僕の30日間迷走記(日本一周の旅)

僕の30日間迷走記(日本一周の旅)

日本一周の記録とその後の生活です。

今回の台湾旅行は、貧乏旅を決め込んでいました。

貯まったマイルやポイントで、殆どの旅費を賄ったし。

3回目の台湾ですが、前2回はツアーで参加。

台湾各地を巡ったので、今回は台北だけで

食い倒れの旅にしようと思ってました。

YouTubeを見まくって、行きたい場所はマークして。

何処に食べに行こうか?

そればかり考えていました。

 

今回の旅の始まりは羽田空港。

 

 

海外に行くのは何度目か忘れましたが、羽田から海外に行くのはお初です。

ここ数年飛行機には乗っていませんでしたが、それまでは年1のペースでは

乗っていたのですけど、毎回、チェックイン方法が違って大変。

今はスマホで全て完結してしまいますが、個人的にスマホに機能を

集中させるのは好きではないです。

 

検査もパスポートを機械に乗せ、写真を撮って、荷物検査で終わり。

何か悪いことをしていないのに、妙にドキドキするあの感覚を

味合わなくて済むのはヨシなのですが、あれも海外に行く儀式みたいで

好きだったので、ちょっと寂しい感じもあります。

 

余談ですが、日本の国民の2割弱しかパスポートを持っていないそうです。

このグローバルな時代、他国より取り残されている感があります。

まぁ~、この円安じゃなかなか海外に行こうとは思いませんよね。

 

羽田から台湾松山空港までは、約3時間半。

桃園空港ばかりだったので、松山空港はお初です。

台北に近くて便利な空港です。

両替したら最初にやる事は、台湾キャンペーンの抽選。

何か知らんけど、日本にいる時から当たる気しかしない。

ハズレるとは、微塵も思っていない僕。

過去もこういうのは、ことごとく当たっている。

 

先にカミさんが抽選機に。

 

 

うわっ!当選した。凄い!

この時になって初めて、自分はハズレるかもと思った。

当選確率は知らんけど、夫婦揃ってハズレる動画は何本も見たけど

揃って当たりました!って動画は、1本しかなかったので。

 

で、僕も抽選したら、見事当選!(やっぱり、僕がハズレる訳ないのだ)

カミさんはカウンターで景品に交換中だったので、僕が当選したのを見てなかった。

なのでカミさんに報告したら、現地の人がとても珍しい事だと言っていた。

2人揃って当選し、貧乏旅行を脱出出来ると喜んでいたのも束の間。

とんだ落とし穴があったのだ。

YouTubeではアタリ、ハズレばかりがクローズアップされていて

その後の説明がなかった。

当たった人には、日本で言うスイカみたいなカードが渡されるのだが

(商品は何種類から選べる)

それには制限があったのだ。

 

 

簡単にまとめると

 

1.有効期限が90日。

2.追加のチャージが出来ない。

3.1ヶ所で使えるのは1500元まで。

4.1日3000元までしか使えない。

 

こんな感じ。

まず90日以内に台湾を再訪する予定はないので、この旅で使い切らないと損。

そして2泊3日の今回の旅で、1日6000元(二人分で約3万円)を使うのは、

台湾ではかなりの重労働。

と言う事で、今回の旅の目的「食い倒れ」が「カードの消費」になってしまったのだ。

あれだけ日本で調べたことが、台湾到着10分で無駄になってしまった(笑)

まぁ~それも旅の楽しみなんだけど、普段から夫婦揃ってあまり物欲がないので

(食欲は人並み以上だが)

これが結構な足枷になるとは、この時はあまり思っていなかった。

 

松山空港を出てMRTに乗ります。

(この時はまだカードは幾らでも使えると思ってたので)

 

空港を出たら目の前にMRT乗り場があります。

 

 

何かスペースマウンテンの中みたいな駅。

そのままホテルに行こうかと思ったのですが、微妙にチェックインまで早かったので

食事を先に。

 

阿城鴨肉さん。

かなりの行列が出来るお店なのですが、行った時間が良かったのか

待ちは1組。

ここは本当に美味しかった。

お肉は柔らかくスモーキーで、旨味が凄い。

しかも、悠遊カード(当選カード)も使える。

振り返れば、ここでもっと贅沢して当選金を消費しておけば良かった。

何せ台湾に来て最初のお店だったもんで、節約モードでした(笑)

 

そのモードは継続し、ホテルまでは徒歩移動。

予約したホテルは「VIP HOTEL」と言う、格安ホテル。

予約が取れていなかったと言うハプニングはありましたが

2人で2泊、1万8千円。予約が取れていたら1万6千円だった。

 

 

湯舟はないが部屋も水回りも綺麗。

どうせ寝にしか帰ってこないのだから、必要十分ホテル。

トイレにトイレットペーパーが流せないのが難点だけど

場所も移動には便利な所。

 

荷物を置いて少し休憩したら、台北の町へ繰り出します。

 

つづく

 

 

 

 

所持しているクレジットカードは、ANAのマイルが貯まるもの。

それに加え、カード会社のポイントも貯まり、それをマイルに変換も可。

10年前に取ったパスポートの期限がそろそろ切れる。

 

マイルの貯まり具合、パスポートの期限、コロナ明け。仕事の具合

全てのタイミングが合ったこの10月。

何処か海外へ行こうと言う事にあいなりました。

 

マイル的にはハワイにも行けたのですが、日数が足りないので

アジアで候補を絞り、最終的に台湾に決定。

 

マイルで航空券を予約するのは初めてだったのですが、準備を始めたのは

8月末。

意外と航空券が取れないのね。

行きのチケットは取れるのですが、帰りが取れない。

一応行きは確保し、帰りのチケットは空席待ち状態で様子見。

 

けれど待てど暮らせど空席待ちの返事が来ない。

気持ちは行く気満々になっていたので、地元のツアーデスクに相談。

ツアーで4万弱であったので、最悪それで行く事にしようと思った数日後

回答期限まで残り2日で帰りのチケットを確保出来ました。

取り敢えず一安心。

 

次に手配するのはホテル。

クレジットカードがANA系のカードなので、ANAのサイトで予約。

これでホテルも確保。

取り敢えず、移動手段と寝床はOK。

ところがですね、現地に行って発覚したのですが、ANAのサイトで予約したのに

ANAカード(正確にはアメックス)で予約が出来てなかったの。

意味が分からん。

ANAのVISAならOKだったんですけど、アメックスはNG。(そのホテルは)

現地で空室があったのでそのまま予約しましたが、翌日からは満室だったので

ギリギリセーフ。

 

さて、次はネット環境。

今のご時世、ネット環境は必須。

僕はプライベートでドコモ、仕事で楽天回線。タブレットを1台。

そして、ポケットWifiを持っている。

カミさんは、アハモ回線と予備で1台持っている。

楽天は2Gアハモは海外で20Gまで無料で使えるのですが、検索や地図でどれだけ

使うか分からない。

全部で5台の通信機器があり、1台1台海外で使える様にするのは面倒。

どうせカミさんと一緒に行動をするのだから、お互いに電話する事はない。

と言う事は、ネット通信だけできれば良い。

結果、ポケットWifiがネットに繋がればいいって結論になりました。

 

僕が使っているポケットWifiは「ZEUS」という所。

勿論、海外でも使えるのだが、金額設定が微妙に高い。

色々調べると、現地の中華電信と言うところが

使いたい放題で3日間$300(約1500円)のプランがある。

(5日間も同料金。ポケットWifiではなくSIMカード)

ZEUSの良い所は、Simカードを挿入出来て、そのSimで通信も出来る。

 

 

このSIMカード通信の機能をONにすればOKなのだ。

ただ問題が1つあります。

現地で中華電信のカウンターで手続きすると、スマホを渡せば

SIM交換から設定までやってくれるのだが、ポケットWifiはどうなのだろうか?

結果から言いますと、NGでした。

そもそもそういう使用法を想定していないみたいですね。

それなら自分でやりますと言い、スマホではなくポケットWifiにSIMを挿入。

APNの設定をしたら、無事5台ともネット通信が出来ました。

普通の使用法は、スマホに中華電信のSIMカードを挿入し、APN設定すれば

電話もネットも使える様になります。

APN設定に自信のない人は、カウンターでやって貰えばOK。

1人1台のスマホならこれで良いと思います。

僕は5台の通信機器があり、デザリングよりポケットWifiの方が良いと判断したので

この方法にしました。

 

電話番号はそのSIMカードに書いてある番号になりますので、日本での番号は

使えないし、当然、日本から連絡出来なくなります。。

日本の家族と連絡したいなら、新しい携帯番号を家族に教えないとダメです。

 

後、個人旅行で台湾に行く場合キャンペーンがあり、$5000が抽選で当たります。

是非とも参加しましょう。(ツアー参加はNG)

詳しい内容は、ここをクリックして下さい。

我が家は夫婦揃って当選しました!

そのおかげで、旅が滅茶苦茶になりましたが(笑)

(後の記事で詳細を)

 

それと入国カードもオンライン申請が出来ます。

これをやっておくと、現地でスムースに入国出来ます。

ここから申請出来ます。

申請画面は英語か中国語なので、英語の方が分かり易いですね。

書き方を紹介しているサイトは一杯あるので、そちらを参考に。

 

今回は初めての事が多かったので、準備に時間を要しました。

色々本当に調べました。

が、キャンペーン当選のおかげで・・・

本編は次回からスタートです。

今回の台湾旅行は、貯まったマイルの消費目的。

他に掛かるお金もポイントで払い、貧乏旅行を決め込んでいました。



現在、台湾旅行キャンペーンがあり、抽選で台湾$5000が当たるのですが


なんと





夫婦揃って当選!
臨時の$1万の収入(約5万円)なもんだから、贅沢にタクシー移動ばかりです(笑)

 

稲刈りが終わった後は、懇親会です。

 

 

ノンアルで喉を潤し、カレーや土地の野菜でお腹を満たす。

この懇親会で前回もお世話になったお母さんに、今夜祭りがあるから来なさいと

半ば強制参加がきまってしまいました。(笑)

本当はもうちょっと北上し、無料キャンプ場で泊まろうかと思ってたのですが

お母さんに紹介して頂いた農家さんから、お米を買える事になり

念願の地元の農家さんと直接お米を買う事が出来る事になったのは良いのですが

その受け取り場所が、祭り会場だったので、プラン変更。

 

そんな訳で、祭りが始まる19時迄時間を潰すことに。

取り敢えず白馬に車を走らせます。

前回も行った、牛方宿。

 

 

その横には、広末涼子と噂になった某シェフのお店がありました。

 

 

閉店していたのとお腹いっぱいなので、写真撮影だけ。

その後白馬で買い物と温泉に入り、お祭り会場へ。

 

会場は村役場の多目的広場と、なんだか凄い場所。

僕は運転があるので飲めませんが、お酒も食事もフリーで提供されてます。

村に住んでいる若者全員が集まってるのでは?そう思うほど、年齢層が若い。

小谷村のイメージは、高齢層が多いと思っていましたが、こんなに若い方が

多いのは、カミさんと2人ビックリしてました。

無事、お米を頂き、道の駅で車中泊。

 

翌朝は、生憎の雨模様。

元々泊りにしたのは、我が家が愛して止まないお蕎麦屋「蛍」で食べて帰る為。

なので、蛍の開店時間まで時間つぶし。

 

道の駅から北上し、糸魚川にあるヒスイ海岸へ行く事にしました。

名前の通り、ヒスイが採れる海岸です。

 

 

到着時は雨が降ってましたが、ヒスイを探している時は雨が止み

一攫千金を目指し没頭。結構探している人がいました。

 

成果は・・・

 

 

妖しい石2個(笑)

確率で言うと、石10万個拾って、1個本物があるかどうかそうです。

我が家は30分だけの捜索でしたが、全部ヒスイにも見えるし、全部フェイクとも

思えるし。

もしかしたら、捨てた石の中に本物があったかもしれません。

 

その後は適当に時間を潰し、開店1時間前になったのでお店へ。

 

 

こんな山奥の細い道にあるお店なのに、週末は大行列の出来るお店です。

名前を記入しに行ったら既に一組名前が・・・

 

 

開店時間になり店内へ。

 

 

照明はオイルランプ。

ここはお蕎麦も美味いけど、天ぷらも美味い。

 

 

そのせいで大失態。

僕もカミさんも、天ぷらの写真はあるのに蕎麦の写真を撮り忘れると言う(笑)

でも、ここのお蕎麦は本当に美味い。

ここで食べて地元に帰ってくると、当分、蕎麦を食べたくなくなる。

 

蕎麦の後は、これもセットでジェラート屋さんへ。

 

 

制度参加者には引換券もあったので、タダで食べました。

昨夜のお祭りで、ここのオーナーが見事なダンスを披露していたので

ちょっとだけお話し。

ここの一押しは、ソバジェラートです。

 

後は家に帰るだけなのですが、その前に一大イベントがあるのです。

実は昨日農家さんから買ったお米は、モミの状態なんです。

そうなんです。精米されていないんです。

我が家に精米機はありますが、それは玄米を精米するもので

モミの状態を精米できるのは、国道沿いにある精米機。

 

精米機に到着し、機械にお米をセットしようと思ったら、機械が故障中。

呆然となりました。

まずネットで埼玉にモミから精米できる精米機があるのか調べましたが

中々ここにあります!って情報がない。お米屋さんはあるんだけど。

知り合いのお米屋さんに電話しようかと思いましたが、カミさんが

絶対ないからと言うし。

どうしようか二人で悩んでいると、後ろから気配が。

なんとお米を買った農家さんが、心配して車を停めてくれたみたいです。

事情を説明すると、白馬にもあると言うので、そちらへ。

 

頂いたお米はこんな状態。

 

 

白馬で無事精米出来ましたが、何か我が家らしい旅のオマケがつきました。

スンナリいかないんですよね~(笑)

 

その後、このお米を炊きましたが、美味しいです。本当に。

ただ、モミからの精米だったので、お米の中に

 

 

やっぱりモミガラがありました。

完全には取り切れないみたいですね。

自分たちが作ったお米は玄米で送られてくるので、本当に待ち遠しい。

早く食べてみたいですね。

 

蛍の蕎麦を食べるだけで、小谷に行く価値があると思うくらい

本当に美味しいお蕎麦。

小谷村の方と何人も知り合えて、来年の田植えが楽しみですね。

精米機の故障を見た時、本当に夫婦2人で手作業で脱穀しようと

思ったのは、内緒です(笑)

 

 

6月3日に田植えをしたお米が、とうとう収穫の日を迎えました。

八十八と書いて「米」

120日で収穫となりました。

 

我が家にある神棚に、今年から新たにお願いしている「五穀豊穣」

台風などの被害はありませんでしたか、標高の高い小谷村でも

今年の猛暑は容赦なく、例年より収穫量は少なめだそうです。

しかも、米が白く濁ってしまう物が、例年より多く

それも猛暑の影響だそうです。

 

集合は9:45。

遅れるのも嫌なので早めに出発。予定の1時間以上前に到着したので

近くの道の駅で休憩。

 

 

この日の降水確率は60%だったものの

晴れ男伝説(日本一周バイク旅で、雨に降られなかった。しかも梅雨時に)が

始まった場所には、雨予報は関係ない。

そう言えば、田植えの時も50%だったけど晴れたし。

 

良い時間になったので、集合場所へ。

またお土産をもらい(お米やお酒など)、田んぼへ。

田植え以来の訪問。

途中の草刈り作業は仕事の為参加出来なかった。

作業前に村長さんもお見えになり、ご挨拶がありました。

 

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな

 

いや~感無量ですな。

本当に無事に収穫を迎えられ、小谷村の関係者、神様に感謝です。

 

稲刈りは重労働。

田植えでは筋肉痛にならなかったのですが、稲刈りではなりました。

 

 

天日干し。

棚田の天日干しの無農薬のお米。

参加する度にお土産や昼食もあり、それで2万8千円。

人の価値観はそれぞれですが、我が家では「激安」と判断。

勿論、来年も参加することは決定事項。

 

お米は乾燥中なので、まだ手元にありません。

宅配便で送ってくれるそうです。

待ち遠しいですね。

 

我が家が応募した場所は、募集地域の中でも特に山間部。

それ故に、台風被害を受けた事は殆どないそうです。

水もすぐ近くから湧水もあるし安心。

心配事は、猛暑くらいでしょうか?

この記事を読んで興味を持たれた方は、募集が始まるのが大体2月くらい

だったと思います。

一緒に参加しましょう。

 

 

 

 



前回は50%
前々回は90%に勝った場所。
一週間前から天気の心配してたけど、ここは関係ないね。

埼玉の田舎に引っ越して、もう3年目。

田舎暮らしに多少の不満はありますが、それでも結構気に入ってます。

 

不満の上位にある「ネットの遅さ」。

田舎はやはり選択肢が少なく、一応光回線は通っているのですが

100Mが最高速度のVDSL方式で、夜になると9M程度しか速度が出なくて

映画の閲覧なんてイライラする程、途中で止まっていました。

何か他の回線はないかずっと模索していたのですが

この度、NURO光が開通したので、早速乗り換え。

 

NUROも評判がピンキリで悩みましたが、説明会等に参加して情報を得て

これならいけそうだ、の判断で変更する事に。

 

今までの回線

 

 

90M出てますが、これは朝の9時に測ったものですからね。

夜はこの1/10になります。

 

これがNURO回線

 

 

2Gを謳ってたので900M位期待しましたが、300M以上出てるので

まぁ、合格ですね。

夜も殆ど数字が変わらなかったです。

今まで4K映像と思ってた物は、今度の回線で4Kで無かった事が分かりました。

鮮明さが全然違います。

 

まだ開通したばかりで評価するには時間が足りないですが

今の所、満足しています。

2ヶ月ぶりの更新になってしまった。

 

7月は激務が続いたのもあるし、カミさんと自分の誕生日もあり

癒しを求めて、お気に入りの宿「安達屋」さんに行ってきました。

 

今回の目的はあくまで「癒し」なので、観光はそっちのけ。

福島県を、磐越と東北自動車道で十字に4分割すると

一番訪れてないのは、この十字の右上部分福島市。

観光そっちのけとは言え、ある程度のネタは仕込んでおきます。

 

と言うのも、埼玉から福島市は、それなりに時間もかかるし

途中、渋滞や何があるか分からないので、早目には出発。

到着時間によっては、観光もアリって感じで行こうかと。

 

食べたいお蕎麦屋さんの開店時間より早く着いてしまったので

仕込みのネタから、カミさんが興味がありそうな

ねこ稲荷へ。

 

 

信夫山のねこ稲荷に行きたかったのですが、信夫山と言うのが

滅茶苦茶有名な場所らしく、出羽三山に移る元の場所がここだったと

教えて頂きました。

出羽三山は行った事があったので何とか説明に付いていけましたが

「ねこ稲荷」なんて、ちょっとネタ的な場所が、そんな由緒ある歴史的な

場所だったとは思いもよりませんでした。

 

ねこ稲荷にもちゃんと「いわれ」があり、何か聞いたことのある話でした。

 

この旅唯一の観光を終え、目当てのお店で昼食。

本当に悩みました。このお店の名前を出すのを。

夫婦揃って大満足のお蕎麦屋さんだったので、あまり載せたくない。

と思ったけど、まぁこんなほったらかしのブログの影響力なんてゼロに近いし

載せる事に。

お店の名前は「小さなそばの駅 くりや」

老夫婦2人で営む、小さなお店です。

 

 

驚くべき値段設定。天ぷらそばで950円。

しかも天ぷらのボリュームと言ったら・・・

 

今までに何軒でお蕎麦を食べたろうか?

名店と言われる所もあるし、地元の行列店もあるけど

生涯のベスト3に入るお店です。

 

福島へ行くと、どうしてもラーメンを食べがちになるのですが

山都そばを代表する、蕎麦の美味しい所でもあるんですよね。

今度から、福島ではラーメンではなく蕎麦探索になりそうな予感。

 

心配なのは、去年、奥様が体調を崩され休業したように

老夫婦の経営なので、体調の面ですね。

後、10回は通いたいので、どうか健康に気を付けて下さい。

 

満足な時間を過ごした後は、適当な時間つぶし。

道の駅に寄ったり、フルーツラインで桃や梨を買ったり。

桃は埼玉では信じられないような値段で、しかも美味かった。

驚いたのが、桃を買ってる時に、まだ、蕎麦の余韻が口に残ってました。

 

そして本日のお宿へ。

 

 

この乳白色のお湯が売りのお宿。

本当に良い宿です。温泉も5回は入りましたね。

ただ、この時期はアブが発生し、露天風呂はアブとの闘いでしたね(笑)

 

翌日はお昼にお蕎麦を食べて帰るだけ。

選んだお店は

 

 

Q庵

 

このお店は、ちょっと値段高目かな?

綺麗な美味しい蕎麦です。

ただ、やっぱり前日のお店に軍配かな。

 

午後4時には家に到着。

やっぱり安達屋さん好きだわ。

くりやの収穫は大きいね。

満足のいく癒しの時間を過ごせました。

 

 

長野県北安曇郡小谷村

 

この地名を知っている人は、どれ位いるのかな?

小谷村を「おたりむら」と読める人もどれほどのものか。

 

我が家の恒例行事に、この村に年に一度は訪れると言う物があります。

果物や米を買ったり、新蕎麦を食べにとありきたりの理由ではありますが

この地を訪れてます。

 

僕が小谷村を知るきっかけになったのは、日本一周バイク旅での事。

旅中は天気に恵まれてたのですが、初めて寝る時に雨が降ったのが

小谷でした。

何処にテントを張ろうか悩んでた所、トラックの運ちゃんから良い場所を

教えてもらい、快適に眠れました。

翌日も降水確率90%の予報で、雨の移動を決め込んでいたのですが

何がどう狂ったのか、見事な快晴になり、何か神がかり的な物を感じました。

僕の「晴れ男伝説」が始まった場所です。

 

そんな事もあり妙な縁を感じて、年に一度訪れていたのですが

数年前に小谷で買った「天日干しの米」があまりにも美味しく

夫婦で虜になってしまった。

埼玉にいながらお米を買えないかとネット検索しましたが、何もヒットせず。

このお米をどうにか手に出来ないかと、現地に行って話をするも

そもそも専業農家(米を作る)が、いないらしい。

自分の食べる分や、お土産用のお米を作る程度らしいのだ。

 

もう、あの美味しいお米を食べる事が出来ないのかと、落胆していたのですが

僕の「食」に対する執念は凄まじい物があり、とうとう入手する方法を

見つけ出したのです。

 

小谷村が窓口になり、休耕中の田んぼや、高齢になった農家の田んぼの

オーナー制度を募集しているのを見つけた。

 

これだ!

 

売ってなければ作ればいい。もう、あのお米を手に入れるにはこれしかない!

そう思った僕はカミさんに相談。

1口2万8千円で、大体50kg前後の収穫が期待出来るらしい。

やってみない?

と。

この時のカミさんの反応はイマイチ覚えてないが、どうせやりたいんでしょ?

的な反応だったと思う。

もれなくオーナーになる事が決まった。

 

そんなこんなで、先週田植えをしてきました。

 

 

まぁ見ての通り、山の中です。棚田です。

今、棚田米はブランド化されているので、あの値段は破格なのではないかな?

信じられない事に、棚田のすぐ脇から溢れんばかりの湧水があり

その水が田んぼに入っていく。こんな状況で不味い米が出来る訳がない。

その証拠に

 

この白い泡状の物、何だか分かりますか?

モリアオガエルの卵です。

僕の感覚では、池の上に張り出している枝に卵を生み付けてる

イメージでしたが、この辺では地べたに生み、自力で水場まで

泳いでいくらしい。

 

モリアオガエルがいると言う事は、田舎で水が綺麗な所って事です。

田植えは初体験でしたが、参加者の中で僕が一番遅かったです(笑)

とは言っても、皆さん2列か3列植えていくのですが、僕は5列植えてたんです。

あと、体重が重いのか、田んぼ内を歩くのが下手で、中々進めませんでした。

でも、無事終えて達成感。

 

 

ここには名前が書いてあるので消してますが、オーナーになった実感がありました。

 

その後は、懇親会で飲めや食べるや宴会状態。

 

 

お土産も沢山頂きました。

 

 

日本酒やお米。ご当地サイダーにフキ味噌や写真集。

懇親会とお土産だけで、何かもう元はとった様な気がします(笑)

 

ペットボトルに入っている液体は何だと思います?

懇親会の時、隣に座った村の方と話が弾み、色々話してるうち

今、こんな物にも挑戦していると頂いたものが

「メープルシロップの原液」

です。

これを煮詰めれば、メープルシロップになるのです。

原液で頂いたのは、これで紅茶を入れるとほのかに甘く美味しいからとの事でした。

この原液は、参加者で頂けたのは僕たち夫婦だけで

もう何年も参加している人は貰った事がないと言っていたので

その方に2本お渡ししました。

 

僕が見つけ提案したこの制度でしたが、カミさんも気に入ってくれたみたいで

夫婦で収穫の日が待ち遠しいです。

 

最後に僕の感想としては、本当に参加して良かったと思います。

既に友達に推薦して、1人は来年やりたいと言ってます。

本当は田植えも行きたいと言ってたんですが、都合がつかなく今回は

来れなかったんですけどね。

こういう形なら、ふるさと納税に抵抗ある人も参加しやすいだろうし

今年はもう締め切ってますので、来年、皆さんもオーナーになってみませんか?

因みに我が家は来年2口予定です(笑)



住んでいる場所では、大雨注意報が出てたのに
ここに来ると晴れる特別な場所。
今日は重要な用事があってきたけど
楽しかった~