ヤフーブログが 今年いっぱいでなくなるので
昔載せた記事”2017/8”を 転載します。

このブログ 一、テーマである、

「テロとの戦いは 嘘」にふさわしい
”とどめを刺す”記事です。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

Congresswoman Tulsi Gabbard blasts Obama for funding ISIS, introduces “Stop Arming Terrorists Act”

 

タルシー・ギャバード”Tulsi Gabbard”国会議員は、

ISISへの資金提供についての オバマを非難、

 "Stop Arming Terrorists Act"を発表。

 

 

 

 

 

 

AMN 2017/06/13

 

タルシー・ギャバード民主党議員は、

米国が アルカイダ、ISISに

資金提供し、武装させていると非難しています。

 

ギャバードは  オバマが 

サウジアラビア、カタールの依頼での

アサド政府を 交代させる目的で

 

シリアのアルカイダやISISと協力している事は 

世界の人々が それが真実である事を知っている、と 

公然と述べています。

 

 

この操り人形である大統領が

辞任する30日前に

ガバードは、最終的に

 

アメリカのアルカイダと 

ISIS財政支援を終らせる法案を進めている。

 

シリア反体制派の中で 最も戦闘員数の多い 

アルヌスラ戦線(アルカイダ系)。

 

しかし、最も重要なのは、彼女が 

先週木曜日に発表した

ストップ アーミング テロリスト法"Stop Arming 

Terrorists Act"」の導入である。

 

 

 

彼女の演説では、ニューヨークタイムズや、

ウォールストリートジャーナルなどの

有名な出版物を引用し、米国が シリアで

支持している反乱軍が アル・ヌスラ(シリアの

アルカイダ)の一員であることを示した。

 

 

トーマス・マシー議員は 共同賛同者で、 

 

この法案で マシーは、「米国政府が アルカイダや

ISISのようなテロ集団、同じグループへ直接、または 

間接的支援を提供している国々への武器、訓練、

情報の支援などが含まれ、資金を提供するために 

米ドルの使用を禁止する。」と いっています。

 

 

 

これら事項は 憶測ではありません。

 

他ならぬ 戦争犯罪容疑者、

トニー・ブレアから 

確認することができます。

 

※ブッシュジュニアと結託し、

やらなくてもいいイラク戦争で

”50億ドルとか…”相当儲けていた事など

英国内でも 非難されています。

 

 

この元英国首相が 設立したシンクタンクでは、

2015年、報告書を発表し、組織の大半は、

ISISと同じく中核的な信念体系を持っている事から、

さまざまな反政府勢力を 区別することは

最終的に 無意味であるという結論を 発表した。

 

(これらの団体が 権力を握った場合、 

 シャリア法を 科すでしょう。)

 

 

「CIAは また、サウジアラビア、トルコ、カタール、

そして ISISやアルカイダなどのグループに 

直接的または 間接的支援を提供する国々を 通じ、

武器や資金を投入している。」と ギャバードは 

先週下院で述べている。

 

 

 

彼女は さらに詳しく解説しています。

 

 

CIAは 昔から Fursan al Haqqという

グループを支援しており、

地対空ミサイルを含む、給与、

武器、支援を 過激派に提供しています。

 

このグループは、シリア政府を倒そうとしている

アルカイダ関連団体と協力し戦っている。

 

レヴァント・フロント”Levant Front”は、

シリア野党戦闘員、いわゆる穏健派グループです。

 

過去1年間に、米国は トルコと協力し、

このグループに情報提供や、

その他軍事支援を行っています。

 

このグループは、シリアの

アルカイダ組織と協力している。

 

 

「この狂気は 終わらなければならない。

 

私たちが、テロリスト武装化を 

止めなければいけない。

 

政府は この偽善行為を 停止させ、

国民に適用される 同じ法律を

遵守しなければいけません。」

 

 

 

悪いことをすると ノーベル平和賞がいただけます…。 隠ぺい行為ですね。

 

 

ヒラリークリントンと オバマ政権は、湾岸諸国が 

ISISを支援していた事を 恐らく解っていたでしょう。

 

この法案は、連邦政府関係機関が 

テロ集団を支援すること、

 

あるいは直接、

 

または間接的に 

 

テロ集団を支援する、

他の諸国を通じて支援する事を禁じる。

 

 

 

立法府議員、ピーター・ウェルチ(Peter Welch)、

バーバラ・リー(Barbara Lee)、

 

トランプ、 

ダナ・ローラバッカー(Dana Rohrabacher) 

も 共同提案しています。

 

 

 

2017/06/13 記事から。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

参考記事”別窓”: 

 

カダフィー リビア侵攻の真相 ヒラリークリントンEメール 略奪と支配 帝国の陰謀戦争

ISIS が アメリカ の 外交政策を 再び救う(2017年6月) GlobalResearch

「テロとの戦い」は ウソであり 米は 犯罪行為に関与する「テロ支援国家」ティム アンダーソン

米国 が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #1 GlobalResearch

不都合な真実 : バシャール・アサドの 人気に脅かされる、NATOのプロパガンダ

 

 


 

 

他資料:

Northern Division (Syrian rebel group) wiki

 

newsweek CIA-BACKED REBELS FIGHT ALONGSIDE AL-QAEDA WING IN SYRIA

 

 

 

 

 

土曜日、”バクダディーの死亡映像を見いる時ですか?”

ホワイトハウス内、地下の

シチュエーションルームでの

オフシャルの画像らしい。

 

どうみても  

これ…合成”コラ”だよな。 

 

 

 

 

元々がやらせだから めんどくさくて

これか?? みんな忙しいし…

 

w 

 

 

日本のメディアに

騙されないでください。

 

 

 

 

 

キラキラ奥さん…
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Girl Syria - シリアの ダブケ
 

2011/07/02 に公開 

 

ダブケ は レヴァント地域とイラクの 一部で固有の

アラブの舞踊の一つである。

 ダブケは、円舞とラインダンスを 組み合わせて、

レバノン、シリア、 ヨルダン、パレスチナなどの コミュニティで、

婚礼などの 楽しい場において広く行われる。 wiki

 
シリア人女性は アラブ諸国の中で 
いかに解放されているか、シリア人自身、 
それを 知っています。
 
もし反体制派が 政権をとっていれば、
真逆の、逆行した 
それは悍ましい、恐ろしい国に必ず、
 
…なっていたでしょう。
 
 
 
詳細不明 ツィッターから
シリア国内(確かダマスカス)
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

イギリスはシリア紛争を以前から準備していた

 

仏元外務大臣ローラン デュマ 談

 

 

他 関連した記事

 

★シリア★ ダマスカスのガールスカウト 22班 2017/03/22 公開

シリア アレッポの今 シリア国営 SANAからの映像 2019/09/14 公開
 

 

不都合な真実 : バシャール・アサドの 人気に脅かされる、NATOのプロパガンダ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ