この日は、栃木県栃木市岩舟町にある「とちぎ花センター」を訪れました。「とちぎ花センター」は 前回 私が行った「三毳山(みかもやま)」の東の山麓にあります。「三毳山」は 栃木県最大の公園であります。山全体が公園になっています。広いので「フラワートレイン」に乗って 園内を移動します。「とちぎ花センター」には 車で直接行けるので、「フラワートレイン」に乗らなくても行けます。

「とちぎ花センター」は 植物園ですが、そう広くはなく、こじんまりしているので、歩き疲れることはありません。

 「とちぎ花センター」の中心には 花で出来た大きな「モニュメント」があります。花植物のお好きな方々には、楽しい一日を楽しめる植物園だと思います。

 花センターの斜面には 大きな花壇がありました。記念写真に向いています。

 大きな温室がありました。中に入ります。入口は「蘭の花」が歓迎します。青い胡蝶蘭は、初めて見ました。その先には 珍しい「ヒスイカズラ」が 蔓から ヒスイのような花を垂らしていました。

 「宝石のヒスイ」は、お好きですか? 宝石がお好きな方には、「ヒスイカズラ」は たまりませんね。

 「奇想天外」と言う変わった植物がありました。変な形ですが、寿命は 2000年もあるのだそうです。砂漠に生きているのだそうです。

 砂漠ならサボテンです。金シャチがありました。種から芽生えて 50年経たないと花が咲きません。うちの温室には 種から育てた金シャチが たくさんあります。昨年 その一つの金シャチに花が咲きました。

世界一大きい花がありました。模型ですが、匂いが臭いのだそうです。臭いので 本物は 置けないのでしょう。

 その他 変わった珍しい花や植物が展示されていました。

 「とちぎ花センター」を、管理運営を行う栃木県農業振興公社が50周年を迎えたのだそうです。立派な素敵な植物園でした。植物が大好きな人々が、植物を丁寧に、大事に育てているのです。私も植物は好きですが、毎日の水やりと温度管理、肥料を上げることを 欠かさずやらなければ、植物は育ちません。

 「とちぎ花センター」の花々を見学し、気持ちが大らかになり お別れしたのでした。

 

ランキング参加中です。

読み終わったら最後にワンクリック!
↓ご協力おねがいします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

 

西村社会保険労務士事務所ホームページ

↑役立つ社会保険情報 掲載中

求人情報ものっています!!

 

NEW
所長 西村治彦の本
【新版】日本で一番大きい社労士事務所の秘密

こちらから購入が可能です。ご購入を希望される方は、下記画像をクリックして下さい。
注文ページへ進みます。

ダウンご購入はこちらダウン


西村治彦 著
自由出版 刊

定価 1,200円

 

 

 

 

この日は 東京都八王子市にある「八王子城跡」を訪れました。「や~!」凄い山城でした。山頂の本丸に行くには 登山の装備で行かないと危ないですね。下から 山頂の本丸まで、健脚で登って 小一時間掛かります。下の駐車場付近の曲輪でも、十分に、「八王子城跡」を学べます。 私は 入口付近の大手門跡及び曲輪で、「八王子城跡」を学びました。下には「八王子城跡史料館」があり、当時の城主・北条氏照ほかの説明・展示がありました。 小田原に本拠をおいた小田原北条氏の三代目、氏康の三男、北条氏照(?から1590年)が築いた山城です。築城の時期ははっきりしませんが、天正年間に築城が開始され、氏照が滝山城から移ったのは天正12年(1584年)から天正15年(1587年)の間とする説が有力です。天正18年(1590年)6月23日、豊臣秀吉の関東制圧の一環で八王子城は、前田利家・上杉景勝軍に攻められて落城しました。この、八王子城落城が決め手となって籠城を続けていた小田原城は開城、北条氏は滅亡しました。氏照はこの時、小田原に籠城中で、開城後、兄の氏政とともに城下で切腹しました。

八王子城は、関東屈指の山城です。氏照が構想していた城郭は壮大で、落城時はまだ未完成の状態であったと考えられています。
城は大まかに、城下町に当たる「根小屋地区」、城主氏照の館のあった「御主殿跡」などの「居館地区」、戦闘時に要塞となる「要害地区」に分かれています。

平成2年(1990年)の落城400年という節目に、御主殿地区の石垣と虎口などの通路、御主殿に続く古道が整備されました。石畳や石垣は、発掘によって確認された当時のものを活用し、破損していた個所についても、できるだけ当時の形に忠実な復元がされています。
また、見学者の案内のために管理棟が建てられ、広場に八王子城案内板が設置されました。
八王子城周辺は、江戸時代には、徳川幕府の直轄地、明治になってからは国有林となっていたため、あまり人の手が入らず、御主殿周辺の遺構は良好な形で残っていました。
要害地区は深沢山(城山)の地形を巧みに利用して作られています。頂上に本丸が設けられ、周囲に敵の侵入や攻撃を防ぐために「曲輪」と呼ばれる平場が配置されています。

戦国の山城としての状態を良く残していることなどから、平成18年4月に日本城郭協会より「日本100名城」に選定されました。

 今回は、私は 登山の装備をしていなかったので、途中で 引き返しました。次回は 山頂の本丸まで 登りたいと考えています。

戦国時代は、強い者に 周りが着いて 大きくなっていく。敵は、全滅するか、降伏して強い方の集団に 入っていく。どちらが得かの判断で生き残れました。降伏した集団の長は、自決するか、殺されるか、逃亡するか。強い者は いっそう大きくなっていく。小田原の北条氏は、豊臣秀吉に敗れ、豊臣は 徳川家康軍に敗れ、遂には、徳川家康が天下を統一しました。そんな過程の「八王子城」の歴史でした。

 「八王子城」は 攻められて 一日で落城しました。山城は 下から 大勢にあぶられると 逃げ場を失い もろいです。そんな「八王子城」の「兵たちの夢の跡」を見たのでした。

 

 

ランキング参加中です。

読み終わったら最後にワンクリック!
↓ご協力おねがいします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

 

西村社会保険労務士事務所ホームページ

↑役立つ社会保険情報 掲載中

求人情報ものっています!!

 

NEW
所長 西村治彦の本
【新版】日本で一番大きい社労士事務所の秘密

こちらから購入が可能です。ご購入を希望される方は、下記画像をクリックして下さい。
注文ページへ進みます。

ダウンご購入はこちらダウン


西村治彦 著
自由出版 刊

定価 1,200円

 この日は 千葉県君津市にある「九十九谷」に出掛けました。「九十九谷」は「鹿野山」の山頂にあり、開けているので、眺望が素晴らしく、千葉県房総の山々を見渡すことが出来ます。まるで、「九十九の谷」を見渡すことが出来るので、昔から、絵や写真の格好の場所として名高いです。

 画家の東山魁夷は、この「九十九谷」を画題に 素晴らしい絵を描いています。

私も 時々 この素晴らしい「九十九谷」を訪れては、このブログに上げております。

 さて 同行の緑子さんは、素晴らしい眺望の「九十九谷」に感嘆の声を上げておりました。感嘆の声を上げる度に、バレーの練習で足を上げて下さりました。

 周囲には、「八重桜」が満開に咲いておりました。また「山つつじ」も 満開に 美しい花を咲かせておりました。「八重桜」と「山つつじ」の前で もう何度かバレーの練習をして下さりました。足がよく上がります。

 さて、「九十九谷」から すぐ僅かのところに、「鹿野山神野寺(かのうざんじんやじ)」があります。こちらに行ってみましょう。

 「神野寺」は、寺伝によれば、聖徳太子により推古天皇の時代(598年)に創建された関東地方最古の寺と伝えられています。永正年間(1504年~1521年)に真言宗の僧「弘範」により中興されたと言います。

 仁王門が立派です。中に入ると 本堂があります。その右には、六角堂と鐘楼があります。

 その奥には、重要文化財の「表門」がありましたが、一昨年の台風15号で全壊してしまいました。

 「神野寺」は 昔 住職が飼っていた「虎」が逃げ出し 大騒動になりました。腹の減った虎は 近所の飼い犬を食べてしまいました。人々は 外に出られませんでした。ようやく 射殺され、虎騒動は落着いたしました。そんな有名な寺でした。

 この日は これで帰ります。緑子さん 有難う御座いました。

 

ランキング参加中です。

読み終わったら最後にワンクリック!
↓ご協力おねがいします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

 

西村社会保険労務士事務所ホームページ

↑役立つ社会保険情報 掲載中

求人情報ものっています!!

 

NEW
所長 西村治彦の本
【新版】日本で一番大きい社労士事務所の秘密

こちらから購入が可能です。ご購入を希望される方は、下記画像をクリックして下さい。
注文ページへ進みます。

ダウンご購入はこちらダウン


西村治彦 著
自由出版 刊