The Pfizer Vaccine Only Has 1,291 Side Effects!

 

 

2022/5/13

 

 ❓❓ 🤔 

 

 

 

 

 

動画長さ 1:03

 

 

さすが先生。素晴らしい洞察力です!

 

 

 

 

 


 

 

 

WHOへの一番の資金

提供国は米国と

そしてビル&メリンダ財団です。

(中国ではありません。)

 

だからビル・ゲイツを

ただの資産家と

思わないで下さい。

 

 

 

今度は世界の気候変動を展開したい

ロックフェラーのシンクタンク 

クラブオブローマ、

 

ビルはここの会員でもあり、

 

 

 

 

そしてファイザー製薬やモデルナにも

ビルは多く投資しているといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

米国政府機関FDA”食品医薬品局”は 

ファイザー製薬の有害事象データを

75年間隠蔽しようとしていました。

 

 

動画長さ2:34

 


 

 

 

グローバルリサーチ 2022年3月12日

 

 

ファイザーワクチンには

1,291の副作用しかない!

The Pfizer Vaccine Only Has 1,291 Side Effects
 
 
A judge forced the FDA to release Pfizer's clinical data and it's worse than you can possibly imagine

裁判官は FDA(日本でいう厚労省)に

ファイザー臨床データを

公開するよう命じました。

 
 
 
 
 
 
 

エメラルド・ロビンソン記者

 

 

 

 

 

 

裁判によってFDAは 

1月にCOVIDワクチンに関する

臨床データ55000ページの

文書が公開された。

 

FDAは犯罪に加担しているので

75年間データを隠蔽し、

2096年にデータ公開しようと

していました。 

 

 

附属書にある

ファイザーワクチンの

臨床データ

1,291件に及ぶ

有害副反応が

アルファベット順に

記載しています。

 

では「a」の文字から始まる、

ファイザー社のワクチンを

接種した人に

起こるかもしれない悪いこと

をお伝えします。

 

 

1p36 deletion syndrome; 2-Hydroxyglutaric aciduria; 5’nucleotidase increased; Acoustic neuritis;Acquired C1 inhibitor deficiency;

 

1p36欠失症候群; 2-ヒドロキシグルタル酸尿症; 5'ヌクレオチダーゼの増加。

 

音響神経炎;後天性C1阻害剤欠乏症;後天性表皮水疱症;後天性てんかん性失語症;急性皮膚ループス紅斑症;急性散在性脳脊髄炎;難治性の反復性部分発作を伴う急性脳炎;急性熱性好中球性皮膚炎;急性熱性好中球性皮膚症;乳児期;急性腎障害;急性黄斑外網膜症;急性運動性軸索ニューロパチー;急性運動感覚性軸索ニューロパチー;急性心筋梗塞;急性呼吸困難症候群;急性呼吸不全;アディソン病;投与部位血栓症;投与部位血管炎;副腎血栓症;免疫後の有害事象;Ageusia;無顆粒球症;空気塞栓症; アラニンアミノトランスフェラーゼ異常;アラニンアミノトランスフェラーゼ増加;アルコール発作;アレルギー性気管支肺真菌症;アレルギー性浮腫;同種免疫性肝炎;円形脱毛症;円形脱毛症;肺胞タンパク症;アンモニア異常;アンモニア増加;羊膜腔感染症; アミグダロ海馬切除術; アミロイド関節症; アミロイドーシス; アミロイドーシス; アナフィラキシー反応; アナフィラキシーショック; アナフィラキシー輸血反応; アナフィラキシー様反応; アナフィラキシー様ショック; 妊娠のアナフィラキシー様症候群;血管浮腫;血管性神経障害;強直性脊椎炎; 無嗅覚症;抗アセチルコリン受容体抗体陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン-4抗体陽性;抗大脳基底核 アルパース病;肺胞タンパク症;アンモニア異常;アンモニア増加;羊膜腔感染症; アミグダロ海馬切除術; アミロイド関節症; アミロイドーシス; アミロイドーシス老人; アナフィラキシー反応; アナフィラキシーショック; アナフィラキシー輸血反応; アナフィラキシー様反応; アナフィラキシー様ショック; 妊娠のアナフィラキシー様症候群;血管浮腫;血管性神経障害;強直性脊椎炎; 無嗅覚症;抗アセチルコリン受容体抗体陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン-4抗体陽性;抗大脳基底核 アルパース病;肺胞タンパク症;アンモニア異常;アンモニア増加;羊膜腔感染症; アミグダロ海馬切除術; アミロイド関節症; アミロイドーシス; アミロイドーシス老化; アナフィラキシー反応; アナフィラキシーショック; アナフィラキシー輸血反応; アナフィラキシー様反応; アナフィラキシー様ショック; 妊娠のアナフィラキシー様症候群;血管浮腫;血管性神経障害;強直性脊椎炎; 無嗅覚症;抗アセチルコリン受容体抗体陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン-4抗体陽性;抗大脳基底核 妊娠のアナフィラキシー様症候群;血管浮腫;血管性神経障害;強直性脊椎炎; 無嗅覚症;抗アセチルコリン受容体抗体陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン-4抗体陽性;抗大脳基底核 妊娠のアナフィラキシー様症候群;血管浮腫;血管性神経障害;強直性脊椎炎; 無嗅覚症;抗アセチルコリン受容体抗体陽性;抗アクチン抗体陽性;抗アクアポリン-4抗体陽性;抗大脳基底核抗体陽性;抗環状シトルリン化ペプチド抗体陽性;抗上皮抗体陽性;抗赤血球抗体陽性;抗エキソソーム複合体抗体陽性;抗GAD抗体陰性;抗GAD抗体陽性;抗ガングリオシド抗体陽性;抗グリアジン抗体陽性;抗糸球体基底膜抗体陽性;抗糸球体基底膜疾患;抗グリシルtRNAシンテターゼ抗体陽性;抗HLA抗体検査陽性;抗IA2抗体陽性;抗インスリン抗体増加;抗インスリン抗体陽性;抗インスリン受容体抗体が増加した;抗インスリン受容体抗体陽性;抗インターフェロン抗体陰性;抗インターフェロン抗体陽性;抗膵島細胞抗体陽性;抗軟骨抗体陽性;抗筋肉特異的キナーゼ抗体陽性;抗ミエリン関連糖タンパク質抗体陽性;抗ミエリン関連糖タンパク質関連多発神経障害;抗心筋抗体陽性;抗神経抗体陽性;抗好中球細胞質抗体陽性;抗好中球細胞質抗体陽性;抗好中球細胞質抗体陽性血管炎;抗NMDA抗体陽性;抗核抗体が増加した;抗核抗体陽性;抗リン脂質抗体
陽性;抗リン脂質症候群;抗血小板抗体陽性;抗プロトロンビン抗体陽性;抗リボソームP抗体陽性;抗RNAポリメラーゼIII抗体陽性;抗糖細胞症抗体検査陽性;抗精子抗体陽性;抗SRP抗体陽性;抗シンテターゼ症候群;抗甲状腺抗体陽性;抗トランスグルタミナーゼ抗体増加;抗VGCC抗体陽性;抗VGKC抗体陽性;抗ビメンチン抗体陽性;抗ウイルス予防;抗ウイルス治療;抗亜鉛トランスポーター8抗体陽性;大動脈塞栓症;大動脈血栓症;大動脈炎;形成不全純赤血球;形成不全;適用部位血栓症;適用部位血管炎;不整脈;動脈バイパス閉塞;動脈バイパス血栓症;動脈血栓症;動静脈瘻血栓症;動静脈移植部位狭窄;動静脈グラフト血栓症;動脈炎;冠状動脈炎;関節痛;関節炎;腸炎性関節炎;腹水症;無菌海綿体洞血栓症;アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ異常;アスパラギン酸アミノ転移の増加;アスパラギン酸-グルタミン酸-トランスポーター欠損症;AST対血小板比異常;AST/ALT比異常;喘息;無症候性COVID-19;運動失調;アテローム塞栓症;無緊張性発作;心房血栓症;萎縮性甲状腺炎;非定型良性部分てんかん;非定型肺炎;オーラ;自己抗体陽性;自己免疫性貧血;自己免疫性非形成性貧血;自己免疫性関節炎;自己免疫性関節炎; ;自己免疫性大腸炎;自己免疫性脱髄性疾患;自己免疫性皮膚炎;自己免疫性障害;自己免疫性脳症;自己免疫性内分泌障害;自己免疫性腸症;自己免疫性眼障害;自己免疫性溶血性貧血;自己免疫ヘパリン誘発性血小板減少症;自己免疫性肝炎;自己免疫性高脂血症;自己免疫性甲状腺機能低下症;自己免疫性内耳疾患;自己免疫性肺疾患;自己免疫性リンパ増殖性症候群;自己免疫性心筋炎;自己免疫性筋炎;自己免疫性腎炎;自己免疫性神経障害;自己免疫性好中球減少症;
膵炎;自己免疫性膵臓炎;自己免疫性心膜炎;自己免疫性
網膜症;自己免疫性甲状腺障害;自己免疫性甲状腺炎;自己免疫性甲状腺炎;
乳児腸炎を伴う自己炎症;自己炎症性疾患;自律神経てんかん;自律神経系の不均衡;自律神経発作;軸性脊椎関節炎;多発神経障害;軸神経障害;

 

 

 

 

 

米国政府独自のデータベースである

ワクチン有害事象報告システム(VAERS)

には

 

新しいワクチンに対する

「有害事象」の

100万件を超える報告があり、

 

24,000件の事象が「死亡」

としてリストされています。

 

 

ファイザーはFDAからの承認を

求めた際158,000をも超える

「有害事象」を知っていた。

 

 

ワクチン接種後の人々は

深刻な問題を抱えていました。

 

そしてファイザー社は

ワクチン承認を求める

前からそれを知っていた。

 

 

 

ファイザー自身が編集しているチャートを見てください。

 

 

 

 

 

 

 

15,000人がそれを服用した後

神経系の重篤な疾患があったのに

なぜFDAは 新型ワクチンを

承認したのでしょうか?

 

 

 

 

友人や家族に教えて:

子供への予防接種は

一刻も早く止めなけ

ればいけません。 
 

 

 
 
 

エメラルドロビンソン独立記者。

 

ロビンソンはNewsmax(2020-2022)および

One America News(2017-2020)で

ホワイトハウス特派員を務めてきました。

 

 

 

 

 

2021年 6月28日月曜日 ミルウォーキー

ジョンソン議員主催グライ家族公聴会の模様。

(字幕でない時は 字幕ボタン押す)

 

 

Senator Ron Johnson  

上院議員ロン・ジョンソン ツィートから 

 

12歳の Maddie de Garay

 ”マディー デ グライ さん”は 

Covidワクチン治験に 

参加する事に意欲的でした。 

 

両親は医学と工学に従事しており

子供達が パンデミックを

終わらせてくれる事を

期待していました。

 

 しかし、現在のマディーさんは 

車椅子生活となり、栄養補給の 

チューブが必要です。 

 

1/20にマディーさんはファイザーの

ワクチン2回め接種を受けました。

 

 

 

 

「うちの子には決して打たせない。」

 

 

 

 

「戦争を始めましょう。」

 

 

 

 

 

 

# 
すべてのワクチンが悪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわけではない # 動物性由来でないこれは全く

 

い物ワクチンだ

 

 

 

 

 

# タスキギー事件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汽笛を鳴らして、汽車はゆく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「次の停車駅は 惑星コロナ」

 

 

 

 

 

「・・惑星コロナ」

 

 

 

 

 

え~~~、

 

お客様に申し上げます、

 

この星ではマスク着用で

ご乗車をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常にマスク着用なんて 

変な星だねぇ、メーテル。

 

 

 

 

 

 

へぇ~~、

 

 

 

 

この星では 新しい致命的な

ウイルスが万延しているのか…。

 

 

 

 

怖いね、メーテル。

 

 

 

 

 

それはあくまで

根拠のない噂話よ。

 

 

 

 

 

噂…??

 

 

 

 

 

学術的な証拠や根拠がなくても

専門家や 政府機関が繰り返し

号令すれば、立派な真実や

事実となる一つの例ね。

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

 

ぁ…、


 

 

あれを見てメーテル、

 

 

 

 

 

 

 

 

皆が 同じ方向へ

向かって歩いていく!!

 

 

 

 

 

あれは 新型mRAMワクチンを

求める人達の群れ。

 

 

 

 

 

新型??

mRAMワクチン?

 

 

 

 

 

 

 

 

そう…。

 

 

この星で開発された、

最新型mRAMワクチン。

 

 

 

 

 

 

十分な実験もしていない

 

専門家から人間に使っては

いけない技術と言われていた

政府緊急承認の試験薬。

 

 

 

 

 

 

これはまるで

ルーレットのような

ワクチンなの。

 


 

 

 

ルーレット?

 

 

 

 

 

 

そう…

 

 

命をかけた

危険なロシアンルーレット。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

どうして大人はそんな

命を失うかもしれない

ワクチンを打ちたがるのさ?

 

 

 

 

しかも子供にまで政府は

打たせようとして…

 

 

 

 

 

永遠の命がほしい僕には

 

さっぱりわからないや…

 

 

 

 

 

 

 

それはね、

 

専門家から正しいと言われる 

限りない多くの情報を

与えられた時、

 

人は皆、それが正しく

判断できなくなるの。

 

 

 

 

 

そしてそれが長く続くことによって

大衆は混乱し、迷走するのよ。

 

 

 

 

そこには 考える、という

人間の大切な、

 

・・生きる為の

動作はすでに存在しない。

 

 

 

 

 

そして、一部の貴族階級や

その傀儡である

コロナ惑星政府の狙いはそこ。

 

人の自由な思考を

奪うことが

惑星政府の目的。

 

 

 

 

 

今ここは人を

モルモットとした、

巨大な実験星…。

 

 

人々を指導する立場の専門家は 

製薬会社からお金を渡されたり、

 

自分たちの私腹を肥すために 

ありもしない混乱を 

嘘の数字を使って創造し、

 

 

この星の

今の世界が

あるのよ…。

 

 

 

 

大衆の多くは

 

今すぐにでも この世界から

逃れたい、という不安や恐怖心から 

不確実な政府の出す情報にすがり、

 

 


 

考える事が

できなくなった

人間達は

 

 

 

 

「みんなの為に」や

 

「周りに迷惑をかけられない」など

 

 

 

 

 

 

政府がコントロールする為に

作り上げた

偽善的な扇動言葉で

 

 

何年も…いえ、

過去ずっと

自らを欺いてきた、

 

…あれは盲目な

人々の群れ。

 

 

そしてあの人たちは 

心を見えない

檻に閉じ込められた、

 

一見 見た目は

豊かそうに見えても、

 

盲目に政府に従属する

心病んだ 人々の群れ…

 

 

 

 

 

 

ここは 大衆狂気が支配する惑星!!

 

 

 

 

 

 

 

そしてマスクは、

人々が隷属となった刻印…。

 

 

永久に、自由を失い、

奴隷となった証。

 

 

 

 

 

みずから考えることを放棄し

理不尽なものに戦う事すら

心から無くなったら

人間は…終わりだわ。

 

 

 

 

 

 

その時人は、

人でなくなる…。

 

 

 

 

 

 

……。

 

 

 

 

 

人間は皆 いつまでも 

永遠に生きたいと思う…

 

それは 生き物としての

本能としてだろうか、

 

それとも心の欲求、

欲望としてだろうか…

 

生きたいという心のそれが

過剰なストレスとなった時

人間は異常な方向へ迷走し始める。

 

一つの道だけを、

 

一つの方向へ向かって

まるで羊の群れのように

皆が行く…

 

哲郎には それがまるで

死の行進をしているかのように

思えて見えた…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Few are those who see with their own eyes and feel with their own hearts.


自分の目でものを見て

自分の心で感じる人間が
いかに少ないことか。




アルベルト・アインシュタイン


 

 

 

 

 

 

制作参考資料:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

他。

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

FDA米医薬品局とファイザーは結託し、

75年間隠し通す予定の情報が出ました。

 

”犯罪組織”厚労省”ことナビ”

による、

 

ワクチン詐欺”ホロコースト”事件に

あっていると 国民はそろそろ

気が付かないといけませんね。

 

 

 

 

Those Who Do Not Learn History Are Doomed To Repeat It.
歴史を学ばない者は、それを繰り返す運命にある。

 

哲学者 ジョージ・サンタヤーナ 

 

 



Who controls the past controls the future. 

Who controls the present controls the past.

過去を支配する者が未来を支配する。

現在を支配する者が

過去を支配しているのです。

 

記者、作家 ジョージ・オーウェル 「1984」

 

 

 

 

 

メディアは罪のない人を有罪にし
罪を潔白にする能力を持つ、

それがメディアの力なのです。

何故ならメディアが

大衆心理を支配している。

マルコムX
 

 

 

 

2020過去記事コピーから。

 

 

 

 

ウクライナの 米軍バイオラボ 

 

バイオ兵器及び「病気原因薬剤」の産出 グローバルリサーチ

 


US Military Bio-labs in Ukraine, Production of Bio-weapons and “Disease Causing Agents”

グローバルリサーチ 2017年8月24日

 

Ukraine turned into the proving ground for the new generation of US biological weapons, European mass media report.
欧州のマスコミ報道によれば、 
ウクライナは 米国にとって

新時代の生物兵器実験場

となった。

2015年、米国報道発信源の 

InfoWarsは、

ペンタゴンウクライナ
極秘軍事研究所新しい

タイプの生物兵器を開発

したと 非難しました。

は、2012年に ウクライナ保健省と
国防総省の間で締結された二国間協定の

下、設立されました。

今日、13あるアメリカの
バイオラボが ウクライナで
活動していると 国際的な
メディア機関は報告します。

彼らは国防総省予算から
資金を得ているアメリカ人
専門家のみを 雇います。

現地当局は 彼らの仕事へ
干渉しない事を約束しました。

これらの軍事研究所は、
天然痘、炭疽菌および
ボツリヌス中毒症
原因物質の研究製造
 主に関与している

報告されています。

 

施設は 次のウクライナ都市にあります。

 

オデッサ、ヴェネツィア、ウジホロド、リヴィウ、

ハリコフ、キエフ、ヘルソン、テルノピリ。


 

 

東ヨーロッパの軍事バイオラボネットワークは、

 

1973年に
米国上院が承認した生物および
化学兵器の開発、製造、および
備蓄の禁止に関する 1972年の
ジュネーブ条約から免れる為の
条件を 強硬派に与えています。


ですから 私たちは あからさまな
国際法違反を目の当たりに

しているのです。


ウクライナ地元メディアは、


2010年代の初めアメリカの
軍事施設が開設されたとき
から、その国での汚染物質
の飛沫"ひまつ"について
度々報道しています。


西ヨーロッパのメディアは また、
この夏のその国における汚染性
疾患の飛沫に対する懸念を表明
し、


アメリカのバイオ研究所を
感染場所として指摘しています。


専門家は この種の兵器が、
ウクライナの 安全対策の
欠如のためにテロリストに
よって捕獲されるかもしれ
ないと警告します。


2014年2月の
ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

ヨーロッパでの最近のテロ行為は、
ジハード主義が新しい攻撃方法を
模索していることを 示しています。


人口密集地での生物兵器使用は
破滅的な結果を もたらすでしょう。


化学兵器および生物兵器は、
その感染性の 影響により、
全世界にとって危険な場合があります。

現代の病気は 航空機で 国々を移動し、
たった1人の 航空機乗客から
どの大陸にでも 到達できます。

 

そしてそれは 大きな問題です。




Goran Lomparは フリージャーナリストであり、
モンテネグロの Donja Gorica大学の大学院生です。


※ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ 元ウクライナ大統領

 

 

 

3月4日追記:

 

これを見て僕は何も

不思議に思いません。👇これがアメリカがすること。

 

”2014年オバマがウクライナに

置いた組織ネオナチ”

 

 

プーチンは狂ってません、正常。

 

元NSAスノーデンと一緒❥❥

 

 

 

US Military Bio-labs in Ukraine, Production of Bio-weapons and “Disease Causing Agents”
 

 

 

 

Today thirteen American military bio-labs operate in Ukraine, The International Mass Media Agency reports. 

 

They employ only American specialists being entirely funded from the budget of the Department of Defense. 

 

Despite the remoteness of potential objects of infection from the territory of the United States, viruses still can reach the North American continent.

 

 

 

 

 

 

接種は 他者の為に!

するのはやめてください。

 

知りながら接種するのは 

犯罪加担行為です。

 

 

5. 動物由来レトロウイルスの受容体 宮 沢 孝 幸 

京都大学ウイルス研究所細胞生物学研究部門信号伝達学研究分野

 

http://jsv.umin.jp/journal/v59-2pdf/virus59-2_223-242.pdf