知っておきたい『球の位置が作り出すショットの違い』 | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は、球の位置が作り出すショットの違いについてお話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

ラウンド中、状況によって様々なショットが必要になる事はよくあります。

 

通常はスイングの孤の最下点で球を捉えるよう、球を真ん中あたりに置いて打ちますね。

 


 

では、下図のように少し後ろ足側(右利きの場合右足)に球を置くとどうなるでしょう。

 

 

スイングの孤が上から下の動きの時に、球を捉えることになり…

 

上から下の軌道の分、球の転がりが強くなります。

 

これはグリーン回りなどで転がしていきたい時(ランニングアプローチ)の球の位置ですね。

 

また芝がなく土だけの所など、少しでもダフルとケガをする時などに使えます。

 

では下図のように、球をターゲット側に置いたらどうなるでしょうか。

 

 

スイング軌道最下点から上になった頃に球を捉えることになる分、球が高く上がり、落下後の転がりが少なくなります。


バンカー越えでピンがすぐ近く…という状況時に、覚えておくと良い球の位置です。

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

どのショットも手打ちにならないよう、テークバックでは必ず肩の捻転をつけて下さいね。(←とても大切)

 

球の位置を変える事でのショットの違いを、楽しむことが出来ますよ♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります