いわき市 建築設計事務所 まちづくり工房 『木の暮らし blog』 

いわき市の建築設計事務所 まちづくり工房です。

このブログでは、『建築設計事務所 まちづくり工房』の日々の仕事をご紹介いたします。建築設計における考え方や、大切にしていること、デザインから構造など、関心のある事柄を書き綴っています。どうぞ、よろしくお願い致します。


いわき市 建築設計事務所 まちづくり工房
住所 福島県いわき市常磐関船町矢津29-35

TEL 0246(72)1882 FAX 0246(72)1883

E-mail machi-kb@gamma.ocn.ne.jp

HP http://www.kino-kurashi.com  

******************************************************************

 [書籍のご案内] $建築設計事務所 檜山延雄+まちづくり工房     『木の暮らし blog』 

伝統を語る前に

知っておきたい日本の木造建築工法の展開

私家版 日本の建築技術史 下山眞司


ご興味のある方にはCDを差し上げます。

E-mail   machi-kb@gamma.ocn.ne.jp  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

市内某所

今春から工事が始まり約半年、完成しました。

ほんの少しだけご紹介します。

 

 

玄関。

 

リビング・ダイニング。

 

 

 

キッチン。

 

 

 

ロフトより。

 

和室。

太田市美術館図書館

ご無沙汰しました。

久しぶりの投稿となりました。

 

先日群馬県の太田市美術館図書館に行って来ました。

事前に平面図を確認していたのですが、想像のつかない建物でした。

 

美術館図書館のHPです。フロアマップが記載されています。

http://www.artmuseumlibraryota.jp/guide/

 

 

 

入口からすぐにカフェに入っていて歩いてゆくといつの間にかショップを通り

美術館の受付前から図書館の中にいる、というような境界線の無い場所でした。

カフェや美術館はいくつかの箱におさまり、周りの図書館などの床は坂になっていて

1階と2階の通路でもあります。

次にどんな空間が出てくるのか予測がつかない建物でした。

 

展示室1を囲む美術館スペース。

 

3階と2階をつなぐ螺旋階段から見た児童書コーナー。

 

3階の螺旋階段とレファレンスルーム。

 

写真でも平面でも、この建物を歩きまわる楽しさは伝えきれないので

ぜひ実際にご覧ください。

K邸の瓦

今回は屋根の瓦のことを少し。

 

 

のし瓦を針金で留める形にしました。

地震で揺れた際に、針金を通すか通さないかで瓦の落ち方が変わります。

通さない場合瓦は比較的落ちやすいですが、一枚一枚なので当ってもダメージが少ない。

通した場合は落ちにくい一方、一遍に落下することになります。

難しい判断ですね、K邸では後者をとることにしました。

 

 

 

南蛮漆喰でのし瓦の間を埋めながら留めていきました。

のし瓦はハンマーでコツンと叩くと簡単に半分に割れるように作られています。

南蛮漆喰には防水と瓦を固定する役割があります。

かつては葺き土でしたが雨が少しの隙間から入り込み

土が流れ出てしまうので今は南蛮漆喰を使います。

 

下の写真は、イタリア、フィレンツェの屋根の写真です。

 

 

瓦がバラバラ、日本でこんな瓦を葺いたら雨漏りがひどいことになります。

普通の瓦も雑ですが、棟はさらに雑に見えます。

雨が少なく、乾燥した土地ならではですね。

日本の屋根瓦はきちんと、綺麗に見えます。

K邸の煙突

建て方は順調に進んでます。

 

 

 

 

 

写真の縦長の部分は煙突を通すための場所です。

1階屋根を突き抜けた煙突は、普通はその屋根の上に煙突トップがかぶります。

今回は、2階の外壁際を煙突が上がってきたため、1,2階の二つの屋根を通すことになりました。

ストーブ、煙突の設置場所は変えようがなく、ストーブ屋さんとも相談、

煙突を曲げることも考えました。

結果は写真のような変わった煙突カバーとなりました。

 

久しぶりのK邸

K邸を覚えている方がどれだけいらっしゃるでしょうか……

東日本大震災で中断していたK邸を建てています。

 

 

かつて真っ白だった敷地模型は

 

 

 

敷地の色が黄ばんでいます。

 

計画を始めてまだ10年は経っていないはずだと

過去のブログを遡ったところ、2010年に記事を書いていました。

 

”昨年から、時間がたっぷりあるということで(後略)”

”多少間延びになるかも知れませんが、設計のプロセスからお伝えしてゆきます。”

https://ameblo.jp/3-mikan/entry-10627798529.html

 

…………今年は完成します。

 

 

 

 

刻みの終盤にきたところで気になる箇所が見つかりました。

 

二階の隅柱がのる梁が弱いのではないかと思いました。

下に柱も無く、この太さの梁一本で支えるのは難しいのではないか。

だんだん不安になり、大工さんと相談しました。

 

今回は桁の高さと梁の高さがほぼ同じで、桁より大きな梁を載せるにはどうしたら

良いか考えました。梁が二階の外周部にあり、梁の上に重ねても、壁の中に隠れる

ことがわかりました。下ではなく上にのせる形にしました。

 

部材のずれを防ぐためにカシのダボ栓をいれて合成梁のできあがりです。

 

 

次回へ続きます。

2019年 あけましておめでとうございます

今年も金刀比羅神社の例大祭(1月10日)に行きました。

平日の夜にもかかわらず、例年になく人出が多く、先に行こうにも進めず

裏方から通り抜けようとするも立ち止まることに……。

 

 

 

 

 

夜の寒さはいつもと同じ冷たい風。屋台の湯気と匂い。

おいしそうな匂いにつられてイカ焼きを食べ

高校受験の息子に合格祈願のお守りと小さなダルマを買いました。

 

 

拝殿では家族と、離れて住む両親の健康、昨年末事故にあい

病床にいる友人Oさんの回復をお願いしてきました。

 

今年もよろしくお願いいたします。

2018年もお世話になりました

今年は更新をあまり出来ませんでした。

今日もこうしてギリギリの更新となってしまいました。

仕事が重なって来るとやはりどうしても仕事優先となってしまいます。

反省です。

今年もお立ち寄りありがとうございました。

皆様よいお年をお迎えください。

 

 

大熊町復興公営住宅

大熊町の復興公営住宅です。

個々の住宅のために全体の模型を作りました。

中央には広場があります。又、周辺には小川が流れています。

 

 

 

I邸 完成

今年は金木犀がよく咲き驚きました。木の下にに橙色の絨毯ができたのは初めてです。

これからケヤキの落ち葉の掃除です。

 

長くなりましたがI邸の紹介も最後になります。

完成した際の写真です。

 

 

 

 

実際の完成から時間が経ち植栽もなじんできました。

 

 

 

I邸 フレームと照明

お久しぶりです。

暑さに負けて少しさぼってしまいました…。

夏が過ぎたかと思えば、蝉の鳴く日々が戻って来ました。

台風も酷暑もまだ続きそうです……。

 

キッチンや棚のフレーム、階段の手すりは建主のお父様に作っていただいたものです。

 

 

 

 

シンプルな鉄フレームのおかげでお店の様なお洒落な棚ができあがりました。

上部の照明も雰囲気に合わせました。

 

照明は、ほとんど間接照明を使用しています。

落ち着いた空間で過ごせるように……。

 

 

明るさも十分にあります。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>