○【第2期】『4S基礎講座』

1.コンセプト紹介ページ

2.詳細ページ

 内容的には、【第1期】=2020年合格目標の『4S基礎講座』と、ほぼ変わりません。 

 違いとしては、

 ・司法試験系の出題範囲に影響する新たな法改正

や、

 ・司法試験系で4S的に無視できない傾向変化

があったときに随時、必要な限度で、情報をお伝えし、対策を提示するくらいです。

  【第2~3期】は、予備試験・司法試験『4S論文過去問分析講義』(仮)の収録を進めるのが第一だと考えています(これらも、目途がつき次第、告知します)。

 

 百聞は一見に如かず!詳細ページの「ご購入プラン」のうち、「【誰でも4Sを受講できる!】中村充「4S基礎講座」条解・論パタ無料公開プラン 無料」を選択して、その直下の「今すぐ申し込む」をタップ・クリックしていただければ、『4S基礎講座』のうち、以下の無料公開講義(受講者数2000人を超えました~ありがとうございます! NEW‼)が受講できます!

 

(1) 4S論文解法パターン講義(アウトプット講義)

 “4S”を使えば法的知識ゼロでもいきなり論文式問題が解ける→最初から本試験で求められるのと同じ“実力”が身につきます。

 ぜひ、以下の無料公開講義で体感してみてください!

 『4S基礎講座』のメイン講義です!!

○憲法

・最初の問題(第1~6回:一橋大ロー2008年度:第1問)

→人権分野で最重要の解法パターン=“原則パターン”の全体像を伝授するため、同パターンを使って基礎的な論文式問題を解くプロセスを実演する内容です。

・慶大ロー2012年度憲法の統治部分(第56回)

→統治分野で頻出の、「司法権」に関する基礎的な論文式問題を解くプロセスを実演する内容です。

○民法

・最初の問題(第1~5回:裁判例ベースのオリジナル問題)

→民法の論文式問題の解法パターン=“請求権パターン”の全体像を伝授するため、同パターンを使って基礎的な論文式問題を解くプロセスを実演する内容です。

・東北大ロー2012年度民法第1問(第46~48回)

→4S論文解法パターン講義(民法)のうち“債権的請求型”の最初の問題です。請求権パターンを使って、“債権的請求型”の論文式問題を解くプロセスの全体像を把握してください。

 

 

その上で、

(2) 4S条解講義(インプット講義)

 新旧司法試験、予備試験、中~上位ロー入試の論文・短答・口述全過去問を徹底分析して洗い出した、司法試験系合格に必要充分な知識を、“4S”に基づき条文単位で網羅的に整理・解説します。

 上記(1) 4S論文解法パターン講義(アウトプット講義)の受講後に、「あ~これはあの問題を解くときに使った…」といった感覚をもって受講することで、受け身ではなく、皆さん自身が情報を積極的に“取りに行く”姿勢となり、インプットも大幅に効率アップ!

 全回無料公開が進行中です!

 現在、上3法()、“商法”科目(もちろん会社法等も含む)と全回と、

民訴法の全回  NEW!

を無料公開しています。

 以下の記事をご覧いただいた上で受講すると、その効果を最大化しやすくなります!

4S条解講義のコンセプト

4S条解講義の利用方法

短答過去問の潰し方

 

割と最近、「4S受講生は予備試験の一般教養対策をどのようにすればいいのか?」とBEXAに問われてまとまった文章を書いたところ、公開して主に4S受講生の皆さんに共有していただく価値があるような気がしたので、記事にしました。

第1 短答対策
 まず、法務省HPから直近1年度分の問題文(一部、著作権関係で省略されている部分もありますが)をプリントアウトして、本試験と同じ制限時間(1時間30分)内に、全問解い(てみようとし)た上で正答可能性の高そうな方から20問選択してください。
 それを法務省HP掲載の“正解及び配点”に基づいて採点し…
 
1.
 その年度の平均点(→法務省HP「○○年短答式試験結果」pdfにあります)マイナス5点よりも点数が高ければ、『平成30年短答本試験実況分析講義』の一般教養科目部分(著作権者の使用許諾がいただけない英語等の問題を除き、H30の全問の解答プロセスを実況中継しつつ、解法テクニック等を余すところなく伝授しています)を、短答直前期にでも1回受講すれば充分です。1回受講しただけで5点どころか10点以上伸びたという受講生がかなりいらっしゃるからです。
 なぜこういうことが起こるのか?
 …出題者は、一般教養科目の短答式試験を利用して、実は知識よりも法的な能力・テクニックを問うています(cf.記事『事実認定力で解く一般教養(短答)』)。そのため、法律科目で鍛えた法的な能力・テクニックが一般教養科目でどのように問われているのか、そのつながりを把握さえすれば、一般教養科目の点数が一気に伸びるのです。
 
2.
 その年度の平均点マイナス5点よりも点数が低ければ、上記1の対策に加え、法律科目の短答対策と同様、一般教養科目の短答過去問を年度別にくり返し解いて、各年度で選択した20問についてはできる限り「完璧」に近づけたいところです。
 
第2 論文対策
 せいぜい3年度分くらいの過去問(法務省HPで題材文が省略されていないのはH28・26のみ、他の年度の題材文は、受験新報編集部『予備試験 論文式問題と解説』の単年度版には掲載されていたりします)を、本試験と同じ制限時間(1時間)内に答案まで書いてみた上で、これらの年度の答案例や再現答案(ギリギリ合格つまりB~C評価のもの中心)と照らし合わせるくらいで、合格者平均を優に超える対策をしたことになります。
 これ以上の一般教養(論文)対策をするよりは、法律科目の論文対策をした方が、コスパが良いです。
 
 
一般教養対策も、「敵を知り、己を知れば」、他の受験生を上回る対策が効率的にでき、「百戦危うからず」です!

○『4S基礎講座』

新年度プランがリリースされました!こちら

1.コンセプト紹介ページ

2.詳細ページ

(0)4Sテキストのサンプルを公開しました!

(1)論文系講義のサンプル動画「4Sを使えば、法律知識ゼロでも予備論文過去問が解ける!」の一部を公開中!

※これは、民法(債権法)大改正前の現行法で実施される今年=2019年の予備試験・司法試験を受験する方もご覧になると思ったので、混乱等を防ぐため、2020年の予備試験・司法試験から出題範囲に入る民法(債権法)大改正前の現行民法に基づく内容にしています。

 他方、2020年合格目標のBEXA『4S基礎講座』は、民法(債権法)大改正など、2020年の予備試験・司法試験の出題範囲に入る法改正に完全対応しています!下記(2)無料公開講義の民法をご覧ください!

(2)無料公開講義 受講者数1875人を超えました!! NEW‼

※講義中に板書も兼ねて、画面上でテキストの加工をしていますが、そのテキスト・レジュメのデータは、無料公開していません。

① 4S論文解法パターン講義(アウトプット講義)

 “4S”を使えば法的知識ゼロでもいきなり論文式問題が解ける→最初から本試験で求められるのと同じ“実力”が身につきます。

○憲法

・最初の問題(第1~6回:一橋大ロー2008年度:第1問)

・慶大ロー2012年度憲法の統治部分(第56回)

○民法

・最初の問題(第1~5回:裁判例ベースのオリジナル問題)

・東北大ロー2012年度民法第1問(第46~48回)

の無料公開講義で、ぜひ体感してみてください! 

その上で、

② 4S条解講義(インプット講義)

 新旧司法試験、予備試験、中~上位ロー入試の論文・短答・口述全過去問を徹底分析して洗い出した、司法試験系合格に必要充分な知識を、“4S”に基づき条文単位で網羅的に整理します。

 上記①受講後に、「あ~これはあの問題を解くときに使った…」といった感覚をもって受講することで、受け身ではなく、皆さん自身が情報を“取りに行く”姿勢となり、インプットも大幅に効率化!

 全回無料公開が進行中!

現在、

・上3法()と“商法”科目(もちろん会社法等も含む)の全を公開しています。NEW