おはようございます、落武者です。

 

落武者がグールド好きであることは、このブログ初期から書いてきました。

音楽遍歴4 大学

グレン・グールド

 

この「若き異端者」と題されたCDは、グールドがまだレコードデビュー前にカナダ放送協会に録音していた音源です。

グールド18歳から22歳までの音源。

 

グールドのゴルドベルク変奏曲は、1956年の旧録版と1981年の新録版(最後のアルバム)が有名ですが、そのほかに今回の1954年版、そして1959年のザルツブルク・リサイタル版の4枚があります。

 

左が新録、右が旧録。

 

こちらがザルツブルク・リサイタル版。

 

 

あらためて今回、この1954年版を聴いたのですが、正直デビューの1956年版よりテンポも響きも落武者のツボにはまりました。(音質は問うてはなりませぬwていうか気になりませんがね。)

 
 

残念ながら1954年版のyoutubeが見つけられなかったので、1956年版と1981年版の聴き比べをUPしておきます。

 

若くして亡くなったグールド。

幼い(若い)頃から老成していたのですよねえ。

 

ちなみにコレクターでもある落武者は、オリジナルジャケット版も持っています。

集めるんじゃなくて聴けよ!

って事なのですがw、グールドはかなりの頻度で聴いておりますです、はい。

 


音楽(全般) ブログランキングへ