木の下から低いショットを打つ方法って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は木の下から低いショットを打つ方法について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


松山選手がマスターズで、木の下を抜くような低いショットを打ち、見事グリーンオンさせていました。

皆さんもプレー中、木の枝に当たらないよう低い球を打つ必要がある時ってありませんか。

 

そのような時は、下記3つの点に注意されると良いですよ。

 


①アドレス
ボール位置を右足に寄せて構えます。
重心は、左足です。
そうすることでロフトが立ち、低い球が出やすくなります。

②スイング
低い球を出すために、左足重心で打ちます。
つい手で振り上げやすくなりますが、そうするとダフったりします。
左足重心でも、テークバックでの捻転は忘れないで下さいね。(←大切)

③なるべく手首の角度を保つ
通常のショットでしたら、手首のリストを返すような動きのスイングでも良いのですが、ここは木の下を低く出すスイングです。


ロフトを立ててインパクトさせるために、アドレスの右手首の角度をそのま保って、打ちます。



 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
3つ点に気を付けて打つと、驚くほど低い球がでます。

ラウンド中に木の下を抜くショットが必要な時は、是非なさってみて下さいね♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります