オーストラリアで早くも挫折 | 英語できない資格もないパパ & 村上家の4姉妹 オランダ移住物語

テーマ:

具体的に海外移住を進めるに当たってまずは当然住みたい国決めです。

 

妻が留学経験もあり、友人もいて気候も暖かそうで、イメージも良く英語圏ということで、文句なしにオーストラリアに即決定!

 

ということで、まずはオーストラリアに移住する方法を調べました。ところがどっこい!観光で遊びに行くならいくらでもウエルカムなのですが、移住へのハードルの何と高いこと!

 

まず海外移住と言えばビザ取得。そもそもビザビザ言うてますけど、それって何ですのん?状態なので、この機会にきっちり調べると、僕の場合、パスポートが日本政府が発行する「日本国民である」ということを証明する身分証明書なのに対して、ビザとは渡航先の国が発行する「入国してもいいですよ」という入国許可証だそうです。

 

ビザを日本語で言うと「査証(さしょう)」余計分かり辛いですね。まあパスポート(査証=身分証明書)にスタンプやステッカー等でビザ(入国許可証)を表すということですって。

 

ちなみにVISAカードとここで言うビザは全くの別物だそうです。ずっと関係があると思っていました。同じ様な系統のカテゴリーのくせに同姓同名紛らわしいですよね。

で、観光・留学・就労等、目的別でビザの種類も変わって来るという訳ですね。

 

話が逸れましたが、ネットで検索した海外移住支援の会社に問い合わせてみたところ、そのオーストラリアのビザ取得が実に厳しく、語学留学ならまだしも、就労ビザの取得は僕にとってはほぼ不可能なことが判明してしまいました。

 

基本的にオーストラリアに進出している日本の企業、もしくは現地での就職先が責任を持ってスポンサーとしてビザを発行するというシステムの為、方法としてはオーストラリアに進出中の日系企業に就職していること、もしくは現地の企業に雇われること。これがクリアにならないとビザは取得できない、即ちオーストラリアには住めないということです。

 

そもそも英語も出来ないのにまず日系企業が雇ってくれるわけがない。いや、英語が出来なくてもずばぬけたPCのプログラミングスキルがあれば可能性があるかも・・・ってそんなスキルもない。じゃあ現地に就職・・・って、だから英語がしゃべれないのにどうやって現地の人とコミュニケーションとるの?

 

妻のホームステイ先の家族の会社とか親父さんの自営業に無理矢理就職させてもらって、とりあえず住んじゃってから英語を後から身につけて・・・ しかし就労ビザ保持者には最低賃金年間約520万円の支払い義務がある(2016年10月現在)思い付き日本人にそれだけのお金を払ってくれるわけがないし、そんなの頼めるわけがない!

 

では妻の英語力で就職して僕は主夫という形で入り込むのは?・・・ 幼子4人の母親ががっつり仕事して、英語がダメな夫が主夫。ちょっと現実離れし過ぎてるし、妻が就職するのも相当厳しいと思われる。そもそも日本にいながら現地の就職活動なんて相当厳しいとのこと。

 

夫婦で留学ビザで子供達を現地の学校に通わせる・・・いやどうやって生活費を稼ぐねん!小学生の娘が学生ビザを取って、親は保護者ビザで・・・保護者ビザは1名のみで尚且つ就労不可と判明。

 

そもそも通わせたい日本語と英語のバイリンガルスクールの学費が年間約100万円!

4人も通わせられるかーい!

 

投資家としてのビザもあるようですが、条件となる所持資産の額がケタ違い(2億とか)。そもそも年齢や英語力、技術者であることなどポイント制で条件を満たす必要があり、何もない僕にはあまりにも厳しい状況でした。

 

逆に美容師さん、看護師さん、調理師さん、会計士さん、保育士さん、車や家電の技士、など手に職を持った方ならポイントが高く、就労ビザ取得の可能性がぐっと上がります。ある程度の英語力も必須なので、語学留学と並行するなどの条件が付くようですが。

 

というわけで、無駄にはなるまいと、一番自分の中で可能性があるかもしれない保育士さんの資格を取っておこうといろいろ資料を揃え出したのですが、大学中退でも受験資格である一定の単位が足りず、高卒も平成3年以前の卒業者でないと、受験資格がないことが判明。僕は平成5年卒業なので、それも叶わず。保育士専門学校に行くしか方法がない状況だと分かり、こちらも早々に壁にぶち当たってしまいました。

 

海外移住なんてやっぱり夢のまた夢なのかと落胆してしまいました。

 

 

 

 

 

Tomo Murakamiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ