シャンクが出てしまう時のチェック方法って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はシャンクが出てしまう時のチェック方法について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

ラウンド中、シャンクが出る汗

 

そのような状況になると辛いですね。

 

シャンクの原因は様々ありますが、スイング面でチェックしたいのが捻転です。

 

 

捻転が不十分で手だけで振り上げると、シャンクの原因を作りやすいです。

 

チェック方法として、下記をなさると良いですよ。


クラブを肩の後ろに回して、ゆっくりと肩を輾転します。

 

ご自身の柔軟性に合わせて、ゆっくりと捻転します。

 

左肩が右足内側の上まできていますか。(下図赤線)

 

 

腹筋や背筋、そして右足の筋肉が相当きついと感じると思います。

 

そのキツさこそが、捻転がちゃんとできているサインです。

 

それを元に、ショートスイングなど必要なスイング幅の捻転を作ります。

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

最大限の捻転を元に、小さなスイングでの捻転の感覚を取り戻す方法。

 
ラウンドでシャンクが出はじめた時に、是非試して下さい。
 
手と体のコンビネーションが良くなり、いつものショットが戻ってきますよ♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります