★★お薬づけ★★

薬剤師のイメージぶち壊してますブログ!
こんな薬剤師見たことないと言われたいの~★
色々なお薬のことやみんなの役に立てればいいな~。
PCで見るとデザインが変わるから、PCで開いてみてね★


テーマ:
皆様、いつもご訪問ありがとうございます。
このたびひそかにブログを引っ越ししました。
ぜひこちらで続きをご覧ください。

お薬漬けのdiary

↑引き続きよろしくお願いいたします( *´艸`)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どんも、お久しぶりです。
最近更新が届こうっていました。

さて、
早速ですが簡単にタイトルの内容について書こうと思います。


Google Drive みなさんは使っていますか?
いつでもどこでも情報を共有し引き出すことができるサービス。。。昨今ではクラウドという言葉もだいぶ浸透してきたので、みなさんもなにかしらでクラウドサービスを使われているのではないかと思います。
有名なところでいうと、DropBoxとか。

さて、
そんなクラウドサービスであるGoogle Driveは15Gまで無料で使えるサービスです。
(2015/1現在。)ドキュメントやエクセル写真程度でしたらFullになることはあまりないと思うのですが、動画などをUPすると結構消耗します。
実は、最近15Gに達してしまいまして不必要なデータの削除やHDDへの保存などで整理を始めました。

しかし、
G数がまったく空かない・・・・。

いろいろ調べて原因がわかりました。
Drive内にある"ごみ箱"を見てください。
ここに実は削除したと思っていたデータが残っているのです。

そりゃ減りませんよね。
実質、ファイルを別フォルダに移動していただけですから。

ごみ箱のデータをすべて削除したら、すっきり半分の使用に落ち着きました。
意外と盲点かもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どもども
地味にパルクール/フリーラン練習していますが、
まだまだ体力づくり程度になってしまってます。

もっと激しくかけめぐりたいですww


さて、実は日曜日にフリップ系を練習していたところ、
足を捻挫してしまいました。

失敗の原因は、
完全着地を無視した練習をしたこと、
砂浜とはいえ着地点に傾斜があったこと、
さらに砂浜をなめて無駄に捻りのフリップやったこと。


挙げれば、キリがありませんが、
反省すべきとこは多いです。。。


ということで、
捻挫をしないように気を付けるのは当たり前ですが、
それでも捻挫をしてしまうことはあるでしょうから、
「捻挫の処置 」についてまとめてみました。

▼怪我をした時の処置の基本はRICE!!

RICE処置は捻挫・打撲・肉離れなどのケガに対して行なう応急処置の基本で、ケガしてすぐこの処置を行うと行わないとでは治りの早さが全然違うというのは、参考にしたところすべてにありました。

RICE処置
 
●Rest (安静)
動かすとケガをひどくするので、とにかく安静にする。
骨折や重度の捻挫の場合には、患部を木などで応急処置。
ケガした直後は見た目に平気でも、遅れてハレがでるので決して歩かないこと。

●Icing (冷却)
冷却して炎症の広がりを抑える。
ケガをした直後のまだ患部がハレてこないうちに、冷やしはじめればかなり効果的。
遅くとも30分以内から開始すること。

●Compression(圧迫)
これはあまり知らなかったのだけれども、
アイシング同様にハレや内出血を最小限にするのが目的。
盛り上がった靭帯の端と端を近付けて、靭帯が治癒するのも促す。 効果もあるようだ。
アイシングと同時に行い、氷を患部に当てながら伸縮包帯を巻く。
圧迫するだけにして、決して患部をもんだりしないことが大事!!

●Elevation(挙げる)
患部を心臓より高い位置に保つことで、血液やリンパ液の流入を抑えて、ハレを抑えることができるようです。
足首や膝なら足を高くして横になる、腕なら三角巾でつるすなどです。


※反対に、血管を広げて血行を良くする作用があるので、
ケガをした日から3日くらいは風呂と酒はやめたほうがいいです。



▼アイシングについて 

アイシングは72時間以上続けるのがベスト。
治りが非常に早まるらしい!!
湿布には冷却効果はほとんどない(冷たく感じるくらい)冷却をしたほうがだんぜん治りが良い。

※アイシング中に長時間寝てしまうと凍傷する危険があるからアイシング中は絶対寝ないように!! 
<方法>
・アイスバケツ法 ってのがあってこれはバケツに水を入れて、そこに氷を入れてその中に足首とか手首とかを漬けこんでしまう方法。

・アイスバッグ法 ってのはビニール袋かなんかで、氷水の袋を作って、それを患部に乗せて冷やす方法。

氷をビニール袋に1/2~2/3くらいいれて、袋の中で氷が遊ばないように空気を抜く。→広い範囲で当てられるように氷を広げる。→アンダーラップの上から氷を当ててその上から伸縮包帯で巻圧迫する。

<周期>

アイシングを行うと感覚的にだんだん⇒ ジーンと痛い ⇒ 暖かい ⇒ ピリピリする ⇒ 感覚がなくなる という過程をたどるはず。
この 感覚がなくなった 時点で氷を患部からはずして、いったんアイシングを終了。
時間的には20分以内。
その後、約40分位で感覚が回復して痛みが戻ってくるから、これを60分周期で繰り返して72時間程度続けて行う。この時も凍傷を生じないように注意が必要。





▼捻挫を起こさないような体つくり

◆下腿の筋肉(腓骨筋を重点的に)を鍛える。
◆自分の足に合う靴・ブーツに改良する。
◆ウォ-ムアップを入念にする。
◆テ-ピングをして練習をする。


以上です。

ということで、捻挫や打撲には冷やすのがいいってのは大体皆も漠然と知っているんだけど、
こんだけしっかりと丁寧に冷やすという事が大切ってのは調べて分かりました!
ケガを早く治したかったら アイシングをしっかりとする。
ハレが引いて痛みもおさまったら次に温めていく。

怪我をしてもしっかりリカバーヾ(@⌒ー⌒@)ノ




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。