ついに今日からですね!

多忙にかまけて遅れてしまいましたが、お伝えしたいことは、毎年ほぼ同じです。

 

あの予備短答・論文に合格してきているあなたが分からないことは、他の受験生も皆分かりません…そこは、

・現場で法文を参照したり

・趣旨・本質等から考えたり

・誘導に乗ったり

・独り言っぽくつぶやいて誘導を引き出したり

・主査・副査の顔色を伺ったり

して“ごまかす”部分(もちろん、正答できなくても合格できます)。

見られているのは、何が問われても、法律を使ってコミュニケーションができるかどうかですから。

なかなかそこまでの余裕はないと思うけど、主査・副査との会話+非言語的コミュニケーションのキャッチボールを楽しめるといいですね!(°∀°)b

 

あと、私の旧司口述回想も参考になれば…刑法は失敗、刑訴法は普通、民事は午前一番くじ+主査の先生が勝手に色々しゃべってくれたので成功という印象でした。