【パニー女の会】パニック障害でも自分らしく生きるコミュニティ | ココロの荷物を軽くする思考と空間の整理術 ライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー国分典子

ココロの荷物を軽くする思考と空間の整理術 ライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー国分典子

京都四条烏丸 片づけ整理 ライフオーガナイザー・メンタルオーガナイザー国分典子のブログです

持ち過ぎない暮らしを応援するライフオーガナイザー🄬
がんばり過ぎない暮らしを応援するメンタルオーガナイザー🄬
国分典子です。

 

 

 

 

ひとりでパニック障害を抱えてしんどい思いをしているあなたへ。

 

もう1人で悩むのをやめにしませんか?

 

本当にやりたいことに時間とエネルギーを使って、明るく楽しく面白く生きていきませんか?

 

 

 

 

 

【パニー女の会(ぱにーじょのかい)とは】

ひとりでパニック障害を抱えて不安な女性が、予期不安や発作と”共存”し、明るく楽しく面白く生きるための、当事者同士の分かち合い会員制コミュニティです。

オンラインの英会話レッスンに参加するように、パニック障害について自由に話せる安心安全な場です。

*運営者は医療関係者ではありません

 

 

 

【目指していること】

パニー女仲間ができ、パニック障害と「共存」する生き方の術が分かるようになります。予期不安や発作を無くそうと必死にならず、弱さを持った自分にOKが出せます。また、パニー女仲間の体験を通して、ライフイベントやライフステージ毎に起こる、パニック障害の症状に引っ張られなくなります。

 

具体的には、

 

・私は「パニック障害です」と言えるようになる

・不安で乗れなかった電車や飛行機で出かけられる

・美容院やネイルサロンに、長時間いても大丈夫になる

・楽しみにしていた約束を、ドタキャンしないようになる

・本当はチャレンジしたいのに、諦めていたことへ挑戦する気持ちが芽生える

 

など人生に変化が起こります。

 

 

 

【大事にしたい5つのキーワード】

 

 

居場所・・・不安、心配、緊張を感じてもOK。ありのままの自分を見せられる、安心安全な居場所です。

・・予期不安や発作の恐怖を「あるある!」「わかるわかる!」と共有できる仲間ができます。孤立しません。

挑戦・・・諦めてきたことに挑戦する気持ちが湧いて来ます。人生の可能性が広がり楽しみが増えます。

・・・過去を憂うのではなく、自分の未来に期待を持てる人になるために「今」を大事にすることに集中できます。

自分・・・他人や環境のせいにするのは簡単ですが変えるのは難しいもの。自分はいつからでも変われます
 

 

 

【パニー女のおきて 5か条】

・ひとりで頑張りすぎない

・いいかっこをしない

・人と比べない

・自分をダメな人だと思わない

・パニック障害を恨まない

 

 

 

【代表パニー女 自己紹介】

国分典子(こくぶのりこ)

1968年2月19日京都市生まれ 

4人兄弟の長女(私・弟①・妹・弟②)

A型 さる年 みずがめ座(境目の最後の日) 

京都市在住

ライフオーガナイザー🄬

メンタルオーガナイザー🄬

 

 

 

19才~30才

 『ビビっているのにイキッてた期』 こんなに自分は弱いはずじゃない!

 

19才の秋の日、いつも通り短大から帰宅し、2Fの洗面所で手を洗い顔を上げたとたん、鏡にうつる人が誰なのかわからなくなりました。

 

経験したことのない恐怖に錯乱し、何の前ぶれもなく、死を意識。涙が止まらず、自分のことが全く理解できなくなりました。そして、恐怖の記憶が激しく印象に残り、日常生活(外出・食事など)がうまくできなくなりました。

 

どうにか自分をだましながら就職をし、OLとして働き始めましたが、勤務中に予期不安が襲ってくることも。そのたびに、「誰か助けて!」と、心の中で叫んでいることが何度もありました。

 

5年半勤務後、寿退職。生活環境が変わり、新婚3か月で大きな発作が起こったのです。

 

それは、夕食の準備中のことでした。突如、激しい恐怖に襲われ大大大錯乱。椅子や家具をなぎ倒し、歌を歌って踊り、狂ったようになってしまったのです。自分が誰なのかわからなくなる恐怖と、言葉では言い表せない巨大な不安感に襲われました。

 

夫・母がサポートをしてくれましたが、自分がしてほしいような支援を受けられず、余計に孤独感は増すばかり。

 

「偉い先生に看てもらうと治るの?」「目標がなくなって暇になったからじゃないの?」と言われましたが、しっくり来なかったのです。

 

その後、自力でなんとかしようと、近くの漢方薬局に決死の思いで行きました。しかし「考えすぎ!あなたは若いんだから、もっと気楽にね!」と軽くあしらわれ、八方ふさがりの状態になりました。

 

 

30才~40才

 『いいかっこをやめ始め自分の謎を知りたくなった期』 もう限界!専門家に頼ってみよう

 

ちょうど子育て真っ盛りの時期。子どもと自分のお世話であまり記憶がありません。

ただひとつだけハッキリと覚えているのは、「今日一日だけは生きてみよう」と、毎朝思っていたこと。日々襲ってくる死への誘いから、自分を離すことに一生懸命でした。

 

でも、しんどくて仕方ない自分を真剣にどうにかしたいと、通院、投薬をスタート、と同時にカウンセリングを受け始めました。

 

症状を理解し、救ってくれる専門家の先生たちからアドバイスを受け、自分の中で起こっている謎がなんとなく分かってくるようになりました。

 

家族からも望んでいたサポートが受けられるようになり、安心感が増えてきました。

 

友人にも恐る恐るカミングアウト。「なんで一人でこんなに長い間ガマンしてたん?何かあったらすぐに飛んで行くから!」と言ってもらい、肩の力がスルスルと抜けていきました。

 

SOSを出せる場面がだんだん増え、少しずつ心の中の得体のしれない恐怖の塊が分解されていきました。

 

ようやく、いいかっこをしている自分が自分を苦しめていることを自覚。

「生きていてもいいのかも知れない」「存在価値があるかもしれない」と思い始めました。

 

 

◆40才~今

 『仕事・学びが身を助け、羽ばたきたい期』 学んでみようかな?動きたい!

 

数年後、英語が好きだった自分を思い出し近くの英会話カフェへ。そこで楽しそうにしている自分に喜びを感じ、新しい繋がりを持つことの新鮮さを味わいました。

 

また、片づけ好きだったことも思い出し、資格取得にも挑戦してみました。

会場までの電車移動すらとても怖かったのですが、仲間のサポートのおかげで無事合格。新しい人間関係と世界が広がっていきました。

 

ライフオーガナイザー協会では、認定講師の役割を担うことに。与えられた役割、任せられた仕事はやり遂げたい、という気持ちだけで無我夢中で学びました。そして、パニック障害を持つ専業主婦歴15年の私が、仕事を始めることになったのです。

 

仕事で始めたブログでパニック障害をオープンにしたところ、同じような気持ちを持つ人が多いことを知りました。

 

それは、誰でもできて当然と思われがちな、片づけができない(しない)ことと、パニック障害の症状から来る、これまで当たり前に出来ていたことが出来ないのは、「共通する弱さ」ということでした。

 

ライフオーガナイズ・メンタルオーガナイズ・心理学を学んで気づけたのは、人はそれぞれ違って当然。湧き上がってくるネガティブ感情(不安・緊張)を大きくする(余計にしんどくする)か、小さくするか(浅く早くニュートラルに戻す)かは、自分で選べることでした。

 

エネルギーの使い方が変わり、感情をコントロールしやすくなり、人と比べなくなりました。またI'm OKのサインが出せて、自分の人生を大事にし、人の優しさを素直に受け取ることができるようになっていきました。

 

これからは自分の経験と、ライフオーガナイザー🄬/メンタルオーガナイザー🄬で得た知識を糧に、明るく楽しく面白く、生きていきたいと思っています。

 

 

 

【なぜ私がコミュニティを作ったかというと・・・】

発症後20年間は、「なぜ自分だけがこんなお荷物で、無くてもいいものを背負おわないといけないの?」と悩み続けていました。

 

でも、出会いと学びを通して、誰にでも弱い面があってもいい、と思えるようになりました。
 

共存中なので、今でも予期不安・離人症などが消えてなくなったわけではありません。

でも、弱さを認めたら、多くの人たちが優しい手を差し伸べてくれました。今は、素直に喜んで受け取る毎日を送っています。

 

数年前から電車や飛行機での移動は、作戦と立てればずいぶん平気になりました。人に会うことも怖くなくなり、大笑いをしてランチやお茶を楽しめています。やりがいのある仕事にも出会い、したい!と思ったことに挑戦する気持ちも湧いています。

 

こんな人生を全く想像していなかったな~と思いつつ・・・^^

 

ようやく不安よりも安心が上回る毎日を送っています。

弱さはあって当たり前。無駄な経験はひとつもない。この2つの思いが、今の私の原動力です。

 

「あなたはあなたのままで十分尊い存在」

「パニック障害と共存しながらでも楽しく生きられる」

 

この2つを多くの人に届けたい、しんどい思いをしている人をひとりでも減らしたい、明るく楽しく面白く生きられる人を増やしたいと思い、コミュニティを作ることを決めました。

 

 

 

 

【パニー女の会で利用できること】

 

◆Facebook公式ページ

◆メールマガジン配信(月1回)

◆Facebook【秘密のグループ】パニー女の会に会員登録済みの方限定

 ・予期不安、発作の対処法を情報交換

 ・日常生活の工夫を情報交換

 ・それぞれの”こうなりたい”、成功/失敗体験をシェア

 ・イベント(おとなの遠足/ワークショップ/オンライン(ZOOM)お茶会or夜会/など 年6回程度)へ参加 

 

 

《会員について》

・女性限定、パニック障害の方、Facebookアカウントをお持ちの方(無い方は登録をお願いいたします)

 

 

 

【FAQ】

Q 外出できませんが、会員になれますか?

 

A もちろん大丈夫です。SNSでの交流がメインになりますので、安心できる場所で楽しみください。

 

Q 人と会うのが苦手なのですが、会員になれますか?

 

A もちろん大丈夫です。ご自身が安心な範囲で交流をお楽しみください。

 

Q 発言が苦手なのですが、見ているだけでも会員になれますか?

 

A もちろん大丈夫です。”いつか発言できたらいいな”とイメージしながらご参加ください。

 

Q やめたくなったら、どうすればいいですか?

 

A いつでもご自身のタイミングで決めてください。休会・退会のどちらかをメールにてお知らせください。

 

Q 妻がパニック障害なのですが、夫婦で入会はできますか?

 

A 申し訳ありません。今のところ奥様だけの入会となります。ご主人様は無料会員に登録いただくと嬉しいです。


Q 会費は必要ですか?

 

A 月会費は発生しません。(2020年1月より規定を変更しました)

おとなの遠足/ワークショップなどの参加される場合のみ参加費を頂きます。

 

 

 

【お申し込みリンク】

会員登録  https://ws.formzu.net/fgen/S46446708/

 

 

 

 

さてほんの少しでもあなたの人生が変わりそうな希望持てましたか?

これから一緒に明るく楽しく面白くパニー女ライフを送っていきませんか?

あなたのご入会お待ちしています。

 

 

 

         パニー女の会代表 国分典子

         

 

            最高顧問 さるお