2リットルのCBR

2リットルのCBR

1987年に中免取得
VT250FでライダーDebutを果たし
2004年に限定解除
CBR1100XX
→隼
→R1200RT


テーマ:
最終日は帰るだけですが
しっかり降ってます…
 
二泊お世話になった宿の駐車場で
400kmの行程をミーティング
 
 
 
妻ちゃんのレインウェアは
防水スプレーの甲斐なく早くも浸水中とのこと
それにしてもよく降ります(-_-;)
 
 
 
諏訪湖までやって来ましたが
雨はまったく止む気配なし
 
 
中央道の調布付近が渋滞している
との、知らせを受け
慌てて八王子ジャンクションから『圏央道』にルート変更
そして、鶴ヶ島ジャンクションから関越に入り
外環で市川まで行く予定が、今度は外環の三郷で事故渋滞情報をキャッチ
手前の川口ジャンクションから首都高川口線(S1)にルートをチェンジ
そのまま江北ジャンクションから中央環状線(C2)に乗り移り
これが功を奏し、葛西ジャンクションまであっという間のワープ!
あとは湾岸線→東関道でフィニッシュです
 
すべて走行中に妻とインカムでやり取りをしながら、
スマホで得た情報をルートにはめていく…
便利な世の中です
 
おかげで渋滞にはまることもなく
道が混む夕方よりも前に、千葉に着くことが出来ました
 
渋滞にはまらず、
更に時速80kmをキープしたおかげで
とんでもない燃費記録が出ました
 
【27km/liter】
 
このあと『満タン法』で計算してみると
【26.25km/liter】という正確な数字が出ましたが
それでも十分ビックリです
1200CCのバイクでこんなに燃費が良いものだろうか…
 
 
総走行距離 1085km
『半分青い』聖地巡礼ツーリングは
無事におひらきとなりました
あぁ眠い(-_-)zzz
 
9/13~15 (2人分)
宿泊費 25,500
高速 36,040
ガソリン 12591
食費 15,855
おみやげ 3,570
モザイクタイルミュージアム 600
宅急便 1,261
タクシー 4,330
合計 99747
 
高速代が高いですね・・・
1000円乗り放題が懐かしい。
 
来月はMOTOGP日本グランプリです🎵

テーマ:
うちの卑弥呼さまは『晴れ女』
雨の予報でもこのとおり😌



今日はダムカード収集からスタート
午前10時
まずは『小里川ダム』


ダムのお隣りにある
『道の駅おばあちゃん市・山岡』で
日本一大きな木製の水車を見学
これ一見の価値あります



午前10時50分
岩村ダムへ
とても静かなダムでした



午前11時30分
メインイベント『ふくろう(岩村)商店街』へ
第一駐車場(無料)にバイクを停めて
隣接する『旧岩村振興事務所』で
撮影に使った小道具を発見!
仙吉さんと草太くんと😌


記憶に新しいこんな看板もあります



歩いて数分で商店街
雰囲気出てきました


おぉ!スタリオン
私が免許取って最初にローンで買った
懐かしの名車です
綺麗に乗られていますね


商店街をどんどん歩いていくと
至る所にフクロウが


食べたい!


まずはこちらで団子タイプの五平餅を頂きました
うまい…
秋風先生も愛した五平餅
なんか泣けてくる…


鈴愛~



そして菜生ちゃんの実家
『おしゃれ木田原』


幼少期の鈴愛が耳に異変を感じた
あの場所にも行ってきました
妻ちゃん、ビビって腰が引けてる(笑)


『半分青い』のラッピング列車が見たくて
駅の時刻表を確認


現在12時20分
37分待てば見られる🎵ラッキー


少し時間を潰しに散策
晴さんと宇太郎さんが鈴愛を産む決意をした橋です





可愛いニャンコ発見!


やっとドラマと同じ
わらじ型の五平餅を見つけました
食べ応えあります


4話に出演した『大福くん』
美濃柴犬という珍しい犬種らしいです
とても綺麗なワンコで可愛いです


『五平餅』のハシゴをしてます
3店舗目

結局、最初に食べたくるみ入りの
『あまから岩村店の五平餅』が一番おいしかった


12時57分
ラッピング列車がやってきました


鈴愛~デカい(笑)


動画でどうぞ


ラッピング列車が見られて満足したところで
写真館へ


妻は弥一さんのファンのようです


100均『大納言』で売っていた万華鏡と
鈴愛が使っていた『ぐるぐる定規』


壁時計のある家
なんか素敵でした


どっぷりと『半分青い』に漬かったあとは
昨晩見つけた自然薯と飛騨牛の店『やま里』へ
降りしきる雨の中、
タクシーを飛ばして行ってきました


突き出しのムカゴとトロロ芋を頂き



今夜は『天ぷら定食』


妻ちゃんは『特大エビフライ』
三本も入ってる😌
どちらも文句のないうまさ
今夜もご飯はおひつで来ましたが
お代わりしてやりました(笑)



しめは、半分青いゼリーとホワイトプリン
メニューにはない定食のデザートですが
絶品なので是非、単品メニューに入れてほしいくらい美味しいです


ビールで軽く酔いながら
再びタクシーを呼んで宿へ

『半分青いツーリング』
心から堪能しました

岐阜の人は優しい人が多かったな
ダムカードの職員もタクシーの運転手さんも

明日は最終日
私の美学で『最終日は帰るだけ』ですが
岐阜から千葉まで、適度な距離があるので
妻ちゃんが疲れないようなルートと移動を
今から考えます。

半分青い聖地巡礼の旅
ドラマを見ていた人なら絶対楽しめます
おすすめですよー

テーマ:
妻と2人してどっぷりはまっている
朝ドラ『半分青い』の情緒を求めて
岐阜県までツーリングに行きます

午前4時30分出発!



海老名サービスエリア
世界で一番売れている『メロンパン』
少し高いけど美味しいです



まずは多治見市の
『モザイクタイルミュージアム』へ
妻が前から訪れてみたかった場所なので
今回の岐阜ツーリングにぴったりハマって良かったです









続いてはドラマを見ていた人には分かる
幼少期のスズメと律が『糸電話』の実験を行った
あの赤い橋【鮎之瀬橋】です
長良川だったんですね

親切な兄さんが
わざわざ車を止めて写真を撮ってくれました
少し話してみるとSR600に乗っているとのこと
やっぱりライダーはいいひとが多いね!



そして、これも妻が前から訪れたかった
通称『モネの池』


お天気と時間の関係で
望んでいた写真は撮れませんでしたが
平日にもかかわらず賑わっていて
Instagramの影響力を知りました



たっぷり500キロを走り
ひさびさにバイクに乗る妻ちゃんの体力と
今にも降り出しそうな雨を鑑み宿へ滑り込みました

恵那市内はどこに行っても『スズメ』が出迎えてくれてテンションが上がります😌



部屋に入りNHK岐阜をつけると
こちらもまた、なおちゃんと草太の生中継
『半分青い』もラストスパートですね


シャワーを浴びて『夜の部』に繰り出します

タクシーを呼んで恵那市内の飛騨牛のお店へ
ここでもスズメたちが出迎えてくれました


タクシーなので安心してビールが飲めます


突き出しは
自然薯の肉芽『むかご』という部分を揚げたもの
ビールに合う!


自然薯の磯部揚げ
これ絶品!




麦トロと飛騨牛の定食
ご飯はおひつでお代わり自由でしたが
さすがにお代わりは無理(笑)
トロロは昆布ダシで味をつけてあり
ご飯が何杯でも行ける味でした
飛騨牛は歯応えがありずっと食べていたい感触


妻ちゃんは飛騨牛ステーキ丼とエビフライ
このエビフライ、小さいくせになかなかやります
中身はちょうどいい揚げ具合で尻尾までサクサクでした
ステーキ丼はビッシリ肉が詰まっていて
お重を持った瞬間『重っ!』
わさびとの相性も抜群でした


しめは『半分青い』を意識したかのような
ゼリーとプリンのデザートでした
懐かしいサイダー味のゼリーとホワイトプリンが癖になります

この店は最高でした
コスパもいいし、店員さんも丁寧にメニューを教えてくれて感じがいい

妻ちゃんと相談して
明日の晩もリピート決定!
明晩食べたいメニューを作戦会議して
お店を後にしました(笑)

下手な新規開拓店で茶を濁すより
旅先では美味しい店を見つけたらリピートするほうが私は好きです

あすは『梟(ふくろう)商店街』を訪れます
ついでにダムカードも(笑)

すべて雨マークですが
晴れ女の妻ちゃんが居るので大丈夫でしょう😌

テーマ:
マフラー証明書で躓(つまづ)いたユーザー車検でしたが
『ササキスポーツクラブ』さんのご尽力を賜り
本日、無事に車検取得となりました

迅速に対応して下さった佐々木社長に感謝です

雨が降りしきる中、受付を済ませ
1レーンに並ぶと
お盆明けなのか先客が多い…
バイクとトラックをレーンが兼用していて
私の前に4台も居る
濡れながら順番を待っていると
ようやく私の番が巡ってきた


書類一式と新しいマフラー証明書を見せると
三分ほどで『合格』となった
出口で判子をもらい、窓口6番に提出すると
一分後に5番窓口から呼ばれ
新しい車検証が発行されました

検査登録印紙 400円
審査証紙    1300円
重量税印紙       3800円
自賠責保険     11520円
小計     17020円

光軸調整   3090円
マフラー証明書 2200円
合計      22310円 

全て込みで
22310円で上がりました
何もなければ17020円…安いですね
あと、自賠責保険が安くなりましたね

これで安心して二年乗れます(^_^)

来年6月にはベンツの車検もあります
これもユーザー車検で行こうと思います!


テーマ:

 

千葉陸運支局の近くにある「コルザ・サン」で

光軸だけ調整してもらいました

 

 

まずは、ナンバーセンターで3つの書類を揃えます

①自動車検査票

②重量税納付書

③継続検査申請書

 


①自動車検査票 ※画像は検査終了後のものです

何やら手書きで書き込まれています 

詳しくは読み進めてください


②重量税納付書

 

③継続検査申請書

 

 

上記書類+重量税+検査代=5500円 順調順調!

 

 

そして、自賠責保険に加入したら、ナンバーセンターを出て

別建物の「陸運支局」⑥番窓口で以下の書類を提出します

 

①上記3点セット

②車検証

③自賠責保険

④納税証明書

⑤整備記録簿(私は毎回、出しています)  

 

 

そして、いよいよ①レーンで検査です

 

書類をたくさん持ち歩くので、私は「バインダー」を使っています

 

 

先客が居たのは初めてだったので驚きました

 

 

ウィンカーやホーンなどのチェックを終えて書類を渡すと

検査官がまじまじと書類に目を通し

「あれ?」「うーん・・・」「やっぱり」など

気になるワードを連発(汗)

 

どうやら、マフラーに何か不審な点がある模様

ササキスポーツだし、証明書もあるし!

と自信たっぷりで待っていると・・・

 

検査官 「このマフラー試験結果証明書では車検を通せません」

 

え???

 

排ガス規制は平成19年に厳しくなっていて

私が持参しているマフラー証明書では車検を通せないとのこと

 

だが、ここで一つ疑問が生まれる

 

では、前回(平成28年)、前々回(平成26年)、前々前回・・・の車検はどうしていたのか?

RTを購入した店舗に電話をすると、「この証明書で車検は通っていた」とのこと

 

そのことを検査官に告げると

「検査官が理解不足でそのまま通していた可能性はあります」

「でも、今回は私が認識してしまった以上はこの証明書では通せません」

 

物腰は柔らかいものの、そこには強い意志というか”役人然”とした

融通の利かなさ、みたいなものを感じた

 

そんなわけで、ブレーキ検査などの”本試験”に入る前に

私は躓(つまづ)いてしまいました (泣)

 

でも、せっかく来たので(立ち直り早い)

その他の検査を受けさせてもらいました

 

”光軸も一発合格”

 

くそー!

「マフラー証明書」さえ、ちゃんとしてれば今頃は・・・

改めて、「ノーマルが一番」だと思った(マジで)

 

さぁ、どうしよう・・・


テーマ:
共に異動になったがんちゃんと
近況報告を兼ねてツーリング

久々の銚子『プレンティ』へ






気温は36℃
ほとんど体温です💦
福島県のいわき市が26℃ということで
涼を求めて北へ

ところがヤフー天気の表示が嘘っぱちで
いわき市に入るもちっとも涼しくない…

たまらず蕎麦屋へ
冷やしタヌキがおいしかった🎵



お互い月曜日が休みだったので
流れで一泊することに
『ルートインいわき駅前』にステイ

駅前は想像以上に繁華街でビックリ!

翌日、気温は37℃
灼熱地獄です

意識朦朧としながら
千葉まで帰ってきました

近所の幸楽苑でお昼ご飯



お互い新しい部署での出来事を
インカムで語り尽くしました
こんなツーリングもいいですね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス