20やまてつ。

テーマ:

やまてつへ。

 

やまてつのおもいでは、これが1ばんだな~ぱちり。

 

 

 

にん。

 

2013ねんの、おーるすたーで、はつしゅつじょう、いしやまくん、らいあん、やまてつがえらばれた。

 

おきにいりしょっと~

 

 

じゅんじさんみやもとさん、ここ、いしやまくん、らいあん、やまてつ。

 

このとしのおーるすたーさっぽろで、しあいご、みやもとさんしゅさいで、いしやまくん、らいあん、やまてつ、つばくろう、し~す~しゅうごうになりました。

 

3にんとも、しあいごなのになぜか、ねくたいちゃくよう、せいそうで、きんちょうしてましたね。

 

そりゃそうだ。はつしゅつじょうのわかいしゅうが、みやもとさんと、す~し~だもんね。しかも、かしきりのおみせ。

 

みやもとさんが、いろいろと、わかかったときのおもしろばなしや、おーるすたーのおもいでばなしで、わらいをさそいます。

 

3にんとも、わらっていますが、のむほうも、たべるほうも、まったくすすんでいません。

 

それをさっしたみやもとさんから~

 

み)おい、つばくろう、おまえは、なにを、ばくばくのんで、くうてんねん。3にんをみろ。き~つかわんかい!

つ)たいしょう、てきとうににぎってやってください~

み)おまえがなにしきって、ちゅうもんしてんだよ!

つ)おまえたち、くえよ~おこられただろ~

みんな)あはは~

 

み)こんなきかいないから、おまえたち、なんでもきいてや~。

 

みやもとさんは、ことしでさいごと、きめていたからこそ、わかいみんなに、やくるとだましいを!っとおもって、このきかいに!とかいさいした。

 

3にんとも、ひとつのしつもんをしたら、あとは、やつぎばやに。

 

その1つ1つに、みやもとさんは、ていねいにかえした。

 

あのときのこうけいは、いまでもよくおぼえています。しつもんないようも。

 

みんなふあんをかかえたまま、ぷろにはいって、いきなりの、おーるすたー。

 

ないようは、おさっしくださいですが、どうやって、まいにちすごせばいいか、どうしたらかてるか、ゆうしょうするためにどうするのか、など、やきゅうのはなしばかりです。

 

みやもとさんは、ときにきびしく、ときに、にっこりしながら、じしんのけいけんをふまえ、ていねいにつたえました。

 

あっというまにときはすぎ、かいさん。

 

さいご、みやもとさんを、みおくったあと、みんなねくたいをゆるめ、ほっとしたかおを、おぼえています。

 

つ)し~す~さいこうにおいしかったね~。

い&や&ら)あじなんかおぼえてないっすよ~!よくもあ~ばくばくいきますね~

つ)えんりょぎみだったけど

や)じぶん、かぞえてましたけど、なま10は、いきましたよ、そのあと、かぞえるのめんどくさくなりました!

 

このとしのやまてつは、64しあいのとうばん、つぎのとしも52しあいのとうばんで、3ねんつづけての、50しあいいじょのとうばんでした。

 

にゅうだんじから、みぎひじに、ふあんがあったやまてつ、そのご、ふたたび、みぎひじを・・・。

 

にゅうだんから9んねん。2018ねん10がつ8にち、いんたいじあい。

 

じんぐうのやまてつといえば『ろまんひこう』

 

すたんどみんなが、かたをくんでの、だいがっしょう。

 

いまあらためて、『ろまんひこう』の、かしをよんで、めから・・・。

 

 

 

 

しあいごのあいさつ、やまてつのおもいで。

 

ちばまりんで、3ほーまーうたれたことです。じょうないばくしょうですが、やまてつらしいえぴそーどでしたね。

 

 

 

 

さいごのおみいでのぱちりしていたら、ろまんひこうがながれて、かたをくみ、ゆれときました。

 

やまてつ~おつかれさまでした。

 

そしてごかぞくのみなさんもおつかれさまでした。けがのことなどかんがえず、しばらくは、みんなでゆっくりと。

 

CSの、おうえんもわすれずにしてね。

 

そして、CSにでるせんしゅたちは、ことしさっていっていくみんなのぶんも、め~いっぱい、せ~いっぴ、くいののこらない、たたかいをしようぜぇ~!

 

 

やまてつへ、つばくろうより。