変形性膝関節症 

テーマ:

膝の変形が著しく、見ていても痛々しいほど。

 

この方は70代の男性で、何回もご来院いただいていますが、

 

少しでも良くなればと思い、少し踏み込んだ施術をすると、

 

翌日痛くなり、調子がわるくなる。

 

何か糸口がないかと、3回に1回くらいの割合で、

 

踏み込んだ施術をすると、また痛くなるの繰り返し。

 

この結果をもとに、より良い施術を探るのですが、

 

そろそろ改善を目的とせずに、現状維持を目的に変えなくてはいけない段階かなと。

 

変形性膝関節症のグレード5は、恐らくどこの病院に行っても手術を薦められるでしょう。

 

私もご本人に提案させていただいたものの、なかなか難しいようで。

 

もっと早く出会えればここまでの進行は防げたのかもしれません。

 

もっとお役に立てれば良かったのですが。

 

よく整体師は医者や整形外科医を批判しがちで、手術反対派が多いように思いますが、

 

それは危険な考え方で、なかなか改善しない症状に対してはレントゲンやMRIなどを

 

含めたメディカルの力を利用するべきだと思います。

 

そのほうが患者さんはもちろん、整体師にとっても負担が減りますので。

 

整体院を3~5回通っても変わらない場合は、専門医療を受診しましょう。

 

臨時休業のお知らせ

テーマ:

臨時休業のお知らせです。

 

10月17(水)、18(木)、19(金)の3日間は、

 

休ませていただきます。

 

体調が悪くなる方はお早めにご予約くださいませ!(笑)

 

久しぶりに実家のある富山へ行ってきます。

 

どこでもドアがあったらな~。富山遠し・・・。

 

富山を代表する駅弁 源(みなもと)のますのすし、

 

さしみ醤油をちょっと付けて食べると、マスマスうまいです、おっと失礼!

 

 

 

『整形の先生に一生治らないって言われたんです。』

 

そう言ってご来院いただいた70代の女性は、

 

足底筋膜炎と診断され、そう告げられたそうな。

 

確かに繰り返すことも多いが、一生とは大げさやな、

 

本当に言ったのかな?とさえ思える・・・・。

 

思い当たる原因を伺うと、NHKで放送してる『ガッテン!』の、

 

かかと落としエクササイズをやり始めた頃と重なってるように思う、とのこと。

 

しかも1日30回が目安のところ50回していた。

 

他にも、健康になろうとウォーキングを痛いにもかかわらず続けていた。

 

これらを止めるだけで治るのでは?と考えられるほど、

 

ハッキリした原因が見つかりました。

 

かかと落としで確定でしょう。

 

ですが反対の右足はなっていません、なぜか?

 

これを考え、探し、見つけるのが私の仕事です。

 

脚の長さの違いや、筋肉の硬さ、骨格の歪などをチェックすると、

 

やはり痛くなっと方には痛くなる要因がありました。

 

2回目のときに、最初の痛みが10だとしたら、

 

今は半分以下とおっしゃれたので、このまま炎症は落ち着くはずです。

 

調整ポイントは足首の硬さ、右下肢全体の硬さ、

 

足底筋の硬さ、の3つを調整しました。

 

やりすぎは副作用があると覚えておきましょうね!

 

 

 

 

 

 

悩ましい肩こり、本当にうっとうしいですよね。

 

肩こりの原因の多くは頭と肩甲骨のポジションの崩れにあります。

 

頭が前に出ていたり、

 

肩甲骨が外に広がっったり、上に挙がったり、です。

 

まず頭が前に出ている方は、首の前が縮んでいて、

 

上を向くのが不得意になっている方が多いです。

 

これを解消するには、体の足を含めた全体の前側を伸ばさなくてはいけません。

 

バランスボールの上に仰向けになると良く伸びます。

 

ですが危険を伴いますので、ひっくり返らないように注意が必要です。

 

私もよくやるストレッチです。

 

次に肩甲骨が開いているのは、からだ全体の側面と

 

前側の腕の付け根が縮んでいるからです。(三角筋と胸筋の連結部)

 

脇腹や二の腕(上腕三頭筋)をしっかり伸ばしましょう。

 

肩甲骨が上の挙がっているのは、無意識の内に不必要な力が肩に入っている場合が多いです。

 

首からの影響も考えられますが、無意識で力が入って抜けない方が多く、

 

案外これが一番やっかいな癖です。なぜなら無意識ですから。

 

ざっとこんな感じですが、もちろんこれが全てではありません。

 

とにかく肩甲骨と腕の柔軟性を高めていくと改善していくことが多いので、

 

いろんな方向に腕をしっかり動かすことが重要になってきます。

 

 

ターザン買いました

テーマ:
健康づくりの三大要素は、

運動 栄養 休養です。

睡眠について勉強したくてターザンを買いました。

ターザンは一般向けなので、本当にわかりやすく

楽しく読めるので好きな雑誌です。

表紙が藤城清治さんでとってもタイトルと

マッチしてますね、ジャケ買いです。