚職を追跡していたウクライナ検察官も解雇。

 

 

米国ネオコンに従う傀儡政権を樹立させるために

ポルシェンコ→ゼレンスキーに鞍替え

 

 

ネオコン国務次官ヌーランドが来日して早速

ロシア”サハリン2”のロシア日本開発の中断を要請

 

 

安倍晋三の右腕はそれを突っぱねた

 

9月予定の内閣組閣 8月10日までにやれ。

緊急事態条項に賛成の議員 ワクチン推進に賛成の議員によって

新たなネオコン岸田政権ができる

 

ウクライナ領内でのロシアの軍事作戦の開始に伴い、

北大西洋条約機構(NATO)は、ウクライナ軍に所有する武器の提供を、

前例のない規模で開始した。

 

彼らはそれによってロシアに対抗することを期待していたが、

NATOの武器がNATO諸国そのものをはじめ、

世界中の闇市に出回る可能性があることを考慮していなかった。

 

通信社スプートニク・アラビアは、ウクライナから

アラブ諸国へのNATOの武器売却に関する情報を求めて独自調査を実施した。

 

 

 

 

 

国会議員剥奪か?ガーシー本が脚色だらけで淳さん怒りのライブ

 

 

こんにちわ。藤村晃子です。

今回は、ガーシーさんの本が脚色だらけで淳さんが怒りのライブという

テーマでお届けしたいと思います。

 

日々、ガーシーさんの状況が目まぐるしく変わる中

記事にする方もとても大変です。 

 

そこにわかりやすい記事が出ていたので少し紹介します。

 

 

 

こちらの記事から抜粋すると

 

参議院議員となった「ガーシー」こと東谷義和氏(50歳)は、8月3日招集の臨時国会に登院しなかった。批判されるのは承知ながら、従前からYouTubeなどで、「逮捕の危険性と襲撃の可能性」を口にしていた。また、所属するNHK党の立花孝志党首もその気持ちを尊重して、臨時国会の欠席届を参議院に提出した。

 

そもそもガーシーさんは人気YOUTUBERヒカルさんから詐欺師と指摘され、生活を滅茶苦茶にされてしまった。

その影響で仲間も離れてしまったということから、過去にアテンドしてきた友好関係にある人たちの

闇の部分を次々と暴露し始めたことから、一気に『暴露系ユーチューバー』として火がつき有名人になってしまった。

 

私も、ヒカルさんの詐欺の訴えからこの件は、追っていました。東谷さんのYouTubeライブ初めたばかりの頃、

芸能人の暴露や、メディア界の暴露が続いた為に、新しい動きだと思い注目していました。

 

しかし、次第に懸賞金が3億円かけられたり、芸能人側からの借金暴露なども相次ぎ火に油を注ぐ形で

大炎上。そこに目をつけたNHK党の立花さんが、参議院選挙に出馬依頼。

 

その目算は見事に当たり、参議院選挙で初出馬、なんと初当選してしまいました。

驚くのは、懸賞金を付けられたり、ガーシーさん自身も警察に狙われているから帰国したくないと

発言していたことから、日本に帰国せず、ガーシーさんの住んでいるドバイから

ネットだけで当選してしまったということ。

 

これは世界的に見ても前代未聞の出来事なのではないでしょうか? 

そもそも、日本に帰国していなくても、在住ではなくても、選挙に出馬可能だったことも

驚きですが、それで当選する人がいるとは、誰も思わなかったからこその出来事だったと思います。

 

そこで今話題になっているのが、ガーシーは日本に帰国して国会議員として職責を果たすかどうか?

NHK党の立花さん曰く、日本に帰国すれば逮捕されてしまう可能性がある。

だからこのまま、海外で政治活動を続けることで、政治家の暴露やメディアの暴露を続けてもらい

国内の状況を政治家として正していく。との趣旨を伝えています。

 

そこで、疑問なのが、ガーシーさんは警察に逮捕されてしまうのか?

これが行われたら、政治家の言論弾圧にもなりかねないと思う事象だが、

この件に関して前出の記者が取材しています。

 

東谷氏が危惧するように、捜査当局が「行き過ぎた暴露系YouTuber」を狙っていたのは確かである。警視庁捜査関係者が率直にいう。

「ガーシーchの開局が今年2月。2カ月で登録会員が100万人を突破するなど人気を集めたが、その内容は芸能人らを誹謗中傷するもので、名誉毀損、威力業務妨害、偽計業務妨害などを疑えるものだった。実際、芸能プロダクションなどから相談もあった。

さらに、韓国の人気アイドルBTSに会わせるという名目で詐欺を働き、被害者がその相談に訪れていた。SNSの行き過ぎを正す格好の事例と思われた」

しかし参院選出馬もさることながら当選は誤算だった。「ガーシー狙い」の思惑は狂った。東谷氏は約29万票を獲得、NHK党は比例代表で得票率2%以上を得て政党要件を満たした。公党の国会議員を“狙って”捜査し、見せしめで逮捕するのは現実的ではない。

 

上記の警察の発言を素直に取れば、国会議員になった以上、

警察も逮捕するというのは、難しいようです。

 

このような事も書かれています。

 

しかし「ガーシー当選」が示すように、SNSはデジタル民主主義を生み、そこでは誰もがマスメディアを頼らずに情報発信、権力サイドの「密かなる工作」は通らない。

政治経済が絡む事件は、捜査当局が外堀を埋め、被疑者が逃れられない状況を作って、家宅捜索などで一気に攻め込み、逮捕などに至る。マスメディアは捜査当局に連動し、摘発の頃には「悪しき犯人像」が確立している。

 

SNS時代は、そんなシナリオ捜査を許さない。東谷氏は、罪を認めただけでなく返済を公言し、その依頼を受けた高橋裕樹弁護士が、ネット上に弁済のためにサイトを開設した。5月30日までに全員に返済し、「東谷氏への処罰を求めない」という一筆をもらったという。しかも、東谷氏が過程を実況中継するだけでなく、高橋弁護士が自らの「リーガルチェックちゃんねる」というYouTubeのなかで明かし、法的側面の解説を行う。

つまり隠密作戦が通用しない。そのうえ「事件は作るもの」という秩序の側に立った本音がSNSで暴かれる。

 

東谷氏はYouTubeなどで「(暴露している芸能人が所属する)芸能プロの差し金で警察は事件にしようとしている」と不満をぶちまけ、高橋弁護士は「示談の事実を伝え、資料を送りたいのに、捜査2課は担当部署すら教えない。こんな対応は初めてだ」と批判した。

示談で罪は減じられるとはいえ、詐欺を働いた事実は残る。「返せばいい」というものではないだけに、警察当局にとって捜査着手は可能である。ただ、東谷氏が国会議員となった以上、ハードルは上がった。

ここまで話が大きくなった以上は、警察も易々と手を出しにくい状況にありそうです。

 

しかし、ガーシーにもう一つのハードルが持ち上がった。

日本にこのまま帰国せず、国会に出ないのであれば、国会議員資格を剥奪しようという動き。

 

 

7月の参院選で初当選したNHK党のガーシー(東谷義和)氏が「不当逮捕の可能性がある」と主張し、滞在先とされるアラブ首長国連邦(UAE)から帰国せず3日召集の臨時国会を欠席した。

国会議員には登院義務があり、識者からは同氏の対応を疑問視する声も上がっている。  東京工業大の西田亮介准教授(社会学)は「合理的な理由なく欠席を続けるなら、それなりの処分が議会で下される可能性がある」と予想する。

 

問題なのは『合理的な理由』という事だけど、これはあまりにも曖昧な基準。

少なくとも有権者が海外からでも暴露を続けて欲しいという民意が重なり当選したのは事実であり、

その有権者の意思表示は、蔑ろにされて良いのか?という問題も少なからずある。

 

また、このような前例は過去に一度だけあるという事らしいですが、安易にこのような前例を受け入れたら

当選しても、『合理的な理由』で弾かれるとなれば選挙の公平性が著しく毀損されてしまう。

 

 

私は、当選した以上は、海外からだとしても政治家を続けていくべきなのではないかと思う。

 

そして、もう一つの問題が持ち上がった。それが、ガーシーさんの出版した新書。

スポニチの記事から。

 

 

幻冬舎編集者の箕輪厚介氏(36)が3日までに自身のツイッターを更新。「ガーシー」として知られる東谷義和氏(50)の自叙伝「死なばもろとも」が、異例の早さで10万部を突破したことを明かした。

 箕輪氏は「本日3万部重版!10万部突破です 死なばもろとも」とツイート。また、それ以前にも「発売前に7万部突破!こんな帯、初めてみました」とつづっていた。

 

ものすごい売れ行きを見せて、先日は、親交の深いロンブー淳さんともコラボでYouTube配信

 

 

因みにガーシーさんは、現在、YouTube垢バン対象になっている。

その理由をN H K党の立花さんが、脅迫めいたセリフが暴力や、恫喝に触れてしまい

バンにされているのではないか?という見方。

 

この圧力は、楽天の三木谷社長の暴露から強まり、なんらかの広告圧力で

やられたのではないか?という噂もある。

 

そのために、本人だけではなく、他人のとのコラボ動画も次々と削除

幻冬社の箕輪さんとの対談も数日で、削除されてしまった。

 

淳さんとの対談動画は今の所、8月4日に配信され、

現在はまだ消されていないようだが、

これもおそらく数日で削除される可能性も高い。 

 

 

 

 

そこでニコニコ仲良く話していましたが、本日、淳さんが少しキレ気味に動画を配信

この動画の配信わずか5時間後に、この仲良しな雰囲気とは打って変わって、

真剣な表情

 

 

 

その理由はガーシーさんが出版した書籍で淳さんの暴露もされているけれど、

事実と違うということ。

 

 

しかもこのように付箋まで入れている。

この付箋は淳さん曰く、間違っている箇所だと指摘。

 

これに対して、幻冬社の箕輪さんがすぐに対応するも、

自ら脚色したことを発言。

 

 

淳さんは、リアルが売りのガーシーなのに、こんな脚色をしていいのかと激怒。

箕輪さんは、ライブ配信の中で平謝り状態だった。

 

けれども、リアルだと信じて購入した読者の気持ちはどうなのだろう?

ガーシーさんはいつもYouTube配信では、ラインのスクショや、写真を証拠として

暴露をしていたけれど、この書籍に至っては、嘘が多いとのこと。

 

これでは、ガーシーさんの根底が崩され、信頼がなくなれば、

ガーシーさんの国会議員としての価値も揺らいでしまうことになりかねない。

 

まだまだ、ガーシーさんに関する話題は、収まる気配がなさそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

【参政党】武田邦彦先生と藤村晃子(日本動物虐待防止協会)メガソーラーで山の熊が絶滅する!

 

メガソーラーは環境省の助成対象事業ですが、

 

実際は環境破壊そのものです!

 

 

 

 

土砂災害で流れてきた太陽光パネルは

中国のウイグル強制労働によって作られた怨念パネル

 

ウイグルのジェノサイドに間接的に加担していることと一緒です

 

さらに山の動物たちが失われてしまいます!

 

 

山の景観もこのように酷い状況です!

 

 

動物たちをこの酷い環境破壊から守るためにも

参政党の街頭演説で訴えています!

 

詳しくは動画をご覧ください

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>