米、英支援の シリア反体制派 FSAのデモ行進。

手前青シャツは 無抵抗な子供の首切りで 有名になった Zinki 過激派の一味、

目立ちたがりのカメラマン マハムード・ラスラン Mahmoud Raslan 


 

前回:

米国が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #1

米国が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #2

 

FSAに アルカイダがいる、これは かなり前から世界中の人も知る常識です。 

米、英は 反体制派として  過激派に武器、資金を 与えていました。

何故か 日本のマスコミは こういう情報は 絶対、流しません。 

 

 

 

 

 Garikai Chengu は 米ハーバード大学 研究学者です。

By Garikai Chengu   

 

2003年にイランの核兵器計画が  終了した事を 

確認した米国 16の諜報機関に 支持されている。

2012年に発表された情報報告書は、真実であろうが 

無かろうが、米国の イランに対する 敵意の表れです。

 

アメリカは ISISで 中東の敵を攻撃するため、海外で米軍の

介入口実とするため、 国内で ねつ造され、国内の脅威を

掻”か”き立てる為に 前例のない、侵略的で 

国家内監視をも、正当化するために用いられている。

 

 

政府の秘密と 監視の両方を急速に増やすことによって、

オバマ大統領政府は 市民の 政府監視権を奪う一方で、

市民の監視権に 力を注いでいます。

 

 

テロリズムは、 大規模な暴動に 備えた、 

・・集団監視を 正当化する為の、口実です。

 

 

テロという、脅威”敵”を作り出し それを都合よい 口実、言い訳にする。 

 

 

 

いわゆる 「対テロ戦争」 とは、それが 

何の目的の為かと見るべきで、危険なほど 大きくなりすぎた 

米軍を 維持する為です。

 

元アメリカ陸軍大将 General Wesley Clarkが 語る中東(イラク侵攻)の 真相。

 

 

米国外交政策の 最も強力な 2つのグループは、

米国の中東政策を 指示するイスラエル・ロビーと、 

このグループの行動から 利益を得ている

軍産複合体企業である。

 

ジョージ W.ブッシュは 2001年10月に「テロとの 戦い」を 

宣言して以来、米国納税者に 約6兆6000億ドルの

支出が掛かったのと、何千もの、(国の)息子や娘達が 

犠牲となります。

 

2012年5月20、21日、シカゴで行われた、NATO首脳会議に合わせてのデモ行進。

 

しかし 戦争は ワシントンの軍エリート達には

数十億ドルという 利益を 齎”もたら”しています。

 

事実、センター・フォー・パブリック・インテグリティーの 

最近の調査によれば 戦後イラク、アフガニスタンにおける、

過去3年間で、アメリカ70社以上の企業 または

個人が 最高で 270億ドルの事業契約を 結んでいます。 

 

この調査によると、これら民間企業、ほぼ75%では、

共和党、民主党の幹部、議会議員、または軍最高レベルに

属すか、密接した関係者を 抱え込んでいる。

 

1997年に 米国国防総省の報告書では、「データは、

米国の関与と 米国に対する、テロリズムの増加との間で

強い相関関係を示している。」 と言います。


米国が 「テロとの戦い」に勝つ 唯一の方法とは、

テロリストが攻撃する動機、または 援助を与えない事です。

 

テロは 症状であって、中東での アメリカ帝国主義は 

 

癌”がん”です。

 

 

もっと分かりやすく言えば 

 

「テロとの戦い」 が テロ行為なのです。


 

 

それを ジェット機や ミサイルを持った連中によって

大規模なスケールで 行われてるだけです。

 

 

 

グローバリゼーション研究センター(CRG)は、 モントリオールに拠点を 置く

独立した研究機関およびメディア組織です。CRGは カナダ ケベック州にある

登録非営利団体、シンクタンクです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

オバマ率いる 西側社会は リビアと同じく、大義も、(証拠も)何もなく、強引に 

シリアへ 過激派による 代理戦争”犯罪行為”を 仕掛けてる。 米国の言う

テロリストとは、一体 何を指して 言っているのでしょう?

 

 

 

 無人機で 非武装民間人殺しまくりケニア。

 

 

まだ、お時間が ありましたら こちらも一読を。

 

民主主義の、 本当の姿を 19世紀 哲学者、

ルドルフ シュタイナーが 鋭い視点で 語っています。

 

悪について ルドルフ・シュタイナー #1

 

 

過去記事:

今日は 真面目な話をしますか。 中東の騒乱

 

 

 


 

 


 

 

 

前回:

米国 が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #1

 

 

0:52:  皮肉な 笑みを浮かべ、「アルカイダは ニューヨークにいる、」と言った リビア カダフィー。 

中東の指導者は 皆、真相、真実に近い事を 知っている。

 

 

Garikai Chengu は 米ハーバード大学 研究学者です。

By Garikai Chengu  

 

イスラム国がなぜ、急速に成長し、育ったのかを 

理解するには、アメリカの 支配する組織のルーツを

見なければならない。

 

2003年のアメリカの イラク侵攻と占領は、ISISのような 

過激なスンニ派が 根づく 条件を作った。

 

アメリカは むしろ賢明に サダム・フセインの 

世俗国家構造を 破壊し、それを 元に 

シーア派政権に 置き換えた。

 

アメリカは 占領の目的である、社会主義を拒否させ、

自由市場が 雇用を 創出する、という、

…呪文のような、 甘い考えが 工場を閉鎖させ、

よりスンニ派の 大規模な 失業をもたらします。 

 

米国が 支援する、シーア派の 新しい政権の下、 

労働者階級スンニ派は 何十万人もの人が 職を失います。

 

政権交代後、財産を 守ることが許された、

南アフリカの 白人アフリカンとは 異なり、

上流階級のスンニ派は、系統的に 資産を没収され、

政治的影響力は 失われます。

 

宗教的統合や 統一を 促進するのではなく、

アメリカのイラク政策は 宗派分裂を 悪化させ、

イラクで アルカイダが根付き、スンニ派の不満を

膨らませる為の 原因を 創りました。

 

イラクと シリアのイスラム国(ISIS)は、以前は 

イラクのアルカイダと 異なる名前を 持っていました。

 

2010年以降、この組織は シリアでの目論みによって

改名し、再び 注目されます。

 

米ジョンマケイン議員(ブログ脇、動画あり) 奥、黒いシャツが ISIS バクダディー

 

シリアでは 本質的に 3つの紛争があり、

アサド政府と反政府勢力、イランとサウジアラビア、

そして アメリカと ロシアの紛争。 

 

シリア、バシャール・アサド大統領が ロシア同盟国で

あることから、米国の外交政策が、シリアで 

イスラム反政府勢力に 武装させるという、無謀な危険を

冒すことになったのは、3つ目の 新たな冷戦構造にあります。

 

また恥べきことに、これら シリアの反政府勢力の

殆どは、あの凶悪な ISISであることが分かっています。

 

フラッグ:上画像:Syrian Islamic Front、FSA、アルヌスラ

下: ISISフラッグと、FSA反政府勢力

 

アメリカの 中東政策というのは、

石油と イスラエル中心に 展開します。

 

イラク侵攻は、ワシントンの石油需要を部分的には

満足させたが、 シリアでの空爆や イランに対する

経済制裁は、 イスラエルと 何らかの 関係がある。

 

目的は、イスラエルの周辺にある脅威、レバノンのヒズボラと

パレスチナのハマスにとって 死活問題である、

シリアと イランの 支援を奪うことです。

 

縮小する パレスチナ 

 

ISは 単にシリア政府を転覆させるために 

アメリカが使用する、恐ろしい道具だけではなく、

イランに 圧力をかける為でもあります。

 

 

イランが 最後に 他国を 侵略したのは 1738年でした。

 

米国は 1776年の独立以来、53以上の軍事侵攻、

遠征に従事してきた。 

 

あなたは 西側メディアの プロパガンダ”政治的嘘”を 

信じているだろうが、 

 

イランは 明らかに 安全保障の脅威ではない、と 

そうワシントンは 考えています。

 

 

 2012年8月1日、イラン制裁案に 反対するロン・ポール議員のスピーチ。

全くもって、返す言葉の無い 正論である。 

しかし戦争をしたい裏の勢力により こういう意見は無視される。

 

続き:

 

米国が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #3 GlobalResearch

グローバリゼーション研究センター(CRG)は、 モントリオールに拠点を 置く

独立した研究機関およびメディア組織です。CRGは カナダ ケベック州にある

登録非営利団体、シンクタンクです。

FSA過激派連合

 

参考まで: 2018年 グローバルリサーチ記事から 

イラクの石油企業。 米英仏(日;) の独占である。

シェルは 確か 018年に撤退してる。(記事を見た記憶…。)

 

続き:

米国が アルカイダ と ISIS テロ 組織を 創設 #3 GlobalResearch

 

 

まだ、お時間ありましたら こちらも一読を。

民主主義、本当の姿です。

悪について ルドルフ・シュタイナー #1

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 Garikai Chengu は 米ハーバード大学 研究学者です。

 

By Garikai Chengu  2017年5月23日

 

 

グローバルリサーチによって 2014年9月に 

公開された 鋭い記事。 

 

西岸の都市 (マンチェスター、パリ、ブリュッセル、ニース)に

おけるテロ攻撃は、アルカイダ と ISISによって

侵害されたと 言われています。

 

マンチェスターの悲劇的出来事に続いて、 世論は 

イスラム国背後に 誰がいるのか 気がつくべきです。

 

Al Qaeda と ISISの 支援国はどこでしょう?  

(M.Ch. GR 編集, 2016年5月23日)

 

アルカイダ、イスラム国(ISIS)は、石油に富む中東を分割、

征服し、イランの地域においた増大する影響力に対抗する為

創設られた・・テロの道具である。 

 

アメリカによって 創られたものだ。

 

アルカイダ、そして のちに リビアの ISIS司令官となる Abdelhakim Belhadj と 
昨年亡くなった 米 ジョンマケイン議員。 リビア反体制派 カダフィー殺害後の表彰式

 

米国が テロ集団を支援する 長い歴史を 持っている

という事実は、ニュースだけを見て 歴史を 

無視してた人のみを 驚かせるだろう。

 

冷戦時代当初、CIAは 過激派とイスラム教徒は一緒だった。

 

当時のアメリカは かなり単純な言葉で 世界を見てました:

 

ソビエト連邦、第三世界ナショナリズム、西側諸国と 

政治的イスラム過激派 があり、アメリカは 

ソ連との闘いで イスラム過激派と同盟と出きると 

考えていた。

 

ロナルド・レーガン政権時代、 

国家安全保障局(National Security Agency)

ウィリアム・エルドリッジ・オドムは、

William Eldridge Odom  June 23, 1932 – May 30, 2008

 

「いかなる場合でも、米国は 長い間テロを利用してきた。」

と 言っている。

 

1970年代 CIAは、ソ連侵攻を 妨げ、アラブ世界に 

マルクス主義が 広まるのを防ぐ為に エジプトの 

ムスリム同胞団を 防壁として利用する。

 

 

Sukarno

米国は また、インドネシア、スカルノに対する 

サレカット・イスラムを公然と支持し、 パキスタンの

Zulfikar Ali Bhuttoに対する、Lamaat-e-Islamテロ組織をも

支持した。 

 

 

最後になったが、これも 他に 劣らず重要な、 

アルカイダ がある。

 

 

ヒラリークリントン:「アルカイダは我々が 作ったようなのもです、」と 語っている。

 

忘れることがないように言っておくが、1980年代、

CIAは オサマ・ビン・ラディンを 産み、その組織を 

大切に育てた。 

 

前英外相 ロビン・クックは 下院で、アルカイダは 

紛れもなく、欧米の諜報機関”CIA”の 産物である、と 

語っている。

 

Robin Cook

 

クックは、アルカイダとは、文字通りに アラビア語で

「データベース」の略語を意味するが、アフガニスタンで

ロシアを 敗北させるため、CIAによって 訓練され、

サウジアラビアが 資金提供していた。

 

アメリカ と アルカイダとの関係は、

実に 愛憎”あいぞう”に 満ちている。

 

その地域にいる 特定の アルカイダ組織が、 

アメリカの利益になるか、ならないかに 応じて、 

米国国務省は その集団に資金を 提供したり、

攻撃対象にしたりする。

 

米国の 外交政策は ムスリム過激主義に 

対抗すると言っているが、 それを 

外交政策の武器としても 備えている。

 

(IS)イスラム国は、アルカイダ同様、 

確実に 後退してはいるが (米の)最新兵器です。 

ISISは 最近、アメリカのジャーナリストを 

斬首する 凶悪犯罪で 国際的注目を集めた。

 

今や そのテロ集団は 英国ほどの規模を 支配している。

 

 

 

3回に分けて 続きます:

 

 米国が アルカイダ と ISIS テロ組織を 創設 #2 GlobalResearch

 

 

グローバリゼーション研究センター(CRG)は、 モントリオールに拠点を 置く

独立した研究機関およびメディア組織です。CRGは カナダ ケベック州にある

登録非営利団体、シンクタンクです。