仲村大輔ブログ

仲村大輔ブログ

たぶん月刊のブログです。
お手やわらかにお願いします。






久々のブログ更新となりました。汗

最後の投稿が3月の劇団ピストル公演「縁側で呼んでいる。」開幕前。ちーん。


さて、気を取り直し。

来たる10月に1日だけではありますが、それはそれは色んな方々の力が詰まった企画「 ギャザリング 」に参加させていただきます。

お誘いいただいた吉岡大輔氏とは本当に僕が大変な時に共演を重ねていてお世話になってます。

すでに企画内容を確認し、白目向きそうですが極力無茶を聞こうと思っています…。




そんなそんな「ギャザリング」は1日3部あって、それぞれに違った短編のお芝居やコント、官能朗読劇や様々なイベントがぎしぎしに詰まっています。はい大丈夫です。見間違いじゃありません官能朗読もあります。(吉岡氏 作)


すべての部に出演もさせていただき、短編も1本担当させていただきました。(2部「Over」)どの部も内容を拝見しましたが、お楽しみいただけるんじゃないかと思っております。10月20日(日)是非、遊びにいらしてください。お待ちしております。

※通しチケットなるものは完売いたしましたが、各部のご予約は可能です。

ご予約▷

https://www.quartet-online.net/ticket/gathering?m=0ngfdic(仲村扱い)






そして12月には先日情報がアップされました

劇団PIS★TOL第六回本公演


「ババンバ バンバンバン」

作 仲村大輔


地域の憩いの場としても親しまれているこの街の銭湯が一つ。真っ黒で高い煙突がこの街を眺めている。

「私のウチは銭湯を営んでいます。相続できるのは家族のみで今は私達兄妹が繋いでいます。此処は私達家族が生きてきた証なんです。」

-真っ黒煙突、空高く昇る煙の下に生きる灯し火-



【公演日程】

12/18(水)19時

12/19(木)19時

12/20(金)14時 19時

12/21(土)14時 19時

12/22(日)12時 16時

(受付開始は開演45分前、開場は開演30分前)


【上演時間】

1時間40分を予定


【チケット 】

全席自由席

一般4000円

学割3500円(要学生証提示)

特典付きチケット5500円(各回20枚限定)

※当日券は各種チケットよりプラス500円となります。

★特典内容

終演後にステージ上でご希望のキャスト(1名)との写真撮影。カメラ等の撮影機器はお客様ご自身でご用意下さい。


【スタッフ】

舞台監督  清水義幸

舞台美術  江連亜花里

照明  宮崎晶代

音響  秦 修

フライヤーデザイン  夏海

運送  明和運輸



劇場取りに乗り遅れ、年内ここしかないよ、この1週しかということで12月のここになりました。ま、前向きに言いますとそのおかげで大好きな12月師走のお話を書かせてもらえました。


おかげさまで第四回「この街の星屑」、第五回「縁側で呼んでいる。」と全公演チケットソールドアウトを達成出来ました。本当にコツコツ地道な我々ですがいつも応援ありがとうございます。今回も沢山のお客様にお届けできたら幸いです。

まだ先ではございますがこちらも是非よろしくお願いいたします。(すでに土曜、日曜千秋楽が結構埋まってきています。)


見るもよし、見ないもよしな簡単解説と配役も載せておきます。よかったらそのまま読んでいってくださいませ。


それではまた!!









〜作品、配役紹介


キャスト/配役

軽辺るか/宝田南 舞台となる銭湯宝湯の末っ子


堀之内良太/宝田昇太 宝田家の次男 南の兄


小笠原孝佳/宝田光 宝田家の長男


村手龍太/宝田幸雄 兄妹達の父


本倉さつき/宝田君子 兄妹達の母


上田郁代/木村時江 元宝湯店員


澤野泰誠/木村貴之(キム)時江の息子 現宝湯店員


西川智宏/一平さん 宝湯の常連


川又咲/茜ちゃん 一平の娘


五十嵐山人/宗男くん 茜の恋人


水野淳之/茂さん 宝湯常連のサラリーマン


中澤隆範/望月(モッチー) 同じく常連の反社な人


千寿/ジェイムス  アメリカ人 この街と銭湯を愛する外国人労働者


仲村大輔/仲本浩二(こうじ)と息子の修利(しゅうり)  街の工事屋親子


松本淳/清水晴彦 雑誌社の社長


秦瑞穂/清水実(みのり)晴彦の娘で同じ会社の記者



〜舞台は東京下町にある銭湯宝湯(たからゆ)。宝湯は戦前から残る古びた銭湯である。宝田家が長年、工事、修理を重ね現在も長い付き合いの常連客と共にある。


今は宝田家次男の昇太が店主となり、妹の南とバイトの木村貴之とで切り盛りをしている。

母で女将の君子は早くにこの世を去っていて、歳の離れた末っ子の南は母の記憶すらほとんどない。また、先代の父 幸雄もまだ逝くには早い歳でこの世を去っている。


長男の光(当時20歳)は父が亡くなり、宝湯の相続話になった時に弟の昇太(当時16歳)に全てを投げ、一人この家を去っていった。


南の中に完全に埋まることのない家族の空白を気にかけてきた昇太は知らず知らずのうちに兄であるよりも先に親のつもりで南の前を歩んできた。

また、自分の両親である旦那、女将の存在を知る常連客達は南にとってその空白を埋める存在となっている。


そんな宝湯に取材をしにやってくる記者の清水実(みのり)。彼女の中に見え隠れする人物達が宝湯を混乱に追い込んでいく。


宝田家と常連客達とで送る師走の物語。


「ババンババンバンバン♪」

今日も宝湯は、いい湯かな。


年の瀬、劇場でお待ちしておりまーす!

皆さま、こんにちは。


本日、大安吉日。舞台「縁側で呼んでいる。」

チケット予約が開始されました。


劇団PIS★TOLの2019年始動となる作品。

座長として、脚本、演出を担当する自覚と覚悟をもって、あるゆるエネルギーを注入しました。


書き終えた時の感覚が未だに胸を震わせます。

(すみません、自分で言って)


これから更にキャストさんの力を借り、スタッフさんの力を借りて、この感覚を確信に変え、ご来場くださるお客様へしっかりおもてなしが出来ますよう座組一丸となってやっていきたいと思います。


僕の演劇人生、最高到達点の作品になると思います。是非、観に来てください。




          劇団PIS★TOL 二代目座長 仲村大輔







〜劇団PIS★TOL第五回本公演〜

「縁側で呼んでいる。」


作・演出 

仲村大輔


地元離れや空き家問題が囁かれる昨今

此処に築六十年程の平屋が一つ

玄関の上を見上げると、空っぽの燕の巣

僕達の本家として脈々と受け継がれて来たこの家も皆んなが巣立っていった

-もう帰ってこないのかい-

この家の縁側は今日もじっと存在する。


公演期間 

2019年3月27日(水)から3月31日(日)


劇場 

高円寺アトリエファンファーレ

東京都杉並区高円寺南4-44-6ユンズビルB1階(JR高円寺南口改札より徒歩1分程)


公演日程

3/27(水)19時(A)

3/28(木)14時(A)、19時(B)

3/29(金)14時(B)、19時(A)

3/30(土)14時(A)、19時(B)

3/31(日)12時(B)、16時(A)


公演時間 

1時間40分を予定


キャスト

上田郁代

本倉さつき

川又咲

(以上、劇団PIS★TOL)


酒井俊介

秦瑞穂 (A)

水谷千尋(B)

堀之内良太


西川智宏

小笠原孝佳

知江崎ハルカ


千寿

妻木尚美

神谷康太

五十嵐山人


チケット

一般4000円

学割3500円

★特典付き5000円(限定数)


全席自由席、各当日券+300円


ご予約

https://www.quartet-online.net/ticket/en(備考欄に応援しているキャスト名をご記入ください)


★特典内容 

舞台セットの中でお好きなキャスト1名と写真撮影。こちらも、ご予約の際は備考欄にご希望のキャスト名をご記入ください。

(お客様のカメラ、または携帯カメラでの撮影となります)

一部ダブルキャストのためご予約の際はお気をつけ下さい。


スタッフ 

舞台美術 江連亜花里

照明 吉川雄介

音響 秦修

主題歌 清水宏晃

フライヤーデザイン 夏海

運送 明和運輸


協力

株式会社エヴォルト、株式会社スカイコーポレーション、株式会社宝映テレビプロダクション、株式会社アリエス、TELL SQUALL、劇団水中ランナー、ラビット番長、演劇制作体V-NET、翠座、Teamかわのじ、officeAvrogy、オフィスミラクルボックス、明治座アートクリエイト、日野篤史、星野秀明、小川信太郎(敬称略、順不同)


【Twitter】

劇団PIS★TOL/@noact_nolife

最新情報をお届けします!

【HP】

http://pistol.sakuraweb.com/

【お問い合わせ】

pistol.info2015@gmail.com

ご返答にはお時間をいただく場合がございます。

こんばんは。
ひょっこりと、自分的ブログ更新のタイミングが来ましたー。

2018年も早いもので9月ですね。
今年は新年から本日までそれなりに走ってきました。

やりたい事をやりたい人と
それが出来てるような2018
まだまだやらないとですが。








僕の次男坊作品「この街の星屑」も、もちろんそのうちの一つになりました。




そうそう最近、この舞台映像がBlu-rayに焼きあがりまして観ていたんです。これもまだ今年の作品かぁ…なんて思いながら。
まぁ、個人的にあれこれ感じる部分はありつつも笑
楽しく見ました。上映会やろうかななんて思ったくらいでしたっ。


そして、ついこの間終わった10年ぶりの
BURRRN!!!です。
御来場くださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
そして刀屋壱さん、10周年改めておめでとうございます。

10年前この作品を期に走り出した刀屋壱さんが10周年で初の公演を企画しこの作品ですからね。
言葉がむずかしいですが、なんか、流れっていうですかね。好きですこういうの。

僕自身も感慨深い時間をいただきました。
10年前の自分と現在の自分が、違う役だけどこの作品の中に存在するんですから。

当時、稽古行きたくないよー、俺のシーンまで来るなーとか思ってやっていました、前座長がこわかったので。
一瞬でいいから輝け!俺!頼む!って勇気を振り絞って稽古していた記憶があります。ノミの心臓でした。

まぁ僕如きが10年、10年言いますけど、その時間を振り返れるって、やって来て良かったなぁて感覚もありました。

久々にご一緒するお世話になった役者さんもいっぱいいましたし、新しい素敵な出会いもあって嬉しかったです。
僕のいた現在チームも大林素子さんをはじめ皆さん愛すべき方々でした。


ありがとうございました。
大所帯でした。賑やかで楽しかったけど、兎にも角にも演出の郁さん、本当にお疲れ様でした!
打ち上げでは刀屋壱代表の大さんと一緒に大入りを配らせていただきましたん(´▽`)


あとは、次ブログ書く時にあげようと思っていたんですがイタズラが上手な方がいましてね。

礼儀正しい好青年かと思ってましたが、本番中は10秒置きにいじってくるような感覚を覚えました。とにかく執拗に責めてくる田畑潤弥君(写真左)


責めてきてますね、こんなことあります?笑
気づいていない自分もあれですが…他にもいっぱいされました私。
しかし今となっては少し彼を欲してしまう自分がいる?不思議な彼でした。

次に早乙女じょうじ君、これは本番前ラストシーンの返し稽古の事でした。
お市が居なかったけど、まぁいいよ、やっておこうとなりました。

本来、ステージ右奥にお市が出てくるはずなんですけどね…





でも、いま居ましたよね、右奥…




よく見ます





着物着て楽しそうにセリフ喋ってます。笑
お市(上田理絵)じゃなく、おじょーでした。
隙あらば入って来るじょうじ君。

脱帽しました。

それではまた!
そしてグッバイBURRRN!

次の作品がほぼほぼ出来上がりました。
これからまた少し時間をかけて心込めて皆さんの前にお届けいたします。




 劇団PIS★TOL  仲村大輔








【日本各地で台風や地震による大きな被害が続いていますが…とにかくこれ以上続きませんように。皆さんが少しでも回復できる平和の時間がより長く続きますように】



色々と動き出しました。
こんにちは、なかむらーです。

ブログを遡れば、恥ずかしながらここからのご挨拶になります…泣

遅ればせながら、劇団PIS★TOLの「この街の星屑」っっっ!!苦笑

ご来場いただいた皆さま、また応援してくださった皆さま、スタッフ、キャストの皆さま、改めて誠にありがとうございました。
目標にしていた全公演満員を達成し、感極まりました。しかしまた気持ち新たに進んでいきたいと思います。次回作に向け、非常に身の引き締まる思いでいます。


今後ともどうかよろしくお願い致します。

「この街の星屑」https://youtu.be/dK_vXa1mfrM

そう、川又咲の加入がありました。
また素敵なレイディーを抱えることとなりました。咲はこれから忙しくなります。そんなプログラムが立っています。
咲のこと、皆さま応援よろしくお願い致します。


そうそう、みんなで劇団写真を撮りなおしたりもしました。





これは、いつもお世話になっておりますカメラマンの横田さんにおまけで撮っていただいた写真。郁代さんは参加出来なかったので3人でね。
今度は4人の写真撮ってもらいましょう!

さてさて、肝心のお知らせをさせていただきますと…私の次のステージは…

堀之内良太氏率いる水中ランナーさん。
昨年の「ありふれた話」に続き出演させていただきます。
水中ランナーさんの公演は約1年ぶり!?
待ちに待たれてる方も沢山いらっしゃるかと思います。先日、堀之内氏にお会いした時には、苦しい顔で「いま6ページで、やっと大輔が出てきたとこ」と言っていましたが、もうほぼほぼ書き終えてるようで、相変わらず書きはじめてからが早いっっ。
顔合わせがまもなく。
楽しみに拝読してきたいと思います。
そして、御来場心よりお待ち申し上げております。



劇団 水中ランナー第九回公演
「破顔と鼓動」
作・演出 堀之内良太





破顔・・・いつもの顔の造作を崩すこと。顔をほころばせて笑うこと。
鼓動・・・心臓の律動的な動き。また、その響き。内面にひそむものが活力を得て動き出すこと。
破顔と鼓動・・・一つの事故をきっかけに人間関係や正義の価値が変わる。それによって見えてくる綻び。それまでの過程と結末に向かう過程。それにまつわる人々の物語。

・日程
2018年7月18日(水)〜22日(日)
18日(水)19:00〜
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜/19:00〜
21日(土)14:00〜/19:00〜
22日(日)12:00〜/16:00〜

受付開始は開演の40分前
開場は開演の30分前

・劇場
サンモールスタジオ

新宿区新宿1-19-10 第3M-B1
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」大木戸門出口(2番出口)徒歩5分

・出演
渡邊聡(ゴツプロ!)
汐谷恭一(獏天)
仲村大輔(劇団PIS★TOL)
上田うた
櫻木綾
天野なつ子
及川空美
永吉悠人
小口美雪
長沼しずく

(以下 劇団水中ランナー)
花田裕二郎
江島雄基
川村美喜
堀之内良太

楽曲提供
白濱賢吾

チケット代
前売り 3,800円(平日・18日、19日、20日)
4,000円(土日・21日、22日)
学生割引 3,000円(要学生証)
当日 各料金 +200円

チケット発売
2018年6月6日12時から


水中ランナーさん。とっても素敵な団体です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


続きまして、だだだん、いや、ばばばーん!

刀屋壱結成10周年記念企画 情報第1弾!

刀屋壱×劇団PIS★TOL
『BURRRN!!!〜無稽・本能寺〜』
8/15(水)〜18(土)
月島社会教育会館 4Fホール


脚本 
沢崎麻也
演出 
上田郁代(劇団PIS★TOL)

出演
水野大
春奈
伊藤真
北川大佑
朝比奈叶羽
吉野哲平
横見恵
(以上 刀屋壱)

仲村大輔
本倉さつき
川又咲
(以上 劇団PIS★TOL)

上田理絵
塩崎こうせい

植野堀誠
高畑岬
佐藤信也
大曽根敬大
鈴木聖奈
柳瀬晴日
中島佳継
村田佑輔
千葉ミハル
五十嵐山人
杉山亜利紗


8月には、劇団PIS★TOL前身のブギ★ウギで産まれた本能寺の変を舞台にした「BURRRN!!!」が10年ぶり?に帰ってきます!
刀屋壱さんと、コラボという形で公演をさせていただきます。
刀屋壱さんは、お世話になっている水野 大さん、ル☆パン君こと伊藤真さん達が所属する殺陣、演劇団体。
熱々の想いが詰まった公演になります。
刀屋壱さんは今年10周年だ。
おめでとうございます。
記念すべき公演ですね。
やっと一緒に作品作れる喜び。ご一緒したい方々沢山。

今回はコラボでも、あくまで主役は刀屋壱さん!!!

私は愛をこめて、左手をそっと添える気持ち(スラムダンクっっ)で臨みたいと思います。
すべってるかなぁ。まぁいいや、こんな具合ですが…

7月、8月と大切にしたい2つの団体の公演。
どうか応援よろしくお願い致します✨



劇団PIS★TOL 仲村大輔

春ですね。

桜が咲く頃に、劇団PISTOL第四回本公演「この街の星屑」を上演いたします。

{7252B4B8-7CC8-4A64-ABF7-B70F164278BA}

{51091C08-7B2C-44D4-9AB4-9F179B0C1428}


「以心伝心311」から約一年。わたくしの2作目となります。


今回の作品は「時代の流れ」をテーマにした人間ドラマです。


いま上京して約15年、地元で過ごした年月くらいになるわけですが、30を過ぎてから年に数回地元に帰ると時代の流れを憂いてばかりです。

僕の小さい頃は野球したり、クワガタ取りいったり、釣りに行ったり、海を目指してチャリ漕いだり、山に潜って秘密基地作ったり、駄菓子屋で遊んだり、また近所の家族(部落)と集まってプールいったり、帰ってきたらいつもの食堂でみんなで飯食って。大人たちはすぐ宴会、子供たちは店の中走り回って遊んで。なんてなんて楽しかったなぁ〜と。こんな事書いてオヤジだなとも思ったり。


でも今はこんな遊びや付き合いが、僕の田舎でも無くなってきています。子供たちが外で走り回ってる姿も中々見なくなりました。駄菓子屋のおばさんはもういないそうです。いつもの食堂はまだやっています。パパとママは歳はとったけど、輝いていました。だけど、人のコミニティーが減ったからお店は大変そうです。


なんか幼少期の記憶がやけに愛おしい今日このごろ。


そんなこんな思い返していたら、いつのまにか作品になっていきました。

今はその稽古中。

素敵な役者さんたち、温かい人たちに囲まれてなんだか稽古場はあの時のようです。



~「この街の星屑」作品紹介~

物語は、とある商店街の中華哲平からはじまります。

かつては賑わった商店街、そして中華哲平であったが店主の哲平(西川智宏)の死、また時代の流れに押され閉店を余儀なくされる。

哲平の息子、和男(小笠原大史)は父の死後、中華哲平を継ぐも奮わず、妻(知江崎ハルカ)やこれから産まれてくる子供のためにも店を閉め、少しでも安定する仕事に就こうと決心する。


一方、和男の同級生でこの商店街でコンビニを営む一郎(堀之内良太)。

彼は、幼い頃に両親と離ればなれになり商店街の近くの施設で過ごして来た。

寂しい思いをしてきたが、彼の心に明かりを灯したのは和男や、同じく同級生のイッキ(酒井俊介)だった。


彼らは、孤児の一郎を自分たちの遊び場である商店街へ連れ共に遊ばせた。

そんな幼少期を過ごしてきた一郎にとって、哲平、和男、この街の商店街には特別な想いがある。


中華哲平の閉店を目前に、一郎たちの想いが商店街の人々の気持ちを繋いでいく。


流れゆく時代の中で繰り返す様々な形の出会いと別れ。その中で消えることなく人から人へと灯る明かりはいつかあなたと見た夜空の星屑のよう。


-拝啓、未来の僕へ

今日も商店街はみんなで輝いていますか

生まれてきて良かったと思いますか-



☆☆商店街を彩る人たち☆☆

【出演者/役名】


伊藤真 貴史役 ヘアサロン勤務 和男たちの先輩 


知江崎ハルカ 夏美役 和男の妻 


仲村大輔  ふみや役 細川文房具勤務 和男たちの後輩


軽辺るか カンナ役 ふみやの妻 


本倉さつき 麗子役 謎多き商店街の女


松本淳、加藤晃良 Wキャスト】たま造役 商店街会長


川又咲 若菜役 たま造の孫、高校生


小笠原康太 飛田(とびた)役 一郎のコンビニでバイトをしている若者


五十嵐山人 穴子役 飛田の友達 


中澤隆範、大野清志【Wキャスト】 真也役 中華哲平を買い取る金融屋


石川遼、たはらひろや【Wキャスト】 しゅう役 気性の荒い真也の弟分


酒井洋之輔 一郎幼少期役 孤児


西川智宏 哲平役 元中華哲平店主であり、和男の父


酒井俊介 イッキ役 居酒屋イッキ店主 和男の同級生


小笠原大史 和男役 中華哲平店主


堀之内良太 一郎役 コンビニ店主


☆以上のメンバーでお届けします☆


普段伝えられないこと、心から直送の言葉を台本に沢山詰め込みました。

今まで生きてきて感じたこと、今はいないあの人たちにも伝えたい感謝から懺悔まで。今だからこそ伝えたいことをぎゅぎゅぎっと。

物語の小さな商店街の中で生きゆく人々に託します。


これが僕の目指す日本人としての演劇です。


劇団PISTOL第四回本公演「この街の星屑」201844日(水)から48日(日)まで

ぜひ、皆さまお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

中野劇場MOMOでお待ちしております。



劇団PISTOL 2代目 仲村大輔



【ご予約はこちらから💁‍♂️

https://www.quartet-online.net/ticket/star44?m=0djhabi


*各種割引あり。是非ご利用ください。

・平日割・初日割・フライデーナイト割・学割・リピート割