まなブログ

まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。

パワポじゃできない。

 

 

 

週イチ非常勤の私立高校。

授業では、いつもパワーポイントのスライドを使う。

 

けど、今日は久しぶりにホワイトボードに手書き。

これ、読んじゃってね。

 

 

 

「チャンスをつかむプレゼン塾」

 

中谷彰宏 学研プラス

 

 

> パワーポイントは、どんなに文字を

> あとから追加してスクリーンに表示しても、

> 結局は事前に準備したものです。

 

> 聞き手とは、一緒につくっていません。

 

> ホワイトボードは目の前で書くので、

> 聞き手と一緒につくるものです。

 

 

ライブだね、ライブ。

好きなアーティストのコンサートと同じ。

 

曲を聴くのが目的なら、CDでいい。

わざわざ時間とお金を使うのは、

ともに場をつくるため。

 

意識がひとつに集まる。

密度の高いエネルギーが味わえる。

 

 

授業で紹介した人形操演者山田はるかさんの動画。

Kくんは、何を感じた?

 

 

「・・・うーん、努力の人かな。」

 

 

そっか、「努力」か。

ホワイトボードに「努力」と。

 

 

生徒のコメントを書く。

選別せずに書く。

ホワイトボードが寄せ書きに。

 

自分のコメントが書かれたら、

生徒も嬉しい。

意識が注がれる。

エネルギーが高まる。

 

 

> プレゼンは、正確さより勢いです。

 

 

まさに。

ホワイトボードを使うと、勢いが出る。

普段より生徒の視線が集中している。

 

なるほど、これがライブか。

私自身、昂ぶって、リズムが出る。

ミポりんもびっくりの「憑いてるね、ノッてるね」。

 

 

パワポでスライドは、作らない。

けど、作るのと同じくらい準備はする。

 

準備した自分だからこそ、

アドリブに対応できる。

 

生徒のコメントを拾って、

話を広げられる。

 

 

大手予備校でも人気講師は、

ホワイトボードを使う。

「黒板芸」と言われるらしい。

 

スライドをつくっておいたほうがラク。

きれいで見やすい。

手直しするだけで、何度も使える。

 

けど、あくまで過去につくったスライド。

「いま」ではない。

淡々と説明すると、場のエネルギーは低い。

 

説明する先生のテンションも低い。

寝る生徒、続出。

 

 

説明がわかりやすいから、

人気なのではない。

 

場のエネルギーが高いから、

人気なのだ。

 

高めるには、ライブ。

「いま」に意識を集中する。

 

 

この「黒板理論」。

授業以外にも応用できるね。

 

効率。

正しさ。

 

それもあり。

 

けど、場のエネルギーにも注目。

 

どちらかでなく、どちらも。

 

その先に、心地よい自分のスタイルがある。

 

・・・多分(笑)

 

 

 

今日は、ここまで。

また、明日。

 

 

 

【 オンライン瞑想『ボーッと観る会』 】

 ・昼の部 毎週水曜日11:00~12:00 無料体験はこちら

 ・夜の部 毎週金曜日22:00~23:00 無料体験はこちら

 

【 セッションのご依頼 】

 ・対面セッションは、こちら

 ・オンラインセッションは、こちら