まなブログ

まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。

喜んでもらえたから?

 

 

 

週イチ非常勤の私立高校。

昨日の記事で、クセになる味とは、多様であると書いた。

 

 

カルディコーヒー『黒トリュフチップス』。

授業終了後、数人の生徒が教壇に。

 

 

「先生、余ったポテチ、食べたーい。」

 

 

はいはい、どうぞ。

 

・・・おっ、Nさんも?

 

黙って、首を振る。

いらないのね(笑)

 

じゃあ、どうしたの?

 

 

「・・・お母さんに。」

 

 

お母さんに?

 

 

「買ってあげようかな。」

 

 

おー、そっか、そっか。

お母さんが好きそうな味なんだね。

 

 

コクッ。

 

 

以前配ったお菓子は、妹に食べさせてあげたいって。

Nさんは、家族思いだなあ~。

 

 

ニヤリ。

 

 

照れてるの、Nさん(笑)

フフ。

はーい、じゃあ、卒業式でね。

 

 

教室での何気ないひとコマ。

 

・・・と思うでしょ。

 

いやー、サプライズだわ。

めちゃ嬉しいんですけど。

 

何がって?

 

Nさんですよ、Nさん。

 

私から話しかけることはあってもね。

Nさんから話しかけてくれたことは、ないの。

1年間ずっと。

 

 

っていうか、休憩時間、いつもひとり。

友達と話しているところ、見たことない。

先生とも用件以外では話さない。

 

なのに、なのに。

 

Nさんから話しかけてくれたよ。

いや~、ビビるわ。

職員室で自慢したいんですけど(笑)

 

これが、最後の授業なのが惜しいね。

せっかくだから、これからも会話したかった。

 

けど、なぜ、最後に話しかけてくれたんだろ?

 

 

ピピッときたのが、こちら。

 

 

「癒しと目覚め Q&A]

 

中野真作 青山ライフ出版

 

 

> 自分とその人との間には分離がないことが

> わかったとき、本当の癒しが起こるのです。

 

 

Nさんが心を開いてくれたとも言える。

けど、私が心を開いたとも。

 

 

相手に自分を観る。

 

 

私の何かが融けたのかな?

 

 

> 子供の成長に必要なのは、

> その子の存在をありのまま許してあげる

 

 

ああ、そうだった。

当初、Nさんと「会話しよう」としてたわ。

 

誰とも話さないNさん。

そのままでは、イケないと思い込んでた。

 

社会に出てから、苦労するよ。

話せるようにならないとって。

 

 

当初は、話しかけても返事なし。

首を振るだけ。

 

そのうち、話しかければ、返事が。

少しずつ、妹さんのこととか。

 

なんだ、めちゃ家族思いやんと。

家では、きっといいお姉ちゃんなんだろな。

 

 

その時、感じたの。

 

Nさん自身が望んでいない。

「学校で話せるようになりたい」って。

 

教員としての自分のやりがい。

勝手に押し付けてるだけ。

 

あーあ、やっちまったなと(笑)

そこに気づけたからかなあ~。

 

最後の最後に。

神様からのご褒美かも。

 

 

相手に自分を観る。

 

 

つまり、私自身が望んでいる。

 

「このままではイケない」

 

を手放してくれと。

 

 

なるほど、納得。

 

自分責め。

だいぶマシになったはずだけど。

私も早く「卒業」しないと(笑)

 

そういう意味では、Nさんが「先生」だね。

職員室で自慢しなくてよかった(笑)

 

 

 

あなたにとって、「先生」は?

 

 

 

今日は、これまで。

また、明日。

 

 

 

【 照喜名・谷田コラボセミナー in 大阪 】

・令和5年2月19日(日)10:00~17:00 詳しくはこちら

 →現在、キャンセル待ち

 

【 オンライン瞑想『ボーッと観る会』 】

 ・昼の部 毎週水曜日11:00~12:00 無料体験はこちら

 ・夜の部 毎週金曜日22:00~23:00 無料体験はこちら

 

【 セッションのご依頼 】

 ・対面セッションは、こちら

 ・オンラインセッションは、こちら