シンプルライフ@Tokyo

シンプルライフ@Tokyo

こどもとの日々。おうち遊びのキロク。


テーマ:

あっという間に12月。毎日忙しくて落ち着く暇がなく、ついに数日前から体調を崩してしまいました。今、めまいの薬を服用しています。

 

今年はアドベントカレンダーを手作りしました。私と娘でそれぞれ。後で写真アップしたいです。

 

クリスマスプレゼント、サンタさんにはピアノをお願いしている娘。我が家にはピアノが置けるようなスペースはないため、がんばってもキーボードかなと。

 

楽器のことはほとんど分かっていないので、アマゾンで適当に探します(苦笑)。

 

CASIO 61鍵盤 電子キーボード ベーシック CTK-2550

 

そしてばあばへのおねだりですが、最初は旅行用のスーツケースがほしいと言っていたのですが、急にこれがほしいと言い出しています。どうやら学童でやって楽しかったようです。

 

Spin Master パープレクサス オリジナル

 

学童にあるのと同じでいいのかよくわからず、実際におもちゃ屋さんにばあばと一緒に行って買ってもらうことにしました。結果、違うものを買ってきそうな気がしないでもないですが・・・。

 

話は変わって、パパが某算数塾の説明会に行ってきて、そこで「暗算でやる子は時間がかかる。とにかく手を動かして筆算でやった方がスピードは早いし間違えたときもすぐにわかるし見直せる」というのを聞いてきて、それ以来、色々と言ってきます。確かに娘の計算、暗算でやっていて、正直スピードが遅いなぁと思います。なので、いずれアウトプットを高めることを考える必要はあるのかもしれません。ただもう少しは今のままでいいかなぁと。

 

たとえば先日、29×3を57と答えていた娘。どうやったのかというと、20が3つで60、そこから3を引いて57と。30が3つの間違いでしょと伝えたら、あぁ!と気づいていました。同じ問題を数日後にやったときは、20が3つで60で、9が2つで18で、残りの9を足して87と答えを出していて、そんなことをやっているから確かに時間がかかるのだけれども、今は何も考えずに筆算ではなくて、こういう風に寄り道してもいいのではないかなと。もちろんどこかのタイミングでスピードアップさせる方法はやらないといけないのでしょうけれどね。学校で筆算を習ったらそっちの方が速いとなるのかな(ピグの先輩方はどうしているのかまた記事を拝見せねば)。

 

ただ1点、某算数塾のお話のとおり、手を動かすというのは娘は全くできていなくて、計算での暗算しかり、何でも頭の中で完結させようとするのでそのあたりは何か対策を考えた方がいいのだろうなと思ったりしました。でもアドベントカレンダーを作るときにはしっかり自分で手を動かして設計図を書いていたので、このあたりもアプローチの仕方なのかなぁ。でもそんな余裕はあまりないのかなぁ。

 

あと思いのほか、「長さ」でつまづいている感じで、特に単位変換が怪しいところがあります。「時間」は今のところそういうことはないです。なぜかなぁ。冬休みに何か分かりやすいドリルでやった方がいいかなと思ったりしています。

 

長さとかさ (算数の壁をすらすら攻略!)

 

こういうときは公文のドリルとかがいいのかなぁ。「長さ」はピグマリオンのプリントだけでは娘の場合、厳しそうです。

 

※メッセージとコメントのお返事ができておらず申し訳ありません。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

 


テーマ:

久しぶりに図書館通いを復活させました。先週末、娘と一緒に行って7冊借りてきました。そのうち3冊は私が選んで借りた本だったのですが、家に帰って娘に見せても全く読む気配がなく・・・。聞いてみたら、「それはママが勝手に借りた本でしょ!私、読まないからっ!」と。娘が好きなシリーズから選んだのにね・・・ショボーン 最近は一事が万事このようなことが多くて疲れます。自我というか反抗というか。とにかく私の言うことは聞きません。おかげで公文もほぼストップ。今月の枚数8枚ですよ、8枚っゲロー お月謝で換算するとプリント1枚約1000円。高価ですね~って、もはや笑うしかありません笑い泣き 休会がよぎります。

 

昨日も図書館へ。前回の反省を生かし、選書は娘に任せました。私の方で気になった本を5冊ほど棚から取りまして、娘には「こんなのあったよ~」と軽く見せましたらそのうち2冊を借りていました。とにかく今の娘には、「自分で選んだ」ということが大切なようです。

 

算数塾の先生にも「親が押しつけたものは、子どもは大抵嫌いになりますから」と言われまして反省した次第です。

 

ちなみに図書館ですが、前回行ったのは1年半前でした。どれだけ忙しかったのでしょう。

 

娘が借りるのは児童書がメインですが、絵本も入っています。こちら、娘が笑いながら読んでいた絵本です。

 

ゆでたまごひめとみーとどろぼーる

 

こういうお茶目な絵本(?!)、娘は見つけてくるのがうまいのです爆  笑

 

こちらは私が棚から持ってきた絵本。

 

夢は牛のお医者さん

 

娘にしては珍しく、すごく集中して読んでいました。「ごはん、ちょっと待ってて」と言うくらい。本に夢中になっている姿を見るのは嬉しいものです。忙しいけれど、図書館通い、またがんばりたいなぁ。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス