2019全米女子優勝ジョンウン6選手、健闘のセリーヌ・ブティエ選手のコメントから学べる点って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は2019全米女子優勝ジョンウン6選手、健闘のセリーヌ・ブティエ選手のコメントから学べる点について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


全米女子オープンで優勝をしたのが、韓国のイ・ジョンウン6選手。

23歳のツアールーキーが初優勝をメジャーで飾り、本当に見事でしたね。

 

 

彼女の優勝後のコメントがとても心に残りました。

 

“I know I made two bogeys, but I just didn’t want to think about it too much. I tried the best that I can.”

 

「ボギーが2つも来てしまったけれど、その事はあまり考えないようにした。

 

自分のベストを尽くすように、努力したのです。」

 

失敗をしてもそれを引きずらないように…務めていたのですね。

 

一方、首位の彼女を最後まで追けたセリーヌ・ブティエ(Celine Boutier)選手。

 

彼女は最終ホールでバンカーをダフり、パットも上手くいかず、結局5位で終ってしました。

 

彼女はその時のことを何とかポジティブなことにつなげるよう、今努力をしているそうです。

 

その事について、彼女はこのように話していました。

 

“Obviously majors are a different situation, but it’s always good to be in this position, for the future.”

「明らかに、メジャートーナメントは他の試合とは違っていた。

 

でも、このポジションにいれたことはとても良い事だと思うの、

 

将来につながるから…。」

 

失敗から何を学んだか…

 

そこまで考えて次に進む事の大切さ、なのですね。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
テレビ観戦をしていると、ツアープロは当たり前のように上手にプレーをしているように見えますが…
 
失敗をした後の対処を、とても丁寧にしているのですね。
 
その点は、是非私たちも学びたいと感じたコメントでした♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ